FC2ブログ

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (31)保健室で逢い引き

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (31)保健室で逢い引き

「保健室…、行きましょ」
せまい個室で野獣のようにいきり立って迫るオレに、我関せずとばかりにシレッとすました倉田は男子トイレを出るように促した。

「は?…」
オレは闘牛士にかわされた暴れ牛のように昂ぶった気持ちの行き場を無くし、倉田に言われるまま個室を出るしかなかった。

ドアをそっと開けて誰もいないことを確認して手招きすると、倉田は無表情に個室から出てきた。


「先生、倉田の気分が悪くなったので、保健室に連れて行きます」
廊下で1時間目担当のエリ先生とすれ違うとき、オレは倉田から前もって指示されたとおりに説明した。
「そう…、倉田さん、大丈夫?」
このときのエリ先生は人を疑うことを知らないんじゃないかと思った。いかにも体調が悪そうにうつむく倉田を、エリ先生は本気で心配していた。

「…オマエ、ワルだな」
職員室の前を通りすぎて先生の姿が無くなるとオレは振り返り、無表情についてくる倉田をヤブにらみした。

エリ先生をだまくらかしただけでなく、倉田はオレに目配せされて席を立った時、すでにクラスメイトに保健室に行くと説明していたそうだ。黒髪美少女優等生は授業をサボるワル知恵も全校トップクラスじゃないか、とオレは密かに舌を巻いていた。

イジワルな問いかけに倉田はなにも応えずに横に並ぶと、腕に抱きついてセーラー服のカラダを預けるように寄りかかってくる。
「…」
そつないツンデレ優等生の見事なデレだった。肘に当たる柔らかいふくらみの気持ち良さに顔がニヤけそうで、オレも言葉が出なかった。


今日も保健室に養護の先生はいなかった。ちゃんと仕事してんのかと文句の一つも言いたいところだが、願ってもない状況なのは間違いない。

「…」
この時間の保健室は誰もいないことを知っていたのかはわからないが、上目遣いの恥じらいを含んだ笑みでオレを見た倉田が袖を引いてベッドに誘う。その仕草がどうにもかわいくてオレはニヤけそうな顔をなんとか引き締めて引かれていた。

「…、ダッコして」
ベッドの周りにカーテンを引いて二人だけの空間を作ったツンデレ黒髪美少女は、エッチなおねだりをしたことに照れたような笑顔で甘えて寄りかかってくる。
「おっ、おおっ」
天使のような愛らしい笑顔にオレはイチコロだった。バカ面をさらしたオレはカラダを預ける倉田をギュッと抱きしめて、ついでにミニスカに手を入れてお尻の気持ちいい曲面ををなで回した。

「いいよ…」
きれいにフレアの付いた紺ミニスカを押し上げて食い込んだやる気満々のふくらみに、恥ずかしそうに笑った倉田が甘ったるい声でささやく。

「あっ、ああっ」
お尻の柔らかい弾力を手の平いっぱいに感じて頭の中はヤルことしかなかったオレは、上目遣いのカワイイ笑顔を見せる倉田を抱き上げてベッドに押し倒した。

黒髪美少女明日香 (32)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:17:08 ━ Page top ━…‥・

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (30)朝の男子トイレ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (30)朝の男子トイレ

翌朝、昨日とうってかわって軽い足取りで登校すると、倉田はいつものようにキレイに背筋を伸ばして座っていた。

横を通るときにポストイットを袖に貼られていた。

また屋上でお昼、一緒に食べようね
と書かれていた。

ピンク色のポストイットを見てるとムラムラしてきて、息子が騒ぎ出した。頭の中はケダモノのオレが占領して、変態じみた荒い吐息がガマンできずに漏れる。

朝のHRが終わると同時に席を立った。頭の中がエッチだらけでいてもたってもいられなかった。横を通るときに目配せすると倉田も席を立った。

1時間目がはじまる直前の廊下は意外なほど人の気配がない。人目がないことを確認して男子トイレに入ると、倉田もオレの背中に隠れるようにして黙ってついてくる。

「オマエのせいだぞ、なんとかしろ」
普段あまり使わない個室に同級生美少女を誘い込んだオレは、ハアハアドキドキしながらいきり立つ息子を出して握らせた。
「うん…」
いつもの何を考えているかわからない無表情でうなずいてうつむいた倉田は、オレに寄りかかってそれを両手でコスりはじめる。

「…、オレもしてやる」
ためらいなく手淫をはじめる現役女子高生にオレの中のケダモノが暴れ出す。
「あっ…」
短い紺ミニスカをたくし上げてウエストに押し込み、有無を言わせずにパンティに手を入れて恥毛の薄い前側を通り越し、女の子の一番大事な部分をイジってやった。
「んっ…」
冬服セーラー黒髪美少女のカラダがぴくりと震えた。指が食い込んだ肉の合わせ目はすでに濡れていた。

「やぁ…、声…、出ちゃう…」
濡れたスジを指でクチュクチュされる黒髪美少女は恥ずかしそうに顔を伏せたが、パンティの中でいやらしく蠢く手を振り払おうとはせず、カウパーで先端を濡らした息子を愛撫し続けた。
「ダッコ、してやる」
もうやるしかなかった。オレはフタをしたままの便座に座ると、息子がそそり立つソコにまたがるように目配せした。
「…、だめ…」
倉田はオレのにらむような目に無表情に視線を合わせていたが、いつもの仏頂面であっさり断った。

「なにっ」
意識がない(?)倉田を犯してからはじめて拒絶された。カッとなって血が頭に上ったオレはいきり立って立ち上がった。

「1時間目、はじまっちゃうよ…」
男子トイレの個室内で鼻息荒く迫るオレに、倉田は動揺する様子も見せずに艶めかしい切れ長の目で静かにオレを見ていた。

「だからなんだよっ」
やりたい盛りの性欲が爆発寸前のオレはまるで駄々をこねる子供で、
「ひゃぁん…」
胸だけが極端に大きい華奢なカラダを押し付けるように預けてくる倉田の、紺ミニスカをまくり上げたお尻をつかんでギュッと握りつぶしていた。

黒髪美少女明日香 (31)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:35:32 ━ Page top ━…‥・

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (29)母帰宅

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (29)母帰宅

…、ただいま…。
「へっ」
柔らかい唇の心地いい圧迫感に夢心地だったが、階下からしたお母さんの声で現実に引き戻された。

「あれ、今日、早い」
母親の帰宅にキョドって入れたままの息子をションボリさせたオレと対照的に倉田は冷静だった。オレに抱きついたままいつもの無表情な横顔を見せていた。

や、やばい…。
ベッドから飛び起きたオレはみっともないくらいあたふたして、脱ぎ散らかした服を拾い集めて抱えた。
「手伝う?」
倉田はいろんな体液で濡れた股間の始末をすると部屋着姿になり、やっぱり何を考えてるかわからない顔で着衣を手伝おうかと聞いてくる。
「あっ、いや」
優等生の冷めた視線で我に返ったオレは、裸のまま服を抱えて逃げ出そうとする自分の情けなさに落ち込んだが、へこんでいる余裕はないと焦りまくって服を着た。

「じゃあ、いい?」
ここに来たときと同じ男子高校生姿に戻ると、全く動揺した様子のない倉田が部屋を出るように促す。
「ああ…」
お母さんと顔を合わせなければならない緊張でオレはギクシャク歩いた。罪を犯してしまった直後の罪悪感が肩にのしかかってくる気がした。

「あら、お友達?」
倉田について歩くオレは刑場に引き出される罪人のようだった、と思う。しかし倉田ママは気安い笑顔でオレを迎えた。

「あ、あの、お、お邪魔、してます」
親しげな笑顔で少しは緊張が緩んだが、それでもみっともなくドモってしまった。
「英語の勉強してたの」
激しいセックスのなごりなどおくびにも出さない黒髪優等生は、いい子ちゃんな笑顔で説明した。

「そう、偉いわね、えっと…」
「あ、木村です」
シレッとウソをつく倉田に疑いなど微塵もなさそうなママは親しげな笑顔で誰何し、オレはそんな笑顔がまともに見られず応えた。

「木村君、ご飯食べてく?」
「え、いえっ、ウチで」
「そう?…、オバサン、料理うまいのよ」
馴れ馴れしいぐらいに親しげな倉田ママは、学生服の袖を引いてキッチンリビングに連れ込もうとした。

倉田ママはまだ30代半ばに見えた。倉田の豊満な胸は母譲りのようで、熟れた女体からは艶めかしい色香がそこはかとなく漂っていた。

「お母さん、いつもスーパーのお総菜じゃない」
「あら、そうだったかしら」
いつもの仏頂面でツッコむ倉田の助け船に救われた気がした。娘にツッコまれてもニコニコする倉田ママは、兼業主婦のためか料理はあまりしないようだ。

「あ、すいません、失礼します」
とにかくこの場から逃げ出したい一心で、オレはおいとましようと頭を下げる。

「そう、また遊びに来てね、そうそう、木村君、お父さんの若い頃に似てるわ」
「は、はあ…」
「お母さん、もういいから」
ちょっと悲しそうな顔を見せた倉田ママは、娘よりゴージャスな胸を押しつけるように寄りかかって、誘惑するような口調でささやく。倉田は娘の彼氏に秋波を送る母に不機嫌そうだった。

「…、ダッコして」
玄関の外まで付いてきた倉田は、オレの腕に抱きついて上目遣いに甘えてきた。
「あ、ああ…」
カワイイおねだりにオレはギュッと抱きしめていた。無意識にお尻をまさぐり、流れでチューまでした。

「じゃあね、また明日」
「ああ…」
カワイイ笑顔で手を振る倉田に後ろ髪引かれる思いだったが家路についた。背中でまだ倉田が手を振っている気がしたが、なんだか気恥ずかしくて振り返れなかった。

黒髪美少女明日香 (30)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:29:32 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old