FC2ブログ

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (28)ダッコ2回目

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (28)ダッコ2回目

「じゃまくせえっ」
オレはすべてを忘れて淫らな性欲にもだえる艶めかしい女体にのめり込んでいた。まだ着たままだった学生服がジャマで、オレは腰の回転を続けながら脱いで裸になった。

「あ、明日香もっ、あ、はっ、ダッコ、あんっ、嬉しいっ」
倉田も汗まみれのキャミワンピを窮屈そうに頭から抜いた。オレたちは対面座位のまま肌を合わせて抱き合った。
「おらっ、はぐうっ、ううっ」
きつく抱き合いながら腰だけが別の生き物のようにうごめき、ヌルヌルヒダが広がった亀裂に汁気まみれの息子の挿入を繰り返した。

「んっ、うっ、むうっ、くっ」
胸で押し潰された豊乳のナマ肌が汗でヌルヌルして気持ちいい。ツンと硬くなった乳首が胸板をくすぐってくる。
「は、あっ、あっ、いい、のっ、あっ、んっ、出してっ」
背中に両手を回して抱きつく倉田は、苦しそうに顔をしかめて頭を左右に振り、激しい突きあげにツヤツヤ黒髪が上下左右に波立っていた。

ベッドの上で向かい合って腰を合わせたオレたちは、お互いの肩にアゴを乗せて抱き合い、湿った荒い吐息を耳元に響かせ、ただれた快感を求め続けた。

「うっ」
キツキツマンコに締めつけられる気持ち良さに溺れて、オレはまたいきなりナマ出しした。
「あ、ああ…」
ザーメンを膣に注入された倉田はキレイなアゴの線を見せつけるようにのけ反る。ドクドクと脈動するチンポが収縮する膣にキュウウッと締めつけられる。

「あ、はあっ、ああっ…、木村君、スキッ」
火照った女体にのしかかったまま荒い吐息で汗まみれの背中を上下させていると、しばらく放心したように弛緩していた倉田が、ギュッと抱きついてきて耳元でうれしそうな声をあげた。
「あ…、う、うん」
その声に顔を上げたオレは、カワイイ笑顔で見つめてくる倉田をまぶしそうに見て、気の効いたセリフを言おうとしたが言えずにただうなずいていた。

「チュー、して…」
にじんだ汗で妖しくテカり、淫らな雰囲気が漂うカワイイ笑顔がキスをねだる。

「あ…、ああ…」
ツンデレ美少女の極上のデレにまだ挿入れたままの息子がムズムズしたが、オレはまぶしい笑顔に吸い込まれるように唇を重ねていた。

黒髪美少女明日香 (29)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:03:43 ━ Page top ━…‥・

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (27)接して漏らす

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (27)接して漏らす

「くっ、ううっ…」
まぶたを閉じて切なげな表情を見せる倉田のカラダにのしかかったオレは、アソコに食い込んだパンティを乱暴にめくって即入れした。愛液まみれのソコはあっさり息子を咥え込んだ。

「おっ、あっ、はうっ…」
入ってるのを忘れていたローターが息子の先端を激しく刺激する。その衝撃にあっさり果てた。
「ああっ…」
絶頂の快感に気の抜けたバカ面をさらしたオレは、倉田のナカで勃起チンポをビクビクさせ、ナマザーメンをドクドク注入した。

「…」
射精したオレはすぐに変態倒錯興奮から冷めた。あまりに早すぎる発射が赤っ恥で身の置き所がない気がして、欲情した女体から離れてベッドに腰掛けた。

「…、キレイに、するね」
ゆっくりと体を起こした倉田はローターを取りだしてティッシュであそこを拭くと、オレの前にひざまずいて半立ちチンポを舐めはじめた。
「んっ…、ああ…」
優しい手つきで半ムケの皮をズラした倉田は、湿り気でテカる唇を広げて先っちょからカリ根、サオまでキレイに舐めてくれた。

「…、もう一回、ダッコしてやるっ」
高校生らしくない絶妙な舌使いで息子はすぐに元気になった。同時に男としての自信も回復したオレ様は、偉そうな上目線で倉田を抱え上げた。
「うんっ、ダッコしてっ」
早漏の赤っ恥を忘れてどSに勢いづいたオレに、倉田は嬉しそうに笑うとオレにまたがって勃起チンポを濡れ濡れのスジに自分から食い込ませた。

「おっ、うっ、んっ…、オマエ、スケベだな、あおうっ」
「うふっ…、あ、あっ、あぁんっ」
対面座位の体勢で張りのあるお尻を抱えると、倉田は自分でサオを導いてナマ挿入した。
「うん、はっ、明日香、あ、ああっ、エッチ大好き…、でも、はんっ、木村君が、はあっ、もっと好きなの」
意地悪なセリフに倉田はニッコリ笑ってうなずいた。そして顔を上げると涙を溜めた目でオレを見つめる。

「…、こいつっ」
下まぶたからあふれそうに涙が揺れていた。震える唇で笑みを作った倉田がどうしようもなく愛おしかった。オレは倉田を抱きしめてチューした。
「んっ…」
強引に唇を吸われた倉田は背中に回した両手にギュッと力を入れて、二つのたっぷりプリンをグイグイ押し付けてくる。

「…、だっ、ダッコ、してやるっ」
今度は自分から舌を挿入して口のナカを荒らし回してやった。キャミワンピがはだけた超高校生級のナイスバディをベッドに押し倒し、対面座位の体勢からヒザを曲げたまま脚を広げたアソコにガンガン腰を振った。

「あ、あんっ、ああっ、んっ、あっ、んっ」
女子高生のプライベートルームにチュプヌプヌプジュッと、濡れマ○コに勃起チンポが出入りするぬめった音が響いた。
「んっ、あっ、いっ、ああっ、もっとおっ」
ガムシャラな挿入の勢いに倉田の体は激しく揺れ、白いシーツに広がった黒髪がツヤツヤ波立って淫靡に踊っていた。

黒髪美少女明日香 (28)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:17:23 ━ Page top ━…‥・

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (26)美少女フェラ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (26)美少女フェラ

「んっ、じゃっ、じゃあ、これは」
エロ単語責めに変質者のようにハアハアと息荒く興奮するオレは、次の単語を探して倉田に見せる。

「…、ピーニス…」
倒錯性的興奮で前のめりになるオレを潤んだ目で見た優等生は、男性器を示す英単語を正確に発音した。
「ぴっ、ぴーにすって、なにっ?」
「男の人の…、それ…」
キャミワンピの肩ひもを二の腕に垂らして胸がはだけそうな倉田は、ピンクローターとエロ単語責めに苦しそうな吐息混じりのセクシーな声で応え、息子で膨らんだ股間を指さした。

「そっ、それって、な、なにっ」
興奮しすぎてワケがわからなくなっているオレは、生殖本能のままに電光石火の早業でパンツと一緒にズボンを脱ぎ、そそり立つ息子を倉田の前に突き出す。
「あ、あぁんっ…、こ、これ…」
カウパー汁で濡れた先端を切れ長な半眼でウットリ見つめた黒髪美少女は、ビンビンのサオに優しく手をそえる。

「じゃ、じゃあ、これは」
このときオレは完全に頭がおかしくなっていた。勃起チンポをカワイイ顔に触れるくらい近づけて、次の単語を示した。
「ふぇ…、フェレイチオウ…」
「や、やってみて」
「あ、あんっ、うん…」
口マ○コを正確に発音した美少女はカウパー汁ごと先割れ先端を口に含み、クチュクチュとイヤらしい音をいい匂いの漂う静かなプライベートルームに響かせた。

「んっ、んんっ…」
うふあっ、あぁ、んっ、うっ、ふああっ…。
極楽だった。露出度過多なキャミワンピ黒髪美少女にネットリしたお口のご奉仕を捧げられ、オレは幸福の絶頂にいた。
「んふっ、ふあんっ、んっんっ、んっ」
淫乱美少女は懸命にフェラし続けた。黒髪を前後に揺らしてツバまみれのチンポをめいっぱい広げた唇に出し入れした。サオをしごく唇が濡れて淫靡にテカっていた。

「よ、よくやった、ご褒美に、だっ、ダッコしてやる」
裏スジへのネットリした愛撫に発射を予感したオレは生殖衝動でカラダが爆発しそうだった。息子にしがみつく倉田をベッドに押し倒すと、汗でシットリ湿った太ももを広げてのしかかる。

「う、うん…、ダッコしてぇ…、ほ、欲しいの…」
いきり立った息子が濡れ濡れエロパンティに食い込んでいた。湿った激しい吐息を受けてまぶたを伏せた倉田は、ちょっと唇のハシをあげて笑顔を作ると切なげなささやきを漏らした。

黒髪美少女明日香 (27)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:37:19 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old