FC2ブログ

== 正義の味方 ==

正義の味方 (6)「性技」から「正義?」の味方へ

ろま中男3 作品リスト
正義の味方 目次

正義の味方 (6)「性技」から「正義?」の味方へ

「私だって、つらいのよ」
おネエ上坂は駅弁スタイルに抱えた、セーラー服の乱れた新鮮な女体をじっくり味わい、醜悪な笑みを浮かべていた。

「でも、アンタたちが、イイ子になるために…」
ネチョネチョに濡れたピンクの花びらが伸びきる限界までムリヤリ広げた息子を、快調に腰を振って出し入れする上坂は、
「心を鬼にしてるのよ」
淫らな劣情に興奮した吐息にまみれ、説教じみた言葉をうそぶいていた。

「ひやっ…、こ…、壊へうう…」
圧倒的な体力の前になすすべもなく陵辱されるロング娘は、アソコから口まで肉棒で刺し貫かれた錯覚を覚え、
「は…、はふれへえ…」
口をパクパクさせてのけぞった頭から忙しく髪を揺らしたが、肉棒が出入りするたびに広げられた双臀の中心からぬめった汁気を飛ばして、
「もふ…、ひまへふはら…」
お互いの股間をネチョネチョに濡らし、処女を奪われた女体が快感まみれにもだえていることを示していた。

「いいっ、いくわよ」
若い柔らかい女体を抱えたおネエ上坂は、二度目の熱いこみあげを息子に感じてめいっぱい腰を突き上げると、
「うっ、ううっ…」
子宮口に先端を突き刺して子宮のナカになみなみと白濁液を噴出した。

「ひあっ、やっ…」
熱い粘液に子宮を焦がされたロングヘアコギャルは、駅弁に抱えられた姿勢で限界まで背筋を反らしてのけぞると、
「やらあっ…、ああ…」
セーラー服の大きめの胸を誇示するように、上半身をダランとのけぞらせて意識を失った。

ピクピクと痙攣するJKの女体を湿った吐息にまみれながら満足そうに見おろしたおネエ上坂は、放り出すようにロング娘を床に投げ出すと、そのまま座り込んで静かになった。


?…、なにがあったんだろう…、
どうして私は、下半身裸、なのだ?…、
しかもイチモツがヌルヌルしている…。

「おい、君たち、どうしたんだ…」
廃工場にいる自分に気付いた私は、二人の女子高生があられもない姿で横たわっているのを見て、声をかけた。
「…、へ…、あっ、やだっ、たすけてえっ」
意識の戻ったロングヘアの少女は私の顔を見ると怯えた表情を見せ、まくれ上がったミニスカを手で引っ張って隠している。

「?…、キミ、だいじょうぶか?…」
要領を得ない私は、もう一人の肩を揺すって目を覚まさせると
「やっ、やだっ、もうしません、だから許してえっ」
意識の戻ったショートヘアの少女はあからさまに恐怖の色を浮かべて、ロングヘアの少女にすがりついている。

「君たち、これは犯罪の匂いがする、警察に届けた方がいい」
少女たちが強姦されたのだと理解した私が、親切に少女たちに助言すると
「警察には行きませんから、お願いです、許してくださいっ」
少女たちは叫びながら逃げていく。

「君たち、はしたないぞっ」
走っていく少女のミニスカのスソがチラチラして、おそそがムキ出しになったのを見た私が親切な忠告をしても、彼女たちは振り返りもせずに一目散に逃げていった。

やれやれ…、正義の道は果てしなく遠い…。
今の乱れた世の中を正すのは、鳥取砂丘の砂をほうき一本で掃除するようなモノだ…。

気の遠くなるような遙かな目標を改めて認識したが、しかし私の決意は揺るがない。正義の道を突き進むのみだ。

正義の心を改めて心に刻んだ私は、脱ぎ捨てられていたズボンのホコリを払って着用し、会社に向かった。

正義の味方 (7)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:32:26 ━ Page top ━…‥・

== 正義の味方 ==

正義の味方 (5)デカマラの責め苦

ろま中男3 作品リスト
正義の味方 目次

正義の味方 (5)デカマラの責め苦

「ううっ、うくうっ、ふぐっ…」
逆さ吊りされたセーラー服少女の口をめいっぱい広げた肉棒が、ムダにたくましいガタイが腰を振るのにあわせて激しく出入りする。

「んっ、ぐっ、ううっ…」
変態おネエがたくましい筋肉に覆われた腰を振るたび、丸太のようなソレにまとわりついてヌラヌラにしたヨダレが、しぶきになってホコリっぽい床に散る。
「うっ、ううっ…」
顔を真っ赤にしたロングヘア娘は、目尻からあふれた涙で逆さ富士額や生え際から垂れた髪を濡らし、
「んっ、んううっ…」
苦しそうにうめきもだえながら責め苦にどうにか耐えていた。

「うっ…」
しかし亀裂のナカに入り込んだ舌がビチャベチョとGスポットを舐め上げると、
「うふうっ、ふっ、ふうっ…」
ほうきのように床に垂れ下がったツヤツヤした髪を妖しく踊り、吊された女体がピクピクと艶めかしく震えた。

「アンタにも、イイ子になる注射…」
アクロバティックなフェラに満足したのか、腰を引いて少女の口からデカマラを抜き取った性技の味方は、
「しなくちゃね」
抱え上げたままのセーラー服処女を回転させ、駅弁ファックの体勢に入った。

「お、おねがひ、れふ…」
バカデカイ肉棒の情け容赦ない陵辱に麻痺した唇が、アゴが外れたようにダランと開き、だらしなくヨダレを垂らして震えていた。
「もう、ひい子に、なりまひらはら、ゆるひれ…」
変態おネエの圧倒的な性暴力を、身を持って教えられたロングヘア娘は、ポロポロ涙をこぼしてロレツの回らないセリフで懇願した。

「だめよお、アンタだけなんて…」
被虐色情を誘う憐れなJKの泣き顔に、陰湿な笑いを浮かべた性技の味方は太ももに食い込ませた手を持ちあげ、
「あの子、かわいそうでしょ」
邪悪な熱気をはらんだデカマラを、ネチョネチョに濡れた処女マンに突き刺した。

「ひっ…、いっ、いたいっ、やっ、やだっ」
メリメリと侵入してくるバカデカイ肉棒に、膣粘膜が破れてカラダがメチャクチャに張り裂ける恐怖に襲われたロング娘は懸命に抵抗したが、
「こわれるっ、たすけてっ、ぐっ、ううっ」
体を揺らしたせいで、キツイ膣圧に止まっていた棍棒を子宮口に誘っただけだった。

「ひっ、や…、やらあっ、あ、あらふう…」
2度目なのにカッチカチに反り上がったデカマラを深々と突き刺され、子宮口まで先端が食い込むのをお腹の中で感じるロングヘア娘は、
「お、おふまれえっ…、ひっ、ひゃらあっ…」
喉の奥から丸太がこみ上げてくるような感覚にのけぞって口をパクパクさせて、苦しそうなアヘ顔にダラダラとヨダレを垂らし
「ぐ…、あぐうっ…」
涙に濡れた目を失神寸前の三白眼にして、廃工場の天井を仰いでいた。

正義の味方 (6)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:05:45 ━ Page top ━…‥・

== 正義の味方 ==

正義の味方 (4)ロングヘアJKも餌食に

ろま中男3 作品リスト
正義の味方 目次

正義の味方 (4)ロングヘアJKも餌食に

「次は、アンタよ…」
グッタリしたショートヘア娘の体を軽々持ちあげて、ネットリした汁気にまみれた抜き身をさらしたおネエ上坂は、
「アラ、お漏らししたの?…、ホントに最近の娘は、だらしないわね」
湿った息でニヤニヤ笑う頬を熱くして、ロングヘアの娘に迫った。

「うう…」
ナカ出しされたあと床に転がされたショートヘア娘は、セーラー服のミニスカがまくれ上がり、グッタリしてだらしなく足を広げていた。
「ん…」
恥部に茂ったヘアもショートで、丸見えの淫裂はかすかに棍棒の形をとどめて口を開き、ドロッと白濁液を垂らした。

「ふっ、うっ、うう…」
パンティを脱がされて口に押し込まれ、相方が変態おネエの餌食になるのをただ見ているしかなかったロングヘア娘は、
「ふううっ、ううっ…」
自分の番が回ってくると恐怖にブルブル震え、泣きながら粗相してしまっていた。

「ふっ、ふわわ…」
怯えるお漏らし娘は、さっきまでの威勢の良さなど微塵も感じない情けない嗚咽を、パンティでふさがれた口から漏らしていたが、
「ふ、ふゆひれ…」
しかし相方の処女マンを無残に押し広げ、汁気を飛ばして出入りした棍棒に、
「ふわあ、わひふ…」
はしたないメスの性欲を誘われ、お小水で濡れた亀裂をぬめり気でネチョネチョにしていた。

「あら…」
少女の恥部をノゾキ込んだおネエ上坂は、紺ミニスカが乱れたセーラー服娘の柔らかいお尻を軽々とお持ち上げ、
「もう、出来上がってるのね」
柱につないだままの女体の股間に顔を埋めると、ネチョネチョのスジに舌を這わせてベロベロ舐める。

「ひうっ…、うっ、ううっ…」
苦しい体勢で感じる部分を舐め上げられたロング娘は、イヤイヤして頭を振って長い髪を波立たせ、
「ふっ、うふうっ…」
パンティを詰め込まれた口が嗚咽混じりの悲鳴を漏らし、ムリに広げられた唇がヨダレで鈍くテカり、汗に濡れた白いノドがひわいに上下していた。

「あ、まだパンティ、口に入れてたの?…」
柱に縛り付けたままではやりにくかったのか、邪悪な肉棒をそそり立たせたおネエ上坂は縛めを解くと、ただ怯えるしかない憐れな女体を逆さに抱え上げ、
「こっちの方がいいでしょ」
口からパンティを取り、ショート娘の蜜でネットリ濡れた息子を、ヨダレで濡れた唇の間にねじ込んだ。

「うぐっ…」
丸太なみのソレを口にねじ込まれたロング娘は、ディープスロートな上の口の陵辱に嚥下しそうになってむせると、
「うっ、ううっ…」
めいっぱい広げられた唇をサオの周りにはり付け、苦しそうなうめき声を鼻から漏らした。

「お仕置きなんだから…」
逆さ釣りに抱きかかえられて紺ミニスカを胸に垂らしたロングヘア娘は、ゴツイ顔でむちむちナマ太ももを押し広げられていた。
「しっかり受け止めなさい」
醜悪なスケベ面でニンマリ洗ったおネエ上坂は、ヌメリ気でヒタヒタのスジからあふれる蜜を舌ですくって、うれしそうに舐めていた。

正義の味方 (5)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:23:13 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old