FC2ブログ

== 未亡人涼香 ==

未亡人涼香 (16)お気楽な幽霊兄貴

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
未亡人涼香 目次

未亡人涼香 (16)お気楽な幽霊兄貴

なに、ハトが豆鉄砲を食ったような顔、してんだ…、
おまえだって、涼香のカラダに憑依してるだろ…。

あ…、
亡くなった兄真一の遺体が安置された霊安室で、セクシー看護師にエッチなイタズラをしていた涼香に乗りうつった健司は、
ああ…、たしかに…。
頭の中で話しかけてくるその声に畏怖しながら、自分が真一の妻涼香と魂が入れ替わっていることを思い出し、なんだか妙な納得をしていた。

「あ…、あんっ、お姉様…、もっと…」
女の子の大事な部分をイジられて濡れ濡れにし、エッチな喘ぎ声にまみれてもだえる愛は、健司が乗り移っている事など知らずにおねだりして甘えた声を漏らす。おざなりになった愛撫に物足りなくなったのか、深情け看護師はゴージャスな乳房を自分で揉み、汗にまみれた柔肌のセクシーな曲線を妖しく踊らせていた。

それにしても、おまえが涼香のことを好きだったとはな…、
オレ、全然知らなかったよ…。

えっ、そ、それはっ…。
エッチにもだえる看護師の痴態を無視した真一は急に話題が変えて、兄嫁に横恋慕する後ろめたさに健司がキョドり、真一の妻である涼香の美人顔をヘタレに曇らせた。

いいんだよ、アイツもひとりで寂しいだろうから、おまえに頼むよ…。

え…、いいの?…。
てっきり生前のような厳しい叱責を受けると思ったのに、無責任ともいえるお気楽なその言葉に気抜けして健司は肩を落とした。
「あっ、いっ、いいのっ、もっと、ああっ…」
そんな健司の動揺とは関係なく涼香のしなやかな指先は、濡れた媚肉をクチュクチュいじくり回し、それに応える愛のエッチなあえぎ声が、はからずも健司の自信なさげな気持ちを後押ししていた。

だいぶできあがってきたな…、そろそろいいだろ…。

は?…、いいって、なにが?…。
まだ混乱気味な健司の頭の中で響く、スケベオヤジのような笑いを含んだ声に問い返すと、

決まってんだろ、セックスするんだよ…。

本番って…、へ?…、なんだよ、これは…。
スケベな笑いを含んだその言葉が理解できない健司が何の気無しに寝台に目をやると、股間のシーツがテントを張っていた。死体が勃起するオカルトチックで破廉恥な風景にあ然とした健司だったが、

死後硬直だよ…、チンチン硬直ってやつだ(エロ笑)…。

「なるほどね…、って、んなわけあるかっ、それにチンチンじゃなくて、心筋硬直だろっ」
スケベ笑いを含んだオヤジギャグに思わずノリツッコミした。
「え、何?…、お姉様あ…」
自慢の胸をみだらに揉み砕き、汗をにじませた艶めかしいダイナマイトバディを快感にもだえさせる愛が、急にキンキンした声を出した涼香の顔をした健司にウットリした目を向けていた。

未亡人涼香 (17)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:29:33 ━ Page top ━…‥・

== 未亡人涼香 ==

未亡人涼香 (15)兄登場?

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
未亡人涼香 目次

未亡人涼香 (15)兄登場?

「あ、あっ、あんっ、ら、めえっ」
涼香の顔をした健司のスケベな昂ぶりに純白ナースコートをひん剥かれ、たっぷりプリンな爆乳と濡れ濡れマ○コをいじくり回される看護師愛は、鼻にかかってこもったあえぎ声を上げ、汗がにじんだナイスバディをイヤらしくもだえさせてただれた快楽にまみれていた。

おい…、なに、やってんだ…。

「は?…」
えっ?…、誰だ?…。
快感にもだえるみずみずしい裸体を陵辱しまくっていた健司は、頭の上からした誰かに声に思わず息を飲んで耳を澄ませたが、
…、空耳か?…。
ひんやりした霊安室には愛と健司以外には真一の遺体しかなく、愛の切羽詰まった吐息しか聞こえなかった。

おい、健司…、オレだよ…。

「は?…」
う…、うそ?…。
濡れた亀裂に涼香のしらうおのような指を食い込ませてクチュクチュさせる健司は、もういちどその声を聞いて空耳なんかじゃないとギョッとなり、寝台に横たわった兄の遺体をマジマジと見つめた。
「あっ、はっ、あん…、はあん…」
レズビアンなイヤらしい指技に感じまくっていた愛だったが、急に感じる場所への刺激が止んで夢心地なぼんやりした目で健司を見た。

健司…、看護師さん、不満そうだぞ…。

それは間違いなく亡くなった真一の声だった。
「は?…、あ、ああっ…」
看護師さん?…、あ、ああっ…。
幽霊のたぐいを信じない健司だったが、聞き間違いようのない兄の声が頭の中で響くように聞こえていた。幽霊というよりスケベオヤジな笑いが混じったその声に現実感のない健司だったが、兄の声に逆らえずに指マンを再開した。

「あ…、ああんっ、はあっ、ああんっ」
再び涼香のしなやかな指で感じる部分を愛撫された愛は、かすかに笑みを浮かべるとイヤらしいあえぎ声を上げて、乳首が屹立した巨乳をタプタプ揺らしてきもちよさそうにもだえる。

やっぱいいカラダしてるよな…、
オレ、この人にカラダ拭いて貰ったんだけど…、勃ちそうでな…。

ウソだろ、生きてたのか?…。
亡くなったはずの兄の声にスケベ気分が吹っ飛んで、ただ言われるままに指マンを続ける健司は、白いシーツをかぶった兄の遺体が動き出すんじゃないかと、涼香の顔をこわばらせて見つめていた。

あ…、死んだよ…、おまえもオレの死に顔、見ただろ、何言ってんだ…。

な、なんだ、これは…、
はっきりと兄の声が聞こえる。幽霊としか思えないその声に背筋に冷たいモノを感じて身動きできない健司は、目線だけ動かしてチラ見すると、
この人…、聞こえてないのか…。
ナースコートをはだけた看護師は相変わらず快感を貪り、汗に濡れて妖しくテカるたわわな乳房をプルプル揺らし、快感にまみれて火照った肢体をイヤらしくもだえさせていた。

未亡人涼香 (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:47:40 ━ Page top ━…‥・

== 未亡人涼香 ==

未亡人涼香 (14)翻弄されるセクシー看護師

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
未亡人涼香 目次

未亡人涼香 (14)翻弄されるセクシー看護師

…、かわいいな…、うひいっ、きもちいいっ…。
夫を亡くしたばかりの傷心の未亡人をなぐさめようと、慈愛の気持ちを込めてギュッと抱きしめてくる看護師佐藤愛の、胸の深い谷間に顔を埋めてその大きな胸のふくらみを大胆にわしづかみにする涼香の顔をした健司は、苦しそうな吐息を乳肌に吹きかけながら愛のカワイイ顔をローアングルから見上げて、手の平全体に感じる柔らかい弾力をやっと意識した。

「あ、あん…」
涼香のカラダに健司の魂が入っているとは思いもしない愛は、悲嘆に暮れる未亡人を抱きしめて少しでも悲しみをいやして上げたいと思っていたが、乳肌をくすぐる吐息と乳房を大胆に揉まれる刺激に、おもわずエッチな声を漏らした。
あんっ、って…、くうっ…、たまらんぞ…。
愛の艶めかしい声にオスのスケベ根性を呼び起こされた健司は、無意識にナースコートのボタンを外して、ゴージャスな乳房がはみ出しそうなブラを丸出しにしていた。

「あ、あん…、だめえ…」
艶めかしい女体に目がくらんで乳肌を吸いはじめた健司に、愛は戸惑いながらエロかわいい声を漏らす。
ダメって…、気持ち良さそうじゃねえか…。
スケベ根性に火がついてしまった健司は、妖しいあえぎ声を上げるナイスバディ看護師を床に押し倒してナースコートをはだけさせ、M字開脚させてパンティが食い込んだ股間を丸出しにして、レーストップストッキングの絶対領域をさらけ出していた。
「やっ、脱がさないでえ…」
ナースコートの下はブラジャーとパンティしか付けてなかった愛は、ブラも外されて超豪華デカ盛りの乳房をムキ出しにされ、健司の兄の遺体が安置された霊安室で裸に剥かれていた。

「んっ…」
チュー、してやるっ…。
興奮して涼香の美人顔をスケベにしかめさせた健司は、ワケがわからずに戸惑う愛に覆い被さって肉感的な女体を押さえつけると、プックリしたセクシーな唇に吸いついた。
「はっ、ああっ、らめえ…」
美人妻に唇を奪われた美人ナースは、唇のスキマから入り込んだ舌にうわずった吐息を漏らし、裸に剥かれた官能的な曲線を妖しくくねらせる。

「気持ち、いいか?」
エロい顔しやがって…、こうしてやる…。
ケダモノに成り下がった健司は親身になって心配してくれたナースを陵辱した。レース白パンティにできた卑猥なシワにしなやかな指を食い込ませたエロ学生の美人妻は、指先にこびりつく湿り気にニンマリしてパンティのシワをグリグリ刺激する。
「らっ、やらあっ、ら、らめえっ」
健司と自分の唾液で濡れた唇を震わせる愛は、あそこの刺激にレーストップストッキングの太ももをピクピク震わせ、濃厚なレズ行為によがりもだえた。

「触って、やるっ」
くうっ…、入れてえけど、ないんだよな…。
濡れたパンティにますます興奮して見境の無くなったエロ学生は、涼香の美人顔をイヤらしくゆがませて大事な部分に指を入れて、ヌルヌルの媚肉をイジりはじめる。

「あっ、あんっ、そ、そこはっ、らめなのおっ」
愛はスベスベした乳肌を淫靡にゆがめられて、突き出した乳首をチューチュー吸われ、女の子の大事な場所を涼香の指先でクチュクチュされ、苦しそうな吐息をハアハア響かせながら、うわずったあえぎ声をあげてもだえ狂っていた。

未亡人涼香 (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:15:45 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old