FC2ブログ

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (37)ヲタクのセイ地

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (37)ヲタクのセイ地

「うほほおっ、イかいでかっ」
パンティまで揃えて完璧にお気に入りキャラになりきったとご満悦のマユは、週一で通う秋場に向かった。


秋場はかつて電脳都市の異名を取った電気街だったが、いまではすっかり趣味の街となって、各方面のヲタクがたむろする魔窟になっていた。

ヲタクにも軽度から回復不能な重度の人格破綻者まで様々なレベルがあるが、今の秋場は社会復帰不能なヲタ重症者がゴロゴロする危険地帯だった。

しかし毒ヘビの群れに多少毛色の違うヘビが迷い込んでも襲われることがないように、重度のヲタを自覚するマユにとっては、秋場は全く危険のない場所どころか聖地といってもいい楽天地だった。

やあんっ…、前髪が…。
揺れる電車のドアに寄りかかって外を眺めるマユは、窓に映る自分を見て前髪の乱れに気付くと丁寧に直したが、そうしているうちにいつのまにか秋場に到着した。
「あいだほっ、とおちゃーくっ」
21世紀に近代化された駅に到着したマユはご機嫌で、ミニスカが翻るのも気にせずにホームに飛び降りた。

ちなみにマユの口癖である「あいだほ」はinternational day against homophobia and transphobia (国際反ホモフォビア&反トランスフォビア)の頭文字(Idaho)のことであり、本来は同性愛差別に反対する運動を差しているが、マユは様々な愛の形を寛容する博愛主義的な意味(「愛だよ」)で使っている。

マユにとって秋場は楽しいことがいっぱいあって、愛にあふれる場所なのである。

駅ビルを出て大通りに出ると、そこかしこでヲタクが喜びそうなエッチで露出度の高いコスチュームの腐女子が、カメラ小僧から熱い視線を向けられていた。

レイヤーにとっては、たとえ人格破綻者でもカメラ小僧から声をかけられることは存在価値を認められることであり、うれしいことでマユもそれは同じだった。

うふふっ、いつでも、うぇるかむよおっーっ、…。
某アニメキャラコス着用でご機嫌のマユは上気した頬をうっすら紅潮させ、シットリ湿ったハイレグ縞パンティを無意識に感じながら通りを闊歩するマユは、カメラ小僧から声をかけられるのを待っていた。

「ぐひひっ…」
電車の中からストーカーしていた変態カメラ小僧は、ホームグランドにしているいつもの撮影場所につくまでマユをストーカーしていた。
「写真…、いいですか?…」
乱れるヒダスカートを眺めてイヤらしい笑いを浮かべていた変態カメラ小僧が、卑屈に笑いながら後ろから声をかけた。
「ひっ…、あ…、どうぞ…」
突然声をかけられてビビったマユは勢いよく振り向き、またもヒダミニスかを乱して縞パンチラしたが、キモヲタ系変態カメラ小僧を見慣れているので、いつものCGバリの笑顔を見せた。

「げひひ、ありがとうございます…」
ポーズを変えても全く笑顔が変わらないマユのバストショットを数枚取ったカメラ小僧は、地べたにしゃがみ込んでローアングルから撮影しはじめた。
「あのお…、そういうのは」
あきらかにパンチラショット狙いの変態に、手に入れたお気に入りキャラと同じシマパン着用の、自慢のお尻を見せたいという浮ついたエッチな気持ちがある反面、
「困るんですけど…」
やっぱりマナー違反だろという気持ちがあって、マユは曖昧に笑って(それでも笑顔は変わらなかったが)困っていた。

呪いのパンティ (38)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:24:55 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (36)女子高生マユ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (36)女子高生マユ

マユは17歳、ツインテールにロリっぽいファッションが似合うカ美少女だが彼氏はいない。

共学高校でひときわ目立つ美少女は、同級生は言うに及ばす多くの先輩後輩からも交際を申し込まれたが、すべて冷たく断ってきた。彼女がご執心な男子は主に2次元の世界にいるからだ。

アニメキャラがマユの恋人で、多感で多情な美少女のお気に入りキャラは両手の指で足りないくらいだ。また男装女子に萌えるという性癖もあり、熱狂的なヅカファンに通じる同性愛萌もある。

といっても相手は現実に手が届かない世界にいるので、頭はいつも異常性欲にまみれた妄想で満たされていても、十分女らしくなったカラダはまだ純潔のままだった。


「うきゃうっ、きゃわいいっ、あいだほっ!!」
通販で購入した某アニメヒロインのコスプレ衣装に目を輝かせる黒髪腐女子は、姫カットキャラを妄想して早くもオマタに食い込んだパンティを湿らせていた。

「んふーっ、似合う…、むふふっ」
紺ブレザーとグレーのヒダミニスかを着用したマユは姿見に映る自らの姿に萌え萌えに高まり、クルッと回ってヒダスカートを花びらのように広げて盛大にパンチラすると
「そうだ、やっぱりシマパンじゃないと」
某キャラが学園祭で大公開したライトブルーのシマパンが必要だと、強迫観念に近い感情を抱いた。

「いくぞおっーっ」
こうと決めたら歯止めの利かない行動派腐女子はブレザー制服姿のままで外出して、ランジェリーショップに向かった。
「んふっ、きゃわいいのばっかじゃ~ん」
暴走腐女子はミニスカのスソをひるがえして駅前のファッションビルに到着すると、ランジェリーショップを物色して、鼻息を荒くしていた。

「おっ、シマパン発見っ」
お花畑のような下着たちに目移りしながら、ライトブルーのシマシマが絶妙な幅のパンティを見つけたマユは、カワイイ顔をニンマリさせてソレを手に取った。
「あ…」
棚の一番下に脚を伸ばしたまま手を出し、自慢のお尻をパンチラしたことに気付かないマユはそれに触れた瞬間、軽く電撃を喰らったように静止したが
「よっしゃあっ、げっとおっ」
それを握り締めてご機嫌で会計した。

「んしょんしょっ…、は、ああ…」
そのままトイレに駆け込んだアニメオタ美少女はさっそくパンティを履き替えた。すでにジンワリ湿っていたあそこに食い込む、青縞ハイレグパンティに艶めかしい表情を見せたマユは
「ん?…、まあいいか」
お気に入りのアニメキャラ着用のパンティがノーマルなタイプだったのに対して、これがハイレグなことに気付いたが、すぐによしとした。

普段ならヲタクチックなこだわりで些細な違いも排除するマユだったが、ハイレグパンティの魔力に魅入られた彼女に、この程度の些細なことは目に入らなくなっていた。

呪いのパンティ (37)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:56:31 ━ Page top ━…‥・

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (35)その後のマリコ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (35)その後のマリコ

「はっ、はっ、はっ、女王、様っ…」
チワワのように虚弱な体をプルプル震わせるキモヲタが、半ベソの情けない顔で女王様のお恵みを待っていた。

「はあっ…、アンタも、懲りないわね…」
また、コイツか…、
あの一件以来、店を替わっても通い詰めてくるキモヲタを冷たい目で鬱陶しそうに見下ろしたマリコは、
「しょうがないわね、ほら」
もう、ね…、あ、んっ、ああっ…。
テラテラしたビニール素材のスパルタンなブーツの脚線美を淫らに広げると、ヲタの勃起したソレにまたがって、濡れた秘肉で咥え込んだ。

「はううっ、女王様あっ」
ビザールなSM衣装に引き絞られた艶めかしい女体が上下して、ビクビク震えるヲタチンを出し入れする。女王様自らの本番サービスという格別のご褒美に、
「あ、ああっ、あううっ」
天にも昇るような気分で感動するキモヲタは、捨てられたチワワのような情けない目に涙をちょちょぎらせ、忘我の喜びに浸っていた。

「んっ、あ、ああっ…」
は、あ、ああっ…。
キモヲタに騎乗位してムッチリした腰を振るマリコは、汗がにじんだ肉感的な女体を切なげによがらせ、ナマチンを咥え込む悦びで美しい横顔に淫靡で卑猥な色気を漂わせていた。

「は、はうっ…」
肉感的な女体が波打つようにしばらく上下していると、キモヲタは絶頂に達してナカ出しした。
「やっ…、はああっ…」
あ、熱いっ…。
予告無くナカ出しされたマリコは、黒ラバーで引き絞られたカラダを苦しそうによがらせ、妖艶な横顔にウットリした表情を見せ、メスの悦びをにじませていたが、
「このバカチン、またナカに出してっ」
すぐに立ち上がると例のハイレグパンティを装着し、キモヲタを厳しい口調で叱責した。

「ひいいっ、お許しくださいっ」
SM衣装に若干違和感のハイレグパンティを履いて仁王立ちするマリコの、厳しい目ににらみつけられてどMな奴隷気質を昂ぶらせたキモヲタは、さっき射精したばかりの粗チンをまた固くしていた。


学校をやめたマリコは心機一転風俗に就職した。

端正な美女のサディステックで冷たい態度がM系男子を引き寄せた。そして絶大の人気を誇るSMの女王様として、すぐに毎日予約が引きも切らない人気者となった。

通常SM女王様は本番をしないと思われており、また性病予防の観点からもおおっぴらには出来ないが、騎乗位で客にナカ出しさせるサービス(「上からマ○コ」と言われていた)を受けると、その客は必ずリピータとなった。

ナカ出しされた後はすぐにハイレグパンティを履いてすべて吸い取らせたので、ピルを使用する必要も無く、なぜか性病を伝染されることもなかった。

こうして30代半ばまで人気ナンバーワンSM女王として結構な金額を稼いだマリコは、人間以下の扱いを受けても通うのをやめなかった常連客を身の回りに侍らせ、その後の人生を本当の女王様のように暮らした。

女教師マリコ編 終わり

呪いのパンティ (36)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:13:50 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old