FC2ブログ

== 文庫本の彼女 ==

文庫本の彼女 (34)からみあう

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
文庫本の彼女 目次

文庫本の彼女 (34)からみあう

「はあ…」
チューして…、いいのか…。
いつのまにかキスさせてもらうことになったことなど、拘泥しない水沢は、カワイイ顔に小生意気な笑みを浮かべる葉留花に、吸い寄せられるように顔を近づけた。

「あん…」
オッサンに口を吸われたスッピン美少女の、唇のハシから悩ましげな溜息が漏れる。
「うぬっ」
はううっ、ガマンできんっ…。
柔らかい唇の感触に、オッサンを躊躇させた建前や常識などを吹き飛ばされ、ケダモノになった水沢は若い肉体に襲いかかった。

「あんっ、あっ…」
余裕の笑みさえ見せていた葉留花は、突然ヤル気になったオッサンにベッドに背中を押しつけられ、片脚を抱えられて広げられると、
「は、あっ、ああっ、あっ」
即ナマ挿入され、最初から全力で肉棒の出し入れをするオッサンに、若い女体を波立たせ、切なげな吐息を漏らす。

「んっ、くっ、うっ、ううっ…」
ケダモノになった水沢は、濡れた秘肉に吸い込まれそうな息子を、最奥まで突き刺しては腰を引き、ニュチュネチョといやらしい音を立て、濡れたサオの出入りを繰り返す。
「うっ、くうっ、おおっ」
ネットリ濡れた粘膜がいきり立った息子に絡みついて、カリからサオまでシッポリ締めつけてくる。
「いいかっ、きもち、いいかっ」
若い肉体を陵辱する興奮にまみれたオッサン顔が、汗を額から垂れ流し、苦しげにもだえる美少女に迫る。

「あ、いっ、いいっす」
激しい挿入にズンズンと突き上げらて、イヤイヤするように頭を揺らす葉留花は、切なげに震える濡れた唇のスキマから、
「はあっ、いっ、いいっすっ」
湿った吐息まじりに欲情したメスの甘えた声を漏らす。

「くっ…、いっ、いいかっ」
ペース無視で全力疾走したオッサンは息が切れて、カリを子宮口までネジ込んで停止したが、
「こうして、やるっ」
それをごまかすかのようにいったん息子を抜き出すと体位を変え、快感に震える少女の体を折り曲げた。

「あんっ、は、はずかしいっ、すっ」
40近いオッサンは全身から汗を吹き出し、荒い吐息で酸素補給しながら、
「あんっ、やっ、やさしく、あうんっ、あ、ああっ」
マン繰り返しで無残にさらされたピンク色の女性器に指を差し込んだ。あふれ出る愛液をかきまぜるように、クチュクチュといやらしい音を響かせて指を出し入れする。

「ど、どうだ、イケッ」
快感が充満した女体を折り曲げられ、苦しそうに顔をしかめる葉留花に、加虐色情を昂ぶらせたオッサンは、
「うっ、うれしい、だろっ」
絡みついてくるヒダヒダ粘膜に指の腹をすりつけ、荒い吐息で上気した顔に残虐な笑いを浮かべていた。

「あんっ、おっ、オチンチン」
指マンでイカされそうなスッピン美少女は、メスの興奮を帯びた甘えた声で
「はうんっ、欲しいっ、すっ」
はしたないおねだりをする。大きく広げられたナマ太ももから汗が垂れ、折り曲げられたお腹の淫靡なシワに汗が溜まっていた。

「くっ、くれてやる」
切なげにまぶたを震わせる潤んだ目でナマ挿入を要求する美少女に、ケダモノじみた攻撃的な性欲を刺激されたオッサンは
「うらあっ、どっ、どうだっ」
快感にもだえる女体を乱暴に裏返しすると、バックから挿入してのしかかる。

「んっ、あっ、いっ、いいっすっ」
かろうじてお尻だけ浮かせて、熱いチンポを受け入れた葉留花は、ベッドに顔をうずめて、苦しそうな声を漏らす。
「んんっ、そうかっ、イケッ」
柔らかい女体にのしかかったオッサンは、胸の下に手を差し込んで、手の平に余る大きめの胸を揉み砕く。
「うっ、は、ああっ、いっ、イキ、そうっすっ」
オッサンの重さに耐えてなんとか胸を浮かせた少女は、肘を突いて頭を布団に押しつけ、固く突き出した乳首を嬲られる快感に、汗で濡れた女体を苦しげに踊らせていた。

文庫本の彼女 (35)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:49:36 ━ Page top ━…‥・

== 文庫本の彼女 ==

文庫本の彼女 (33)小悪魔葉留花

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
文庫本の彼女 目次

文庫本の彼女 (33)小悪魔葉留花

「やっちゃって、って…、キミ、いくつ?」
いいって、言われても…、未成年は、マズイだろ…。
美少女の瑞々しい女体に興奮して下半身をカッチカチにした水沢だったが、世間体を気にするオッサンの習性で、手を出しあぐねていた。

「あっし、ハタチっすからっ」
くだらない建前で下半身の本能を抑え込もうとするオッサンに、小悪魔な含み笑いをした葉留花は、
「問題ないっす」
ビンビンのソレに優しく手を添えると、自分からオマタに引き入れてスマタの体勢に入った。

「ハタチ?…」
これでか?…、
反り上がろうとする息子が濡れた秘肉の切れ目に食い込み、ネットリ絡んでくる感じにムスムズしながら、
アンチエイジング?…、って歳じゃないし…。
眉尻がちゃんとあれば中学生でも通りそうな、愛らしいスッピン顔を見つめたスケベオヤジだった。

「ああん…、義人さん…」
いよいよオッサンがヤル気になったと思って、スジに食い込むビンビンの息子に甘えた声を漏らしたスッピン美少女は
「おっきいっす…」
オマタをピッタリ閉じ、まだ肉付きの薄い腰を妖しく踊らせ、スマタを始める。

「う…」
やばっ…、うまい…、
恥じらうカワイイ顔と不似合いな極上のスマタテクで、腰に電流が流れるような快感に襲われたオッサンは
「まさか、風俗?…」
自分から、誘ってきたし…。
頭に浮かんだ下衆な想像をつい口に出してしまった。

「え…、ちがうっす、あっしっ」
風俗経験者と勘違いされた葉留花は、よほどショックだったのか生々しい腰の動きを止めると、潤んだ目で訴えかけるように見つめてきた。
「風俗じゃ、ないっす」
傷心の美少女は見開いた大きな目のハシから、コロリと涙をこぼすのと同時に、辛そうな声で否定した。

「あ…、やっ、ちがうっ、そうじゃなくて」
えっ…、泣いた?…、
涙をこぼすいたいけな少女に、オッサンは心ない失言を後悔して
「ごめん、許してくれっ」
どうしたら…、うわああっ…。
年甲斐もなく焦りまくって、キョドっているのが丸わかりだった。

「…」
困惑するオッサン顔を潤んだ目で見つめた葉留花は、その様子が面白かったようで
「ちゅー、してくれたら…、許すっす…」
泣いたカラスがなんとかで、吹き出しそうになるのをこらえて目を伏せて、キスのおねだりをした。

「え、あ、ああ…」
チュー…、って…。
焦りまくりのオッサンは、素人女性とのキスがずいぶんとご無沙汰なので躊躇していると
「カワイイ葉留花が…」
自分のペースなのがうれしくてしょうがないスッピン美少女は、調子に乗って愛のささやきをおねだりした。
「大好きだ、って言うっす」
エッチな乙女心がウズウズしてガマン出来ない葉留花は、あふれる愛液でネットリ濡れたオチンチンを、オマタでキュッキュッと締めつけてスマタを再開した。

「ふあっ、あ、ああっ…」
おおっ、くうっ、カラミ、ついて…、
トロトロ陰部に吸い込まれそうなぬめった快楽に、恥ずかしいうなり声を上げ、さらなる快楽を求めて腰を突きだしたオッサンは
「葉留花、カワイイ…、大好きだ」
はうっ、た、たまらんぞ…。
フンフンと興奮した鼻息を鳴らしながら、欲情の湿り気でヌルつく若々しい女体を抱きしめ、要求されたままのセリフを口走っていた。

「うふっ、じゃあ、チューして…」
言われるがままのオッサンに、ウットリするような陶酔感を感じる葉留花は、スジの奥に食い込んでくる元気なオチンチンに、夢心地で女の気持ちを熱くしたが、
「いいっすよ」
うれしそうな小悪魔な笑みを浮かべると、おねだりしたキスを逆にオッサンに許可していた。

文庫本の彼女 (34)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:52:16 ━ Page top ━…‥・

== 文庫本の彼女 ==

文庫本の彼女 (32)朝の一発?

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
文庫本の彼女 目次

文庫本の彼女 (32)朝の一発?

「…、ひっ」
振り返ったコギャルバイトの化粧の濃い顔が急接近した。水沢にはそれが根も葉もないウワサを流してさっさとやめてしまった腰掛けOLに見えた。
「うわっ、あ…」
触れそうなほど近い顔から思わずのけ反ったヘタレ中年は、その体勢のまま床に後頭部を打ちつけ、マヌケ面をさらして意識を無くした。


「…」
パフ?、パフ?…。
意識を取り戻した水沢は、手の平に温かい柔らかさを感じ、子猫が前足でムニムニするような動作を無意識にしていた。
「ああんっ…、起きたっすか…」
「へ?…」
あれ、なんだ…、
その声に顔を上げると、あどけない少女がはにかみながら、真っ直ぐに見つめていた。カワイイ顔に眉の半分、眉尻が無いのが不自然だった。
「誰?…」
誰だっけ…。
寝ぼけたオッサンはまだ柔らかいふくらみをムニムニしながら、見覚えのない顔に問いかけていた。

「あっ、あっしっす、葉留花っす」
ナマ乳の無造作な愛撫にゾクゾクして頬を染めた少女は、自己紹介していた。
「はるかさん、ですか?…、えっ」
カワイイ娘だ…、
いつの間にか吸い付くような乳房の素肌を手の平で包み込んでいたスケベオヤジは、寝ぼけたマヌケな声を漏らしたが、
この声っ…。
聞き覚えのある声で、この美少女がコギャルバイトだとやっと気付いた。

「あの…、照れるっす」
節くれ立った手でナマ乳を揉みまくられて、女の気持ちを熱くしたコギャルバイトこと葉留花は、ビックリして見つめる水沢から目線を外して恥じらっていた。
「でも…」
ウソだろ…。
あの濃い化粧の下にこんな美形が隠れていたと、納得できないオッサンは相変わらず乳揉みを続けながら、あどけない美少女顔を見つめていた。

「あっ…、さーせん、シャワー借りたっす」
水沢の反応は見た目が変わってしまった自分に対する驚きだと理解した葉留花は、水沢が気を失っている間にシャワーを浴び、特盛りメイクを落としたことを説明した。
「いや…、それは、いいんだけど…」
これが、ああなるのか?…、化粧っていうより、変装だな…。
視覚情報と記憶情報の整合がいまだに取れない水沢だったが
「えっ…」
オッパイ?…、ハダカなのか…。
葉留花の乳房を揉みまくる自分をやっと自覚すると、太ももに触れる柔らかい張りのある感触に、お互いがハダカだとわかって慌てた。

「あ…、いいっすよ、続き…」
戸惑うオッサンの目にスケベな煌めきを見た葉留花は、照れたように笑うと朝立ち状態の息子に、ハダカの下半身をすりつけてきた。
「続き?…、あ…」
続きって?…、
あどけない顔と不似合いなムッチリした太ももが密着してきて、引き気味の水沢だったが、
あ…、お尻スリスリか…、
あの意味のよくわからない破廉恥行為の続きをしろ、と言われているんだとわかったが
おおっ…、たまらん…。
朝立ちで元気いっぱいの息子に、新鮮な女体の股間をすりつけられる気持ち良さに、だらしなく顔を緩めていた。

「あの、いいっすから…」
薄い茂みに飾られた股間に食い込む、熱くて固いソレにますます女の気持ちを昂ぶらせた、スッピン美少女は、
「やっちゃって下さい」
あどけない顔にエッチな雰囲気を漂わせ、若者言葉でオッサンの劣情を誘っていた。

文庫本の彼女 (33)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:03:20 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old