FC2ブログ

== バア転生の秘薬 ==

バア転生の秘薬 (17)ナカ出し気持ちええっ

ろま中男3 作品リスト
バア転生の秘薬 目次

バア転生の秘薬 (17)ナカ出し気持ちええっ

「あ…、えっ?…、はっ…、な、なに、してるの…」
麗奈は意識を取り戻した。目の前でハアハア息を荒くする隆平にドン引きした美人教師は、すぐに股間の切れ目に挿入を繰り返すソレに気付いて声を裏返した。

「なっ、はっ、なにって、はっ、先生が、はあっ、してくれってっ」
ん?…、はあっ、ああっ、とまらねえっ…。
肉欲まみれの性衝動が止まらない隆平は、逃げ腰の女体をお尻で引き寄せて対面座位でズンズン腰を振り、あらかじめ考えておいたシナリオ通りに興奮した吐息まじりにつぶやいた。
「えっ、あっ、だ、だめえっ、あ、ああっ」
意外な答えに耳を疑った麗奈は、なんとか逃げようと少年のやせた胸を押し返すが、お尻をしっかり抱えられているので、逆に股間を突き出して肉棒をさらに奥まで迎え入れる体勢になって、妖しい吐息を漏らす。

「んんっ、それなら、証拠、んっ、あっ、見せますっ」
くっ…、うっ、で、出そうっ…。
自分から腰を突きだしてきた麗奈に膣奥の子宮口をカリでこじ開けた隆平は、発射の予兆にこもったうめき声をあげると、膣中で息子をめいっぱい膨らませていた。
「え、やっ、ああっ、やだあっ」
膣奥で膨らんだカリの鈴口からドピュッと放出されたドロッとした液に、汗に濡れた魅惑的な肉体をのけ反らせた麗奈は、ナカ出しの恐怖でなんとか逃げようもがいたが膣がキュウッと収縮し、脈動するチンポをネットリ締めつけていた。

「んっ、くっ、ううっ…」
うひいっ…、あ、ああっ…。
初めてのセックスで美人教師に生ナカ出しする快感が、あこがれの美人教師を征服して有頂天なエロヒッキーの体をビクビク痙攣させていた。
「や、ああっ、やだあ…」
注入された大量のザーメンを子宮に感じて、麗奈は泣きながら体を反らして逃げようとするが、そのせいで突き出された股間に、脈動を続ける肉棒はますます子宮に食い込んでいた。

「あ、は、ああっ、先生…」
はあっ、え、えがったあっ…、せんせい、きもちええっ…。
ありったけのザーメンをあこがれの美人教師の子宮に注入した満足感で、荒い吐息にまみれた度スケベな笑みを浮かべる隆平は、逃げようとして斜めになった官能的な女体に抱きついて、乳首が突き出た美乳にチュウチュウ吸い付いていた。
「やあっ、だ、だめえ…」
子宮を精子まみれにされた美人教師は泣きベソをかきながら、乳房の先端を愛撫される乱暴な刺激に、汗に濡れたシットリ素肌をピクピク震わせ、ムッチリ太ももにスジを浮かべて力ませていた。

「んっ、は、ああっ…」
はあっ、ああっ…、先生、チュウ、してえっ…。
子種をたっぷり注入して満足そうなだらしない笑い顔の隆平は、美人教師の切なげな表情にそそられて思わずのしかかり、艶めかしいスキマを見せる唇に吸い付いていた。
「やっ、んっ、んんっ」
いきなり唇をふさがれた麗奈は、イカ臭さが混じった汗臭さに顔をしかめたが、どMなメスの本能は悦びで欲情した女体をしびれさせ、ナカで縮み始めた肉棒に抜かずの2発をおねだりするように、膣粘膜を収縮させてキュッキュッと締めつけていた。

「ん、ああっ、ちゅうっ、ちゅるうっ、ぬちゅううっ」
ああっ、幸せだあっ…、気持ち、ええっ…。
美人教師のプルプルした唇を味わってバカ面をさらすエロガキは、汗でヌルヌルした柔らかい女体の感触を楽しみながら、息子を締めつけてくる膣の気持ち良さに元気を無くしかけていた息子をまた固くしていた。

バア転生の秘薬 (18)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:01:12 ━ Page top ━…‥・

== バア転生の秘薬 ==

バア転生の秘薬 (16)麗奈の絶頂と選手交代

ろま中男3 作品リスト
バア転生の秘薬 目次

バア転生の秘薬 (16)麗奈の絶頂と選手交代

「くっ…、んっ、はあっ」
ん、ああっ…、マヌケ面…、してるぜ…。
担任美人教師麗奈に転生(憑依)した隆平は、意識のない自分のカラダにまたがって逆姦していた。現世に見切りを付けて来世に転生しようなどと考えるヒッキーは自分が好きではなく、目を閉じて微動だにしない自分をつまらなそうに見ていた。

「は、ああっ、んっ、ううん…」
しかし、ああっ、自分のチンポで…、んっ、セックスするなんて、な…。
毎日のズリネタにしてきた美人教師のカラダで、自分を犯す摩訶不思議な光景を夢のように感じるヘタレヒッキーだったが、まだ愛液が十分でない膣に咥え込んだ自らのイチモツが、ちょっと動くだけで体の芯にズンと響く。

「は、ああっ…、んっ、お、んんっ?…」
は、うっ、おっ、あっ…、
痛みに耐えて自分の体にまたがっているうちに成熟した女体の防衛本能で、いきり立ったチンポで膣が破壊されないように愛液が徐々に分泌されてきた。
んっ、ちょっと、あっ、良くなって、んっ、きたか…。
広げられたピンク色のスジにヌルヌルが沁みだしてくる頃には、バイブオナニーでもだえた時の快感が蘇ってきて、肉感的な女体が切なげによがる。

「は、あっ、んっ、ああっ…」
あ、いいっ、は、ああっ…。
痛みが快感に変わって隆平は無意識に腰を振っていた。濡れたスジに自分のチンポが出入りし、乳首が勃ったキレイな乳房が汗を滴らせ、上下に忙しくバウンドする。
「んっ、ああっ、い、いいっ」
くっ、ああっ、こ、これは…、いいっ、た、たまらんっ…。
バイブオナニーの時とはちがう、海綿体を芯にしたサオと濡れた粘膜がすれる気持ち良さに、隆平は麗奈の顔を切なげにしかめ、白いアゴを突き出して快感にまみれていた。

「んっ、あっ、いいっ、はあっ」
あ、ああっ、まっ、まっしろっ…、
くびれから張り出した安産型の立派なお尻が盛んに上下し、容量のある美乳が忙しく揺れて突き出した乳首から汗が飛ぶ。
あっ、はあ、はあっ、ああっ…。
荒い吐息で切なげなアヘ顔を湿らせた隆平はツヤツヤした髪を妖しく踊らせ、快感を貪ってぬかるんだ官能の悦びに溺れていた。

「んっ…、あっ、いっ、いいっ」
あうっ…、あっ、ああっ…。
汗に濡れたナマ脚を踏ん張って思いっきり股間をチンポに押し付けると、膣の最奥まで突入される快感に目の前が真っ白になって隆平は意識を失った。

「んっ…、は…、あ?…、ああ…」
…、う、うう…、あ、ああっ、戻ったのか…。
次に意識を取り戻すと自分の体に戻っていた。意識を無くした麗奈がグッタリのしかかって、柔らかい圧迫が気持ち良かった。
「うっ、あうっ」
ん、あ、入ってる…、こ、これが、セックス、か…。
股間がむずむずする感じに裏スジに無意識に力を入れた隆平は、ズルムケのカリが粘膜にこすれる気持ち良さに、思わずマヌケな声を漏らした。

「うっ…、じゃ、じゃあ…」
はうっ…、こんどは…、こっちで楽しませて…、
脱力した柔らかい体を抱えて体を起こした隆平は、対面座位の体勢でゆっくりと腰を振り始めた。
「んっ、あ、はっ、はあっ」
んっ…、もらうおうか…。
汗でヌルついたお尻を抱えたエロ隆平は、興奮した荒い息にまみれて若い体を緊張させ、ヌルヌルをすりあわせる股間にガンガン腰を振って、愛液まみれのチンポ挿入を繰り返して、意識のない美人教師を強姦する快感を貪っていた。

バア転生の秘薬 (17)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:43:23 ━ Page top ━…‥・

== バア転生の秘薬 ==

バア転生の秘薬 (15)意識のない生徒を強姦する美人教師

ろま中男3 作品リスト
バア転生の秘薬 目次

バア転生の秘薬 (15)意識のない生徒を強姦する美人教師

どうなることかと、思ったよ…。
途中痴漢被害にあった麗奈の顔をした隆平だったが、なんとか家にたどり着いた。

「すいません、隆平君の担任の加藤です…」
…って、中身はオレなんだけどね、えへへ…。
大企業の重役である父親の見栄でやたらと立派に作った門の前に立った隆平は、インターホンで母親の晴香に話しかけ、あくまでも担任教師らしく演じているつもりだった。
…、先生、いつも、すいません、どうぞ、入ってください…。
熱心に訪ねてきてくれる麗奈に母親は恐縮しながら気安く応え、門のセキュリティを解除して招き入れた。

「あの、しばらく隆平君と、二人きりにしてくれますか…」
母ちゃんの顔見るのも、久しぶりだな…。
晴香の前でしおらしい態度をつくる隆平は、真剣な表情で訴えていた。
「はあ…、そうですか…、じゃあ…、おねがいします」
いつものコンサバファッションとは違うカジュアルな姿を不思議そうに見た晴香だったが、やけに前のめりな気迫に気圧されたのか、担任教師を息子の引きこもり部屋に案内した。

うっ、くっせえ…。
引きこもっている時はそれほど感じないが、麗奈の姿をしているとイカ臭さが充満した引きこもり部屋の異臭がやけに鼻についた。
あららっ、やっぱ、伸びてるよ…。
魂の抜けた隆平は、予想通り仮死状態で床に横たわっていた。

んじゃ、一発やるか…。
ドアロックを確認した隆平は、当初の予定通りピンクのドレスを脱いでマッパになると、自分で仮死状態の自分の服を脱がせ、
「んぐっ、重てえ…」
くわあっ、オレってこんなに重かったのか…。
ベッドに寝かせた。大人とはいえ女の麗奈では、ほぼ身長が伸びきった隆平のカラダをベッドに寝かせるのは一苦労だった。

「んっ…」
くっ、くせえ…、風呂は入れよ、オレ…。
モジャモジャの下でダランとした自分のソレを口に含んだ麗奈のカラダを借りた隆平は、鼻をつくアンモニア臭に思わず顔をしかめ、自虐的なセリフを心の中でつぶやいていた。
「おっ…」
魂抜けても、本能は消えず、ってとこか…。
口に広がる苦い味をガマンしてクチュクチュしていると、ダランとしたソレは徐々に固くなってきた。

おっと、そのまえに…。
挿入可能なほどに固くなったソレに美人顔をニンマリさせた隆平は、ソレにまたがろうとしたが思い出したように一世代前のケータイを机の上にセットし、動画録画を開始した。
じゃあ、オレ、うひひっ…、童貞卒業、させてやるからな…。
目を閉じたままの見慣れない自分の顔を見下ろしてエロ笑いした隆平は、
「おっと」
潤滑油…、いるよな…。
ツバを両手にとって、ピッタリ閉じたオマタとその奥の入り口に塗り付けた。

「んっ…」
あうっ…、やっぱ、くうっ、ナカまで、塗らないと、んっ…、ダメか、んあっ…。
入り口はすんなり通過したが、その先はまだ濡れてないのでカリに密着した粘膜が引っ張られる痛みに美人顔がゆがむ。
「あ、んっ、ああっ…」
くっ、あ、はっ、ああっ…、入った…。
それでも仰向けに寝た自分の腰に上にゆっくりと腰を沈め、隆平は強引に勃起チンポをアソコの切れ目にねじ込んだ。

「んっ…、はっ、ああっ…」
はっ、ああっ…、これって、あっ、ホントに、ロストバージン、ああっ、なのか?…。
はしたなくムッチリ太ももを広げて、ほとんど恥毛が生えてないアソコの柔らかい肉を自分の股間に密着させた騎乗位の隆平は、無表情に目を閉じた自分を見下ろして脱童貞の感慨に浸っていいのか、戸惑っていた。

バア転生の秘薬 (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:24:06 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old