FC2ブログ

== 美有姫乃雅人 ==

美有姫乃雅人 (68)ニャンニャン奴隷美子

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
美有姫乃雅人 目次

美有姫乃雅人 (68)ニャンニャン奴隷美子

「んふっ、はっ、おっ、おおっ」
アナルにフランクフルトソーセージを挿入した美子にのしかかった雅人は、荒い息づかいで腰を振って上機嫌で本番ナマ挿入の快感を貪っていた。

「にゃっ、にゃあっ、にゃらあっ、にゃっ、にゃあっ」
芝生に押し倒された美子は子猫のようなあえぎ声に戻って悶えた。ズコズコ出入りする肉棒で広げられた亀裂から媚薬の効き目でダラダラとエッチなヨダレを垂らし、フランクフルトが挿入されたアナルをネットリ濡らしていた。
「はあっ、美子ちゃん、気持ちいいっ」
いいっ、オッパイ、いやらしっ、ああっ、さいこーっ…。
雅人はトランジスタグラマーな女体を思う存分陵辱する快感にのぼせていた。たるんだブラのかかったEカップの乳房を握りしめて淫靡にゆがめて、淫らな悦びに悶えるロリな顔を見下ろして上機嫌だった、

「あっ、にゃにいっ、にゃっ、にゃあっ」
雅人は悶える女体を抱え上げて対面座位にポジションチェンジした。抱き上げられた美子はお尻のナマ肌にチクチクする芝生にも欲情し、雅人に抱きついて垂れ気味の巨乳を押しつける。
「はあ、きもち、いいっ、美子ちゃん、いいよおっ」
はっ、すげえっ、エロエロ…、はあっ、ああっ…。
はだけたシャツ二手を入れてムチムチしたカラダを抱きしめる雅人は、サラサラ揺れるボブカットヘアを嬲るように口で耳タブを弄りながら、ガンガン突き上げてナマ本番を楽しんだ。

「にゃっ、なうっ、いっちゃうっ、にゃらあっ」
突き上げの勢いでアナルが咥え込んだフランクフルトが直腸を刺激する。媚薬の効き目でアナルでの悦びにも目覚めた文学美少女教師は、わざとお尻を芝生に押しつけてチクチクとアナルの快感を犯される快感を楽しんでいた。

「うっ、はうっ」
午前中に何度も放出した雅人だが、トランジスタグラマーな女体に思いっきり腰を振って果てた。
「にゃっ、にゃ、にゃあああっ…」
初めて精子を膣に注ぎ込まれる体験に白目を剥いてのけぞった美子は、乳首がツンと突き出たオッパイで雅人を抱きしめ、汗ばんで湿った太ももで腰をきつく締め付けていた。

「今日からオマエはオレの奴隷だ」
処女のクセに、あんなに感じまくりやがって…、淫乱奴隷に調教してやる…。
気乱れた半裸姿でボンヤリする美子に後始末にイチモツをペロペロさせてご満悦の雅人は、すっかりご主人様気取りだった。
あの薬があれば、コイツはメロメロだ…。
媚薬を使えばどんな女でも自分のモノに出来ると思っていた。

「はい…、ご主人様…」
生徒に犯されて女にされた文学美少女教師は意外なほど素直だった。雛の刷り込みのように処女を奪った初めての男に素直に従っていた。
「これからオレ様に応える時は、ニャンだ、語尾にニャンをつけろ」
うひひっ、いい気分…、媚薬さまさまだな…。
トロンとした目でうなずくエロ可愛い顔に雅人はイヤらしく笑っていた。まだ固いままの乳首を弄って弄ぶ。

「にゃっ…、わかりましたニャンっ、ご主人様、、ニャンっ…」
乳首を乱暴にひねり上げられてビクンと震えたが、美子は半立ちチンポのペロペロを続けて順奴隷の態度を示したばかりでなく、片手を上げた招き猫の様なポーズまで見せてノリノリだった。

美有姫乃雅人 (69)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:40:34 ━ Page top ━…‥・

== 美有姫乃雅人 ==

美有姫乃雅人 (67)初めてのフィストファック

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
美有姫乃雅人 目次

美有姫乃雅人 (67)初めてのフィストファック

「にゃっ、にゃらっ、ひゃひんっ、にゃあっ」
雅人のイチモツとそれに突き上げられて膣と子宮を行き来するフランクフルトソーセージに、美子は猫のようなあえぎ声を上げて悶えていた。

「とれない…、しょうがない…」
もうこなったら、直接…。
分身を使ってなんとか引っ張り出そうとしたがうまくいかず、雅人は直接引っ張り出そうとした。
「にゃっ、なにひれんほおっ、やらあっ、こわれふうっ、こわれちゃふうっ」
変態興奮で正常な判断力を無くした雅人は濡れ濡れのスジに指を突っ込んで手の平まで入れようとしていた。今日初めて男性自身を挿入された文学美少女教師は、まともにセックスをやり終えてないのにフィストファックを強制されていた。
「ちょっとガマンして…、んっ、おっ、もうちょっと」
怯える美子にお構いなしに濡れた亀裂は4本指を挿入された。伸ばした中指にフランクフルトの端が触れて雅人はさらに先に挿入しようとする。
「にう゛ぃっ、やらっ、ぎゃああっ、裂けちゃふうっ、ぎゃっ、にゃぎゃあっ」
校舎裏の木陰でM字開脚してのけぞる美子はヨダレを垂らしたロリ顔をゆがめ、手足をバタバタさせて悶え狂った。緊張と弛緩を繰り返す女体は失禁し、ヌルヌルの肉をオシッコでビショヌルにしていた。

「んっ、も、もうちょっと…、くっ、出たっ」
くうっ、挟んだぞっ…、
広げたオマタの濃い茂みの向こうに見えるガーリーな衣装からはみ出した大きめの乳房が上下にバウンドして激しく波打つ。中指と人差し指でフランクフルトを挟んで力を入れた。
ほらっ、もうちょい、おっ…。
爪が引っかかってホットドッグの具は引っ張り出された。透明の愛液にまみれてヌラヌラしている。
「あっ、ああっ…、にゃ…、にゃらあ…、もう、やめれえ~」
初めてのフィストファックで体中の穴から体液を垂れ流した美子は、膣から異物を取り除かれて芝生にグッタリしていた。

「…、じゃあ、ここに…」
これ、どうしようか…、
エッチなお汁をトッピングされて透明な膜に覆われたフランクフルトの処分に困った雅人だったが
お…、うひひっ…。
口を開けた亀裂から垂れた汁で同じく透明な膜に覆われたお尻の穴のシワの寄った膨らみが、かすかに震えるのを見た変態は先端を突き刺した。
「にゃっ、そこ、おしりいっ、だめえっ、やだあっ」
アナルに異物挿入された美子は暴れた。アソコにソーセージやイチモツを挿入された時はほぼ無抵抗だったのと対照的に本気で嫌がっていた。

25歳で処女の美子はバイブが夜の友達だった。イボイボバイブに処女を捧げていたので膣へ挿入は抵抗なかったがアナルは正真正銘の処女だった。

「ちょっ、せんせっ、ちょっとガマンしてっ、んっ、おらあっ」
おおっ、すげえっ、イキが、いいぞっと…、
本気で抵抗して暴れる女体に焦った雅人だったがアナルを犯す変態興奮の方が強かった。
おとなしくしろっ、このっ、ケツぐらいで、さわぐなっ…。
シックスナイン体勢でのしかかって玉袋とサオを美子の顔に押しつけるとカラダ全体で押さえつけ、変質者のような笑いを浮かべながらケツ穴にねじ込んだ。

あたりをさぐりながら挿入されたフランクフルトは括約筋を通り抜け直腸を突き抜けてS状結腸まで到達し、太さの分だけ広がったアナルは先端だけを突き出していた。

「じゃ、じゃあっ、こんどこそ、犯してあげるね」
はっ、手間かけさせやがって…、
尻アナ異物挿入に成功した雅人はハアハア息を荒げながら満足そうな変態笑いを浮かべた。
絶対っ、中出ししてやるっ、おらあっ、食らえっ…。
涙目の美子がしゃくり上げるたびに扁平に重力につぶされたオッパイが波打つ女体にのしかかると、湿った太ももの間に股間を押しつけてビンビンの分身を濡れた亀裂にぶち込んだ。

美有姫乃雅人 (68)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:00:12 ━ Page top ━…‥・

== 美有姫乃雅人 ==

美有姫乃雅人 (66)本生異物挿入二本差し

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
美有姫乃雅人 目次

美有姫乃雅人 (66)本生異物挿入二本差し

おっ、いいモンあるじゃん、これでロストバージンの予行練習だ…。
感じすぎてメロメロで無抵抗になった美子にナマ挿入しようとM字に広げた太ももの間に入り込んだ雅人だったが、菓子パンの中にホットドッグを見つけてニンマリした。

「にゃ、らあ、もう、やめれえ…」
M字開脚してさらした濡れ濡れのスジに食い込むイチモツにあえぐ美子は、はだけたオッパイを押しつけるように雅人に弱々しく抱きついた。
「ひにゃっ…、やらあっ、にゃに、挿れたろお?…」
雅人は例の媚薬でフランクフルトソーセージをベトベトにして挿入した。美子はヒダヒダ膣粘膜をかき分けて浸入してくるソレにピクッピクッと震え、酔っぱらいのようなあえぎ声を上げる。
「美子ちゃん、ソーセージ好き?」
ロリ顔女教師に異物挿入して昂ぶる変態はフランクフルトを抜き差しするたびに小さくのけぞるアヘ顔を覗き込んで言葉責めしていた。
「ひゃ、にゃらあっ~、食べふろ、好きらけろ、挿れられふのふぁ、いやらあ~」
媚薬が効いてトロンとした虚空に目を泳がせる美子は、アソコの亀裂に差し込まれたソーセージを確認しようと震える手を伸ばした。

「そんじゃ、ホンモノ、挿れてあげるよ」
うひひっ、2本差しだ…。
濃いめの茂みの向こう側をさぐる手をどけた雅人は、密着する下腹の湿った柔らかさにニンマリしてフランクフルトを挿れたままイチモツをブチ込んだ。
「ひなっ…、ひゃ、ひゃらっ、おちんひん、ひひゃっ、いれはら、ひゃっ、やらあ~」
雅人のイチモツでフランクフルトを押し込まれた美子はロリエロな顔を苦しそうにしかめた。子宮に突き刺さったフランクフルトは奥まで突き上げ、文学少女教師は媚薬の効き目でロレツの回らないあえぎ声を上げて悶えた。

「んっ、これっ、おほっ、なんか、あふっ、すげっ」
ブラがはだけたオッパイを波立てのたうつトランジスタグラマーな女体にのしかかり、興奮した吐息にまみれて腰を振る雅人は、イチモツの先っちょにぶつかるフランクフルトに鈴口を広げられ、カリを撫でられ、窮屈に並列する膣圧の快感に小さなうめき声を上げた。
「にゃっ、とっれえっ、ひにっ、いやにゃあっ、にゃっ、変らのおっ、ひゃらほおっ」
勃起したチンポを突き上げるたびにフランクフルトが子宮に出たり入ったりする。白目を剥いてのけぞる美子は天使の輪が滲んだボブカットヘアをサラサラ揺らし、泡の混じったヨダレを垂らしていた。

「んふっ、はへ…、ちょっと待てよ」
あ…、取れなくなったら、どうしよ…。
異物挿入セックスの気持ちよさにのぼせて挿入を繰り返していた変態だったが、もし取り出せなくなったら、と急に心配になった。
「んっ、こ、これっ、おっ、おほっ、うひいっ」
指、届かねえよな…、とりあえず…、
子宮口に突き刺さったフランクフルトは指を入れても届きそうにない。とりあえずイチモツで途中まで引っ張り出そうとするがうまくいかず、
おっ、ひほっ、くほおっ…。
キュンキュン締め付けてくる膣圧とフランクフルトがカリをこするイレギュラーな刺激によがってうわずった間抜けな声をあげた。

美有姫乃雅人 (67)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:47:24 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old