FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (74)なっちゃんとしんちゃん

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (74)なっちゃんとしんちゃん

「脱いだ方がいいわ、脱ぎましょう、ね」
トロンとした目で妖しく笑う酔っぱらい人妻は、固くなった体の一部をさすりながら、慎次の海パンをズリ下げはじめた。

「え、やっ、あ、あううっ」
へっ、なっ…、ひいっ、やっ、いやあんっ…。
酔いに任せてやりたい放題の奈津実に押されまくりの慎次は、半ケツをさらしたみっともない内マタ姿だった。
「あら、なにかしら、これ?…、熱くて固いわ」
ヘタレ浪人から海パンをゲットした奈津実は、両手で隠すオマタの寄り目でのぞき込むと、元気にそそり立つナニを指先でツンツンしていた。
「あふっ、そ、そんなあっ…」
はうっ、だ、だめ、奈津実さん、やめてえっ…。
臨戦態勢で存在感を示すソレを至近距離でマジマジと見つめられ、防戦一方の慎次は腰を引いた情けない姿で、被虐的な悦びが帯びたみっともない声を漏らす。

「だって、なっちゃん」
奈津実がツンツンするのをやめてヘタレ浪人が安心したのもつかも間、
「ついてないし」
カワイイふくれっ面を見せた酔っぱらい美人妻は、パレオを颯爽と脱ぎさると、なんの外連味もなくエスニックビキニも取り去った。
「は…、おおっ、おまっ、おまっ…」
なっちゃん、って、おい…、
見ろと言わんばかりに見事にくびれた腰にコブシをあてるナイスバディの、
おおっ…、モロま…、丸見えだ…。
薄い茂みの奥にクッキリしたスジを見上げた慎次は、女体の神秘を目の当たりにして鼻血を垂らしていた。

「あれ?…、」
テンパリ気味に鼻息を荒くする慎次をヤブにらみした奈津実は、
「やだっ、慎ちゃんっ、鼻血、でてるよっ」
いきなり笑い出すと思いっきり後頭部をどつき倒し、新たに缶チューハイを開けて一気飲みした。
「だっ、うっ…」
いっ、てえっ…、しんちゃん、ってか…、
はたき倒されて床にへばりついた慎次は、
完全に、できあがってるよ…、
ゴクゴクと白いノドを鳴らす大トラ美人妻の、ムチムチ太ももの根元にいやらしいシワとともに、クッキリしたスジを見ると、
くそおっ、やってやるっ…。
突然奈津実を陵辱して支配する妄想にとらわれ、慎次は攻勢に転じた。

「なっちゃん、ホントに、ついてないか、みてやるよ」
酔っぱらい美人妻と、入れポン出しポンだっ…。
ローアングルから脚線美が描く艶めかしい曲線を見上げた変態浪人は、スベスベしたナマ肌にすがりつくようにして徐々によじ登っていった。
「いいよ、はいっ」
素肌を這い回るいやらしい手を何とも思ってない奈津実は、ベッドにみずからを投げ出すとM字開脚にアソコをパックリ開く。
「よし、じっくり見てやるっ」
おおっ、おまっ、んこっ…、丸見えっ…。
すかさず食らいついたエロ浪人は、両側のプックリした肉を思いっきり広げ、血走った目でピンクの肉の裂け目を見つめる。

「ほら、ないでしょっ、なっちゃん、ついてないもんねっ」
恥じらいなど全く見せずに幼女のような言葉使いの奈津実は、湿った熱い吐息であそこの粘膜を刺激されながら、また別の缶カクテルに手をつけた。
「よおく、調べてやるっ、こうだっ、どうだっ」
美人妻の秘所を見つめてハアハアと変質者じみた吐息を漏らすエロ浪人は、指をくわえてツバまみれにすると、ぐっと突き刺した。
「やっ、あんっ、なあにい、痛くしないでえ…」
いきなり指を突き立てられた女体がビクンとのけ反り、奈津実は泣きそうな顔でオマタを押さえた。

「あ?…、ああっ、ごめん、やさしくするからな」
へっ、やべっ、おちつけ、オレ…。
その声に興奮してイレ込みすぎたのを反省した慎次は、いったん指を引き抜くと、ブチュッと唇を当てて、ベロベロ舐めだした。
「ひっ、ああっ、やんあっ…、そんなトコ、舐めちゃ、やだあっ、キタナイよおっ」
性器丸ごと唇と舌の愛撫を受けた奈津実は、熟れた女体を切なげにくねらせ、萌え萌えな甘ったれた声を漏らす。

「んっ、うるへえっ、じゅるっ、ぬちゅっ、じゅるるるっ」
しるかっ、食ってやるっ…、
女体のエキスを味わって欲望に狂った慎次は、広がった太ももをさらに押し広げ、大きく広げた口でアソコ全体に吸い付いて、ところかまわずベロベロと舐め回し、
コイツで、ヒーヒー、言わしてやるっ…。
下腹に沿ってそそり立つソレをビクビク震わせて、先端からカウパーな汁を垂らしていた。

隣の奥さん 奈津実 (75)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:58:13 ━ Page top ━…‥・

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (73)人妻、酔わせて

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (73)人妻、酔わせて

「あの、じゃあ、またっ」
エレベータが到着した。すぐにでも慎次のところに行きたいこずえは、可児太郎のことなどすでに眼中になかった。
「はうう…、ごっちゃん…、です…」
精気を抜かれて茫然とする純情学生力士可児太郎は、元気よく手を振って軽い足取りでエレベータに乗り込むこずえの、ハイレグに引き絞られたワンピース水着のお尻をただ見送っただけだった。


「慎次さん、つきましたよ」
学生力士の押しくらまんじゅう状態から解放されて、こずえがリザーブした部屋に到着した奈津実が、心配そうに声をかけた。
「ああ…、すいません…」
いよいよ奈津実と、二人きり、ぐへへっ…。
スケベな魂胆を込めてわざとらしく体を押しつける慎次は、二人きりの状況にスケベな妄想を膨らませ、膨らんだ股間を気にしてみっともなく腰を引いていた。

「すわって…、何か飲みますか」
高級そうなソファに慎次を座らせた奈津実は、冷蔵庫をのぞき込んでいた。
「はあ…、ビール、ありますか?」
うひひっ…、「人妻、酔わせて、どうするの」ってかあっ…、でへへっ…。
パレオからのぞくエスニック水着のお尻を下からノゾキ込む変態浪人は、ありがちなフレーズを思い浮かべ、ニヤけ笑いで思いっきりバカ面をさらしていた。
「はい、どうぞ…」
片手に缶ビールを2本ぶら下げた奈津実が、ニッコリ笑って慎次の前に置いた。

「じゃあ、カンパーイ」
奈津実との、初エッチに、なっ…、うひゃひゃっ…。
プルタブを上げてニンマリした慎次が缶を捧げると、
「はい、カンパーイ」
奈津実も陽気に笑って缶を合わせた。

うひっひっ、いい飲みっぷり…、
勢いよく缶ビールを煽って、コクコクと白い喉を上下させる奈津実をチラ見する慎次は、
もっと飲んで、酔っぱらってしまえ…。
奈津実の熟れた女体を陵辱する想像しながら、缶のフチに口を付けてチビチビ舐めていた。
「ああ…、もうなくなっちゃった…」
缶ビールを一気飲みした若妻は照れたように笑い、空の缶を指先につまんでヒラヒラさせた。

「いいですね、もっといきましょう」
いいぞおっ、この飲んだくれ人妻めっ…。
いきなり飛ばす奈津実に、思惑どおりの展開を見てご機嫌の慎次は、冷蔵庫にあるチューハイや缶カクテルなど、ありったけを持ってきた。
「うふっ、プールって、ノド、渇きますよね…」
満艦飾な極彩デザインの缶カクテルを取り上げた奈津実はニッコリ笑うと、また勢いよく煽り、コクコクと白い喉を妖しく上下させていた。

「いいですね、こっちはどうですか」
くううっ、いいぞ、いいぞっ…、ヘベレケになってしまえっ…。
缶カクテルも一気に飲み干した奈津実が、大きくため息をつく艶めかしさに下半身をゾクゾクさせたエロ浪人は、今度はピンク色のチューハイを勧める。
「ありがとうございます、慎次さんも飲んでくださいね」
頬にかすかに朱を帯びた奈津実がウットリと笑う。
「はあ、じゃあっ」
くそおっ…、エロいぞおっ、飲んべえ美人妻めえっ…。
色っぽい笑顔に下半身がゾクゾクした慎次は、言われるままに缶ビールを煽り、炭酸がノドを洗う気持ち良さに、顔をしかめてバカ笑いしていた。

「ぶはっ、あ、あわわっ」
んぐっ、うわっ、しまった…。
色っぽい人妻に見とれたヘタレ浪人は、思わずむせてビールを下半身にこぼした。
「あらっ、たいへんっ、動かないでください」
ビールまみれの海パンを、奈津実は母親のようにタオルで優しく拭いてくれた。
「あううっ、す、すいませんっ」
おうっ、そ、そんなこと…、うひいっ、でるな、あううっ…。
美人妻の突然の攻撃にみっともなく腰の引けたヘタレ浪人は、膨らんだ中身が海パンからコンニチワしそうで、気が気でなかった。

「あら、これは、なにかしら?」
ポンポンとタオルをあてていた奈津実は、海パンを固く膨らませるソレに気付いて、真剣な寄り目で見つめてきた。

「へ…、あの、これって?…、はううっ…」
うひいっ、つまんでるよおっ…、くううっ…、気持ちいいよおっ…。
海パンの上からソレをつままれた慎次は、妄想を超える奈津実の積極的な行動について行けず、ただれた悦びにまみれてキョドっていた。
「やあん、固い、コレ…、ねえ、慎次さん、うふふっ…」
子猫が母猫の乳房を肉球でプニプニするように、ソレを両手で弄びはじめた奈津実は、顔を上げて垂れた前髪をよけると、トロンとした目でうれしそうに笑っていた。

隣の奥さん 奈津実 (74)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:55:44 ━ Page top ━…‥・

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (72)可児太郎再び

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (72)可児太郎再び

「…」
部屋に戻ったら、こんどこそ…。
奈津実の柔らかい女体に支えられる慎次はスケベな妄想で頭の中をいっぱいにして、股間を破廉恥に膨らませたままエレベータの前に立った。

「えっ?…、おおっ?…」
なんだ?、どうしたんだっ?…、
チーンと到着した音がしてドアが開き、乗り込もうと一歩踏み出した瞬間、慎次は大きな肉の固まりに潰されそうに押し込まれた。
ぐええっ…、ま、またか…。
それは昨日の電車でも遭遇した体育会系アマチュア相撲取り集団だった。学生力士たちは今日たまたま稽古が休みで、みんなでプールに遊びに来ていた。

「大丈夫、ですか?」
独特の体臭を発散する巨躯肉弾集団に圧迫されて慎次と密着する奈津実が、身じろぎもできずに苦しそうに聞いてくる。
「い、いや、奈津実さんこそ…」
く、臭いけど…、
腰に巻いたパレオを通り越して、太ももの間に差し込んだ片脚をムッチリ締めつけられた慎次は、
ナイス、力士集団…。
盛り上がった股間をビキニパンティのアソコに押しつける気持ち良さに、まんざらでもなさそうにニヤニヤしていた。


「ああんっ…、伍代くうん…」
こずえは力士集団に押しやられ、エレベータの前で置き去りにされていた。
「ふぁっ、あのっ、そのっ、はふっ…」
その傍らには北海道出身の純情青年長万部可児太郎が、こずえのワンピース水着姿を盗み見してパッツンホッペを赤らめながら、巨体を縮ませて控えていた。
「あ…」
こずえのカラダが5人分は楽に入りそうな海パンを着用した可児太郎の荒い息に振り返ったこずえは、
「昨日はありがとうございました」
酔っぱらいオヤジから救ってくれたお相撲さんだとすぐに気づいて、昨日ちゃんとお礼が言えなかったことを思い出し、ニッコリ笑っておじぎした。

「はわあっ、ご、ごっちゃん、ですっ」
前傾するワンピース水着からはみ出しそうな、胸の肉とクッキリした谷間や、ハイレグな食い込みを見た可児太郎は、巨大海パンのごく一部を盛り上げてうわずった声を漏らす。
「あの、お礼にナニか…」
純情力士が自分のカラダに欲情しているなど思いもしないメガネッ娘は、タニマチ気分で親の財力をあてにした援助を何かしたいと思った。
「はうあっ、そ、そ、うふわっ、あふっ、ふわあっ」
カワイイ顔で見上げるこずえにテンパる純情学生力士は、過呼吸気味に息を荒くして至上の悦びにふるえていた。

「でも、お相撲さんって、ホントに、おっきいんですね…」
無邪気な天然メガネッ娘は、可児太郎のある意味追い詰められた心情など一顧だにせず、巨体に手を伸ばしてナデナデした。
「ひっ、そっ、あっ、あぶっ、あぶはあっ」
そこは大方の予想通り、こずえのセリフとは裏腹に巨大海パンの一部がごく控えめに膨らんだ場所だった。
「ご、ごっちゃんっ、で、でっ、でふうっ」
純情可児太郎にとってカワイイ小悪魔になったこずえは、胴体か脚かの区別も判らないまま、うれしそうにそのふくらみをさすり続けた。

「あのとき、ホント、こわかったから」
布地一枚隔てて男性器を愛撫しているとは全く思ってない天然奴隷美少女は、
「感謝してるんです」
昇天しそうな幸福感を感じながら苦しそうな息にまみれ、懸命に笑顔を作ろうと顔から汗をダラダラ流す可児太郎が
「なにか、して欲しいことがあったら、言ってくださいね」
単に緊張してるのだと思って、この寡黙で男気のある青年になにかお礼をしたいと純粋に思っていた。

「ふわあっ、ご、ごっちゃん、あふっ」
天使の笑みを向けるメガネッ娘にやられまくりの純情可児太郎は、優しい手慰みにあっさり絶頂に達して果てた。
「んはあっ…、はわああ…」
ドピュッと海パンの中で暴発させた可児太郎は、その場にへたり込んでマタ割りの体勢で大きく脚を広げていた。

「わあっ、スゴイ、こんなに広がるんですねっ」
可児太郎の願いがある意味叶えられ、お礼が済んだコトなど全く関知しない天然奴隷美少女は、可児太郎が相撲修業の一端を見せてくれたと勘違いし、少女のようにキャアキャアと無邪気に喜んでいた。。

作者注:かつて可児太郎を登場させた回((37)夜這い)で「今後こずえとの絡みで登場する予定はないので、…」と書きましたが、つい登場させてしまいました。いい加減な作者でスイマセン(汗笑)。

隣の奥さん 奈津実 (73)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:43:22 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old