FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (140)オネエとお気楽妻

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (140)オネエとお気楽妻

「あの?…」
ここって、どこ?…。
薄暗い部屋で里歩がタケシに嬲られていた頃、静香はオネエ店長に商品がうずたかく積まれたバックヤードに連れ込まれていた。

「ちょっと、失礼~っ」
心細げな問いかけに振り返ったオネエ店長は、毒々しいリップの唇の口角をあげてにんまり笑うと、
「やんっ、エッチ」
あんっ、めくっちゃ、いやあ~んっ…。
自分がエロジジイに卸したブレザー制服のチェックミニをまくり上げ、なんちゃってJKにカワイイ悲鳴を上げさせた。

「う~ん、このショーツ」
紺ニーハイの艶めかしい脚線美を内股にモジモジさせ、めくりあげられたミニスカを押さえて恥ずかしがる静香を無視したオネエは、
「アナタには似合わないわね」
変態コンビニ店長がくれたすけすけパンティに透けたパイパン素肌をのぞき込む、変質者としか形容のしようのない姿で偉そうにつぶやいた。

「え…、そうですか?…」
そうかな、似合わない?…。
ノーパンの里歩にパンティを買うつもりでこの怪しげなランジェリーショップに入った静香だったが、変態オネエにいきなり否定されたパンティを、自分からミニスカをまくり上げてのぞき込んだ。

「アナタにぴったりのが、あるわよっ」
幼児のようなあどけなさで自分からミニスカをまくる静香にうれしそうに笑ったオネエは、積み上げた商品の山を物色し始めた。。

すごい、いっぱいある…。
ほとんどがスケベオヤジ御用達の変態プレイグッズなのだが、カワイイパンティを選んでくれると思いこんだお気楽淫乱妻は、商品の山をかき分けるオネエの背中を見ながらちょっとウキウキしていた。

「これなんか、どうかしら」
商品の山から生地面積が究極に節約されたひもパンを手にしたオネエは、極彩色リップの唇をうれしそうにゆがめてニンマリした。
「これですか?…」
これ、穿くの?…、これじゃ、穿いてないのと同じじゃ?…。
こんがらがったヒモにしか見えないパンティを渡された静香が躊躇していると
「そうよ、手伝ってあげるっ」
素早く静香の後ろに回ったオネエは、チェックミニのお尻の前にしゃがむとパンティをズリ下げた。

「いやんっ」
あんっ、脱がされちゃったあっ…。
ノーパンにされた静香はオマタにチェックミニを押し込んで恥じらったが、突き出したお尻を丸見えして大事な部分までモロチラし、問答無用な強引さにどM従順奴隷の淫らな性根をゾクゾクさせた。

「う~ん、綺麗なお尻ね…、うらやましいっ」
目の前でプリプリ揺れる綺麗なヒップをじっと見つめたオネエは、自分にはない女性的な美しさにヤキモチを焼いて軽くスパンキングした。

「やんっ」
ひやんっ…、お尻、ぶたれたあっ…。
ソフトSMプレイ的なイジクリにカワイイ声を上げて腰を引いた静香は、両手でお尻を押さえて振り返り、どM奴隷特有のイジメを誘発するようないじましい視線でオネエを見た。

「いいわねっ、その顔、すてきよ…」
普段はネコ役でタケシから攻められる役回りだが、被虐色情をプンプンさせる淫乱若妻にサディスティックな高ぶりを覚えた変態オネエは、毒々しい色彩の唇をベロリと舌舐めずりした

「やあんっ、見ちゃいやあんっ」
ああんっ、そんな目で、見られたら…、
リセエンヌっぽい制服姿に生々しい色気を漂わせる熟れた女体に、バイセクシャルなオネエはムラムラした変態色情を剥き出しにしていた。
あはあんっ、恥ずかしい…。
イヤらしい笑い顔にケダモノのように目をギラギラさせるオネエに、静香はどMなドキドキ感で豊満なノーブラの胸を熱くし、パンティを脱がされたオマタをネットリ濡らしていた。

淫乱妻静香調教 (141)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:40:19 ━ Page top ━…‥・

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (139)アナルセックス

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (139)アナルセックス

「ほらほら、お化け、くるよ」
初チューを奪われたことを怒る里歩を後ろから抱き抱えてわざとセクサロイドを見せつけたタケシは、今度はローションを手にとって処女JKの裸体に塗りたくった。

「いっ、いややあ~っ、こ、こんといてえっ」
薄暗い部屋に林立して白く浮き上がる性愛玩人形で視界をいっぱいにして恐怖の極致のヘタレ美少女は
「いやあやあ~っ、もう、出るっ、オシッコがあっ、出てしまう~っ」
媚薬が塗り込まれたオマタからビシュッとお漏らししてナマ太ももをぐっしょり濡らしていたが、まだ出てない体(てい)で騒ぎまくっていた。

「お清めしたら、大丈夫だから」
腕の中で暴れる美少女の新鮮な女体に某ハトヤホテルのCMを思い浮かべるおとぼけゲイは、ツンと乳首の立った見事な釣り鐘型のDカップを手のひらで握りしめ、指の股からあふれんばかりのローションを塗りながら揉みまくった。

「あっ、あんっ、ああんっ、はやくう~っ」
経口と膣のヒダの奥まで塗り込まれた媚薬が効き始めたヘタレ美少女は、変態ゲイに婦女暴行まがいの辱めを受けていると考える余裕さえなく、
「はあんっ、してくださあい~っ」
怯えたオーバーアクションで新鮮な裸体を淫靡にくねらせ、鼻にかかったけだるそうな声に淫靡な雰囲気をにじませていた。

「ああっ、ほらっ、おとなしくしろっ」
とっくに元気を回復した息子をお尻の割れ目に押し込んだ変態ゲイは、柔らかい弾力に上下左右に刺激される気持ちよさに笑いを含んだ声を漏らし、胸からお腹にローションを塗る手を移動させた。

「あ、やあって、ゆうてるやんっ」
媚薬の効き目でオマタを濡れ濡れにした里歩はゲイチンポに尻マッサージでご奉仕しているコトに気づかず、暗闇に浮き上がるボンヤリしたセクサロイドに怯えてわめき続け、
「あんっ、はあっ、だめえっ、こんといてえっ」
ハツモノJKらしくないセクシーな吐息を交えて悶えていた。欲情し始めたヘタレJKは新鮮なスベスベ素肌を変態タケシのカラダにコスりつけ、無意識にエロご奉仕を捧げていた。

「ここにっ、塗り込んだら、終わりだから」
腕の中で暴れる里歩の軟らかい肉の弾力にご機嫌で興奮した吐息を響かせる変態ゲイは、息子を差し込んだお尻の割れ目に手を差し込むと、スミレ色の菊門に指を突き刺した。

「あっ、んっ…、わたしっ、ちゃんと、ガマンしますからあっ」
尻アナに指を突き刺されて一瞬カラダの動きが止まった里歩だったが、未経験の女体を熱く欲情させる媚薬の効果でさほど拒否感を見せずに変態陵辱行為を受け入れ、
「はあっ、もっとおっ、はあっ、してください~っ」
排泄器官を無造作にえぐって嬲る指先の性的倒錯刺激にまだ肉付きの薄い腰を淫らにくねらせ、無意識に自分から恥ずかしいおねだりをしていた。

「じゃ、じゃあっ、これからがお清め、本番だっ」
ネコ役店長のアナル陵辱にいつもいそしんでいたタケシは、腰を下げてローションをたっぷり塗り込んだ里歩の尻アナに勃起チンポの先端を食い込ませ、ゆっくりと挿入を開始した。
「あ、んっ、な、なんでえ~っ、あ、はあんっ、おしりなの~っ?」
尻アナに初めて男性器を咥え込んだ里歩は、媚薬に支配されたエロボケ意識に恥じらいや屈辱感はなく、本命のアソコではなくお尻を犯されたことに違和感を訴えていた。

「んっ、い、いいからっ」
生々しくくねる若い女体を後ろから抱きしめる変態ゲイは、ハツモノアナルを陵辱する興奮でうわずった声をあげ、ふくれあがったカリをゆっくりと直腸に侵入する快感を楽しんでいた。

「あ、あんっ、お尻、ああっ、だめえっ」
媚薬の効き目でオマタの切れ目からとどめなく愛液を垂らす処女JKは、肉棒で広げられた括約筋をじわじわ刺激される官能に切なげにのけぞり、悲鳴混じりのあえぎ声を上げていた。

淫乱妻静香調教 (140)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:27:32 ━ Page top ━…‥・

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (138)媚薬漬け

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (138)媚薬漬け

「いややあ~っ」
セーラー服とブラを脱いで全裸になった里歩は変態ゲイにスベスベ素肌をまさぐられていたが、
「どうして、くるんですかあ~っ、こんといてって、ゆうてんのにい~っ」
暗闇に目が慣れて周りの様子が見えてきて、実際には微動だにしない何体ものセクサドールが迫ってくるという恐怖に怯え、見当違いなセリフをわめいて泣きじゃくった。

「うへいっ」
泣きべそをかくヘタレ美少女の泣き顔をベロンとスケベ笑いで舐めあげた変態細マッチョは、
「大丈夫だよ、オレが清めてやるから」
売り物の女ならイチコロという触れ込みの怪しい媚薬を指先にベットリ塗ると、板海苔状の茂みの奥に手を忍ばせた。

「えっ、ややあっ、どこ触ってるんですかあ~っ、そんなことせんと、お清めしてください~っ」
恐怖におびえて判断力がほぼ皆無の全裸美少女だったが、さすがに女の子の一番大事な場所をイジられては黙っていられず、関西弁で非難めいたセリフをわめいた。

「お清めだから、ガマンしろっ」
お漏らしの湿り気を帯びた柔らかい媚肉の合わせ目に指をグイグイ食い込ませる変態ゲイは、怒声に近いガナリ声を上げ、ハツモノ乙女のもっともな言い分をすげなく却下した。

「ひいいっ」
里歩は痛いほど鼓膜を震わせる甲高い声にまたお漏らししてしまった。
「うひいんっ、わ、わかりました、わかりましたからあ~っ」
オシッコでオマタを濡らしたヘタレ美少女は言い返す気力もなく観念しておとなしくすると、
「わああんっ、怒鳴らんといてえ~っ、ください~っ」
まだ誰にも触らせずに大事に守ってきた秘所をはい回る指の気持ち悪さを、怖気を震ってボロボロ涙をこぼしていたが懸命にガマンした。

「うぐっ、ちょっとの、がまんだから」
ハツモノ美少女のマン肉をイジくりまわす興奮で息を荒げるど変態は、口に溜まったツバを飲み込んでピンク色した肉の合わせ目の奥まで白濁軟膏を念入りに塗り込む。

「んっ、んんっ…、ああっ、まだですかあ~っ、襲われてしまうう~っ」
媚肉をこねくり回されるおぞましさおも慣れればガマンできないほどではなく、ソレよりも視界のハシで不気味に立つ人形が今にも襲ってきそうで、里歩は変態ゲイを急かした。

「じゃあ」
膣ナカのヒダの奥まで媚薬をすり込んだタケシは、こんどは赤玉と呼ばれる飲み薬を水と一緒に口に含むと、里歩の泣き顔に覆い被さった。

「んっ、ふああっ」
里歩はいきなり口をふさがれて、注入された水と一緒に怪しい飲み薬も飲み込まされた。
「あっ、はあっ、なんで、チュー、するんですかあ~っ」
抱きつくタケシを何とか押しのけた里歩は速効性の媚薬を飲まされたことに気づかずに、幽霊の怖さをとりあえずおいておいて初チューを奪われたことをプンスカ怒っていた。

淫乱妻静香調教 (139)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます


最安値残9(12:13現在)です。

最安値残38(12:17現在)です。

最安値残32(12:25現在)です。

5月21日発売予定6号は、空自F-4EJ改です。→ 最新号・バックナンバー 自衛隊モデル・コレクション| DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:24:16 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old