FC2ブログ

== ブリとブラ ==

ブリとブラ (22)インターナショナルカップ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
ブリとブラ 目次

ブリとブラ (22)インターナショナルカップ

そんなの、ただの負け惜しみだろ…、貧乳は貧乳だ…。
あくまでも挑戦的な態度を崩さない澪ブラ(仮)は、唯をペチャパイ扱いしてコケ下ろしていた。

だから、貧乳、言うなっ…。
ご主人様の胸をけなされて、ブラジャーとしてのプライドまでも傷つけられたブラは
ご主人様は、Dカップだぞっ…。
見た目よりも大きな唯の胸のカップサイズを喧伝していた。
おお、そやで、なめとったら、いてまうぞっ…。
唯の胸の感触などついぞ知らないブリだったが、ブラの側に立ってはやし立てる。

おいおい、ええかげんに、せんかい…。
一人だけ冷静なシマは、間に立ってなんとかまるく収めようとするが、
そんなモン、寄せて上げたニセパイだろ…、
ブラのセリフにフンと鼻で笑った澪ブラ(仮)は、イヤミな笑いを浮かべながら、またも侮辱的なセリフを吐き、
それにDって、ドメスティック(国内)級ってことか、オレのご主人様はインターナショナル級だぞ…。
澪のダイナマイト級オッパイを自慢した。

もう、ガマン出来ん…、
仮にもブラジャーなら、澪の乳房が超特大の逸品であることは一目でわかる。
ぶちのめしてやるっ…。
決定的な戦力差をイヤと言うほど意識するブラだったが、ご主人様の負けを死んでも認めるわけにはいかず、澪ブラ(仮)に殴りかかった。
やってやるっ、かかってこいっ…。
シマが取りなそうとするのを無視して、澪ブラ(仮)も向かっていった。


「へっ?…、ひいんっ、いやあんっ」
突然ホックが外れて、唯が頼りない声を上げた。
「え、なにっ?」
ブラと澪ブラ(仮)の諍いなど当然知らない唯がアタフタしているウチに、ブラが立体縫製のシャツから飛び出して澪ブラ(仮)に絡みついた。
「やあん、どうしてっ」
澪ブラ(仮)装着途中だった澪は、インターナショナル級の胸をポロリして慌てて胸を隠す。

ええぞっ、いてもうたれっ…。
ブラと澪ブラ(仮)が組んずほぐれつする様子に興奮したブリが、やれやれとはやし立てる。
おいっ、やめんかいっ…。
ひとりだけ冷静なシマが二人を留めようとするが、もうそんな声に耳を傾ける段階ではなかった。

「あれれ、ほどけないよおっ」
唯は絡まったブラを解こうとするが、本気で殴り合うブラと澪ブラ(仮)は組み合って離れなかった。
「…」
ポロリの赤っ恥でうつむく澪は、とりあえずシマパンを履こうとした。
「うひっ、澪ちゃん、やっぱり、ボインさん…」
前屈みの体勢でプルルンと震える美巨乳に、スケベオヤジの笑いを浮かべた唯が忍び寄る。興奮していきり立つブリに、唯はまたも女の子のエッチな部分を刺激されていた。

「やんっ、な、なに?…、唯…」
シマをヒザまで上げた澪が、エロ笑いで迫ってくる唯に怯えて尻もちをついた。こわごわ顔を上げた澪は、ハダカのお尻を床にぺたんとつけて女の子座りしていた。
「うふ~ん、澪ちゃん、ちょっとだけだから~」
うつむきがちな上目遣いに被虐的な空気を漂わせる澪に、萌えまくりでエロボケの唯が襲いかかる。
「やあんっ、触らないでえっ」
たっぷりプリンなナマ乳をわしずかみされてモミモミされた澪が、悪ノリする唯をさらに煽るような萌え萌えな悲鳴をあげる。
「あふ~ん、きもち、いいよおっ」
手の平に吸い付くような乳房のナマ肌の感触にウットリするエロ唯は、心地よい弾力を堪能して指をグニグニと食い込ませていた。

こら、オマエらっ、ご主人様が、唯ちゃんさんの餌食になっとるぞ…。
澪の内マタのヒザに絡まるシマが、ご主人様の恥ずかしい姿に大声を張り上げたが
だまっとれ、コイツだけは許せん…。
こっちのセリフだ、生かして帰さんぞっ…。
ブラと澪ブラ(仮)は相変わらず取っ組み合いを続け、
ええやないか、ちっとくらい揉んだって、減るもんやなしっ…。
いい感じに盛り上がっているブリは、インターナショナルカップがムニムニ揉み砕かれるのを、楽しそうに笑って見ていた。

ブリとブラ (23)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:39:51 ━ Page top ━…‥・

== ブリとブラ ==

ブリとブラ (21)ブラと澪ブラ(仮)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
ブリとブラ 目次

ブリとブラ (21)ブラと澪ブラ(仮)

「あ…、唯ちゃん、時計」
唯と一緒になって律をオモチャにし、着せ替えを楽しんでいたムギが、急に真顔になってつぶやいた。

「なに?、ムギちゃん」
ジャージを奪い取った律のハダカの下半身に、興奮した鼻息を鳴らして襲いかかっていた唯に、
「もう、3限、はじまってる…」
ムギは休み時間がとっくに終わっていることを告げた。

「あ、ほんとだ」
3限が空きコマの唯はのほほんとした声を漏らしたが
「え、うそっ、や、やだっ」
大山のせいで結果的に2限の授業をサボっていた律は、3限の授業はサボれないと焦った。
「ああんっ、行かないと」
ムギは澪のブラを放り出すと慌てて準備室を出て行った。
「じゃあ、行くからっ」
脱がされたジャージを慌てて着た律も、準備室から駆け出していった。

ほんならな、便所紙…。
ムギと一緒に出て行く赤シルクに、ブリが含み笑いで声をかける。
下郎め、いつか、ケリをつけてやるっ…。
ブリの挑発的な笑いにいきり立ち、さらにムギの股間に密着する赤シルクだったが、ここに残ってムギをノーパンにするわけにもいかず、捨てゼリフを残して去っていった。

あんまり、からかうなよ…。
ブリと赤シルクのやりとりを黙って見ていたブラが、呆れ気味につぶやくと
しゃあない…、不倶戴天のなんとか、ってやつや…。
性格的に相容れない相手と、今後も和解することはないだろうと、ブリは鼻息を鳴らした。

「澪ちゃん、これ返すね」
律がいなくなって用済みになったシマを、唯が照れ笑いしながら、澪に差し出した。
「え?…、あっ…、もう、唯っ」
セルフ放置プレイでセクシーな半裸体をゾクソクさせていた澪は、その声にハッとなって慌ててハダカの胸を隠すと、シマをひったくるように受け取った。

おほっ…、澪ちゃんさん、どMやな…。
唯をなじる悲鳴のような声に甘えた響きを感じたブリが、オッサン笑いでニヤニヤする。
あんな…、失礼や…、
お気楽な唯にハダカの背中を向けて、澪はシマを足に通していた。野次馬っぽくはやし立てるブリに、澪の名誉のために言い返したシマだったが、
で…。
汗でシットリした柔肌に密着して、アソコのスジに粘り気を含んだ湿り気を感じて言いよどんだ。
あ…、すまんな…。
自信のなさそうな語尾にシマの動揺を感じたブリだったが、あえてツッコまずにいた。

「ごめんね…」
声を荒げる澪に一応はしおらしい態度を見せた唯だったが、その声の萌え要素を敏感に察知し、
「手伝おうか?」
ムギの置いていったブラを差し出して、恥ずかしそうにうつむく澪にウズウズしていた。
「もう、いいから…」
のぞき込む唯をチラ見した澪は、オッサン笑いのニヤニヤを禁じ得ない悪ノリ娘に、被虐的なゾクゾクを感じながら、突き放した。


シマ…、
それまで黙っていた澪のブラが、
もっと、強くいってやれよ…。
弱気なシマを叱りつけた。まだ恒例のブラの命名がされていないので、仮に澪ブラ(仮)としておく。

たしかに、オマエの言うとおりだな…、調子に乗りすぎだ、悪いな…。
もっともな言い分をして不機嫌そうな澪ブラ(仮)に、ブラは素直に謝ったが、
そうだな、カップの小さいご主人様は、寛容さが足りないんだな…。
澪ブラ(仮)は噛みついて、憎まれ口を叩いていた。

なんやねん、その言いぐさは…。
赤シルクとの言い合いでまだ興奮気味のブリが、それを引き取ると
オッパイの小さい女は、人間的にも小さいんだよ…。
ブリの強気な態度に、澪ブラ(仮)は負けずに言い返す。

やるんかっ、乳のデカイ女は、あったま、悪いんじゃっ…
おい…、やめとけよ…。
澪ブラ(仮)の言いぐさにカチンときたブラだったが、けんか腰にいきり立つブリを諫めようとする。
言ったな、貧乳女なんぞ、そもそも女として価値がないだろがっ…。
そんなブリを無視して、澪ブラ(仮)はまたも暴言で応酬した。

オマエも、やめとけよ…
剣呑な雰囲気に苦笑いしたシマが、暴走する澪ブラ(仮)をなだめようとしたが
女の価値はなあっ、乳の大きさじゃねえっ…、
他ならぬ胸のことで唯を全面否定されて、ブラはキレてしまった。
ご主人様のオッパイはなあ、柔らかくて、温かくて、そりゃ、きもちいいんだぞっ…。
珍しく興奮するブラは、唯を擁護して熱く語っていた。

ブリとブラ (22)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:15:53 ━ Page top ━…‥・

== ブリとブラ ==

ブリとブラ (20)悪ノリ唯(とムギ)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
ブリとブラ 目次

ブリとブラ (20)悪ノリ唯(とムギ)

ブリはん…、アンタのご主人様、やりすぎちゃうんか…、
はしゃぎ回る唯の指先でくるくる回されるシマが、呆れ気味につぶやく。

アンタもモロパンで、大公開されとったやろ…。
悪ノリする唯が自分からタイトミニをたくし上げてモロパンしていたことも、心持ち非難する口調だった
わははっ、そやな…、
シマのカラミをうれしそうに受けたブリは、
けど、全校生徒の前で公開されたキミには、負けるで…。
澪の恥ずかしい高校時代の思い出を持ち出してきた。

そういえば、あのときの澪ちゃんさん、メイドコスだったな…。
その当時はブリ同様まだ生まれていないはずのブラが、懐かしそうにうなずく。
あほっ、アレは先代や…、
シマもやっぱりまだ生まれてないときのことなので、
あれから何年経っとると、思うとんねん…。
懐かしそうにしみじみする二人に、ここぞとばかりにツッコんでいた。

ああ、そやったな…、ボクらご主人様の記憶が、自然に見えてまうからのお…。
シマのツッコミにニヤニヤするブリは、さりげなく下着の特殊能力をひけらかしていた。ご主人様のカラダに密着する下着は、ご主人様の思考が自然にわかってしまうという能力をなぜか持っている。

おい、無視するな、どいつからだっ…。
一人カヤの外の赤シルクが、ガマンの限界と言わんばかりにわめき出す。

じゃかあしんじゃっ、便所紙は、だあっとれっ…。
売り言葉に買い言葉でブリが噛みつく。唯の股間はいきり立ったブリに引き絞られ、両側に湿り気を帯びた肉があふれていた。
んだからっ、便所紙、いうなっちゅうんじゃあっ…。
ブチ切れエリート野郎は、キレイに整えられた眉を怒らせ、眉間の皺を深々と刻んだ。同時に股間に張り付いた淫靡なシワが、おっとりポワポワお嬢様の秘めた淫靡な野獣を誘い出す。


「あふんっ、りっちゃん、おパンツ、履き履きちまちょうね」
澪から取り上げた戦利品でひとしきりはしゃいだ唯は、またもブラに刺激されてエッチな気持ちを無意識に膨らませ、ハダカジャージの律に食指を伸ばした。
「うふふっ、りっちゃん、ブラをご用意しました」
唯に続いてムギも上品そうな笑みにエッチな空気を漂わせ、準備室の隅で怯える律に、澪のブラをあてがおうとする。

「いっ、いいですっ、それは、澪に、返してあげてくっ、ください」
涙を溜めた目で血祭りに上げられた澪をジッと見ていた律は、ジャージのみのカラダをギュッと抱きしめ、迫りくるエロタッグにイヤイヤして頭を振っていた。

「遠慮しないで、シマシマの、かわいいおパンツですよおっ」
シマを目の前で広げてニヤニヤした唯が、ジャージの下半身に襲いかかる。
「じゃあ、私は、ブラを…」
それを合図に律に抱きついたムギが、律が両手で押さえるジャージの上衣を引っぺがそうとする。
「やっ、やあんっ、エッチ」
律の萌え萌えな悲鳴とともに、エロぼけタッグの破壊力は、憐れな体育教師をたちまち裸に剥いていた。またも半裸に剥かれて玉の肌をさらした律は、
「やっ、そこ、ああんっ」
恥ずかしさにうつむきながら、懸命に大事な部分を隠していた。

「あの…、唯…」
澪は相変わらずあふれそうな胸を両手で押さえたまま、女学生っぽい紺ミニスカをオマタに押し込んで女の子座りしていた。
「ねえ…、ムギ…」
サマーセーターをマフラーのように首の回りにかけて、放心状態で頭をかしげた澪は、律に襲いかかる淫獣の猛威をぼんやり見ながら、
「もう、終わり…、かな?…」
放置プレイされたような寂しさに新鮮な女体をゾクゾクさせて、物欲しそうにつぶやいていた。

ブリとブラ (21)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:27:36 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old