FC2ブログ

== 少女真希 ==

少女真希 (52) ファーストキス

裏ろま中男 作品リスト
少女真希 目次

少女真希 (52) ファーストキス

ラブホテルに連れ込まれて勢いで全裸になった省吾だったが、妄想ばかりが頭の中を駆け巡ってどうしていいかわからずに緊張していた。

「…こんにちは、省吾の息子さん、メグで?す」
メグはわざと陽気にそう言うと、色っぽい唇の間から舌を出して省吾の息子の先端を優しく舐めた。
「…、あっ」
省吾はいきなり息子の先端に柔らかいねっとりした舌の感触を感じて、思わずうなっていた。

「…あっ、ゴメン、いきなりだったわね」
そう言って息子の愛撫を中断して立ち上がった。省吾の目の前に妖艶な美人の笑顔があった。省吾は美人の目が見つめるのに、びっくりしたように目を大きく開いて見つめ返していた。
「キスは、…、でしょ」
メグは省吾に抱きついて耳元でそうささやくと、省吾の顔をのぞき込むようにして、意味ありげに笑った。

「…」
キスは、してくれなきゃ、…。
省吾はその笑顔にタクシーの中でメグが言った言葉を思い出した。数センチ先で見つめるメグの顔に省吾はドキドキして顔が熱くなった。

省吾はキスの経験さえなかった。これから初キスを経験するのかと思うと、緊張して足がガクガク震えてきた。

省吾は足が震えている自分が情けなくて、
「メグッ!、キスするぞっ!」
おもわず大声を出していた。

省吾の声の大きさにびっくりしたメグだったが、省吾の足が震えているのを見て優しく笑うと
「…キスして、省吾」
優しくささやいて目を閉じて省吾のキスを待った。

省吾はなけなしの勇気を奮ってメグのむき出しの肩を両手でつかんだ。目を閉じた色っぽいメグの顔に気後れしそうになったが、覚悟を決めてゆっくりと顔を近づけていた。

唇が触れた瞬間、省吾は自分の唇が震えていることに気づいた。恥ずかしくて頭が、かー、となったが、
ここで引き下がったら男じゃない、…。
勇気を振り絞って唇を重ねた。

しばらくふたりはそのままの姿勢でいたが、
「…、はっ…、はー、はー」
省吾はメグから離れてヒザに手をついてうなだれると大きく息をしていた。省吾はキスしている間ずっと息を止めていたが、とうとう苦しくなって唇を離した。

オレ、かっこ悪い、…。
落ち込んだ省吾は顔を上げられなかった。

メグは静かに省吾を見守っていた。激しかった息が落ち着いた頃
「…、ステキ、だったわ、…省吾」
そう言ったメグが、うれしそうに笑っていた。

優しい声に顔を上げた省吾は、メグの笑顔に吸い込まれるように無表情に見つめていた。さっきまで下手な冗談を言って笑っていた笑顔とは全然違った。クールな美人だと思っていたメグの頬に、かすかに赤みが差していた。

メグが冗談めかしたことを言って笑っていたら、省吾はきっと立ち直れなかっただろう。しかしメグの笑顔が本当にうれしそうに見えたので省吾も自然に笑顔になった。

しばらく笑顔で見つめ合っていたふたりだったが
「…、お風呂、…入ろうか」
メグが目を伏せてはにかむような笑顔で言った。省吾は少女のような笑顔だと思った。

キャミを脱ごうとしてメグは、
「…恥ずかしいから、あっち向いてて」
照れたように笑った。メグからさっきまでの淫乱なセクシーな女性のイメージが消えて、
まるで同級生の女の子のようだ、…。
省吾はあっけにとられて見ていた。

「…」
いつまでもメグをみている省吾に笑っていたメグの顔がちょっと怒ったようにしてにらむので、省吾はあわてて後ろを向いた。衣擦れの音が聞こえてきて省吾はドキドキしたが、息子はエッチな期待にピクピクと震えていた。

キャミを脱いで全裸になったメグは、こっそりと省吾の後ろを通ってバスルームに入った。バスタオルをまいてから、
「…いいわよ」
バスルームから顔だけ出して笑顔で省吾を誘っていた。

省吾は急にかわいくなったメグと一緒にお風呂にはいることを妄想して、息子をさらに元気にして自然に顔をニヤケさせていた。

少女真希 (53)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:52:10 ━ Page top ━…‥・

== 少女真希 ==

少女真希 (51) メグの誘惑

裏ろま中男 作品リスト
少女真希 目次

少女真希 (51) メグの誘惑

エレベーターから出るとドアが並んだ廊下が続いていた。

はじめてラブホテルに入った省吾はもっとけばけばしい場所を想像していたが、普通のホテルと大差ないように思った。

「…ここよ」
メグが廊下の途中の部屋に入った。メグのおしりがプリプリ揺れるのに見とれていた省吾は、部屋に入ると見慣れぬ器具に注目していた。
「…はじめて?」
部屋の入り口で棒立ちになった省吾にメグが妖しく笑った。ジャケットを脱いで体の線がはっきりわかるキャミドレスだけの姿で淫乱な雰囲気を漂わせたメグは、とてつもなくエロチックに見えた。

「…省吾が触るからこんなになったのよ」
メグは前屈みになってパンティを脱いでいた。床と水平になったメグの上半身に豊かな二つの半円形の固まりが隣り合って深い谷間を作り、タプンとぶら下がっていた。省吾はその谷間から目が離せなかった。
「…ねっ」
そう言ってメグは脱いだパンティを省吾に投げつけていた。

「おっと」
省吾はパンティを受け取るとひろげて眺めていた。Tバックのそれはほとんどひものようだったが、あそこに当たる部分にねっとりした汁がたっぷりと塗りつけられていた。まだ湯気が上がりそうな暖かいパンティに省吾はドキドキしていた。

「やあね、女のパンティがスキなの」
まじまじとパンティを見つめる省吾にチョットバカにした笑顔をメグは向けていた。
「若いウチから、そんなモンに興味持つようじゃ、大人になったらヘンタイよ、タイヘンなヘンタイ、ってね」
切れ長の目のハシで省吾をねめつけるような視線を向けたメグは、最後の方で笑っていた。ダシャレのつもりなんだろう。

「…」
省吾はメグの言いぐさにやや腹を立ててパンティを放りだした。

「…あっ、ひっどおい、私をノーパンで帰す気ね」
メグはおしりを突き出したキャミのスソをつまんでノーパンのおしりをチラチラさせていた。おしりのワレメの奥にはあそこがぷっくりと顔を出していた。省吾の位置からも濡れているのがわかった。
「ほらっ、省吾、…アンタが電車でさんざん触ってた、おしりよ」
そう言って、メグは色っぽい妖艶な笑顔を省吾に向けていた。

「…」
省吾は丸くハリのあるおしりがちらちら見えるのに、息子をめいっぱい大きくしていた。たまらず前屈みになって股間を押さえた。

「ね?え、いつまで、そんなトコに立ってるの?」
ベッドに腰掛けたメグが足を組んだ。省吾は太ももの奥が一瞬見えて、その残像がしばらく頭を占領していた。思わずツバを飲み込んだ省吾は、喉の音が大きく響いたような気がして赤くなってドキドキしていた。
「いいこと、したくないの?」
イヤラシイ唇をわずかに開くと、舌で上唇をねっとりと舐めていた。おしりを突き出すように座ったメグの胸がたっぷりした容量を見せつけていた。

「おいでよ」
メグは右手を差し出して人差し指で誘っていた。省吾はふらふらとメグに近寄っていた。メグのすぐ前まで来た省吾の股間を、メグの指が触っていた。
「…、こうして、ほしいの?」
イヤラシイ笑顔で省吾の顔を見あげたメグは、ふくらんだ股間を四本の指を交互に動かして指先でさすっていた。

「…、うっ」
省吾は息子がまた膨張するのに、股間を押さえてうずくまった。

「…、そんなに、窮屈なら、脱げばいいのに、わたしはもう、ほら」
メグは笑いながらキャミのスソをひらひらさせて、足を組んだノーパンの股間をちらつかせた。

「…、ふんっ、ふんっ」
メグの笑いにバカにされたような気がした省吾は着ているモノを全部脱いで全裸になった。少年らしいやせたカラダだったが、つくところにはちゃんとついた筋肉が男性らしかった。先端を濡らした息子がお腹に沿ってそそり立っていた。

「きゃあ、大胆ね」
メグの淫乱そうな笑顔は、まつげの長い切れ長の目が省吾の裸体を眺めていた。
「…それに、立派よ」
やや上気した色っぽい表情で省吾を見つめた。省吾はメグの色気に何も言えずに緊張してドキドキしていたが、息子はビンビンになってすっかりその気だった。

(52) ファーストキスにつづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:42:40 ━ Page top ━…‥・

== 少女真希 ==

少女真希 (50) ラブホテル

裏ろま中男 作品リスト
少女真希 目次

少女真希 (50) ラブホテル

繁華街のはずれで止まったタクシーに省吾は座っていた。

「…省吾」
タクシーから降りたメグが座ったままの省吾をうながした。夕日を背にしたメグが堂々と足を開いて立つ股間のシルエットが透けて見えていた。すらりとした脚線美の微妙な曲線が作るエロチックな風景に、省吾はまた股間が熱くなっていた。

「…省吾」
「あっ、はい…」
二度も名前を呼ばれて省吾はあわててタクシーから降りた。背後でドアが閉まる音がしてタクシーが走り去った。やや前屈みになって顔を上げた省吾は、自分が立っているのがラブホテルの前だと気づいた。
「…」
メグが省吾の腕をとって入ろうとする。
「…、あの」
省吾はドキドキしながらメグの顔を見つめた。メグの横顔が妙に色っぽく見えた。

「いいから」
メグは省吾を引っ張ってラブホテルに入っていった。
「…いろいろあるわよ」
メグは部屋の写真が並んだパネルを眺めていた。まだ時間が早いのかほとんどが空き室になっていた。

「えすえむ、もあるわ」
メグがまたイタズラっぽい笑顔で省吾を見ていた。やや間をおいてから省吾はSM風の部屋のことだと理解して顔を赤くした。
「…ここにしよう」
赤くなった省吾の顔にうれしそうな笑みを浮かべたメグは、SM部屋のキーを手にしてエレベーターに乗った。

「…」
省吾は以前電車の中でおしりを押しつけてきたメグを色っぽくて大人っぽい女性だと思っていたが、こうして話すメグは子供っぽさのあるカワイイ同じ年くらいの女の子に感じていた。
「…、なに」
省吾の視線にメグは顔を向けた。

「…いや、あの…、どうして」
真顔で見つめるメグは色っぽい大人の女性だった。省吾はドキドキしていた。メグという女性のいろんな顔を一度に見て多少混乱気味だった。

「…」
メグが黙って省吾の顔を見つめていた。ポテッとした光沢を放つなまめかしい唇を見つめて、省吾はドキマギして息が苦しくなった。

メグはエレベーターのボタンを押した。ドアが閉じてエレベーターがあがりはじめる。

「だって、責任とらなきゃ」
急に笑顔になったメグは、省吾のふくらんだ股間に手のひらを当てると
「…、責任とるのが、大人でしょ」
ズボンの上から息子を優しくなぜながら、メグは楽しそうに笑っていた。

「…」
わかったようなわからないような理屈だった。どうやらメグはずっと勃起したままの息子の責任を取ってくれると言っているらしい。
「…」
メグに触られた股間が気持ち良かったが、けらけらと笑うメグを省吾は緊張気味の顔で見つめていた。

「なに?…、おねえさんが怖いの」
緊張した顔を向ける省吾に、メグは両手を胸の前でひらひらさせて、幽霊のマネをしながら笑った。
「こんな、いい女の誘いを断ったら、もったいないオバケが、でちゃうかもよ」
意味深に目配せをすると長い髪を口にくわえ、まだ幽霊のマネをしながら楽しそうに笑っていた。

「…それに」
メグは省吾の顔をのぞき込みながら
「別のモノ、出さなきゃね」
省吾の股間を優しくさすって笑っていた。

省吾は大人の女に圧倒される気がしながら、エッチなジョークについ笑い声を上げていた。メグの背後でエレベーターのドアが開いた。

(51) メグの誘惑につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:35:36 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old