FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (55)ハツモノ美香とサンドイッチ体位

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (55)ハツモノ美香とサンドイッチ体位

「んっ…、(くううっ、いいっ…、ハツモノ…、たまらんっ)」
予想以上のデカマラに悲鳴を上げるノーパン女子大生こと美香に、サディスティクな加虐興奮を昂ぶらせて興奮する細マッチョリーマン震堂は、バージンまんまんを思いのままに陵辱する快感に酔った。柔らか生地のミニスカをウエストの上までまくりあげて丸出しにした桃尻を両手で抱え、パンパンと音を立てて股間を叩きつけて、処女を非処女にする征服感を楽しんだ。

「あ、うっ…、ぐっ、あ、ああっ…」
とめどなくあふれる愛液でビショビショヌルヌルの秘所を容赦なく突き上げるデカマラに、つま先立ちでセクシーヒップを突き出す美香は、艶めかしい柔肉をまとった女体を痙攣させて悶える。広告看板裏にすがりつき、裸に剥かれてひり出された下向きDカップの乳房が、固く突き出した乳首を見せつけるように前後に忙しく揺れる。膣粘膜を守ろうと分泌される愛液を激しい抽送を繰り返すデカマラがかき出し、お尻から太もも裏やふくらはぎ裏にネットリした飛沫を飛ばす。
「(ごめんね…、美香…)」
はあ…、すごい…、私も、して、欲しい…。
自分を成仏させるための一念で激しい責めに耐える美香に気持ちでは同情する璃紗だったが、淫乱マゾ奴隷に調教された女体は、美香の愛液でビショ濡れのデカマラで膣奥を責めて欲しいという淫らな欲望を、股間でヒクヒク蠢く襞肉のスキマから内太ももに垂れる透明な汁に示していた。

「(来い、してやる…)」
メスの淫らな欲望を切れ長の目のハシににじませる璃紗をチラ見した震堂は、焦れったそうにエッチ汁で濡れた太ももをすり合わせてむすかる女体を抱き寄せて美香の背中に重ねると、上下に並んだダブルまんまんを交互に突き刺した。
「ひっ、い、いいっ…」
愛液が溢れ出るスジを褐色の亀で広げられて膣奥まで貫かれた璃紗が、ホックの外れたブラ線がぶら下がる裸の背中に抱きついてのけぞる。

「ぐっ、あ…、アレ?…」
美香は初体験のアソコを責める凶悪なデカマラからつかのま開放されて、一瞬呆けた表情を見せる。
「え…、ひいいっ、おっ、おっきいっ、きついいっ、美香、こわれちゃううっ…」
しかし璃紗の膣奥を責めたデカマラはすぐに美香の処女まんに戻ってきた。凶悪なデカマラは強烈なアッパー挿入を食らわした。璃紗の愛液をたっぷりまとったデカマラは、今度は美香の膣奥を責めあげた。

「あ、んっ…、ううっ、ああっ、あうんっ」
一番感じる膣奥の突き上げからすぐに開放された璃紗は不満そうにすべすべ尻肌をくねらせて身悶えしたが、美香の処女まんを出入りするソレで素股様に襞肉を刺激される気持ちよさに気付くと、甘えた喘ぎ声を漏らす。
「あ、く…、くうっ…、ふっ、ふううっ、い、いいっ」
激しい抽送になんとか耐えたバージンまんまんは徐々にこなれてきた。ケダモノじみた激しい抽送にズンズン突き上げられて苦しそうに身悶えする美香だったが、膣粘膜が引き裂かれそうな痛みはすでに無く悲鳴の中に甘えた響きが混じってきた。

「あっ、んっ、いい、み、美香っ、よくなってきた?、私もいいっ」
美香を貫くデカマラのおこぼれのような素股にもただれた悦びを覚える璃紗は、上半身裸にした美香の背中に抱きついて後ろからDカップ乳房を揉み砕くレズプレイに熱中していた。
「あっ、は、ああっ、は、い…、い、いい、です…」
ここまでされても処女まんを責めるデカマラが、璃紗のふたなりおちんちんだと疑わないうっかり女子大生美香は、オッパイを勃起した乳首ごと揉み砕く璃紗の手に甘えた嬌声を漏らす。
「い、いいっ、イクときは、イクって、言ってえっ」
美香の女体と絡むレズビアンな悦びに悶える両刀遣いな璃紗だった。サラサラした髪から探り出した美香の耳たぶをはしたないおつゆで濡れた唇で嬲り、従順マゾ奴隷のサガで震堂が求めるだろうセリフを先回りして囁いた。

「んっ、くうっ、いくぞおっ、おおっ」
二人の欲情した女体を抱えてありったけの肉欲のすべてを叩きつける快楽に溺れた震堂は、璃紗のふたなり設定を忘れて野獣の咆哮のような声を上げて処女まんの奥まで突き上げ、愛棒をビクビク振るわせて生ナカ出しした。
「あっ、んっ、いっ、いくうっ」
璃紗の切羽詰まったリクエストを了解した美香は、膣奥に注入される白濁した粘液の熱さにのけぞると、エクスタシーの頂点に達したことを正直に口走る。初体験を終えた女子大生の女体は、膣奥を満たす精液によって与えられるただれた快感で柔肌を痙攣させ、種付けされるメスの悦びにどっぷり浸かっていた。

「あ、んっ、はっ、ちゅっ、ううんっ、ちゅううっ、ちゅっ」
射精で脈動するデカマラに濡れた襞肉を刺激されて身悶えしていた璃紗は二人の体の間からスルリと抜け出すと、まだ尿道に残ったザーメンを吸い出そうと震堂の股間にしゃぶりつく。
「お…、く、ううっ…、い、いいぞ…」
処女まんを思いっきり突き上げてナカ出しした満足感に浸る間もなく、お掃除フェラに移行した震堂は、璃紗の絶品フェラの気持ちよさにみっともない内股になって身悶えした。

「ふひゃ…、ひゃ…、らああ…、ふぁ?、りしゃ(璃紗)、しゃ…ん?…」
初体験で最奥に膣内射精されて女体全体が溶けるような女の悦びを味わった美香は、ハアハアと激しい吐息に肩を震わせて振り返ると、震堂の股間にすがりつく璃紗を目撃して呆けたつぶやきを漏らす。
「ん…、よかったぞ…、美香…」
絶品お掃除フェラにビクッと震えた細マッチョリーマンは、いまにも崩れ落ちそうに足元がおぼつかない美香の裸同然のミニスカ姿にニヤけ、中年のオッサンのようなだらしない笑い顔を向けた。

女学生璃紗 (56)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:31:53 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (54)ノーパン女子大生改め美香と本番エッチ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (54)ノーパン女子大生改め美香と本番エッチ

「あれ、でも、璃紗さん、いつ死んだんですか、美香、知らなくて…、ショックですう…」
今から初めてのお相手となる璃紗が、憧れの水泳選手だと知ってはしゃいでいたノーパン女子大生は、幽霊に対する恐れも消し飛んだらしく自分から名前を口走った。うっかり美香はまだ璃紗が幽霊だと騙されたままで、いつ死んだのかとちょっと落ち込んだ様子で不思議そうに聞いた。

「え…、あ、ああ…、それは…」
強引に迫られたら逆らえないマゾ体質の璃紗は、細マッチョリーマン震堂に命じられるままウソに付き合ってきた。うっかり者だが純真な美香の大きな瞳で見つめられるのがうしろめたくて、この場を取り繕う都合のいいウソが思いつかずに口ごもった。
「キス、していい」
ウソがつけなくなった璃紗は、美香をノーパンのお尻ごと抱きしめるとキスした。美香の唇は柔らかくて気持ちよくて無意識に舌を挿れた。お尻のスベスベ肌もずっと触っていたいと思うほど気持ちよかった。レズプレイは女子高生の留美と経験済みだったし、高校まで女子高だった璃紗は自分からするキスにあまり抵抗がなかった。

「(いいかんじだぞ…、コイツ、握らせろ…)」
浮ついた女子トークから突然エッチモードになり、艶めかしい表情を見せる璃紗に震堂は浮き立った。広告看板裏の暗がりで立ち上がった震堂は、黒光りする亀さんを璃紗の腰の横からコンニチワさせた。
「(しばらく、エッチがなかったから、作者や読者が怒ってたしな…、ここから一気にイクぞ…)」
だらんと下がった美香の柔らかい手が反り上がる黒光り亀さんに時々タッチする。ライトフェザーな手技にニンマリする震動は、意味不明のセリフをつぶやくと純白キャミが着乱れた裸の柔腰に、カウパーが垂れる分身を擦り付けて腰を振りだした。

「お願い…、握って…、擦って…」
腰肉にまとわりつく熱い肉棒に悶えて官能的な下半身が卑猥にくねる。淫乱ドスケベ女に調教済みの真面目で頭のいい璃紗は、まだ幽霊のフリを続けておどろおどろしい声でささやき、震堂の言いつけどおりに腰肌に擦り付けられる肉棒を美香に握らせた。
「あ、はい…、変なとこから出てるけど…、璃紗さんは、幽霊さんだから、いいかのか…」
優しくて濃厚なキスにウットリする美香は、言われるままに震堂の愛棒を握った。腰の横から生えた位置が不思議だったが、レズプレイの快感で朦朧とする美香は璃紗を幽霊だと信じて疑わず、超常現象だからだろうと納得していた。

「(もう、我慢できんっ、バックからやるっ)」
美香のライトタッチな手淫に焦らされてヤル気マックスに興奮した震堂は、璃紗に抱かれるノーパン女子大生に背中を向かせるとお尻の奥に愛棒をねじ込み、璃紗との初体験を期待して濡れた肉襞のスキマを突きあげた。

「へ?…、ひっ、ひいいっ、あ、ああっ、おっ、きいっ…」
璃紗の白いお股からコンニチワしていた褐色の亀部分しか見てなかったので、血管の浮いた凶悪なサオ部分までいきなり挿入された美香は悲鳴を上げ、つま先立ちになって広告看板の裏にすがりつく。
「こんなのおっ、みっ、みいいっ、美香あっ、こわれちゃううっ」
初めての体験でブチ込まれた予想以上の大きさが信じられない美香は、ぎゅっと閉じた大きな目に涙をためて悲鳴を上げる。

「大丈夫?…、美香…、我慢して…」
初体験で平均以上の肉棒に貫かれ、苦しそうにカラダをのけぞらせる美香の後ろにしがみついてケダモノのように腰を振る震堂を見る璃紗は、悲哀な面持ちにマゾ女の嫉妬を漂わせながら同情したセリフを漏らす。

「あ、は、はい…、璃紗さんが、あ、ぐ…、成仏する、んっ…」
ケダモノモードの震堂は可哀想な悲鳴などなかったように腰を振りまくり、ハツモノ女体を陵辱する快楽をむさぼる。震堂のデカチンをふたなり幽霊璃紗のモノだと疑わないうっかり純情女子大生は、璃紗を成仏させるためだと、若い女体がナカから張り裂けそうな強烈な衝撃に耐えた。
「ぐっ…、ああっ、がん、ばり…、あうっ、ますっ」
ただし十分に胸も膨らんで女として完成した女体は、初めての体験でもデカすぎるソレに対応した。激しく出入りするデカマラに膣壁を破壊されないように大量の愛液という潤滑油を供給し、恥毛がほとんど生えてない襞肉のまわりをビショビショに濡らしていた。

女学生璃紗 (55)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:02:12 ━ Page top ━…‥・

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (53)ノーパン女子大生は璃紗の大ファン

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (53)ノーパン女子大生は璃紗の大ファン

「ひっ…、のっ、呪われる…」
まだ璃紗を幽霊と信じ込むうっかりノーパン女子大生は、「呪ったりしない」というおどろおどろしいセリフに過剰反応し、柔らかい白いお股から飛び出した黒光りする亀部分に歯を立てた。

「ひいっ」
はうっ…、くっ…、はああ…、…これ、いいかも…。
純白キャミがほどんどはだけた裸同然の女体の後ろに隠れて、白いお股からコンニチワさせた褐色の亀部分をフェラさせる気持ちよさにニヤけていた細マッチョリーマン震堂は、甘噛みされて思わず仰け反った。しかしその新鮮な刺激にマゾヒスティックな悦びを得てまたニヤけた。
「は…、あれ?…、幽霊さん、いま男みたいな、声が?…」
亀さんを甘噛みしたという自覚のないうっかりノーパン女子大生は、ふいに広告看板裏の暗闇から聞こえた男の声を不思議に思って寄り目に見上げた。

「…、(おい、助けてくれ)」
璃紗をおちんちんがついたふたなりという特異体質に仕立て上げた震堂は、暗闇に隠れて存在しないことにしていた自分を、ノーパン女子大生が気づきそうになったのに焦ってまた璃紗に頼った。
「(わかりました…)、私、ふたなりだから、時々男みたいな声、出ちゃうの…、脅かしちゃって、ごめんなさい…」
震堂の考えていることをたちどころに理解する頭脳明晰で淫乱女に調教済み水泳選手は、亀さんを口に含んだまま不思議そうな上目遣いで見上げる彼女に、幽霊っぽい声を作って適当に話を合わせた。

「ふたなりって、そうなんですね…、はじめてのことばかりで、ビックリです」
ふたなりが男の声も出すというのは新奇な情報だった。新事実発覚に嬉しそうにうなずき、呪われる恐怖さえ忘れたうっかりなノーパン女子大生は、18禁同人誌にも書かれていない事実を自分が知っているという優越感が混じった感嘆の声を、再び漏らして満足そうだった。
「(おい、それそろ、ナマハメ、頼む)」
ノーパン女子大生が浮かれる様子から本番セックスに移行する気配はなかった。璃紗の背後から抱きついて手頃な乳房を手慰みに揉んで弄ぶ震堂が、次の段階を催促した。

「(…、はい)、…、あ、…、でしょ…、はじめてついでに…、私のバージンおちんちんのお願い、かなえて…」
固く突き出た乳首を二本の指でぞんざいに弄ばれる璃紗は、それと濡れ濡れの襞肉をビクビク痙攣する肉棒に刺激される快感でエッチな声が出てしまった。はしたない声の恥ずかしさを取り繕おうとしたのかやや上ずった声を幽霊に寄せ、うっかりノーパン女子大生に本番セックスを要求した。

「…、そうですね、わかりました…、その前に、お名前、聞いていいですか…、初めてのお相手の名前、知りたいです…」
完全に騙されているのだが、ふたなりの赤裸々な生態を知った気になってごきげんなうっかりさんは、可哀想な幽霊を成仏させるには初めての経験を捧げるしか無いと覚悟した。ただいくら興味津々のふたなり相手でも知らない人、しかも幽霊と初体験するのは自分がどうしても哀れに思えた。

「あ…、そうね…、私は璃紗…、遠藤璃紗よ…」
璃紗はもっともな申し出にうなずくと、偽名でもよかったのについうっかり本名を教えてしまった。
「えっ、遠藤さんですかっ、そうだっ、遠藤璃紗さんだっ、私、高校の頃からファンだったんですっ」
璃紗はノーパン女子大生を知らなかったが、彼女は知っていた。名の通った水泳大会でいくつかの記録を残した璃紗は、本人が自覚してないだけで実は有名人だった。顔を突っ込んでいた白いお股から突然伸び上がった彼女は、フンフンと鼻息を荒くして璃紗の顔を覗き込んだ。控えめなおっぱいを揉んでいた震堂は慌ててしゃがんで隠れた。

「やっぱり璃紗さんだっ、嬉しいっ、初めてのお相手が璃紗さんなら、本望ですうっ」
彼女は水泳選手遠藤璃紗の大ファンで、璃紗がふたなりだったという秘密を知った上で初めてを捧げる奇貨に出会った幸運をしみじみ噛み締めた。嬉しそうな純真な笑顔をほころばせる彼女は、純白キャミが着乱れた裸同然の女体にスリスリしがみついて懐いた。璃紗にしがみついてノーパンのおしりを突き出した股間に丸見えのアソコを、憧れの璃紗と初体験できるという期待でクチュクチュに濡らしていた。

女学生璃紗 (54)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:54:36 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old