FC2ブログ

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (14)続く不幸

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (14)続く不幸

「好きだ、おまえが好きなんだ」
由紀にのしかかった少年が、オニのような形相で迫ってくる。

「や…」
少年のカラダ全体で抑え込まれた由紀はどうしようもなく、ただ迫ってくる少年から顔を背けて目尻から涙をこぼす。
「好きなんだよおっ」
逆光で陰になった険しい顔が押しつけられ、由紀の唇を強引に奪った。由紀は無表情に乱暴なだけのキスを受けていた。

「なんだよ、このっ、不感症女っ」
いつの間にか少年の肉茎に貫かれて、感覚がほとんどなくなった膣に挿入されていた。脱力した女体にのしかかって狂ったように腰を振る少年が、口汚く由紀を罵る。
「バカにしやがって、死ね、死ね、死ねえっ、うっ…」
由紀の首を思いっきり締めながら少年は罵る。目の前がだんだん暗くなった。少年は急にのけぞると由紀の中にドクドクと発射していた。

「もう…、死ぬしかない…」
その声に暗闇から引き戻された由紀が振り向くと、枝にぶら下げたロープに少年が首を突っ込んでいた。
「や、やめてっ、やだあっ」
由紀の叫びもむなしく、少年の脱力したカラダがロープにぶら下がり、静かに揺れていた。


「や、やあっ、やだあっ」
突然悲鳴を上げた由紀は、ベッドから起き上がり大声で泣きわめく。
「由紀、由紀っ、大丈夫よ、大丈夫だから」
悲しい泣き声を上げる由紀を、母の淑子が抱きしめて懸命になだめる。

あの少年の自殺を聞いてから、由紀は悪夢に悩まされ続けていた。

少しウトウトするとあの少年が現れて、あのときと同じ状況が繰り返される。そしてみずからの悲鳴で目を覚ました。

ろくに眠れない少女の体は徐々に衰弱していった。点滴につながれてベッドに横たわるやせた由紀の姿は、元気だった頃の明るい少女の片鱗など一切無く、ただ痛々しいだけだった。


そして一向に改善を見せない娘の病状は、それ以上に淑子の心と体もむしばんでいった。

ヘッドに寝ているだけの由紀に対して、淑子はつきっきりで看病しながら、夫の面倒を見て家事もしなければならない。

由紀の短い睡眠時間に合わせてウトウトするぐらいしか寝る時間のない淑子の疲労は、とっくに限界を超えていた。

あの事件から一月経った頃には、誰が見ても淑子の過労はあきらかだった。優しい母親の面影は見る影もなく、看病疲れで悲惨なほどやせ細っていた。

夫の安弘が疲れ切った淑子をなんとかしなければと考えていた矢先に、悲劇は起こった。

家事を済ませて急いで病院に向かう淑子は、交通事故に遭った。

淑子はただちに由紀と同じ病院に運び込まれ、適切な処置を受けた。しかし衰弱した体は長時間の手術に耐えきれず、医師たちの懸命の救命措置もむなしく絶命した。

病床の娘を置いていかなければならない無念の涙を一筋こぼした淑子が、最期につぶやいた言葉は
「由紀…、ごめんね…」
だった。

アベンジャー由紀 (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:06:45 ━ Page top ━…‥・

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (13)由紀のトラウマ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (13)由紀のトラウマ

帰りが遅いのを心配して懸命に通学路付近を探した両親に、由紀は強姦された時の姿のまま見つかった。

母の淑子は草むらに横たわる娘の変わり果てた姿を茫然として見つめたが、慌てて駆け寄って乱れたセーラー服を直すと、大声で泣きながら意識のない娘を抱きしめた。

悔しさの混じった悲痛な泣き声が、しばらく夜の森の静けさをかき消していた。父の安弘は淑子がこのまま泣き狂ってしまうのではないかと心配したぐらいだ。

とりあえず生存が確認された由紀は、安弘の運転で病院に担ぎ込まれた。

ERで膣洗浄などの処置を受けた。処置が済んだのちに命に別状無いと医師は説明したが、それから1週間、由紀の意識が戻ることはなかった。

意識が戻らない原因は体が受けた傷より、心が受けた傷がはるかに大きいかったためだと思われた。心因性の場合、すぐに目を覚ますこともあれば、最悪の場合は1年経っても目を覚まさないこともあると、医師は沈鬱に告げた。

愛娘の目覚めを願って淑子は由紀のベッドから片時も離れなかった。淑子の願いが届いたのか、あの事件があってから8日目に由紀は目を覚ました。

無表情に病室の白い天井を見つめた由紀が、ゆっくりと頭を傾けると目に涙を溜めながら笑う淑子の顔があった。

母に抱きしめられた由紀は柔らかくて温かい胸で、嗚咽に震えて荒いが優しい息づかいを聞いていた。

意識の戻った由紀は、しかししばらく口がきけなかった。何かしゃべろうとすると、強姦魔グループにされたことがフラッシュバックし、涙があふれてきて何も言えなくなった。

意識の戻った由紀に学校の友達が見舞いに来てくれた。陽気に振る舞う女の子たちに、話せない由紀は静かな笑顔で応えた。そのさみしそうな笑顔に、淑子は病室の外で泣いていた。

そんな入院生活がしばらく続いていたが、友だちが不用意に口走った噂話を聞いた由紀は、急に切羽詰まった表情を見せて、ギュッと握った拳をブルブル震わせた。

淑子は強姦事件をまた思い出したのかと思ったが、その日はちょっと違った。思いつめた表情で虚空を見つめていた由紀は、唇を噛み締めるとちいさな背中を震わせ、そして悲鳴のような泣き声をあげた。

慌てた友だちがなだめても由紀の涙は止まらなかった。悲しい嗚咽に泣き暮れる娘に、自分も泣きそうなのをなんとかこらえた淑子が抱きしめても、由紀はボロボロ涙を流して慟哭した。

噂の内容はあの少年が自殺したという話だった。少年は由紀を強姦したあのあと、首を吊って死んでいた。

アベンジャー由紀 (14)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:12:32 ━ Page top ━…‥・

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (12)少年の激情

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (12)少年の激情

「由紀さん?…」
エロ百姓オヤジがどこかに消えてしまうと、木陰から気弱そうな声が聞こえた。

…。
ケダモノたちの欲望に蹂躙され、慰み者にされてボロボロの由紀は、もう頭を傾ける気力さえなく、ただその声に聞き覚えがあると思っただけだ。

「由紀…」
最初の声は自信なさげだったが、今度の呼びかけは由紀と確信してのモノだった。そして悲しそうな響きが重苦しく鼓膜を震わせた。
「なんで、なんでだよ…」
その声とともにうつむいて陰になった顔が視界に入る。逆光で下を向く顔はよく見えないが、制服姿からどうやら同級生らしいと、由紀は思った。

「好きだったのに…、あんなオヤジと…」
悲しそうだった声に、怒りが混じったと感じたそのとき、陰になった顔が急接近してキスしてきた。
「う…」
乱暴なキスを受ける由紀は、目の前の顔に見覚えがあると思った。クラスは違うが入学式のとき、ジッと見つめていた少年で、式が終わってから名前を聞かれた。

「く、くそう…、この、淫乱めっ」
無表情でキスを受ける由紀にバカにされたと思ったのか、少年は急に声を荒げて激高すると、はだけたセーラー服ごと、由紀のカラダをメチャクチャにまさぐった。
「あんな、おっさんより、オレのほうがいいんだっ」
抵抗する気力などとうになくなすがままの由紀をまさぐりながら、少年はズボンを脱いで勃起した男性器をムキ出しにした。

「あ…」
破瓜の血が混じった淫液まみれの亀裂は、少年のチンポをあっさり受け入れた。由紀はただ「また」と思っただけだった。
「んっ、いっ、いいだろっ、なっ、あんなオッサンより、いいだろっ」
由紀のとのナマ本番にますます興奮した少年は、脱力した女体をきつく抱きしめ、狂ったように腰を振った。半ムケチンポがアソコにズブズブと忙しく出入りして、ぬめった飛沫が飛んでいた。

「く、くそっ、この、バカにしやがって」
いくら挿入を繰り返しても表情の変わらない由紀に、「オマエのセックスじゃ、感じない」と言われた気がした少年は、ブチ切れた。
「この、淫乱っ、売女、死ねっ」
屈辱まみれの怒りで我を失った強姦少年は、白くて細い首を両手で握りしめると、思いっきり締め上げた。

「うっ」
怒りに満ちた目で見つめられた由紀は、恐ろしさと苦しさで、思わず少年の両手をかきむしったが
「死ねっ、この淫乱っ」
首を絞める力はよけいに強くなり、由紀の視界は涙に滲んで段々暗くなっていった。

し、死んじゃう…。
手足から完全に力が抜けて、ほとんど何も見えなくなった。目尻から一粒涙がこぼれて、由紀が死の淵から落ちかけた瞬間、
「くっ…」
少年が射精して膣がジンワリ熱くなった。首を絞める手から力が抜けて、脱力したカラダが由紀に倒れかかっていった。


「う、ううっ…」
体を起こした少年は、目を閉じたまま身動きひとつしない由紀を、しばらく震えながら涙目で見つめていたが、
「うわあっ、オレじゃないっ、オレは、悪くないっ」
突然悲鳴を上げるとズボンもはかずに走り出してどこかに逃げていった。

アベンジャー由紀 (13)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:47:57 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old