FC2ブログ

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (40)不思議な感覚

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (40)不思議な感覚

「ど、どうだあっ」
無抵抗なコスプレ美少女を陵辱してどSな征服感に浸る変態は狂気を帯びた目で、
「き、気持ち、いいだろっ」
息子の抜き差しに合わせて前後に揺れる女体を見下ろしながら、力んだ手で張りのある乳房を揉み砕き、お尻と股間がぶつかるパコパコという破廉恥な音を立て、快調に腰を振りまくっていた。

「や、やあっ、ああっ」
や、やめてえっ…、夢…、ああっ…、
ギンギンに反り上がった半ムケチンポでかき出されたザーメンと愛液で、ニーハイの太ももにズリ下ろされた縞ハイレグパンティをネチョネチョに濡らしたマユは
これは、はあっ…、夢なのおっ…。
発情したカラダがただれた快感に支配されているのを感じながら、自分にコレが非現実だと言い聞かせる無駄な努力をしていた。

「うへへっ、そ、そんなに、いいのかっ」
苦しそうにもだえてあえぎ声を震わせる美少女に、ますますどSな加虐変態色情を熱くするヘタレは、自慢気なだらしない笑いで顔をゆがませていた。

「んっ…、お、おええっ」
んああっ…、ぎ、もぢ…、悪い…
ズンズンと突きあげられて頭を上下に振られているウチに、気持ち悪くなったコスプレ美少女は、いきなりゲロを吐いた。
「んがっ、え?…、こ、コイツ、ゲロ、吐きやがった」
気持ち良く腰を振っていた変態カメラ小僧は、地面にまき散らされたもんじゃに素っ頓狂な声を上げ、
「気持ちワリッ、エンガチョ切ったっ」
嘔吐した美少女に汚いモノを見るような目を向けると、さっさと離れると息子を早々にしまって逃げていった。

「うえええっ、れろれろっ…」
う゛ぇええっ…、ぎもぢ…、わるいよおっ…。
変態強姦魔が逃げ去っても、吐きだして止まらなくなったマユは、酸っぱい胃液が出尽くすまで吐いていた。

「…、はあっ、気持ち悪かった…」
はあん…、すっきりしたあっ…。
そして胃の内容物をすべて吐き出すと、今度はスッキリした顔で大きく伸びをしたが、
「やあん、はずかしっ」
あっ、マユ、ノーパンだった…、えへへっ…。
ブリッ子に恥じらうと太ももまで下げられた縞ハイレグパンティを一気に引き上げた。

「あんっ…」
ひいんっ…、な、なに?…。
思いっきりオマタにパンティを引き上げたコスプレ美少女は、膣からザーメンが残らず吸い取られる感じに、背筋に何かが走ったような不思議な爽快感を感じていた。
「?…、あれ?…」
?…、やっぱり、夢だったの…。
おそるおそるヒダミニスカに手を入れてパンティに指を差し込んだマユは、アソコに自分のエッチな蜜しかないことを確認すると、あのナカ出しがホントに夢だったように感じていた。

呪いのパンティ (41)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:00:39 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (39)早漏の2発目

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (39)早漏の2発目

「ぐうっ、うへえっ…、出るっ」
某アニメキャラコスプレ美少女を秋場のひとけのない袋小路に連れ込み、野獣のような性欲に任せて陵辱していたカメラ小僧は、見事なヘタレっぷりで早漏な暴発してナカに直接出した。

「あ、や、ああ…」
や、やだあっ、出したあっ…、
ヒダミニスカをまくり上げてのしかかる変態に自慢のお尻を突き出したマユは、ナカで暴発する熱い白濁液に、スリムな女体を震わせてコスプレブレザーを切なげに波立たせたが
ち、ちがう、これは夢だから…。
まだこの悪夢を白昼夢だと自分に言い聞かせ、純潔な乙女の自分を懸命に保とうとしていた。

「んふーっ」
いきり立った半ムケチンポをドクドクさせて激しく陵辱しても、前髪が乱れない美少女にたっぷり種付けした変態は、
「よ、良かっただろおっ」
ツインテールに荒い吐息を吹きかけていい匂い嗅ぎながら満足そうな声を漏らしたが
「まだまだだぞ」
縞ハイレグパンティの魔力に魅入られた女日照りのキモヲタの異常性欲は、このくらいでは満足しなかった。
「おらあっ、おうおうっ…」
生まれてこのかたリアルな女性に縁のない生活を送ってきた変態は、たっぷり溜め込んだ精力で半ムケチンポがしぼむ間もなく復活させ、すぐに抜かずの2発目を開始した。

「ああっ…、いやあっ、ああんっ、はあっ…」
ま、また?…、もう、やめてえ…、夢?…、
ザーメンと愛液でグチャグチャになったピンクの媚肉を広げて出入りする半ムケチンポに、マユはセクシーな湿った吐息にまみれてもだえていたが、
はあっ、そうよ、ああっ、夢よおっ…。
まだコレが夢だと信じ込もうとしていた。

「ふんっ、んんっ…」
ヘタレ早漏男は2回目で少しは余裕があるのか、壁に手を突いて背後からの突きあげに懸命に耐える女体にしがみつくと
「じゃ、じゃまなんだよおっ…」
ブレザーを肩から抜いてはだけさせると、シャツを強引に脱がせて手頃な大きさの乳房をムキ出し、揉みくちゃにした。

「ひっ、い、痛い…」
やっ、そ、そこ…、
ハイレグパンティの呪われた若いカラダはヘタレカメラ小僧の粗チンに発情して、お乳の中心のポッチも固く突き出ていた。
イジっちゃあっ、いやあっ…。
感じるその部分を乳房と一緒に揉みくちゃにされて、マユは苦しそうなあえぎ声を漏らしていたが、えっちお初の若々しい女体は倒錯した快感にまみれ、いやらしくよがりもだえていた。

呪いのパンティ (40)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:14:27 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (38)カメラ小僧に陵辱

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (38)カメラ小僧に陵辱

「なんだよおっ、お高くとまってんじゃねえよっ」
ローアングルからカメラを構えていた変態は、マユの怖じけた態度につけあがったのか、突然キレて憎々しげな表情で大声を上げた。

「ええっ」
なんで、マユ、怒られてるの?…。
突然切れた変態カメラ小僧にマユはますます萎縮して、ニーハイの脚を内マタに震わせたが、なんで怒られなきゃいけないのか、と内心不満だった。
「この、パンチラ淫乱娘があっ」
美少女の怯えた表情に加虐的な倒錯色情にまみれた変態は、ヒダスカートに手を入れてマユご自慢のおしりをモミモミした。

「ひいっ」
やだ、なにすんのおっ…、
公然猥褻な仕儀に至った変態カメラ小僧に茫然としたマユユだったが
でも、澪ちゃんなら…。
レイヤーの基本中の基本であるキャラになりきるを実践して
「聞こえない、聞こえない」
いきなりしゃがむと両手で耳を押さえた。

「なんだ、そりゃ、ちょっと来い」
しかし縞ハイレグパンティの魔力に魅入られた変態カメラ小僧には全く通用せず、
「おら、入れてやるっ」
裏路地に引きずりこまれると、いきなり下半身裸になった変態に縞ハイレグパンティのあの部分をめくられて、生チンポをバックから挿入された。

「えっ?…、や、やあっ」
なんで?…、マユの、これが、ロストバージン?…。
すぐソコに通行人が見えるビルの間でバックから挿入されたマユは、こんな形で純潔を失うという現実を受け入れられず、
そうだ、これはきっと夢なんだ…。
ハイレグパンティの魔力でケダモノになったカメラ小僧にズコズコされながら、現実逃避していた。

「あぐっ、お、おおっ」
無抵抗のブレザー制服美少女を陵辱するカメラ小僧は、ハアハアと息を荒くしてパンティをめくったアソコにチンポを出し入れした快感に存分に味わっていた。
「んがっ、お、おおっ」
ヒダミニスカをまくり上げた丸出しにしたスベスベしっとりな尻肌を丸出しにした変態は、時折ビシビシとスパンキングしながら、快調に腰を振って生挿入の快感を貪っていた。

「んっ、あ、ああっ」
や、夢、だから、あっ、はあっ…、
激しく出入りする半ムケチンポに、充血気味の媚肉のスキマからダラダラと愛液を垂らすマユは、
そうよ、あんっ、これは夢よっ…。
エッチな空気をまとったカワイイ顔で艶めかしいあえぎ声を漏らしながら、あくまでもこれは夢だと自分に言い聞かせて、変態に思う存分ヤられていた。

呪いのパンティ (39)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:52:59 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old