FC2ブログ

== 少女真希 ==

少女真希 (49) メグ

裏ろま中男 作品リスト
少女真希 目次

少女真希 (49) メグ

痴漢騒ぎに紛れて省吾と痴女のおねえさんも電車を降りた。

省吾はおねえさんに抱きついたまま電車を降りたが、騒ぎが収まると柔らかい肉体から離れて、おねえさんのモデルのような色っぽいスタイルを眺めていた。

おねえさんはキャミドレスにジャケットを羽織っていたが、カラダにはりついて色っぽいボリュームのある腰やおなかのくびれをあらわにしたピンクのキャミソールが下着のようだと思った。太ももをレースのスソが隠していたがミニ丈のスソは色っぽい太ももをほぼさらしていた。

大胆にカットされた胸からあふれそうな乳房のナマ肌がまぶしかった。さっきまでそこに直接触れていたと思うと、また股間が熱くなっていた。

「…」
おねえさんはまだ頂点の余韻ではっきりしない意識で女体を妖しく揺らしていたが、自分を見つめていた省吾があわてて股間を押さえるのを見て笑っていた。

「…ボク、どうする」
おねえさんは股間を押さえて前屈みになった省吾の腕に肘をからませて聞いていた。
「…あの、省吾です」
省吾はおねえさんの顔を見上げながら、不満そうにつぶやいた。

「省吾ね…、私はメグ」
メグは省吾の生意気な視線にイタズラっぽい笑顔を向けていた。この色気ムンムンのおねえさんの笑顔が省吾はカワイイと思った。
「省吾、行こうか」
メグは省吾の腕をとって改札に向かって歩き出した。ワケがわからずに一緒に歩く省吾は、腕に押しつけられたメグの豊満な胸の感触が気持ちよくて顔をだらしなくゆるめていた。ますます息子がふくれあがって歩きにくかった。

駅を出たメグはタクシーに省吾を乗せると運転手に行き先を告げた。
「…、どこ行くんですか」
メグは終始笑顔でいるが、痴漢という犯罪行為を働いたという後ろめたい気持ちがまだあって、省吾はどこに連れて行かれるのか不安だった。あるいは怖いオニイサンが出てきて袋だたきに遭う、という最悪のシナリオが頭をよぎった。
「…、いいとこよ」
そんな省吾の不安など全く関知しないメグは、相変わらず色っぽい笑顔で応えた。

それきり省吾は黙った。考えてもしょうがないので不安な気持ちは心のスミに押しやって電車の中での出来事を思い出していた。今朝真希のスカートの中に手を入れるまで、せいぜいおしりを触る程度の痴漢しか経験したことがなかったのに、電車の中でメグにあんな大胆なことをしたのが夢のようだった。

指先に感じたメグのあそこの柔らかい肉を思い出して、また息子が痛いほどふくれあがってきた。指先からメグのあそこの匂いがまだしているようで、その匂いをかぎたい誘惑を何とか押さえていた。

「…なに、考えてるの?」
淫靡な妄想に没頭していた省吾に、メグがのぞき込むように聞いてきた。
「いやっ、あの」
省吾は淫らな妄想を見透かされたようでドギマギしていた。
「…」
メグはそんな省吾を見て笑っていた。なんだかバカにされたような気がした省吾は、電車の中であんなに興奮して寄りかかってきたくせに、とメグのカラダを見つめていた。

「…、なに?」
省吾の気持ちなど忖度する気のないメグは、楽しそうに笑いながら省吾の顔を見ていた。
「…、何でもないです」
省吾はなにを言っても笑われそうで、そう応えると黙ってしまった。

「…」
沈黙が続き、横でリラックスしてなまめかしいカラダを座席に沈ませるメグを意識して、だんだん息苦しくなってきた。こんな色っぽいおねえさんとふたりきりになることなんて今までの人生ではありえない省吾は、なんだかいたたまれなくなって顔が下を向いていた。

「緊張してるの?」
黙ってしまった省吾にメグの顔がのぞき込んだ。たっぷりした胸が腕に当たってひしゃげていた。
「…ひっ」
いきなり目の前にメグの色っぽい顔が急に迫ってきたのに、省吾はびっくりして情けない声を上げた。しかし胸の感触の気持ちよさに下半身は図々しく反応し、またまた息子が痛いくらいにふくれあがった。

「…なによ、失礼ね」
メグは不満そうにつぶやいた。
「…キス、しちゃおかな」
落ち着かない視線を送る省吾に覆い被さるようにしていたメグが、イタズラっぽく笑って見つめていた。

「…」
びっくりしたように目を見開いた省吾に
「…冗談よ」
メグが楽しそうに笑った。そして耳元にグロスリップでぬめっとした光を放つ唇を近づけると
「キスは、してくれなきゃ」
甘えたささやきを耳に吹きかけていた。

省吾が股間を押さえてドギマギしているうちに、タクシーが止まってメグは料金を払って降りた。

(50) ラブホテルにつづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:32:12 ━ Page top ━…‥・

== 少女真希 ==

少女真希 (48) お願い

裏ろま中男 作品リスト
少女真希 目次

少女真希 (48) お願い

喫茶店で真希とエリは向かい合って黙ったまま座っていた。

「…」
エリは何か優しい言葉をかけたかった。自らも痴漢に翻弄されて意識が朦朧としていたとはいえ、目の前で教え子が痴漢に強姦されるのを看過した責任を感じていた。

「あの…、」
真希が顔を上げてエリを見つめた。真希は警察での取り調べにずいぶんへこんだが、タクシーの中で泣きまくったおかげでだいぶ落ち着いていた。
「…、なに?」
エリが心配そうな笑顔で真希を見つめた。

「…、今日のことは、内緒にして、欲しいの」
真希は思い切って言った。一応被害者ということになっているが、電車の中で強姦されながら淫乱な欲望に乱れて、喜びを感じていたことがまだ生々しく記憶に残っていた。
「せんせい、お願い」
これがおおごとになると昨日のことまで知られそうだった。昨日も太一に強姦されて性奴隷として宣誓までしたことは誰にも知られたくなかった。もしも雄次に知られたら死んでしまうしかない、とさえ考えていた。

「…」
エリは真希が必死な表情で訴えるのを黙ってみていた。エリだって痴漢に股間をもてあそばれて、はしたなく股間を濡らした上に気持ちよくなって快感で自らを見失って悦楽の中に漂っていたことは、自分だけに納めて誰にも知られたくなかった。

「…、でも、このことをお父さんやお母さんに、隠しておくことは出来ないと思うの」
教師としての精一杯の言葉だった。真希の気持ちが痛いほどわかるエリは言うのが辛かった。

「…」
真希はエリの言葉に一瞬悲しそうな目を向けたが、
「このことが知られたら、私、死にます」
すぐに毅然とした表情になると真剣な目でエリを見つめた。

「…」
真希に見つめられてエリは目をそらせずにいたが、真希の悲壮な覚悟に涙がこみ上げてきた。
「…」
目にいっぱい涙が溜まって目尻からこぼれた。教師といっても今年なったばかりのエリは、真希に友達のような感情を持っていた。あるいはおねえさんのような感情かもしれない。

「…」
エリは涙でにじんでぼやけた真希の顔を見つめていた。エリに妹はいないがもし妹がいてあんなひどい目にあったら、エリになにが出来るだろう。なにも出来ない自分が情けなかった。

「…ゴメンネ」
どうにも堪えきれなくなったエリは顔を伏せるとポロポロと涙をこぼしていた。
「…、ううっ」
泣き出したエリにつられて真希も泣き出した。顔を伏せて声を殺して泣いていた。

「…」
涙があふれて顔を上げられなかったエリだったが、真希が泣いている気配に涙をぬぐって真希に視線を向けた。
「…」
顔を伏せて肩を振るわせる真希を見て、自分が泣いている場合ではない、と自らを叱りつけると、
「…、真希さん」
優しい声で呼びかけたつもりだったが泣き声が混じっていた。

「守るから、私が真希さんを、守る」
エリは自分を奮い立たせて肩を振るわせる真希に声をかけていた。
「だから、安心して」
エリはカワイイ妹を本気で守りたいと思っていた。

「…」
真希はエリの言葉に涙に濡れた顔を上げてエリの目を見つめていた。エリは懸命に笑顔を作って真希に応えていた。
「…、ふたりだけの、秘密にしましょ、ね」
エリはぎこちない笑顔で問いかけていた。
「…」
真希はまだ泣いていたが、うん、とうなずいていた。

エリは冷めたコーヒーを下げてもらって暖かいココアを頼んだ。ふたりは黙ってココアを飲んだが、ココアの温かさに気持ちがだんだん落ち着いてきた。

「…じゃあ、いこうか」
エリがお金を払おうとすると喫茶店のおじさんはココア代だけ受け取った。優しく笑うおじさんにエリは丁寧に頭を下げて喫茶店を出た。

「…、送っていくわ」
エリが真希に優しく言うと
「…大丈夫です」
真希がぎこちない笑顔で応えた。

「…、うん」
真希を送っていって両親に会ってしまったら、今日あったことを話さなければならない。それは真希を追いつめるだけだと考えて、心配だったがひとりで帰らせることにした。

「…、気をつけてね」
心配そうな笑顔で真希を見つめるエリに
「…せんせい、ありがとう」
真希は一生懸命笑顔を作って応えた。

「…」
駐輪場に向かう真希の後ろ姿をずっと見送っていたエリは、ホームに向かって歩き出した。

次の日の朝、エリは警察に行って昨日の女性警官に事情を話して、すべて自分が責任を持つから、絶対に両親には話さないで欲しいと頼み込んだ。土下座までしそうな勢いのエリの気持ちをくみ取った女性警官は、自らも責任を取る覚悟でエリの頼みを受け入れた。

(49) メグにつづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:30:36 ━ Page top ━…‥・

== 少女真希 ==

少女真希 (47) 痴漢のたたり

裏ろま中男 作品リスト
少女真希 目次

少女真希 (47) 痴漢のたたり

実はこの電車で痴漢にあったのは真希とエリだけではなかった。

駅に到着した電車のドアが開くと他の車両からも痴漢が何人も連れ出されていた。駅長室は痴漢とその被害者で窮屈になっていた。

痴漢犯人の全員が警察の尋問で何かにとりつかれたように痴漢をしてしまったと、異口同音に答えていた。

普段はあまり混雑しないこの時間の電車を満員電車にして、痴漢を誘発した根本の原因である電車を止めた飛び込み自殺者は、痴漢で逮捕されて会社をクビになり、家族からも絶縁された男だった。身から出たさびとはいえ人生の破局に絶望して自殺したらしい。

自殺した男は捕まった後に警察の尋問で満員電車で多くの女性を毒牙にかけていたことを供述したが、真希のように電車の中で本番行為をされた少女もいたらしい。その少女の被害届は出ていなかった。


被害者として警察に行った真希とエリは電車を止めた自殺男のことを知らされた。幽霊のような超常現象は信じないが二人は何となく恐ろしくなって震えていた。口には出さなかったが自殺した霊が乗り移ったせいで、公衆の面前であんなに淫乱にもだえたのかもしれないという想いがエリの頭に浮かんだ。

エリは警察での供述で胸をわしづかみにされたことだけを話して、おしりから股間をもてあそんであそこをびしょぬれにした痴漢に関しては、恥ずかしくて黙っていた。

真希はザーメンのついたセーラー服を証拠として提出するように言われたが、着替えがないので付着したザーメンを採取するだけで済んだ。鑑識は真希のミニスカをいやらしくのぞきこみながら、スカートに付着するザーメンを採取した。

真希は強姦されたこと正直に話したが、淫乱な興奮に翻弄されていたので細かいことはうまく話せなかった。対応した女性警官は真希に非常に同情的で根掘り葉掘り聞き出すことはなかったし、真希が裁判で証言することになっても秘密は守る、と優しく約束してくれた。

同じ女性警官がエリの調書も取ったが、目の前で生徒が強姦されているのに傍観していたエリを責めたりせずに被害者として優しく対応した。エリは彼女と相談して担任の自分が真希の親に伝えるからとエリを引き取って自宅まで送って行くことになった。

1時間ほどで警察から解放されてタクシーに乗った真希とエリはしばらく黙っていたが、真希がエリに抱きついて泣き出した。警察での極度の緊張から解放されて感情があふれ出していた。エリは抱きついて泣きじゃくる真希の背中を優しくなぜていた。


「…○○駅で止めてください」
真希はタクシーをいつもの駅で止めるように頼んだ。駅前でふたりは降りた。すでに日は落ちてあたりは暗くなっていた。

「…あの」
真希はある想いを伝えようとエリに懇願のまなざしを向けた。
「…そうね、喫茶店でも入ろうか、お腹空いてない?」
エリは真希に優しく声をかけた。真希のかよわく怯えた表情を見て思わず抱きしめたくなった。

「…」
駅前の喫茶店でふたりは向かい合って座った。エリが優しく真希を見つめていた。
「コーヒーでイイ?、何か食べる?」
エリが優しく聞くのに、
「…、コーヒーでイイです」
真希はうつむいたまま応えた。お昼も食べてない真希だったが空腹は感じなかった。

「…、トイレ行っても、いいですか」
真希がおずおずと聞いていた。
「…、うん」
泣きはらした目をキレイにした方がいいとエリも思った。

「…、あっ、ああ」
真希は奥のトイレにはいるとビショ濡れのパンティを脱いでノーパンになった。敏感な突起に触れると電流が走ったように体が震えた。まだ痴漢に翻弄された肉体は敏感になったままだった。

そこを刺激して自らを慰めたい欲求を押さえながら、替えのパンティに履き替えるとハンカチを濡らして目の下を拭いた。

「…だいじょうぶ?」
トイレから戻ってきた真希にエリは心配そうに声をかけた。
「…はい」
真希はぎこちない笑顔を浮かべた。

テーブルにはコーヒーがふたつ置かれていた。かすかな湯気の向こうにうつむいた真希が座っていた。

(48) お願いにつづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:29:36 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old