FC2ブログ

== おっととしゅうと / しゅうとめとむすこ ==

しゅうとめとむすこ (29)乳房から陰部へ

ろま中男3 作品リスト
しゅうとめとむすこ 目次

しゅうとめとむすこ (29)乳房から陰部へ

「痛い…、も、もう…、やめて…」
痛いのに…、これ以上されたら…、
ライトSMプレイの刺激に何度もおツユを飛ばしたどM体質の美菜は、
変に、なっちゃう…。
倒錯した興奮で狂気を帯びた笑いを浮かべる稔彦に、加虐色情を誘うような憐れな表情を見せた。

「…、舐めてやる…」
くっ…、か、カワイイ…。
真性サドならプレイを続けるだろうイジメられっこな顔にドキドキしたエロガキは、
しょうがねえ…。
なんだか急にかわいそうになり、赤く腫れた乳首を癒すつもりでペロペロ舐めはじめた。

「ん…、あ、あん…」
はうっ…、
最初はツバが腫れに沁みて、後ろ手に緊縛された手を緊張させ、つらそうな声を漏らした美菜だったが、
うう…、ああん…。
硬くなった乳首を舌先でコロコロ転がされるうちに甘えたあえぎ声を漏らし、うっすらピンクに染まった女体を妖しく波立たせた。

「んっ、うっ…、んちゅっ、ずじゅるうっ…」
くっ、うひっ…、
稔彦は頭の上でする甘ったるい舐めかしい声に鼓膜をくすぐられてのぼせ上がり、エッチな気分を昂ぶらせた。
うめえっ…。
エロボケDKは調子に乗って抵抗できないトロトロの女体に抱きつくと、乳房を口いっぱいに吸い込んだ。

「あ、んっ、ああっ…」
は…、あっ、ああっ…、
美菜は愛しい夫を亡くして娘の遥香の授乳も終わって20年近く経つ。
はっ、あ、ああっ…。
緊縛されて身動きできないもどかしさと、乳房をめいっぱい吸引されてエロガキの口の中で淫靡に変形する被虐色情な刺激が、アラフォー美熟女を色欲に狂わせる。

「は、ああっ…、許し、てえ…」
あっ、あんっ…、
家族のためという自己犠牲に陶酔するどM体質の美菜は、緊縛された体を弄ばれるマゾヒスティックな悦びで、
お、お乳が、熱い…。
閉じられない太ももの中心のスジからネットリした汁をダラダラ垂らしていた。

「んがっ、ふんっ…、こっちが、まだだった…」
ふっ、ふわあっ…、
柔らかい弾力で押し返してくる巨乳に顔を埋め、赤ん坊のように惚けて乳首をしゃぶり続けた稔彦だったが、
ううっ…、まだだっ…。
SMプレイはまだこれからだと気合いを入れ、濡れ濡れの花びらに手を伸ばした。

「あれえ?…、おばちゃん、これなんだよ…」
うへえっ、洪水状態かよっ…、
開きかけのスジに指を這わせた稔彦は、ヒタヒタであふれそうな愛液の泉にニンマリ笑うと
イジメられて、嬉しいのかっ…。
トロンとして気の抜けた表情の美菜に濡れた指先をかざした。

「ああ…、や、やめて…、は、恥ずかしい…」
ああ…、な、なに…、
愛液でヒタヒタの部分を刺激されて恍惚の表情を見せていた淫乱熟女は、テカる指先をぼんやり見ると、
やっ、やめてえ…。
それが自らの体液だと気付いて体の芯がジンジンするような恥辱にまみれ、カワイイ童顔に妖艶な半ベソを見せたが、
は、ああんっ…、いやあ…
後ろ手に縛られた手をジタバタさせ、柔らかい美巨乳を悩ましげに揺らして濃厚なフェロモンを発散し、肉感的な女体にまとわりつくどMな倒錯色情を熱くしただけだった。

しゅうとめとむすこ (30)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:28:43 ━ Page top ━…‥・

== おっととしゅうと / しゅうとめとむすこ ==

しゅうとめとむすこ (28)エロテーププレイ

ろま中男3 作品リスト
しゅうとめとむすこ 目次

しゅうとめとむすこ (28)エロテーププレイ

「じゃあ、こうして…」
うへえっ、エロいぞっ…。
ビニールひもで美菜の太ももを一通り巻き終わった稔彦は、足首を縛ると後ろ手に縛ったひもにつなげた。

「ああ…、動けない…」
縛られちゃった…、
太ももをサランラップダイエットのように巻かれて脚を閉じられなくなった美菜は、抵抗できない不自由さにどMな潜在意識を熱くし、
これから、何、されるの?…。
稔彦からどんなエッチなコトをされるのか、期待混じりの不安でドキドキしていた。

「…、これで、どうだ…」
これって、うひひっ…。
半透明のビニールひもに巻かれたムッチリ太ももにエロ妄想をたくましくした義孫は、
エロテープってか…、おもしれえっ…。
机の引き出しからセロテープを持ち出すと、くだらないダジャレを頭に浮かべて一人で喜んでいた。

「ああん…、な、なにするの?…」
は、あんっ…、
バカ笑いする稔彦に裸エプロンのような純白フリルメイド服の胸を下げられ、
恥ずかしい…。
アラフォーらしくないツンと上を向いた美乳をモロ出しにされた美菜は、セロテープを見て思わず聞いていた。

「こうするん、だよっ」
くううっ…、ええ乳でんなあっ…、
プルンと揺れるアラフォー美魔女のスベスベした乳肌にニンマリしたエロガキは、
ほらよっ…。
半立ちの乳首にセロテープを貼ると、一気に剥がした。

「ひいっ…、あ、ああ…」
ひへっ?…、
乳房の敏感な先端に粘着したテープに、突然乳首がちぎれるほど引っ張られた淫乱熟女は
い、たい…、あ、ああ…。
思いっきりのけ反ってサラサラヘアを淫らに踊らせた。ツンと突き出た乳首がプルプル揺れて、はしたなく開いた脚の中心から、ピュッとおツユが飛んだ。

「ど、どうだい…、おばあちゃん…」
うひいっ…、
無抵抗のオンナをいじめるライトSMプレイで興奮するエロDKは、
すげえ、えっちだよ…。
切なげにゆがむカワイイ童顔をのぞき込み、いつも心の中で美菜を小バカにした呼び方を口に出していた。

「え?…、おばあちゃん?…」
私のこと?…、稔彦くん、私を…。
義理の母である遥香をいまだお母さんと呼んだコトのないに稔彦におばあちゃんと呼ばれ、美菜はSMプレイで辱められているのを忘れて、ちょっと感動していた。

「あ、ち、ちがうっ…、大場さんだから、おばちゃんだっ」
しまった…、そ、そうだ…。
心の中の声がうっかり出てしまって慌てたエロガキは、とりあえず思いついたデタラメで取り繕うと
「は、ほらっ、おばちゃん、もういっちょう」
やべえっ…、とりえあえず、イジメてやれっ…。
またセロテープを両乳首に貼ると、同時に勢いよく両方を剥がした。

「いっ、ひいいっ…、あああ…」
ひえひゃっ…、
両胸の厳しい刺激に堪えきれず、はしたなく脚を広げた女体を硬直させた美熟女は、
あ、ああっ…。
これ以上ないほど突き出してプルプル震える乳首を赤く腫らし、開き気味のスジの上側からオシッコのシブキを、ピュッピュッと飛ばした。

しゅうとめとむすこ (29)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:35:21 ━ Page top ━…‥・

== おっととしゅうと / しゅうとめとむすこ ==

しゅうとめとむすこ (27)ビニールひもプレイ

ろま中男3 作品リスト
しゅうとめとむすこ 目次

しゅうとめとむすこ (27)ビニールひもプレイ

「これ…、脱がすから…」
うひいっ…、
家族のために自らを差し出した美菜を後ろ手に拘束した稔彦は、M字開脚した太ももの中心部に食い込む、
てーばっく、ぱんちいっ…。
細いフリフリTバックパンティを見つめてハアハア息を鳴らしていた。

「う、うん…」
ああ…、男の人に、脱がされるなんて…、
Tバックパンティのあの部分に大きなシミを作っていることに気付いてないうかつな童顔熟女は、
あんっ…、何年ぶり、かしら…
パンティを脱がそうとしていきり立つエロDKの異様な圧迫感に、潜在的などM性癖を昂ぶらせて女体の芯をキュンキュンさせていた。

「あ、脚…、閉じてえ」
うひっ、くっ…、
腰に食い込んだTバックパンティのひもを、柔らかい肉に指先を没入させてズリ下げたエロガキは
脱がせられねえ…。
脚を広げたままでは脱がせられないことにやっと気付いて、興奮した吐息混じりにマヌケな声を漏らした。

「ああ…、は、はい…」
ああんっ…、はあ…、
腰肉をえぐるように食い込んだ指先の刺激に、嬉し恥ずかしなときめきにもだえていた純情熟女は、
ああ、そうか…、やだ、恥ずかしい…。
はしたなく脚を広げてもだえていた自分に照れ笑いし、ヒザを揃えると脱がせやすいように腰を浮かせた。

「…、開いて」
ぐへえっ…、エッチな汁が…、
お尻が浮いたのでスムーズにTバックパンティを脱がせたエロ稔彦は、それを目の前で広げてあそこの部分にベットリついたヌルヌルを見てエロ笑いした。
いよいよ、ご開帳ってかっ…。
とりあえずそれをポケットにネジ込むと、太ももの根本のくびれをのぞき込みながら、膝頭を押さえてゆっくりと力を入れた。

「や、ああ…」
は、恥ずかしい…、
後ろで縛られて抵抗できない美菜は、血走った目でオマタをのぞき込む稔彦に、
見られてる…。
ヒザをゆっくりと開かれて、鳥肌が立つようなゾワゾワに襲われ、全身の毛穴がブワッと開くような興奮を感じた。

「ううっ、縛ってやる…」
濡れ濡れだよ…、
ナマ太ももを30度ぐらいまで開いて、茂みの下に現れた濡れ濡れのスジを見た稔彦は
おばあちゃん、ヤル気満々?!…、
無抵抗な童顔美魔女にイタズラする興奮に昂ぶってフンフンと鼻息を荒くし、
し、縛るんだあっ…。
ワケがわからないまま、リボン状のビニールひもを太もものシットリ肌に巻きはじめた。

「は、ああ…、あんっ…」
ああ…、縛られてるう…、
半透明のビニールひもをまるで包帯のように太ももに巻かれた美菜は、
ああ、これがSMなのね…、
荒縄で緊迫されるSMプレイとはずいぶん趣の違うビニールひもプレイを、一般的なSMだと勘違いし、
でも…、これで家族の平和が、保たれるんだから…。
娘夫婦の、しいては自分の家庭を守る自己犠牲に酔いしれて、辱めを受ける我が身をはかなんで悲劇のヒロイン気分にもなっていた。

しゅうとめとむすこ (28)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:51:07 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old