FC2ブログ

== 水泳部マネージャー ==

水泳部マネージャー (117)アナル陵辱に悶える美人女医





































最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
水泳部マネージャー 目次

水泳部マネージャー (117)アナル陵辱に悶える美人女医

「これでいいですか」
デカチンを眺めながら美人女医が拘束された検診台の高さをアナル挿入しやすい位置に調整した意地悪ナース玄重は、ウットリ笑って卑猥な視線を幸太に送った。

「おほっ、玄重ちゃん、サンキュッ」
(んへっ、アナルのシワが…、うへへっ…)
反り上がるデカチンを押さえてちょうどいい位置にきたアナルに突き付けたエロガキは、愛液でヌルヌルになったシワの寄った中心に先っちょを擦り付けてご機嫌だった。
「やっ、ほんとにっ、やだあっ」
手足を拘束されて逃げられない美人女医武田はアナルをくすぐる鈴口にむずがって身悶えしたが、性器からはネットリした愛液を垂れ流して、アナルに十分過ぎる潤滑油を供給していた。

「お、んっ、固い…」
(挿れてやる…、おっ、く、この…)
いよいよアナルバージンのご開通だと先っちょを押し付けたが、最後の抵抗をする女体は菊紋を強く締め付けてデカチンの侵入を阻止しようとしていた。
「せんせい、すぐに良くなりますから…、それに力抜かないと、痔になっちゃいますよ」
悪戦苦闘する幸太の後ろからナースコートを脱いで全裸の女体を押し付けて、アナルに両手を伸ばした玄重は、愛液でヌルヌルの菊紋に二本指を挿入して左右に広げた。

「ビャウッ…、やっ、やだあっ、やめてえっ、玄重ちゃん、ああっ、本気で、やあっ、怒るわよおっ」
M字に開脚拘束されたお尻の中心を広げられた穴の奥に暗黒の暗闇が見えた。直腸粘膜に外気の冷たさを感じる恥ずかしさに悶える美人女医は太もものシットリ肌をピクピク震わせ、デカチンに尻穴を犯されて感じるマゾ気質な恐怖に震えていた。
「サンキュー、玄重ちゃん、じゃあ、せんせい、挿れるよ」
(シズちゃん、ナイスアシスト…、じゃあ、いくぞ…)
全裸ナースの豊満な乳房を背中に感じてデカチンをよけいに固くする幸太は、意地悪ナースに感謝してから無理やり広げられた尻穴に先っちょを食い込ませた。

「い、やっ…、あ、ああっ、や、お願い、はあっ、許し、て…」
どSナースの指で広げられたアナルにカリが半分ほど挿入った。括約筋を広げるデカいカリに検診代の上でのけぞる美人女医は、エッチな喘ぎ声を上げて性器の合わせ目から潮を吹いた。
「あらあら、せんせい、お漏らしですか?、いい年して、恥ずかしいですね」
幸太の背中越しにM字開脚する中心部を眺める玄重は、チョロっと吹き出したオ○ッコを見逃さずに言葉責めで拘束美人女医を追い詰める。
「いやあっ、ああっ、ほんとに、はあっ、許してえっ」
ナースの前で厳格な上司として振る舞ってきた面目を完全に無くした武田は、嗚咽混じりの昂ぶった吐息で薄い胸を上下させながら、涙で濡らした美人顔にどMな被虐色情を匂わす淫らな雰囲気を漂わせていた。

「先生の聖水…、あったかいね…、うっ、くううっ…」
(うひひっ、きもちええっ…、じゃあ、いくぞっ、きっ、キツイ…)
お漏らしして泣く美人女医にスカトロ変態加虐色情を昂ぶらせて萌えるエロガキは、カリを締め付ける括約筋のキツさを味わいながら腰を押し付けた。
「びゃっ…、や、あ、ああっ…」
アナルを指で広げた玄重のアシストもあってデカチンの半分ほどがアナルに埋まった。直腸を陵辱された美人女医は拘束された四肢を緊張させて白目でのけぞり、また潮を吹いた。アナル陵辱でエクスタシーに達したスレンダーな女体は本格的に放出したので、幸太の股間は根本のモジャモジャがビショビショだった。

「くっ…」
(ううう…、き、キツイ…)
全身をこわばらせてのけぞる女体は直径5センチのデカチンに拡張されたアナルも強烈に締め付けた。緊張した括約筋でカリ根をきつく締め付けられた幸太は、それ以上動けずに大股開きに拘束された太ももにすがっていた。
「せんせい、さすがです、もうアナルで感じるようになったんですね」
尻穴にデカチンを咥えこんでのけぞって硬直する美人女医と、デカチンの締め付けに息ができずに苦悶する幸太を眺めて嬉しそうなどSナースは、巨乳から突き出した乳首を幸太の震える背中に擦り付けて、ラブジュースでビショ濡れの股間に指を蠢かせていた。

「あ…、ん…、ぬ、抜いて…、はっ、ああ、お願、い」
検診台に拘束されたスレンダーボディはデカチンで直腸粘膜を目一杯広げられる初めての感覚に怯えてメガネを涙で濡らしていたが、汗でテカる柔肌を淫靡な陰影を見せてくねらせ、ヒクヒク震える小陰唇の合わせ目からおびただしい愛液を垂らして、女体の奥に秘めた被虐欲情の素質をハッキリ見せていた。

水泳部マネージャー (118)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:3 ━ Trackback:0 ━ 21:10:03 ━ Page top ━…‥・

== 水泳部マネージャー ==

水泳部マネージャー (116)検診台拘束で嬲られるメガネ女医





































最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
水泳部マネージャー 目次

水泳部マネージャー (116)検診台拘束で嬲られるメガネ女医

「あ、やぁ、あ、あん、動いちゃ、ああっ、だめえぇ」
元どS女医からサカリのついたメス猫に堕ちた武田はデカチンナマ挿入に口先だけは抗ったが、産婦人科の検診台に拘束されて自由を奪われたスレンダーな肉体は、膣が張り裂けそうな痛み混じりのマゾっぽい被虐快楽に萌えて卑猥によがっていた。

「んんっ…、せんせいのオマンコ、気持ちいいよ」
(んははっ、いいぞ…、結衣や理香と違う、くうう…)
インテリメガネ女医の性器は同年の飯山結衣や現副キャプテンの山口理香とも一味違う快感だった。スレンダーでも柔らかい弾力を備えた温かい肉布団に抱きついて撫で回すゴキゲンの幸太は、愛液でヌルヌルの膣粘膜締め付けを楽しんでゆっくりと抽送開始した。

「かわいいオッパイも、良い手触りだ」
(胸薄のくせに、いっちょ前に、勃起しやがって…)
股間を密着させるために上半身を起こした幸太は、仰向けで偏平になった乳房に手を当てると、1センチ以上は勃起した乳首を指の股に挟んでクリクリしていた。
「や、あ、そこ、ひいっ、あっ、よわい、あんっ、のぉ、はあっ、だ、あっ、だめえぇ…」
感じやすいスレンダーな女体は乳首も特に感じる部位だった。矯正ブラにワキや下胸の肉を押し込むかのように、重力に負けて平たくなった乳房の周りの肉を集めて手の平でお椀型に成形される愛撫に、敏感な勃起乳首弄りが加わり、インテリメガネ女医はあらゆる穴から体液を垂れ流すだらしないアヘ顔を晒して悶えた。

「あ、やあっ、あ、あんっ、こ、はっ、こわれ、んっ、ちゃ、ああんっ、ううぅっ」
幸太が乳揉みしながら抽送を再開すると、泣きべそアヘ顔の武田は貧弱な体躯に押しつぶされる息苦しさに苦しそうに呻きながら、自由にならない手足を力ませて胎内でうごめく巨根の被虐快感に悶えた。
「先生、ああ、気持ち、あんっ、よさそうですよ、楽しんでくださいね、はあ、すぐにアナル開発もしてもらえますからね」
何の抵抗もできずに犯される女医に意地悪ナースの本性を露わにして言葉責めする玄重は、次の順番が我慢できなくて裸の股間に手を忍ばせるとビショ濡れのスジを自ら愛撫していた。

「せんせい、いいだろ、オレのチンポ、みんなデカいって言って褒めてくれるだ、先生も、言ってよ」
(偉そうにしてても、一皮むけばただのメス猫だ…、オレ様のデカチンを、賞賛して崇めろ…)
ナマ挿入のキツイ締め付けにのぼせる征服感にバカ笑いし、涙に濡れた困り顔アヘ顔を眺めてにますます増長するエロガキは、女医先生様に個人崇拝を強制した。
「あ、ああっ…、お、おっきいわ、は、んっ…、すごい、新条、君…」
検診台に完全に乗った男体が股間を押し付けて思いっきり突き上げると、目尻から涙を飛ばしてのけぞった武田はあっさりエロ暴君の軍門に下った。緊縛された手足をピクピク痙攣させながら苦しそうに息継ぎし、幸太の期待通りのセリフを口走って特大男根を賞賛した。

「はあ、そんなにいいんだ、これ…、私、せんせいが、うらやましい…」
ひとり蚊帳の外に置かれた意地悪ナースは、全裸股間の奥に伸ばした細い指で濡れたスジをこするクチュクチュというヌメった音を泌尿器科診察室に響かせ、 重なりあう肉体の濡れ濡れマンコとデカチンの接合部を覗き込んで淫靡な笑みを浮かべていた。

「んっ、くっ、このまま、したいけど…、せんせいが、お尻に挿れられるのを待ってるし…」
(くうう…、オマンコ、いい、けど…、バージンアナル、頂かないと…)
チンコが溶けそうな快感を味わう幸太は、嬉しそうに美人女医の濡れ濡れ性器に股間を擦り付けていたが、あくまでもアナル貫通するための潤滑油補給だと自分に言い聞かせると、デカチンをクチャクチャに濡れた膣口から引き抜いて検診台から降りた。
「あ、や、そこは、ほんとに、いやああ…」
ムッツリスケベメガネ女医はナマデカチン抽送を突然中止されると不満そうな声を上げたが、愛液でヒタヒタに濡れたアナルマッサージを再開されると少女のような甘えた声を上げてむずがった。

「せんせい、ここは嫌がってないですよ」
ピンク色の乳首が飛び出したシズル感でテカテカ輝くオッパイをタプンと揺らし、全裸の女体をムッチリさせて検診台の下にしゃがんだ玄重は、上司のオマンコから抜かれて愛液まみれのデカチンに嬉しそうに頬ずりし、デカチン挿入の名残で頼りないスキマを見せる女陰にツバで濡らした指を差し込んだ。
「あ、あっ、ああっ。や、玄重ちゃん、ああっ、だめえぇ」
検診台に拘束されて抵抗できない武田は再び前と後ろの穴を責められた。しかし女の感じる場所を熟知する淫乱ナースの指マンと、3本指でのアナルいじりは格段にパワーアップして美人女医をメロメロにした。

「玄重ちゃん、台の高さ、低く出来る?…」
(よく見えるように立ったまま、挿れてやる…)
バージンアナル貫通の瞬間をしっかり目に焼き付けようと企む変態エロガキは、床に足をつけたままだと検診台が高すぎてアナル挿入できないので、台の高さを調節するように股の前でしゃがむ淫乱ナースに頼んだ。

水泳部マネージャー (117)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:03:57 ━ Page top ━…‥・

== 水泳部マネージャー ==

水泳部マネージャー (115)インテリメガネ女医の泣き濡れアヘ顔



































最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)
水泳部マネージャー 目次

水泳部マネージャー (115)インテリメガネ女医の泣き濡れアヘ顔

「けっこう、イケる口じゃんか」
(ムッツリスケベメガネ女医は、お尻でも感じちゃうんだ…)
元どS女医ことサカリのついたメス猫武田女医のアナル責めでよがらせる幸太は、股間の薄い茂みとガーターストッキングのコントラスで際立つスレンダー女体の輝くような白さを眺めてニヤけていた。

「や、あんっ、やだって、あああっ、いやあ…」
前と後ろの穴を同時に責められて濡れる美人女医は、口では嫌がっても透き通るようなモデル体型を淫らに揺らして悶えるばかりだ。
「玄重ちゃん、この際だから先生のアナルバージン開通してあげようよ」
(たまにはアナルもいいよな…、堅物ぶったこのエロメガネ女医、アナルの締りが良さそうたし…)
意地悪でクールな態度が霧散した武田を支配したつもりの幸太は、きれいなお尻の中心にデカチンをぶち込む卑猥な光景を妄想してニヤけていた。

「いいですよ、そのあとは私としてもらいますからね」
幸太が美人女医にかかりっきりで放置プレイされていた不機嫌ナースは、次の順番を念押ししてから隣の部屋に消えると
「せんせい、ちょっと我慢して下さいね」
産婦人科で使う検診台を持ってきた。両穴責めに悶えて無抵抗の武田を開脚ポーズで台に載せるとガーターストッキングの両足をベルト拘束した。

「やっ、何する気、ほんとにそこはっ、ダメだからっ」
解剖ガエルのようにM字開脚で緊縛された女体が無駄な抵抗をしてジタバタしたが、ぱっくり開いた股間にタテスジを描く大陰唇のせめぎ合う亀裂からは、いやらしい蜜が垂れてシワの寄った菊紋をネットリ潤ませていた。
「いいって、誰でも最初はあるんだから」
(美人先生、オレ様のデカチンで初アナル貫通するんだから、光栄に思えよ…)
ネットリした透明の液で濡れたアナルにいきなりデカチン挿入したい気持ちはあったが、美優紀のバージンゲットしたときに頼子から指導されたように、溢れた愛液でヌルヌルに浸った菊紋の中心に指を挿れてほぐしていた。

「や、ああっ、ほんとに、はあっ、だめええ、あっ、やめてえっ…」
痩せた女はデブより感度がいいとネットで見たことがあった。胸の厚みが不自由なスレンダー女医は、尻穴の愛撫にも悶えて検診台の上で拘束された女体を妖しくくねらせた。
「せんせい、私もお尻で最初にした時は痛かったですけど、すぐに良くなりますから、大丈夫ですよ」
いつも厳しいお小言を言う上司がお尻の穴を弄られて弱音を吐く様子を眺めて楽しそうな玄重は、アナルセックス経験者であることが自慢げな口調だった。

「変態っ、あっ、玄重ちゃん、んっ、や、ああっ、見損なったわ」
尻穴弄りの指を2本に増やされて痩せた下腹をビクンとのけぞらせた美人女医は、アナルセックス自慢をするナースを軽蔑して叫んだが、尻穴ほぐしをされる倒錯快感に性器の裂け目からはヌルついた蜜がますます溢れて洪水状態だった。

「せんせい、すごいよ、何本入ってるか、わかる?」
(ぐふふっ、いい感じに締めてくるよ…、もうちょっとほぐしたら、挿れてやるからな…)
アナルマッサージに悶えるガーターストッキングだけの裸体を観察して上機嫌の幸太は、括約筋の絶妙な締め付けにニヤけて3本目の指を挿入した。

「あーあ、いいな、せんせい、私が初めての時は、こんなに丁寧にしてくれなかったですよぉ」
普段の厳格な態度がまったく見られなくなった元どS女医を見るのが楽しくてたまらないという風の淫靡な笑みを浮かべる玄重だった。潤滑油もなくいきなり挿入された初めてのアナルセックス体験を思い出し、武田は幸せ者だと冷やかしていた。

「や、ほんとに、あっ、やめないと、あんっ、本気で怒るからっ」
直腸粘膜をこすられて体内から膣を刺激される倒錯快感に悶える武田は、とめどなく愛液をあふれさせて潤沢な潤滑油をアナルに供給していたが、本当にお尻にデカチンを挿れたら絶対に許さないと強弁した。
「オレ、先生に本気で怒られたいから、挿れるね」
(まずこっちで潤滑油を補給するか…、おほっ、痩せててもいい感じの肉布団だぞ…)
玄重と一緒に狼狽する美人女医を冷やかした幸太は、まず愛液まみれの性器でデカチンにヌルヌルを補給しようとたくらみ、四肢を拘束された女体に覆いかぶさると、ヒタヒタに潤った女性器のスジにデカチンを押し付けた。

「やっ、あああぁ…」
ピッタリ閉じた大陰唇にカリを食い込ませると一気に根本まで挿入した。未体験特大サイズの巨根を膣奥まで挿入された女体は拘束された手足を緊張させ、涙に潤んだ半眼白目のアヘ顔をのけぞらせ柔らかい下腹を弓反りに持ち上げた。
「あ、ああっ…、だ、め、お、っきい…」
デカチン挿入ショックからなんとか気を取り直した武田はひと息をついて四肢の緊張を解いた。下腹をポッコリふくらませて膣壁が張り裂けそうなビッグサイズに慄きながら、無理矢理犯されるどM体験に萌えてメガネ美人顔に困惑した淫靡な笑みを浮かべていた

「んっ、い、いいよっ、先生の濡れ濡れオマンコ、気持ち、いいっ」
(くっ、締まる…、むっつりスケベメガネ女…、かしこぶった仮面、はがしやる…)
つい最前までの厳格なすました表情など微塵も感じない、サカリのついたメス猫のだらしないアヘ顔は痛快だった。下品なセリフをわざと言ってインテリ女の自尊心をいたぶる幸太は、ボロボロ泣きだして謝るほどに強烈なセックス体験をさせてやろうと決めた。

水泳部マネージャー (116)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:15:28 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old