FC2ブログ

== 未亡人涼香 ==

未亡人涼香 (13)深情け看護師

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
未亡人涼香 目次

未亡人涼香 (13)深情け看護師

「健司、さんですか?…、あ、昼間の…」
未亡人のキレイな顔をこわばらせて真剣に迫ってくる健司に若干腰に引けた愛だったが、昼間霊安室に案内した奥さんだと思い出し、弔意を込めた優しい表情を見せた。

「あ、そうです、こちらでお世話になってる、仁藤真一の、妻の、涼香です…」
か、カワイイ…、いや、そうじゃないだろ、今のオレは義姉(ねえ)さん、なんだから…。
ミニスカナースの翳りのある笑みに見入ってしまったスケベ学生だったが、今の自分は最愛の夫を亡くした未亡人だと言い聞かせ、思い出してくれたカワイイ看護師に改めて自己紹介した。

「健司さんというのは、弟さんですか?…」
涼香の顔をした健司の落ち着いた様子を見て安心し、親しみのある笑みを見せた愛は、座った健司と目線を合わせるようにして前屈みの姿勢になり、胸元の深い谷間が目の前にあった。

「…、あ、そうです、夫に会いに来たんじゃないかと」
すげえ、タプタプだよ…、って言ってる場合か、義姉さんが…。
胸にぶら下がった巨乳がナースコートの襟からあふれそうになって、ブラのレースも見えていた。今自分の胸についているソレより、ゴージャスな乳房につい目がいってしまう健司だったが、涼香が早まったことをしてしまう不安を思い出して、霊安室への案内を求めた。

「そうですか、一緒に行きましょう」
(中身は健司なのだが)夫を亡くしたかわいそうな奥さんに同情した愛は、霊安室の鍵を持ってきて地下階に健司を案内した。

「…、いない…」
義姉さん…。
地下の霊安室は昼間よりも気温差が少ないためか、初めて入ったときのカラダに沁みるような寒々しさは感じなかった。
「兄さん…」
兄さん…、義姉(ねえ)さん、来なかった?…。
真ん中の寝台で静かに横たわる真一を覆う真っ白なシーツを見つめた健司は、心の中で涼香の行方を尋ねていた。

「に…、兄さん…」
…、え、な、なんで、オレ、泣いてるんだ…。
旅立った兄を見つめる若妻の目から突然大粒の涙がこぼれた。兄の死を悲しむ気持ちはもちろんあるが、突然あふれ出た涙に驚いたのは健司自身だった。
「う、うう…」
頬を伝う涙をこわごわ両手の指先で触れた健司は、その場で膝をついて号泣した。

「あ、あの…」
愛も夫の亡骸の前で突然泣き出した未亡人に驚いたが、しゃがんで寄り添うと嗚咽に震える若妻のカラダを抱きしめた。昼間は健司や警官がいたので傍観者効果で黙って見ていただけだったが、なぐさめてあげたいと思っていた気持ちが、二人きりの今発露した。
「え?…」
うっ…、や、やわらかい…。
涙に濡れた頬に押し付けられた張りのある乳肌にギョッとした健司が見たのは、ナースコートがはだけて露出したレーストップストッキングの艶めかしい内太ももだった。

「…、元気、出して、ください…」
涼香のカラダに健司の魂が宿っているとはもちろん知らないナイスバディ看護師は、夫を亡くしたばかりの奥さんに心から同情し、悲しい喪失感を少しでも和らげてあげたくて精一杯抱きしめていた。悲しい嗚咽にもらい泣きした優しい看護師の声はかすかに震えていた。

「あ…、は、はい…」
うっ、おっぱいが…、苦、しい…。
深情け看護師の気持ちのこもったハグに抱きしめられ、巨乳の谷間で顔をふさがれた健司は窒息寸前の苦しさにもがきながら、両手で特大の胸をわしづかみしてなんとか息継ぎするためのスキマを作り、ダイナマイトバディ看護師の呼びかけにかろうじて応えていた。

未亡人涼香 (14)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:15:52 ━ Page top ━…‥・

== 未亡人涼香 ==

未亡人涼香 (12)疾走する美人妻な健司

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
未亡人涼香 目次

未亡人涼香 (12)疾走する美人妻な健司

義姉(ねえ)さん…、どこ行ったんだ?…。
慣れないブラジャーに悪戦苦闘させられた健司はどうにか乱れた服を直すと、自分のカラダでどこかに行ってしまった涼香を探して夜の街を歩いていた。

病院?…、
辺りは暗くなって昼間のさいなむようなしつこい暑さはすっかり収まっていた。涼しい風が吹いてミニスカのナマ脚をなでられた健司は、涼香が亡くなった兄に会いにいったんじゃないかと、ふと頭に浮かんだ。
まさか、兄さんの後を追って…。
そのころ涼香は健司に対する秘めた想いを告白したお隣の奥さんと、男としての初めての経験をしていたのだが、自分のカラダが今そんな艶っぽいことになっているとは知るよしもなく、健司は傷心の涼香が最悪の選択をするという不安に襲われていた。

そんなっ、義姉(ねえ)さんっ…。
霊安室で静かに横たわる兄のベッドの傍らでグッタリして身動きしない涼香、という悲劇的な状況が頭に浮かんだ早とちりな健司は、もういてもたってもいられずに走り出した。

「はっ、はあっ…、あうっ…、ごっ、ごめん、なさいっ」
義姉(ねえ)さん、早まらないでくれっ、あっ…。
兄の真一を失ったばかりなのに、密かな想いを募らせていた兄嫁まで失うという悲劇に心を引き裂かれそうな、その愛する義姉の姿そのままのそそっかしい青年は、真剣な顔でミニスカのスソをハデに跳ねてパンチラしながら懸命に走ったが、角を曲がったとたんに前から来た酔っ払いのオッサンにぶつかってころんだ。

「あぐっ、あっ、なんだ、キレイなネエちゃんっ、オジサンと遊ばない?」
全力疾走していたといっても足の遅い未亡人のカラダではたかがしれているが、それでもいい感じに出来上がって千鳥足のご機嫌オヤジは、健司と絡むようにして一緒に転んでいた。地面にだらしなく尻もちをついた酔っ払いは、腕の中にいる美人妻の柔らかい感触にスケベ笑いしてお尻をなで回す。
「へっ…、この変態っ、やめろっ」
は?…、触ってんじゃねえっ…。
むさい酔っ払いのオッサンにお尻をまさぐられる気持ち悪さに、背筋がゾワッとする悪寒を感じた健司は、無意識にかわいいヒザ小僧を蹴り上げてオッサンの股間を攻撃していた。

「げえっ…」
若い女体の心地いい感触に上機嫌だった酔っ払いオヤジは、突然股間の激痛に襲われてその場にうずくまって悶絶した。
「ご、ごめんっ」
男にしかわからない苦しみが今はオンナのカラダになっていても痛いほどわかる健司は、やり過ぎたと後悔してとりあえず謝ったが、涼香を失う焦燥感ですぐにその場から駆け出した。

「はっ、はあっ、あ…、あのっ、はっ、○○病院までっ」
通りに出てすぐにタクシーを拾った健司は、髪の垂れた額を汗で濡らしてハアハアと荒い息で豊かな胸を忙しく上下させながら、病院の名前をなんとか思い出して運転手に伝えた。
義姉(ねえ)さん…、頼むから…、死なないでくれ…。
病院に着くまでの数十分間、頭を伏せてセミロングの髪を垂らした健司は、涼香が早まったマネをしないように懸命に祈っていた。

「…、はっ、あ、義姉、あっ、け、健司は?…」
あっ、あの人…、ちがう、オレ、義姉(ねえ)さんだった…。
病院に着くと料金を払うのももどかしく焦りまくった健司は、ナースステーションに駆け込むと見覚えのある看護師に声をかけた。つい涼香の名前を出してしまった健司はあわてて言い直したが、自分の名を口にするのがなんだか変な気分だった

「えっ、あっ、ココに座ってください、どこか、お悪いところが?…」
汗まみれで息の荒い涼香の顔をした健司を急病と勘違いした、真一をエンゼルケアした看護師佐藤愛はまず落ち着かせようと考えて健司をイスに座らせると、真剣な顔でのぞき込んできた。

「はっ?…、い、いえ、どこも悪くは…、そんなことより、健司は?…」
おっ、おっぱい、デケエ…、じゃなくて、義姉(ねえ)さんはっ?…。
前屈みにのぞき込む愛のナースコートの胸元に、豊満な乳房の深い谷間を見た健司はついドギマギしてしまったが、すぐに涼香の行方を心配して切羽詰まった表情で愛に迫っていた。

未亡人涼香 (13)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:29:36 ━ Page top ━…‥・

== 未亡人涼香 ==

未亡人涼香 (11)目がくらむような衝撃

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
未亡人涼香 目次

未亡人涼香 (11)目がくらむような衝撃

「ああっ、んっ、麗奈さん、はっ、どうしてっ」
きもち、いいっ、どうして、麗奈さんっ…。
快感にもだえる妖艶な麗奈のカラダに男性的な性衝動に支配されてナマ挿入し、筋肉張った腰を激しく振る健司の顔をした涼香は、苦しそうな吐息混じりに頭に浮かんだ疑問をつい聞いていた。

「あっ、んっ、えっ?…、だって、健司さん、あんっ、がっ…、好き、ああっ、だったからっ」
いきり立った肉棒にズンズン突きあげられ、ウエーブのかかったフェミニンなロングヘアを淫らに踊らせる麗奈は、涼香の問いかけに潤んだウットリした目で応え、お隣さんのイケメン大学生に対して秘めてきた想いを無意識に口走った。

「えっ?…、あ、んっ、ああっ」
えっ、あっ、そうだったの?…、あっ、あんっ、止まらないっ…。
引っ越してから一緒にいることの多かった麗奈の、健司に対する想いに全く気付かなかったうかつさを涼香は恥じたが、汗を滴らせた男のカラダはズルムケチンポで蕩けそうな蜜壺をかき回す快感を貪り、激しい挿入をやめないどころかさらに激しく腰を回転させた。

「好き、あっ、あんっ、好きなの、健司さんっ、はあっ、キス、あ、はっ、してえっ」
ずっと秘めてきた想いを告白して不倫な恋愛衝動を抑え込んできた禁忌のタガがはずれたのか、甘えたエロカワなアヘ顔を見せる麗奈はより奔放にただれた快楽に溺れ、キスのおねだりをして白いノドをさらしてキレイな線を見せるアゴを突きあげた。

「あ、えっ?…、あっ、あんっ」
き、キス?…、麗奈さんと?…、ああっ、もう、どうにでも、あっ、なれだわっ…。
レズ的気質の全くない涼香はこれまで麗奈とキスするなんて考えたこともなかった。しかしただれた官能の悦びにまみれる義弟のカラダを持つ未亡人は普通の判断力を無くし、背中に回された手にギュッと抱きしめられて温かくて柔らかい肉布団に倒れ込むと、切なげなスキマを見せる口に吸い付いて柔らかい唇の感触を貪った。

「んっ、あっ、んふっ、はっ、ああっ」
想い人のキスを受けてウットリした官能的な表情を見せる麗奈は、甘い吐息を漏らして生温かい浮遊感に意識を漂わせていた。長いキスのあと涼香が顔を上げると、麗奈はお互いに糸を引く唇のハシをクイッと上げてうれしそうだった。

「あ、んっ、は、あっ、ああっ」
あっ、あっ、ああっ…、
オスの性衝動に支配されてお隣の奥さんの肉感的な女体を激しく陵辱し、快感の爆発に至るクライマックスに突きあげられた涼香は、頭の中で稲光が明滅したような衝撃にビクンと震えた。
あっ、あんっ、な、なにっ…。
絶対的な快楽に襲われてやせマッチョなカラダを緊張させた涼香は、オスの本能のまま筋張った腰を強く押し付けて反り上がった肉茎を濡れた媚肉にねじ込み、汗だらけの背中を丸く曲げて麗奈のカラダをきつく抱きしめる。

「あっ、んっ、くっ、ああっ…」
ふくれあがったデカチンで膣奥まで貫かれた若妻は、きつく抱きしめられた息苦しさにもだえながら、ドクドクと脈動して放出されるザーメンを子宮に感じてエクスタシーに到達した。
「い、いっぱいっ、んっ、あっ、しっ、幸せっ」
官能的な悦びの絶頂に陶酔した官能的な女体が汗を垂らしたしなやかな柔肌をピクピク震わせる。エクスタシーが子宮から火照った女体を貫いて頭に突き抜けたかのように、首が折れそうなほどのけ反ってたわわな乳房の先端で乳首をプルプル揺らす麗奈は、濡れた唇を大きく開けて苦しそうにパクパクさせ、切なげなあえぎ声をあげ続けた。

未亡人涼香 (12)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:24:51 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old