FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (251)会社の先輩リナ(16)テニスウェアで立ちバック

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 会社の先輩リナ 目次

短編 (251)会社の先輩リナ(16)テニスウェアで立ちバック

「数馬様、すずはかんばりました」
手に受けたザーメンを全部飲み下したすずさんはニッコリ笑ってボクを見ていた。

「じゃあ、テニスウェア着ましょうか、お手伝いします」
2発出して今日は店じまいだと思っていたボクは、褒めてほしそうな鈴さんを無視して本来のアシスタントの仕事に戻った。
「あ、はい…、よろしくお願いします…」
褒めてくれないボクを寂しそうに見たすずさんは、肉官的な女体を晒したままうつむいてテニスウェアを着させられるのを待った。
「ちょっと厳しいですね、ずずさんのお尻が大きいから…」
無抵抗にカラダを預けるお嬢様にボクはまたサディスティックな興奮を覚えていた。プリーツがキレイに入ったミニスカを脚に通すとサイズが小さくて、ボリュームのあるお尻に引っかかったのを無理やりズリ上げた。
「ああ、ごめんさない、すすのお尻は大きいのですね…、恥ずかしいです」
ホックを止めて柔らかいくびれに食い込ませると、腰回りのボリュームで持ち上げられたミニスカは普通に立っていても股間の奥が見えてしまう長さにしかなかった。恥毛がミニスカのスソから見えるハレンチな姿のすずさんは、お尻が大きいと言われたことがショックでしょげかえっていた。
「じゃあ、上を着ましょうか」
落ち込むお嬢様にますますサディスティックな昂ぶりを感じるボクだった。下を向いて所在なさ気なすずさんにスポーツブラを省略してミニスカと揃いの純白ポロシャツを頭にかぶせた。
「あ、ん、苦しいです…」
ポロシャツも小さすぎた。ザイズの小さい胸回りにFカップマシュマロパイが潰れてピチピチに張り詰め、チビTのような短いスソにミニスカのウエストが食い込んだお腹の肉が見えていた。しかも伸縮性のある素材は固くなった乳首の形をクッキリ見せていた。
「…、ふーっ、すずさんはお尻もオッパイも大きいですから…、ふっ、数馬が、ふううーっ、なんとかしますね」
柔らかい肉体を引き絞るサイズの合ってない卑猥なテニスウェアにボクは興奮した。打ち止めだと思っていた息子は元気に反り上がり、ミニスカのスソから見えるお尻のワレメに入りたがっていた。

「あん、ご面倒おかけします、あ、んっ、はあん」っ」
ボクは後ろから抱きつくと勃起チンポをお尻のワレメに押し付け、ピチピチのポロシャツに手を入れてFカップマシュマロを握りつぶした。柔らかい弾力を手の平一杯に圧縮するとすずさんのカラダが苦しそうに悶える。
「んふーっ、すすざん、これ、触ってください、ふうーっ、ペニスの扱いがうまくなるのが、ふーっ、テニスが上達する秘訣ですよ」
蕩けそうな女体に抱きついて興奮するボクは、反り上がる息子を押さえつけてスマタに挿入すると、お嬢様に手コキを要求した。
「ああ、そうでしたわ、あっ、んっ、はあ、これで、ああっ、よろしいですか?」
何を言っても従順なすずさんは超マイクロミニのスカートに手を入れると、濡れた亀裂に反り上がる息子を遠慮勝ちにさすりはじめた。
「ふうっ、もっと、ふーっ、んっ、いいんですよ、ふううーっ、大胆になって、ふううっ、握って、しごくんですっ、太ももに力を入れて、ふううーっ、締め付けてっ」
ソフトタッチに焦らされたボクはマシュマロパイを強く握りつぶして腰を振っていた。シットリ濡れた尻肌を押しつぶして腰を突き出し、ちゃんと手コキするように要求した。
「あん、はあっ、はい、ああ、こうですかあ」
すずさんはボクのいいなりだった。膨らんだカリを握ると太ももを内股に合わせてサオを圧迫してくる。カリを優しく愛撫されて太もものしっとりした柔らかい肌にしごかれる気持ちよさにボクはゴキゲンだった。
「んふーっ、じゃあ、ふうっ、自分で入れてみましょうか、ふううーっ、すずさんが自分で入れたら、んふーっ、数馬がズコズコして気持よくしてあげます」
お嬢様のぎこちない手コキにボクは淫らに萌えた。ピチピチのポロシャツを胸の上までまくり上げると開放されて波打つ乳肌を思いっきり揉みまくった。
「あっ、あっ、んっ、は、はいっ、んっ、あ、ああっ、はいりま、あ、んっ。、せえん」
ボクは興奮しまくって腰を振っていた。濡れたスジに食い込んで前後に行き来する肉棒に追いすがるのが精一杯のすずさんが、腰をカクカク揺らすのがなんだか滑稽でボクはニヤニヤしていた。

「ふふう-っ、しょうがないですね、ふうっ、数馬が入れて、んふーっ、あげますっ」
愛液ヌルヌルスマタに満足したボクはサオを握ってヒダ肉がヒクヒクする入り口にあてがって先っちょを入れた。
「んっ、おそれ、いります、あ、ああっ、数馬様のオチンチンがっ、あんっ、ああっ」
カリを下の口で咥え込んだお嬢様は挿入しやすいように心持ちお尻をつきだす。ボクは間髪入れずに腰を押し出し、膣奥まで挿入されたマシュマロボディが苦しそうにのけ反った。
「んっ、ふっ、ふうっ、ふうう…っ、んっ、ふっ、ふううっ」
ミニスカをまくりあげて腰を抱えると腰の突き上げを続けた。ナマ挿入の気持ちよさに荒い吐息を響かせるボクはマシュマロパイが大きく上下に揺れるのが肩越しに見えて思わず強く握りしめた。
「はあ、あんっ、数馬様、ん、あんっ、すずは、ああっ、ズコズコ、あ、ああっ、されて、はあっ、うれしいですうっ」
立ちバックで犯されてマシュマロパイを揉み潰されるお嬢様は下から突き上げで上下に揺れながら、恥ずかしいセリフを口走ってますますボクを興奮させた。

「ふぐっ、じゃ、ふんっ、じゃあ、ふうーっ、こうしましょうっ」
立ちバックでは奥まで挿入できないので、いったん抜いてすずさんをソファに押し倒してのしかかった。
「あんっ、ああ、数馬様あっ、あ、んっ、すずは、あっ、あっ、ズコズコして、頂いて、あ、んっ、幸せですうっ」
M字開脚に広げられた太ももを抱えて性器をむき出すポーズのお嬢様は、亀裂に出入りして愛液を掻き出す肉棒をチラチラ見ながら、生本番の赤裸々な快感に悶えていた。

短編 (252)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:02:33 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (250)会社の先輩リナ(15)ナカ出し飲汁

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 会社の先輩リナ 目次

短編 (250)会社の先輩リナ(15)ナカ出し飲汁

「ふんっ、くっ、ふーっ、ボクのチンポが入ってるのが、ふーっ、分かりますか」
すすざんのフワフワマシュマロボディにのしかかって生挿入し、Fカップマシュマロパイを揉みまくるボクは、おもいっきり股間を押し付けて子宮口に食い込んだカリをグリグリしていた。

「あ,んっ、はあんっ、数馬様のオチンチンが、あんっ、すずのなかで、うごいてますうっ」
揉み潰されて歪んだマシュマロパイを苦しそうに上下させ、サオの太さで広がったヌルヌルスジ肉を根本のモジャモジャでさらに押し広げられるするすずさんは、子宮にドリル侵入する肉棒に悶えて可愛い顔を淫らにしかめていた。
「ふっ、ふんっ…、じゃあ、もうお漏らししないように、ふっ、締めてください」
蕩けてしまいそうな柔らかい肉布団を組み敷いてゴキゲンのボクは、腰をグリグリ回してドリル挿入を繰り返してお嬢様の膣締め調教を開始した。
「は、あはんっ、んっ、ごめんなさい、すず、あんっ、ああんっ、うまくできませえん」
不規則な挿入でカラダを圧迫されて苦しそうなすずさんは、膣を締めようと力んでいたが体の変な部分に力が入って、困ったような笑顔のファニーフェイスになっていた。
「ふーっ、んっ、じゃあ、ふっ、ふんっ、ここを」
吹き出しそうになるのを我慢したボクは脇腹からお尻に手を回すとアナルをイジった。
「やっ、やんっ、そこ、やあんっ、きたないですうっ」
アナルに指を突っ込まれたマシュマロボディがビクッと震え、膣粘膜が息子を締めつけてきた。
「んっ、ふっ、ふーっ、いいですよ、ふんっ、その調子ですっ」
ケツ穴をグリグリしてやると括約筋の締め付けで指を締め付けるのと同時に膣も締め付ける。ボクはウネウネと蠢く膣粘膜に締め付けられる気持ちよさに上機嫌だった

「や、あんっ、そうですかあ、すず、褒められましたあっ、あっ、あんっ、がんばりますうっ」
ナマチンポで陵辱され、アナルに指を突っ込まれたお嬢様はほとんど意味のない褒め言葉に笑顔を見せ、尻穴の受け入れがたい刺激に耐えていた。
「んっ、ふっ、ふんっ、いっ、いいですよ、ふーっ、もう、オシッコ漏らさないように、ふ、ふんっ、締まり良くなりましょう」
三歳児並の素直さで極上の女体を差し出すお嬢様にゴキゲンのボクは、ゆっくり腰を振ってねっとり締め付けてくる膣の気持ちよさを楽しんだ。
「あ、んっ、もう、すずは、あ、あんっ、お漏らししません、あんっ、締りっ、良くなりますからあっ」
カラダの奥で行き来きする男性器の違和感にまだ慣れてないすすさんはつらそうに顔をしかめていたが、エッチな喘ぎ声をあげて肉感的な女体を卑猥によがらせていた。
「んっ、ふーっ、じゃあ、ふっ、ふんっ、いきますよっ」
マシュマロパイにじゃれつきながらセックスするのは天国だった。ボクは気持ちよさにのぼせて本格的に腰を降り始めた。

「あ、んっ、ああっ、いっ、あんっ、はあっ、いいっ、ああっ、数馬さまあっ」
愛液があふれる蜜壺にズコズコと肉棒を挿入されるお嬢様は、ソファにのけぞって短いタンギングで吐息を漏らし、懸命に抱きついてくる。
「んっ、で、出るっ、ふんっ、イク、行くぞっ」
Fカップマシュマロボディにのぼせ上がったボクはすぐに絶頂に達した。裏スジのこみ上げに背筋を反らせたボクはフワフワした体に抱きついて股間を押し付けた。
「あっ、あ、あんっ、数馬様、なにか、ああん、でてます…」
ボクは当たり前のようにナカ出しした。膣内射精されたお嬢様はビックリしたように目を見開いていた。

「ふっ…、ふーっ、はああ…、だいぶ良くなりましたよ」
すずさんに直に射精して抱きついたままのボクは、いい気分で汗で湿ったヌルヌルスベスベな肌を撫でまわしていた。
「ああん、そうですか、変な気分ですけど、数馬様に喜んでもらえて、すすはうれしいです」
ボクの下敷きになって押しつぶされたお嬢様は不安そうな顔で、セックスの快感を変な気分と表現していた。
「大丈夫ですよ、ふーっ、オチンチンをズコズコされるのが、ふーっ、女の人は気持ちいいんです」
Fカップパイズリフェラと生本番をして満腹のボクは適当に相槌を打っていた。
「これが気持ちいいということなんですね、すずはもっと気持ちよくなれるようにがんばりますから、もっとオチンチンでズコズコしてください」
ナマチンポでザーメン注入されたお嬢様は真面目な顔で二回戦のおねだりをしていた。半立ちにしぼんだ息子がザーメンまみれの膣粘膜でキュンキュン締め付けられていた。
「あ、そういえばお着替えが途中でしたから、さあ、すずさんどうぞ」
今日はもう打ち止めだと思ったボクは、可愛い顔でおねだりする淫乱お嬢様から逃げるとテニスウェアを手に広げてみた。
「あ、そうでした、や、あんっ、垂れてます」
逃げるボクに追いすがるようにすり寄ってきたすずさんんは、おマタからあふれたザーメンにあわてて手を出して太ももを垂れる汁を受けていた。

「あ、それも『ペニスの汁』ですから、ちゃんと飲んでくださいね」
お嬢様の股間から垂れる自家製の体液に変態じみた興奮を覚えたボクは、ゴックンをそそのかした。
「あ、そうですね、んっ、ちょっと苦いです…、でも、すずはちゃんと飲みますから、見ててくださいね」
太ももを垂れる汁を手の平で受けたすずさんは舌を伸ばして顔をしかめていた。さっきはデープスロートでノドに直接注入したので味わう余裕がなかったようだ。しかし覚悟を決めた三歳児並に純真なお嬢様はボクの顔を見てニッコリ笑うと音を立てないようにザーメンをすすっていた。

短編 (251)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:35:18 ━ Page top ━…‥・

== 短編 ==

短編 (249)会社の先輩リナ(14)口内発射から生挿入

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 会社の先輩リナ 目次

短編 (249)会社の先輩リナ(14)口内発射から生挿入

「んっ、はあん、これでよろしいでしょうか」
懸命にパイズリフェラを続けたすずさんは、ボクのチンポにマシュマロパイマッサージを続けながら聞いてきた。

「んっ、ふーっ、いいですよ、ふーっ、もっとペロペロ、んふーっ、チューチューしてください」
Fカップマシュマロパイマッサージ付きフェラの天にも登るような快感に上機嫌のボクは、調子に乗ってお嬢様に淫らなサービスを要求していた。
「はい、すずは頑張ります、んっ、ちゅっ、ペロペロ、ちゅるうっ」
透け透けパンティ一をおマタに食い込ませてボクの前にしゃがんだ官能マシュマロボディーは、バカ正直すぎるほどの素直さでボクの勃起チンポをFカップ美乳で挟んでしゃぶりつづけた。
「んっ、ふーっ、で、出るっ」
本気を出した金持ちお嬢様の強烈なバキュームフェラにボクはあっさり天国にイカされた。裏スジを駆け上がる熱いこみ上げに唸ったボクはサラサラウエーブセミロングの頭を押さえると、おもいっきり股間を押し付けた。
「んっ…、むうう…、んっ、くっ…」
ディープスロートのノドマンを強制されたすずさんは涙まみれの目を見開いたが、直接ノドに流し込まれるザーメンを懸命に飲み下していた。

「ん…、数馬様、すずは頑張りました」
ノドマ○コ陵辱に満足したボクが素直すぎるお嬢様を開放すると、パンティ一丁の官能ボディーが優雅に立ち上がった。ニッコリ笑った可愛い口元にはザーメン混じりのヨダレで妖しくテカっていた。
「すずさん、お上手でした、ちゃんとペニスの汁を飲みましたね、これでテニスもうまくなりますよ、数馬は感動しました」
3歳児並に無垢なお嬢様の極上フェラに満足したボクは、柔らかくてスベスベした女体を抱きしめると胸を圧迫するマシュマロパイの気持ちよさにニヤけていた。
「うれしいです、数馬様に褒められました、すずは抱っこされちゃってます」
ボクに抱かれたすずさんは喜んで可愛い笑顔を見せていた。ムチムチした太ももが下半身にすりつけられてまた息子が元気になってきた。
「ああ、数馬様、そこはキタナイです、ああん、だめですう」
フワフワした気持ちいい女体に欲情したボクはスケスケパンティのシワに指を擦り付けていた。ヌルヌルが沁み出たパンティ越しの指マンにお嬢様は可愛い顔に艶かしい表情を見せ、エッチな声に萌えたボクは頭の中がエロ妄想ばかりになっていた。
「ああ、すずは、ああ、変な気分ですう、オシッコしたくなっちゃいましたあ」
パンティごとヒダ肉のスジを愛撫されたすずさんはボクに抱きついて悶えた。フワフワマシュマロボディの気持ちよさに蕩けそうな天国をボクは味わっていた。
「いいですよ、オシッコしても、すずさん、はい、しーしー」
お嬢様の恥知らずなセリフに萌えたボクは後ろから抱っこして抱え上げると開脚させ、濡れたパンティ越しに小指グリグリ指マンを続けてオシッコの穴を探りながら放尿をそそのかしていた。
「やあん、だめえ、おパンツ履いてお漏らしは、はあっ、だめですうっ、あっ、やっ、ああっ」
開脚抱っこされたすずさんは子供っぽい声を上げてむずがったが、後頭部で頭突きを食らわしてのけぞるとシャーと盛大な音を立てて放尿した。

「ぐうっ…、ふーっ、いっぱい出ましたね、ふーっ、こんなところでオシッコするなんて、ふーっ、すずさんは恥ずかしい、ふーっ、お嬢様ですね」
額を痛撃されてちょっと不機嫌になったボクは、オシッコまみれのお嬢様をソファに下ろして睨みつけた。
「ああん、数馬様、ごめんなさい、うっ、すずは、オシッコ漏らしてしまう、うっ、恥ずかしい娘です」
恥ずかしい放尿シーンを見られて顔を真赤にしたすずさんは、ほとんど泣き声で落ち込んでいた。
「ふーっ、ここがゆるいから漏らすんです、ふーっ、数馬が締まりを良くしてあげます」
可愛い泣き顔にどSに萌えたボクはパンティを乱暴に脱がすと、フワフワマシュマロボディにのしかかってオシッコ混じりのヌルヌル亀裂に勃起チンポを押し付けた。
「あ、んっ、数馬様、あ、あんっ、なにか、あん、すずに、ああんっ、はいってきますうっ」
愛液でヌルヌルになっていた膣口はあっさりチンポを受け入れた。いきなり挿入されたお嬢様はビックリした顔でボクを見ていた。

「んふーっ、だ、大丈夫ですよ、ふーっ、すぐに気持ちよくなりますから」
生挿入の締め付けの気持ちよさにボクはゴキゲンだった。半分ほど挿入してカリをグリグリしながらマシュマロパイを揉みし、不安そうな可愛い顔をベロベロ舐めていた。
「あ、は、はい…、は、あんっ、わかりました、すずは、ああんっ、数馬様を、んっ、信じて、すべておまかせ、あんっ、します」
無抵抗に顔中ベロベロ舐められるお嬢様は、パチパチ瞬きしながら僕の顔とジッと見つめてサオが半分挿入された膣をキュッキュッと間断して締め付けて、ボクの息子を気持ちよくしてくれた。

短編 (250)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:51:09 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old