FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (39)しきり直し

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (39)しきり直し

「降りる?」
降りるのか、ココ、どこだ?…・
慌てふためいたエロ浪人は、さっきまで強姦しようとしていた相手の自発的なセリフに、若干混乱していた。

「さあっ、ねっ…」
まだ、してないし…。
ドアが開くとシースルーキャミの発情した女体を押しつけて、璃紗は健斗とホームに降りた。

健斗とはなんの関わりのないのだが、まだ痴漢行為だけで生挿入ナマ出しされてないので、意識下で璃紗の行動を支配するメスの本能にとって、途中下車しても最後まで致すのは当然のことだった。

「…、あの、お姉さん、痴女?」
どうして一緒に…、普通逃げるだろ…、
電車が発車してホームの喧噪が収まると、健斗は遠慮がちに聞いた。
ホンモノの、ヤリマンか…。
密着する艶めかしい女体に、中途半端に押し込まれた息子の収まりが悪くてモジモジする変態浪人は、ムラムラしながらキレイな横顔をチラチラと盗み見ていた。

「痴女?…、なにそれ?…」
痴情のもつれ、ってこと?…。
今日一日で何本の生チンポを咥え込んだか判らない璃紗だったが、痴女という自覚など全くの無いので的外れな単語を思い浮かべ、無垢なカワイイ寄り目顔で聞き返した。
「…(パンティ、履いてねえじゃん…)」
カワイイ、じゃねえか…。
コケティッシュでガーリーなプリティ女子大生から思わず目を伏せたエロ浪人は、ふてくされたようにつぶやくと、無意識にノーパンのお尻をまさぐっていた。
「あん…、したいの?…」
やんっ、エッチ…、見られちゃう…。
人影が少なくなったとはいえ、駅のホームという公衆の面前で痴漢行為を受けた璃紗は、羞恥心でドキドキしたが、口から出たのは痴女のセリフだった。

「…、したいっ」
ヤケクソだっ…。
収まりの悪い息子をビンビンにした健斗は、吸い付くような尻肌にのめり込み、指先を尻アナにグリグリと押しつけていた。
「やんっ、ああん…、いいよ…」
やあんっ、そこは、ああ…。
今日一日で尻アナまで開発された女体は、乱暴な愛撫にも反応して、厚ぼったい媚肉をヒクヒクさせて、いやらしい汁を滲ませていた。

「じゃあ、こっち」
やっぱ…、淫乱だ…。
ケツ穴をイジられてもだえる璃紗は、淫乱ズベタ女そのものだった。ヤリマン女から公衆便所を連想した変態浪人は、トイレに連れ込もうとたくらみ、みっともなく腰を引いて歩き出した。

女学生璃紗 (40)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:07:54 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (38)浪人の抑圧された性欲

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (38)浪人の抑圧された性欲

「ふわ…、ああ…」
美人大学生に口内発射した妄想浪人生は、犯罪まがいの性欲を満たして満足そうにため息をついた。

…、なに?…、あん…。
口のナカの粘っこい汁にやっと目を覚ました璃紗は、とりあえずメスの本能がそれをザーメンと感知して無意識に飲み込んでいた。
「あのお?…」
おちんちん?…。
健斗に膝枕されている璃紗は、なぜ肉棒を頬張っているのかよくわからず、申し訳なさそうに目線を上げて声をかけた。

「あ…」
や、やべっ、起きた…。
妄想ヘタレ浪人はまだビンビンの息子を咥えながら、目のハシで見上げる璃紗にビビッていた。
「う…」
え?…、舐めてる?…、う、ああ…。
が、どM奴隷の本能で璃紗がペロペロ舐めだし、健斗は快感にもだえた。

「くっ、チューさせろっ」
もう、ヤケクソだっ…。
どM女子大生のお口の愛撫に息子をカチカチにして興奮したエロ浪人は、シースルーキャミのカラダを抱え上げると、ツバで濡れた唇に吸い付いた。
「あ…」
えっ?…、キス、されてる?…。
ワキの下に手を入れられて抱き起こされた璃紗は、唇を押しつけてくる少年に目を閉じて、されるがままになっていた。

「や、やらせろっ」
うっ、きもち、いいっ…。
柔らかい唇の感触にのぼせ上がった変態浪人は、キャミ一枚隔てた発情した女体をなで回し、生殖本能に身を委ねた。
「ん…、ああ…」
あ、ああ…、誰?…、また犯されるの?…。
唇をふさがれた璃紗は、胸やお尻をなで回す手に発情した女体をよがらせながら、また陵辱されるのだろうと、ぼんやり考えていた。

「おらあっ、いれてやるっ」
や、やってやるっ…。
強引なキスに切なげな表情を見せる璃紗に、ヘタレ浪人はオスのリビドーを爆発させて、艶めかしくよがる女体を座席に押し倒した。
「あ、ああ…」
ああんっ…、パンツ、ぬがされたあっ…。
恥ずかしいシミを作ったパンティを奪われた淫乱女子大生は、座席に背中を押しつけられ、脚を広げられて、愛液で濡れた恥ずかしい場所を丸出しにされていた。

「こ、ここかっ」
んっ、あっ…、
大マタ開きさせた女子大生にのしかかったエロ浪人はいきり立つサオを握って、濡れた秘裂に第一チンポ液を垂らすカリを押しつけていた。
はあっ、ああっ…。
動悸が激しくなって荒い湿った息で顔が熱かった。
「へっ…」
なにっ?…、やべっ…。
吸い付くようなしっとりしたナマ太ももの素肌を押し広げて鼻息を荒くする変態だったが、次の駅の到着を告げるアナウンスに焦った。

「や、やばい…」
電車はホームに滑り込み、窓の外に何人か人影が見える。焦りまくるエロ浪人に比べて
見られちゃう…。
強姦される寸前の璃紗は冷静だった。
「降りましょう」
くるぶしに引っかかっていたパンティを脱いだ璃紗は、まくり上げられたシースルーキャミを直すと、動転するエロ浪人の元気な息子を社会の窓の中に押し込んでいた。

女学生璃紗 (39)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 20:52:46 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (37)強制車内フェラ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (37)強制車内フェラ

おらっ、おらあっ、入れてやるっ、きっ、気持ちっ、いいかあっ…。
エロ妄想に支配されて変質者の一歩手前にいた健斗は、脚に密着するガーターストッキングの太ももの感触にウットリして、ソレを広げて愛棒をブチ込む妄想を浮かべていた。

はああ…、疲れ、た…。
危険な異常性欲者の隣に座っている、という危機感など全くない璃紗は、座ってすぐに眠気に襲われ、かすかに寝息を立て始めた。
うおおっ…、このおっ、どエロ、女…。
うつらうつらした璃紗が健斗に寄りかかり、シャンプーのいい匂いが鼻孔をくすぐる。陵辱妄想をマックスにふくらませた変態浪人は、何かのきっかけがあれは性犯罪者に変貌する手前にいた。

ひえっ…、う、うおおっ…、
そしてそのきっかけはすぐに訪れた。電車が揺れてガクンと体勢を崩した璃紗は、健斗のヒザの上に倒れてきた。
ふぇ、フェラ、してえんだな?…、そ、そっ、そうなんだなっ…、
ヒザの上に置いたカバンを枕にしてスヤスヤと寝息を立てる璃紗に、ドキドキして息を荒くしながら、お淫ら三昧の妄想に支配された健斗は、
さ、させて、や、やるっ…。
ドキドキしながらゆっくりとカバンを引き抜くと、璃紗のカラダを抱くようにしてお尻の横に置いた。

はあはあ…、い、いやらしいっ、息っ…、ふっ、吹きかけっ、やがって…。
めいっぱいテントを張った股間を湿った吐息がくすぐる。熟睡する艶めかしい女体に膝枕を提供する変態浪人は、
うひいっ、やわらけえっ…。
動悸と同じように荒くなる吐息を懸命に押さえながら、シースルーキャミドレスの体に手を当てた。

前に座ったオッサンのいぶかしげな視線が、その時まで健斗の変態行為に歯止めをかけていたが、次の駅で降りていった。しかも他の乗客もほとんどが降りて、暴走する健斗を牽制する他人の目は無くなった。

はっ、はあ…、ちゃ、チャンス、だ…。
突然成立した二人きりの閉鎖空間に、決壊寸前の限界ギリギリだったエロ妄想が堰を切った。
はあはあっ、ううっ…、きもち、ええっ…、
よこしまな性衝動に支配されたエロ浪人は、手始めにお尻を撫で始めた。キャミの短いスソを通り越した手は、パンティに直に触れていた。

ぬ、ぬっ、濡れて、るうっ…、うひいっ…。
柔らかい弾力をしばし楽しんだ手がワレメの奥に入り込み、パンティの当て布部分に触れた指先が、ネットリしたヌメリ気を感じた。
や、やっぱ、どっ、どエロだっ…、こ、こいつっ…、
発情したメスのしるしを確認したエロ浪人は、とめどないエロ妄想に突っ走った。
ふぇ、ふぇらっ…、さ、させて、やるっ…。
ハアハアと息を荒げた変態は、股間に頬を寄せるカワイイ顔を抱えて、ふくれあがった息子を開放すると、プックリ唇のスキマに差し込んだ。

「くうっ…」
ぐおおっ…、た、たまらん、ドスケベ女の、ふぇっ、ふぇらっ…。
第一チンポ液が唇を淫らに濡らし、ふくれあがったカリが咥えられた。美人大学生に生フェラされる感動に打ち震える童貞浪人は、ズルムケチンポをビクビクさせて早くも発射寸前だった。
「お、おお…」
あっ、ああっ…、でっ、出たあっ…。
どエロ妄想にだらしなく顔を緩めていた健斗は、裏スジに熱いほとばしりを感じて、カリを咥えた璃紗の頭を抱えると、粘度の高い白濁液を口内発射していた。

女学生璃紗 (38)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 01:25:32 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old