FC2ブログ

== 陰気美少女乃舞子 ==

陰気美少女乃舞子 (94)騙された幸せな人妻

ろま中男3 作品リスト
陰気美少女乃舞子 目次

陰気美少女乃舞子 (94)騙された幸せな人妻

「…、友達のお母さんをムリヤリ犯した犯罪者が…、立派な職人になんて、なれない…」
へ?…、いいねえっ…、
説得力のある訴えかけに和服職人になるのが自分の夢だったと勘違いしそうになったエロチビは、
淫乱お母さん…、なかなか役者じゃんかっ…。
抱きついてくる女体の官能的なお尻の曲線をなで回しながら、悲しそうな表情で慈愛に満ちたお人好し妻の優しい助け船をあっさり否定した。

「違うのっ、ムリヤリじゃないっ…、私、抱かれて…、うれしかった、の…、だから落合君は、犯罪者なんかじゃないのよっ」
そうよ、私、うれしかった…、ムリヤリじゃない…。
ヘタレの誘導尋問にまんまと乗ってしまったお人好し人妻は、自分から望んでセックスしたような気分になっていた。

「いいんです、そんなウソ…、あんなつらそうな顔してたのに…」
うひひっ、乗ってきた、乗ってきた…。
思い通りの展開にひょっとしたら自分は天才なんじゃないかとうぬぼれ始めたヘタレチビは、スベスベしたお尻の中心に指を伸ばしてお尻の穴をイジりだした。

「それなのに、ボク…、不由美さんが好きだっていう気持ちだけで、突っ走って…」
あと、一押しだ…。
欲求不満妻を落とすまであと一歩だった。最後まで念を入れた士宇児は、「好き」の殺し文句を不安そうな不由美を見つめてつぶやいた。

「あっ…、あの、ちがうのっ、ウソじゃないっ…」
好き?…、私も、好き…、ああんっ、そうじゃなくて…、
女をだまそうとする悪人の甘い言葉に乗せられてウットリした世間知らずな不由美だったが、士宇児がまだ死ぬ気だという切迫感をすぐに思い出し、
「私、気持ちよかったのっ…、気持ちよすぎて…」
恥ずかしいけど、ホントのこと…、言わないと…。
死を思い詰めた少年を引き帰らせるには、自分が淫らに感じていたことを正直に言おうとした不由美だったが、やっぱり恥ずかしくて最後までは言えなかった。

「ホントですか」
気持ち、よかったか…、この淫乱人妻め…。
純情人妻に恥ずかしいセリフを言わせて完全に落としたと確信した極悪人は、有頂天で本当にうれしそうな笑みを浮かべた。

「え、ええっ、ホントよっ、好きって言われて、うれしくて…、私も、落合君が、好き…」
ああっ、よかった…。
士宇児のうれしそうな笑顔を見て不由美もうれしそうに笑った。そして変態高校生と同じ歳の女子高生に戻ったような若々しい気分になって、はにかみながら愛の告白をした。

「ぼ、ボクも、大好きです」
とうとう言いやがったな…、
少女のように頬を染めて恥ずかしそうに目を伏せる不由美に萌えた士宇児は、
もう、おまえは、オレのモンだ…、飽きるまで、犯しまくってやる…。
無意識に汗で濡れた官能的な女体を抱きしめて愛の告白に応えたが、最後まで悪人ぶって心の中で減らず口をたたいていた。

「あっ、ああっ…」
落合君と出会えて…、
エロチビの卑劣な底意地の悪さに全く気づいてない不由美は、士宇児との出会いを人生を左右する運命的な僥倖にさえ感じていた。
私、幸せ…。
邪悪な雑念にまみれた嘘つきチビに抱かれた純情人妻は、生まれて初めて感じる女の幸せに浸ってウットリした表情を見せていた。

陰気美少女乃舞子 (95)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)




日本陸海軍機大百科 8/21号(8/7発売予定102号)は二式水戦(フロート付き零戦)です。8月9日発売の自衛隊モデル・コレクション9/10号(12号)は護衛艦たかなみです。8月9日発売の世界の軍艦コレクション9/3号(16号)は初の外国艦船戦艦ビスマルクです。
自衛隊モデル・コレクション 最新号・バックナンバー たかなみ
世界の軍艦コレクション

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:59:44 ━ Page top ━…‥・

== 陰気美少女乃舞子 ==

陰気美少女乃舞子 (93)エロチビのサル芝居

ろま中男3 作品リスト
陰気美少女乃舞子 目次

陰気美少女乃舞子 (93)エロチビのサル芝居

「ごめんなさい…、ボク…」
最後の仕上げだ…、
エロ妄想通り首尾よく進んだ人妻陵辱に内心ご機嫌の士宇児は愛液でぬめる膣ナカで息子がしぼんでいくのを感じながら、
乗って来いよ、お人好しのオバサン…。
ナマでザーメン注入されて幸せそうな人妻不由美を、いじましい沈鬱な表情でジッと見つめてサル芝居を始めた。

「えっ…」
外に何人も愛人を抱える夫から相手にされずに寂しい日々を過ごしてきた欲求不満妻は、客観的に考えれば娘の同級生の劣情に陵辱されて貞淑を踏みにじられているのだが、
「どうしたの?…」
久しぶりにオンナとしての悦びを味わうことが出来て幸せな気分でいた。しかし沈鬱なブサイク顔が覆い被さってくるのを見てぎょっとした。

「死んでお詫びしますっ」
ちゃんと、引き留めてくれよ…。
涙をこらえるようにギュッと目を閉じて体を起こしたエロガキは、佐知子の勉強机のペン立てにあったカッターナイフに飛びつくとめいっぱい刃を出して首に突き立てようとした。

「ま、まって、だめえっ、早まっちゃ、だめえっ」
え、なに…、やだっ、やめてえっ…。
突然の急展開に動転したお人好し人妻はエロチビのサル芝居にまんまと乗せられ、ナマ陵辱直後で火照った柔らかい女体を押しつけるようにしてカッターナイフを握った少年のカラダに抱きついた。

「止めないでください、こうしてお詫びするしかっ」
いいぞっ、その調子だっ…。
予想通りに止めに入った不由美にこみ上げてくる笑いを懸命にこらえたエロガキは、最後のダメ押しに大げさにカッターナイフを振り上げた。

「だめえっ、やめてっ、死んじゃダメえっ」
やだっ…、
冷静に見ればエロガキのクサイサル芝居だとすぐにわかったはずだが、とっさのことで動揺している上にナマ出しされた直後のエロボケ状態で頭がはっきりしない淫乱人妻は、
そんなの、だめよおっ…。
必死になってナイフを握った腕にすがりつき、カワイイポッチが突き出た柔らかい二つのふくらみを押しつけて少年を押し倒した。

「でも、友達のお母さんに、こんなことして…、絶対、許されない」
いいぞっ、バカ女…、
乳首がツンと突き出た豊満な乳房で圧迫される気持ちよさに顔が緩みそうになるのを懸命に引き締めたエロガキは
すっかり、オレが死ぬ気だと、思ってやがる…。
無我夢中で翻意させようとする不由美をウソ泣きの目で見つめていた。

「こ、こんなことで、死んじゃうなんて、ダメよ…」
ええっ、ど、どうしたら、いいの…、
涙に濡れた目で見つめられてサル芝居するチビの決意の固さをすっかり信じ込んだお人好し人妻は、
「そ、そうよ、立派な和服職人になるんでしょ」
あっ、そうだった、この子、将来が…。
そもそもこういうことになったキッカケを思い出すと、懸命にカッターナイフを振り上げた腕にすがりついた。

陰気美少女乃舞子 (94)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)




日本陸海軍機大百科 8/21号(8/7発売予定102号)は二式水戦(フロート付き零戦)です。8月9日発売の自衛隊モデル・コレクション9/10号(12号)は護衛艦たかなみです。8月9日発売の世界の軍艦コレクション9/3号(16号)は初の外国艦船戦艦ビスマルクです。
自衛隊モデル・コレクション 最新号・バックナンバー たかなみ
世界の軍艦コレクション

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:40:48 ━ Page top ━…‥・

== 陰気美少女乃舞子 ==

陰気美少女乃舞子 (92)娘の部屋で種付け

ろま中男3 作品リスト
陰気美少女乃舞子 目次

陰気美少女乃舞子 (92)娘の部屋で種付け

「あ…」
ここ、どこ…。
下腹部が圧迫される感じに目を覚ました不由美は、快感の絶頂の余韻でまだはっきりしない意識でボンヤリ天井を見た。

「不由美さん…」
そこに士宇児の顔がどアップに現れて
「えっ…、あ…、落合、君…」
え、どうして…、夢?…。
トイレでイカされた記憶が急に蘇ってきた。エロチビにまんまとしてやられた欲求不満妻は現実逃避してあの狂ってしまいそうな快感が夢だと思いこもうとした。

「ごめんなさい、どうしても、がまんできなくて」
ウソ泣きの涙で目を濡らした士宇児が嗚咽混じりにつぶやいた。
「がまん?…、なに、どうしたの?…」
どうして…、泣いてるの…。
まだ自分が置かれた状況が理解できないおとぼけ人妻は、つらそうな娘の同級生に不安そうに聞いた。

「不由美さんを、見てるウチに…、ガマンできなくなってっ」
おらっ、ナマチンポだ…、味わえ…。
ウソ泣きを続けてわざとらしく肩を震わせるエロチビはデタラメを口走りながら、全裸の女体に抱きついて腰を突き上げた。

「んっ…、えっ」
あっ…、え…、してる?…、セックス、してるの?!…。
夫の粗チンとは比べものにならない立派な肉棒で膣奥まで貫かれた不由美は、やっと自分が娘の同級生に犯されていることに気づいた。
あっ、んっ、うそ…、だっ、だめよ…。
エロチビの指先でイカされてはしたないアヘ顔を見せてしまった上に、ナマ挿入された肉茎にはしたなく悶える淫乱若妻だったが、娘の同級生と関係を持つ禁忌感はまだ残っていた。

「ホントに、ごめんなさいっ、不由美さんがキレイすぎて、ボク、ああっ…」
…、エロいカラダしやがって、気持ちいいぞっ、オバハン…。
熟れた淫乱人妻にナマ挿入する悦びにまみれ、デタラメを口走る変態は力任せに腰を振ってナマ挿入の快感を貪っていた。

意識をなくした不由美をトイレから連れ出して佐知子の部屋を探した士宇児は、やたらと広い豪邸をしばしさまよったが、なんとか見つけることが出来た。

ベッドに横たわる艶めかしい女体に舌なめずりする変質者そのものの士宇児は、着付けの順序などお構いなしにデタラメに和服を脱がせると、素っ裸になってビンビンの息子をビショ濡れのオマタにあてがってのしかかった。

不由美が目を覚ましたのは濡れた媚肉にナマチンポを咥え込んだそのときだった。

「ごめんなさいっ、でも不由美さんが魅力的すぎて、がまんできなくてっ」
大人らしく、子供のワガママ、許してくれよっ…。
いけしゃあしゃあとウソをつきまくる変態チビは力んで尻エクボが出た腰を振りまくった。

「あ、ああっ、お、おねがい、あ、あんっ、ま、あっ、まって、ああっ…」
ああっ、あたるっ…、
夫に構ってもらえずに女盛りのカラダをもてあましていた若妻は、高校生デカマラにあっさり陥落していた。
はあっ、だめっ、ああっ…。
腰の激しい動きを押しとどめようとするかのように伸ばした両手は、筋肉が躍動する腰に当てられただけで、よろめき淫乱妻はズンズン突き上げられるたびに甘ったるい吐息を漏らした。

「おねがい、あ、ん、このことは誰にも」
オンナの脂が乗った肉布団に覆い被さって、官能的な女体が描く曲線をひしゃげさせるエロガキの背中に、いつの間にか手を回した不由美は不貞がバレないように口止めしていた。

「もちろんですっ、不由美さん、好きですっ」
あたりまえだろっ、この秘密で、おまえを弄んでやるっ…。
夫に言えない秘密を握り、その弱みにつけ込んで熟れた女体を食い散らかしてやろうと謀む小悪党は、真面目な顔で欲求不満妻が悦びそうなセリフをわめいた。

「あ、んっ、あ、ああっ」
好き?…、好きって…、
箱入り娘として大事に育てられ、健全な男女交際を経験することなく金持ちオヤジに嫁いだ世間知らずな不由美は、
言われた…、初めて…。
生まれて初めてされた愛の告白に舞い上がってエロガキの稚拙なキスに女の幸せを感じていた。

「ああっ、好きですっ」
ダメ押しだっ…。
トロトロマ○コにナマ挿入する気持ちよさにのめり込んだエロボケは激しい挿入を繰り返しながら、もう一度デタラメを口走った。

「あ、ああっ、いいっ、好き、わたしもっ」
ああっ、幸せ…、気持ち、いい…。
あっさりダマされて若い男に愛される喜びを噛みしめる欲求不満妻は、乱れた日本髪を淫靡に揺らし、濡れ濡れの女性器に激しく出入りする肉棒の気が狂いそうな官能に夢心地な幸せを感じていた。

「はっ…、イキますっ」
出るっ…、孕ませて、やるっ…、
裏スジをこみ上がる熱いほとばしりにいきったエロガキは生殖衝動に突き動かされて本能のまま種付けした。
シャチ子っ、おまえの妹は、オレの子だぞっ…。
避妊しようという気遣いなど一切なく、キュウウッと収縮する膣の歳奥まで挿入してドクドクと勃起チンポを脈動させた。

「あ、あんっ、ああっ…」
ああっ、出てる…、いっぱい…、
娘の同級生にナマで膣出しされた淫乱若妻は、膣粘膜を熱く焦がす濁液にのけぞってメスの悦びにまみれ、
私…、幸せ…。
夫を裏切る不貞や娘の同級生との不倫などの道徳観の破壊をまったく意識せずに、士宇児の子供を授かることさえ願っていた。

陰気美少女乃舞子 (93)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)




日本陸海軍機大百科 8/21号(8/7発売予定102号)は二式水戦(フロート付き零戦)です。8月9日発売の自衛隊モデル・コレクション9/10号(12号)は護衛艦たかなみです。8月9日発売の世界の軍艦コレクション9/3号(16号)は初の外国艦船戦艦ビスマルクです。
自衛隊モデル・コレクション 最新号・バックナンバー たかなみ
世界の軍艦コレクション

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:31:08 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old