FC2ブログ

== バア転生の秘薬 ==

バア転生の秘薬 (14)やっぱり、痴漢…

ろま中男3 作品リスト
バア転生の秘薬 目次

バア転生の秘薬 (14)やっぱり、痴漢…

うわあっ…、やっぱ、きました…。
混んだ電車の中で麗奈の姿をした隆平の後ろに立った少年は、背中に密着してさっそくお尻を触りだした。

おいおい、キミ…、
生まれて初めてそれも男から痴漢され、フレアスカートをまくられてお尻を触られるおぞましさに、
それは、犯罪やでえ…。
ヘタレヒッキーはビビリって内マタで震えていたが、心の中でエセ関西人になってツッコんでいた。

くひっ…、そこ、は…、
ノドの奥から何かがこみ上げてきそうな切迫感に懸命に耐えるビビリヒッキーは、
おしり、なのおっ(泣)…。
ワレメに食い込む指にお尻のアナをグリグリされて、ハイヒールのかかとをさらに浮かせ、つま先立ちにのけ反っていた。

や、やめっ、そこは、ああっ…。
ストーカー少年の痴漢衝動はお尻をイジるだけでは飽きたらず、とうとうその奥に指を侵入させてきた。
だ、だめだよおっ、正真正銘の犯罪、だよおっ…。
スカートに入り込んだ手はTバックパンティをめくって、恥ずかしい場所を直接イジりだした。

あわわっ…、おいおいっ、ハアハアッ、て、キミイ…、
背中にカラダを密着させた少年の荒い鼻息が、ムキ出しの肩に当たって地肌を湿らせる。肩の湿った生温かさに背筋を寒くした隆平は、
くううっ…、キミ、大きいやないかあっ、って言ってる場合かっ…。
お尻に押しつけられる固い股間のふくらみに堪忍袋の緒が切れた。

「うらあっ、なんしとんじゃ、このガキャア」
なめとったら、いてまうぞっ…、
とうとうガマンできずに振り返った美人教師の顔をした隆平は、メゾソプラノの怒鳴り声を張り上げて恫喝した。
…って、まだ舐められてはないけど…。
男から痴漢されるおぞましさのストレスが爆発した隆平は、なんちゃって関西人どころかヤーサンになりきり、痴漢行為に恍惚とした表情を浮かべるストーカー少年をにらみつけた。

「ひっ、ご、ごめん、なっ、なさいっ」
豹変した美人お姉さんの鬼のような形相に、ストーカー少年は本当にチビッていたかも知れない。条件反射のように頭を下げたストーカー少年は、拳をギュッと握ってブルブル震えていた。

あまりにらしくない痴漢発覚に、周りの乗客も麗奈の顔をした隆平の出方を窺って、固唾を飲んで見守っていた。

「おらっ、降りろやっ」
うひいいっ、やっちまった…、とりあえず、やっぱ、こうするか?…。
大勢の人間から注目されることに慣れてないどころか、恐怖さえ感じるヒッキーは多くの目に見られる緊張に居たたまれなくなって、ちょうど止まった駅に少年を引きずり下ろした。

「このヤロオ…」
…、でも、遅くなっちゃうしな…、おっと…。
とりあえず自分もホームに降りたが、面倒ごとに巻き込まれたら家に着くのが遅くなると思った隆平は、ドアが閉じるタイミングを計って電車に飛び乗った。

痴漢ストーカー少年は目の前でドアの閉じた電車をただ見送って、呆然とホームに立ち尽くしていた。

「あ、あうう…、なんでも、ないんです…」
ひいいっ…、オレ、注目の的だよ…。
一人戻った隆平に乗客の視線が一斉に注がれた。身の置き所のないヘタレヒッキーは、か細い可憐な声を漏らしてピンクドレスの女体をドアに押し付けていた。

バア転生の秘薬 (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:31:49 ━ Page top ━…‥・

== バア転生の秘薬 ==

バア転生の秘薬 (13)ストーカー少年

ろま中男3 作品リスト
バア転生の秘薬 目次

バア転生の秘薬 (13)ストーカー少年

も、もう、だ、だめだ…。
駅前のファーストフードでパックリ脚を開いて座った麗奈の姿をした隆平は、恥ずかしい姿をさらす露出狂的興奮にまみれて吐息を荒くし、胸のドキドキに耐えきれなくなって店を出ようとした。

ああっ、やっぱり見てる…、
トレイをトラッシュボックスに片付けているときも、少年の視線はナマ脚の下半身を追っていた。
あっ、見られた?…、
お尻のスカートを押さえる習慣がないのでゴミを入れるとき前屈みになった隆平は、パンチラしてしまったことに気付くと、
ひいいっ、きょわい…。
慌てて振り返り、少年がやぶにらみで凝視しているのに恐怖して焦って店から逃げ出した。

はああっ、女の人って、大変なんだな…。
元はと言えば自らの油断から起こったことだが、女の人にとって見られることがこんなに負担になるのだとしみじみ感じていた。
帰るか…、
浮ついた気持ちで久しぶりに外に出た引きこもりだったが、たいして面白いこともなく気疲れしただけだった。ため息をついて帰ろうとした隆平は、
そうだ、今のオレって…。
魂の抜け殻になっている自分がどうなっているか、急に知りたくなってワクワクした。

家庭訪問って、ことで…。
登校拒否の隆平を登校させようと麗奈は頻繁に家庭訪問していたし、今日突然行っても不自然じゃないと考えた隆平は、目の前の駅で電車に乗って家に戻ることにした。

へ?…、あっ、アイツ…、
改札に向かう階段でお尻に視線を感じた隆平が振り返ると、マックで太ももの間を覗いていた高校生が後ろからついてきていた。
やばいぞ、ストーカー?…。
危なそうな目つきでローアングルから見上げる高校生に危険を感じた隆平は、パンチラしないようにお尻をしっかり押さえてキップ売り場に向かった。

ひっ、コイツ…。
少年も追いかけてきて、隆平の隣でいくらの切符を買ったかのぞき込んで、同じ切符を買っていた。
やばいよ、絶対ついてくる…。
見た目は美人教師だが中身はヘタレヒッキーなので、図々しくついてくる高校生に隆平は怯えてみっともない内マタになっていた。

ああっ、やっぱり、来てるよ…。
ホームに向かう通路で後ろをうかがうと、やっぱりあの少年がついてきていた。
やばいぞ…、コイツ、痴漢だ…。
ホームで後ろに立たたれる不気味さにちびりそうな隆平は、少年の魂胆を妄想して怖じけ、オシッコをガマンするように内マタに合わせたヒザを震わせていた。隆平は痴漢したことなどなく、もちろん痴漢されたことも無かった。

ひいいっ、やっぱりいっ…。
帰りのラッシュ時間からはずれているはずの電車は、ヘタレヒッキーの予想通り混んでいた。背後から迫る圧迫感に怯えて震えが止まらない隆平は、やめればいいのに混んだ車両に乗り込んでいた。

バア転生の秘薬 (14)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:26:57 ━ Page top ━…‥・

== バア転生の秘薬 ==

バア転生の秘薬 (12)見られて欲情

ろま中男3 作品リスト
バア転生の秘薬 目次

バア転生の秘薬 (12)見られて欲情

髪ぐらいは、梳かしとくか…。
普段から化粧の薄い麗奈は素顔のままでも十分美人だったが、さすがに風呂上がりで生乾きの髪のままでは外に出られそうになかった。

はあ、いい気持ち…。
鏡の前で髪を梳かすエロヒッキーは、ヘアマニュキュアしたようなツルツルした髪の手触りにウットリして、美人顔をだらしなく緩めていた。

んじゃ、ちょっくら…。
化粧の仕方などわからないのでいちおう口紅だけ塗って出掛ける支度をした隆平は、玄関で靴を選んでいた。
あんまり、高いと歩けねえし…、
できれば高いヒールを履いてセクシー美人を気取りたいエロヒッキーは、自信がなくてどうしようか迷ったが、
あれ、歩けるじゃん…。
ハイヒールを履いてみて思ったより歩けることに驚いていた。オナニーの感覚が女性のソレそのものであるように、歩くなどの基本的な身体機能は魂が憑依しても変わらないようだ。

さてと、どこ行くかな…。
久しぶりに外に出た引きこもりだったが、セクシー美人の姿でいることが誇らしくて誰かに見られたくてウズウズしていた。
見られてる?…、
日が落ちてすでに外は暗かった。通勤返りのオッサンリーマンたちと逆方向にしばらく歩くと、偶然だったが駅前に出た。
うひひっ、このどスケベオヤジが…。
ナマ脚や大きく開いた胸の谷間にいやらしい視線を受けることがあったが、エロヒッキーは美人教師の姿を見られるのが嬉しくてのぼせ上がっていた。

あ、マック…、食いてえ…、
駅前にあの看板を見た隆平は急に空腹を感じた。マニュアル通りの営業スマイルに迎えられた麗奈の顔をした隆平は、久しぶりに見るナマギャルの笑顔に顔をだらしなく緩めたが
しまった…、
その笑顔が怪訝そうに変わるとあわてて顔を引き締めた。

はあ…、うめえ…、へ?…。
しばらく食べてなかったファーストフードのうまさに涙が出そうだったが、ふと視線をあげると自分と同じくらいの高校生がこちらを見ている。
何、見てんだよ…、あ、しまった…。
同年代の野郎の考えてることなどお見通しだとドヤ顔しそうになった隆平だったが、そいつの突き刺さるような視線で、いつものクセで脚を開いて座っていることに気付き、慌てて脚を閉じようとしたが
はああ…、なんか、変な気分…。
広げた太ももの奥にパンティを覗かれる露出狂じみた変態興奮に襲われ、ナマ太ももを緊張させただけだった。

ん…、まだ…、見てるよ…、
恥ずかしい姿を見られる倒錯興奮で、ムキ出しの胸肌をドキドキさせるエロヒッキーは、イカ臭そうな視線が突き刺さるオマタをいやらしい汁で濡らしていた。
せんせい…、エッチなんだな…。
ピンク色のスジがヌルヌルする感じにますますドキドキする隆平は、あこがれの先生のカラダが結構エッチなことを喜んでいいのか戸惑いながら、モヤモヤした気持ちにもだえていた。

バア転生の秘薬 (13)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:11:28 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old