FC2ブログ

== 美有姫乃雅人 ==

美有姫乃雅人 (65)指マンに悶える文学美少女教師

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
美有姫乃雅人 目次

美有姫乃雅人 (65)指マンに悶える文学美少女教師

「にゃっ、にゃんっ、ひにゃらっ、それ、ちがうからあっ」
美子は校舎裏の木陰で乳首を交互にひねり上げられて踊るように悶えた。急所を責められて抵抗できないのか、手に吸い付くようなおっぱいの弾力を嬲って興奮した吐息にまみれる雅人に子猫の鳴き声のような声を上げるだけだった。

「もっと下、行ったかな?…」
じゃあ、今度はこっちだ、美子ちゃんのアソコはどんなかな~、…。
オッパイ嬲りに満足した変態はゆるめのスカートに手を入れてパンティ越しにアソコを触りだした。
「ひゃ…、にゃっ、にゃらあんっ、坂井くうんっ、そんなとこ、触っちゃらめえっ」
いちばん感じる部分をパンティ越しに触られた美子はメロメロで無抵抗だった。あらがう声も興奮した雅人の耳にイヤらしく響くだけだった。

「よく見ないとわからないなあ…」
とりあえず、パンティ見てやるっ…、おっ、フリルのスケスケじゃんっ…。
しがみついてくる美子のブラがはだけたオッパイが押しつけられる気持ちよさにニンマリする雅人は、スカート胸の下までまくり上げた。
「ひゃあんっ、めくっちゃあっ、らめえっ、にゃらあっ」
大胆な破廉恥行為に少女のような悲鳴を上げる美子だったが、スカートを引き下げようとする手は興奮した変態にあっさり退けられた。

「ここに入っちゃったかなあ…」
アソコ、見ちゃうよお…、おおっ、濡れ濡れじゃんっ…、
興奮した雅人は女の子座りで揃えていた太ももの間に手をねじ込んでムリヤリ広げた。汗ばんだ太ももの根本から柑橘系コロンの女臭さがムワッと立ち上る。
美子ちゃんって、可愛い顔してムッツリ?…。
レースでふんだんに飾られた薄い生地が黒いモジャモジを透かしていた。モッコリ膨らんで濡れた二重の生地部分がぺったり張り付いて淫靡なスジを刻んでいた。

「にゃっ…、にゃ、らああっ…、ら、めえ…、そこ、よ、よわいのお~」
スジに指先をグイッと押しつけるとネットリした汁がジュワッとあふれ、トランジスタグラマーな女体がビクンと震える。その声にもう抵抗する気力はなくか細いあえぎ声になっていた。
「ちょっとめくってみますね」
すっげっ、大洪水…、感じすぎだろ…。
あふれた愛液が太もものくびれをヒタヒタに濡らしていた。フルルたっぷりのスケスケパンティのヘリに指を入れてクイッとめくった。

「ひゃんっ、そこ、見ちゃらめえ…、もう、やらあ…」
ヌルヌルしたお汁で張り付いたパンティをめくられた文学美少女教師はイヤイヤしてかぶりを振ったが、モッコリしたアソコの亀裂からはダラダラ汁が垂れていた。
「そうか、この中だな、虫めえっ、こんなとこまで入り込みやがってえっ」
くううっ、たまらんっ、おっもしれえっ…。
イヤイヤする勢いでブラがずり上がったオッパイが左右に揺れ、雅人の頭をボインボイン撫でる。気持ちいい弾力に笑いが止まらないエロガキはヌルヌルのスジに指を差し込んだ。

「ひゃっ…、ら、らめえ…、にゃ、そこ、にゃあんっ、さわっちゃ、にゃっ、らめらのお…」
濡れ濡れのスジをかき回されてトランジスタグラマーな女体ビクビク震えて悶える。子猫のようなあえぎ声をあげながらM字開脚してアソコを剥き出しにした美子は、オマタを覗き込む雅人の頭に抱きついて悶えた。

「…、あれれ、奥まで届かないなあ…」
すっげえ、出てくる…、美子ちゃん、処女ってホント?…、オナニーしまくりってこと?…。
湿った熱い息にまみれてオマタを覗き込む雅人は、ぬかるんだ柔らかい肉の合わせ目を指で淫靡に広げ、根本まで差し込んでグチャグチャにかき回した。
「しょうがない、これで調べるね、先生…」
いひっ、そろそろ、いきますかっ…、美子ちゃん、マンマンにチンチンしてあげるねえ…。
悶える官能的な女体からあふれ出る透明な粘液に興奮する変態は、膣の奥まで突いて子宮まで犯す妄想を浮かべて卑猥な熱気をはらんで固く反り上がった分身を取り出し、ヨダレを垂らしたアヘ顔をさらすメロメロの美子に見せつけた。

美有姫乃雅人 (66)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:28:20 ━ Page top ━…‥・

== 美有姫乃雅人 ==

美有姫乃雅人 (64)木陰でオッパイ嬲り

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
美有姫乃雅人 目次

美有姫乃雅人 (64)木陰でオッパイ嬲り

「じゃあ、どうぞ」
雅人が犯罪的変態色情を秘めていることに全く気付かない美子は、売店のおばちゃんに押しつけられて買いすぎた売れ残りのパンを可愛い笑顔で差し出した。

「頂きます」
うひひっ、まずは腹ごしらえだ…、それから…。
膨らんだ股間をそれとなく隠した雅人は菓子パンにかぶりつきながら、膝丈スカートからはみ出したニーハイの太ももがムッチリするのを視姦していた。
「ホントにいいお天気ねえ、なんだか詩が浮かんでこない?」
イヤらしい視線に全く気付かないのんびり国語教師は青い空に浮かんだ入道雲を見上げてオトボケなセリフを漏らした。
「そうですねえ…、あれ、せんせい」
詩ってなに?…、まあいいや、今度は美子ちゃんのカラダ、いっただっきまーすっ(エロ笑)…。
菓子パンをあっという間に平らげた腹ぺこ小僧は、彼女特有の世界に浸るセリフを無視して性欲を満たすための行動をおこした。

「え、なに?」
いきなりシャツの襟を引っ張られて首筋を剥き出しにされた美子は慌てて押さえた。
「いや、いま虫が入ったからっ」
なんちゃってね…、オッパイの先っちょ、触ってやるっ…。
小柄のカラダには大きすぎる胸に狙い定めた変態がデタラメを口走る。
「えっ、虫、嫌い、早く取ってっ」
おっとり文学美少女教師はあっさり騙された。毛虫のたぐいを想像してすっかり怯えた美子はブルブル震えながら襟首をめくられたうなじを差し出していた。

「あれ、奥に入っちゃったかな、ちょっと失礼」
うひうひっ、コイツも簡単だっ…、普通引っかかるか?…。
出来すぎな展開に有頂天の変態はシャツのボタンをはずして肩を剥き出しにした。
「いやあっ、はやく取っててえっ」
諸肌脱いで白いブラ線だけの肩を剥き出しにされた扇情的な姿の美子は、胸を押さえてうつむき泣きそうな声だった。
「ちょっとまってね、あれ、この下か?…」
くううっ、スベスベだよおっ、きっもちいいっ…、これが処女なんてもったいない…。
手際よくブラのホックをはずした雅人は、背筋のくびれがクッキリした背中のスベスベ素肌をなで回してだらしなく笑っていた。

「ひょっとして前行ったかな?、先生手どけて」
いよいよ、おっぱいだ、まってろよ、美子ちゃん…。
ブルブル震えて小動物のように怯える美子にサディスティックな変態色欲を昂ぶらせた雅人は、強引に手を引っ張ると緩んだブラからはみ出しそうに波打つ乳肌を凝視した。
「や、ああっ、早く、お願いよお、坂井くうん、早くしてえ~」
存在しない虫に怯えて目をそらして横を向く美子は、ブラカップからチラチラする乳首を凝視されていることに全く気付いてない。怖がるその声は妙にセクシーで変態はますますのぼせ上がる。

「これかな?」
くううっ、美子ちゃん、やっぱり、いいオッパイ…。
まだ男を知らないというウワサの乳首は濃いめのピンク色だった。恐怖で緊張しているのか固く飛び出したソレにますます興奮した変態は指ではさんでクリクリしていた。
「え、あ、あんっ、やっ、それ、ちがう、坂井くうんっ、違うよおっ」
緩んだブラに入り込んだ手が乳首ごとオッパイを揉みまくる。破廉恥行為にビックリして大きな目をさらに大きくした美子だったが、鼻にかかったその声はエッチな響きが混じってエロガキの欲情を誘っていた。

「あれっ、こっちか?…、あれれ、なかなか取れないなあ」
ぐひっ、おっぱい、きもちいいっ…、うひいっ、おっもしれえっ…。
トランジスタグラマーな女体に襲いかかる変態は乳首をつまんで引っ張った。乳房を弄ばれて苦悶する美子の艶めかしいアヘ顔に膨らんだ股間をゾクゾクさせ、わざとらしいセリフを口走りながら右の乳首と左の乳首を交互に引っ張ってスケベ笑いしていた。

美有姫乃雅人 (65)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:32:00 ━ Page top ━…‥・

== 美有姫乃雅人 ==

美有姫乃雅人 (63)国語教師那珂川美子

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
美有姫乃雅人 目次

美有姫乃雅人 (63)国語教師那珂川美子

「じゃあ、これからオマエ、オレ様の奴隷だから」
こういう綺麗なお姉さんのセックスフレンドが一人ぐらいいてもいいな…。
教員専用トイレで北川景子似の美人教師をナマ本番ナマ出しして調子に乗った雅人は、彼女を自分専属の性奴隷だと所有物扱いした。

「何言ってるナリ、私はみんなの保健のお姉さんナリよ」
エロガキの図に乗ったセリフを美人養護教諭はケラケラ笑って軽く受け流した。年上の貫禄なのか、保健室に来るのはこの手の勘違いしたガキが多いからか、のぼせ上がったガキのあしらいは慣れたモノだった。
「なっ、あっ、あんなに、もっ、悶えたくせにっ…」
へ…、あうう…、なんだよっ…。
自慢の男根で彼女を言いなりに出来るとのぼせ上がっていた雅人は予想外の態度に対応しきれずドモっていた。余裕綽々のお姉さんにグウの音もでないただのガキだった。
「そうナリね、キミ、なかなかよかったナリよ、またしたくなったら相手してあげるナリね」
狼狽しながら強がるエロガキと対照的なお姉さんの落ち着きだった。ニッコリ笑った美人養護教諭はマントのように白衣を翻してタイトミニのセクシーヒップを見せつけて行ってしまった。

呆気にとられて一人残された雅人は急に空腹を感じた。時計を見ると昼休みになっていた。朝から何発も放出して若いカラダは消耗していた。

「あ、美子先生」
お、美子ちゃんじゃん…、今日も売れ残りのパンか…。
そこに国語教師の那珂川美子が通りかかった。売店に群がる生徒達の中に飛び込む勇気も無く遠巻きにしていたおとなしい女教師は、やっと買えた売れ残りの菓子パンを胸に抱えていた。
「あら、坂井君、これからお昼?」
トランジスタグラマーな女体をガーリーな衣装に包んだおっとり教師が、のんびりした笑顔を浮かべた。
「あ…、オレ、弁当忘れちゃって…」
そうだ、昼飯代わりに美子ちゃんを…。
午前中に様々な女体を味わって食欲以上に性欲を昂ぶらせた変態は、今度はおとなしい国語教師を毒牙にかけようと淫らなたくらみを思い浮かべた。

本ばかり読んでいる文学少女がそのまま教師になったような那珂川美子だった。今年で26になるはずだが、少女趣味のファッションが定番でのんびりした雰囲気の美少女教師はいまだに処女だとウワサされていた。

「あら、それじゃ午後もたないわよ、これ一緒に食べる?」
メリハリのいい女体に突き刺さる好色な視線に気づかずに困ったように笑うオトボケ国語教師はのんびりした口調で誘ってきた。のんびり屋の美子は売店のおばちゃんに売れ残りを押しつけられることが多く、食べきれないパンを買わされていた。
「いひっ、いいんですかっ、じゃあ、天気いいし外で…」
うひいっ、こんなにうまくいきすぎて、いいの?…。
飛んで火に入る夏の虫な少女趣味教師のお誘いに、ケダモノのような欲望で股間を膨らませた変態は一も二もなく乗った。

「いいわね、たまにはこういうのも…」
股間に性欲を押し隠した変態に誘われるまま校舎裏の芝生に連れ込まれた美子は、人目を遮る大きな木の木陰で女の子座りして夏の明るい日差しをまぶしそうに見上げていた。
「そうですねえ…、こんなのも、たまには…」
草むらにヒザを揃えて座る美子の男をまだ知らないとウワサされるメリハリのいい女体を、雅人はニヤニヤして性欲の滲んだいやらしい目で眺めていた。

美有姫乃雅人 (64)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:57:56 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old