FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (71)ムチムチモミモミ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (71)ムチムチモミモミ

「お部屋に戻りましょう」
慎次にじゃれつくこずえを微笑ましく見ていた奈津実だったが、慎次のカラダや周りから注目されていることを気にして、ホテルの部屋の戻ることを勧めた。

「あ、そうですね」
心配そうな顔も、かわいいぜえっ…、
奈津実に心配されるだけでうれしいエロボケ慎次は、
「う…、ああ…」
肩、借りてやれ…。
人妻の女体に密着することをたくらんで、チャラ男の攻撃で受けた痛み以上に大儀そうに体を起こした。
「大丈夫?、伍代くんっ」
ワンピースが食い込んだ若いカラダをすりつけていたこずえがすぐに反応し、よろける慎次に肩を貸して支えた。

「あ、ああ…、あんまり、大丈夫、じゃないかも…」
オマエじゃ、ねえよ…、
甲斐甲斐しい奴隷美少女に怪訝な目を向けたエロ浪人は、
奈津実さん、助けて…。
同情を引くようないじましい視線を奈津実に向けた。
「慎次さん、しっかり」
捨てられた子犬のような慎次に、憐れみを帯びた妖艶な視線を向けた奈津実は心配そうに寄り添うと、ビキニ姿の半裸体をムッチリと密着させた。

「…、ありがとう、ございます…」
うひっ、たまらん、きもち、ええっ…、
吸い付くようなムチムチした女体の気持ち良さに、顔がゆるみそうになりそうなエロ浪人は
まずい…、弱ったフリ、しないとっ…。
顔を伏せて口元を引き締めると、奈津実の肩に回した手をワキの下に忍ばせ、ヨコ乳の弾力を指先で楽しんでいた。

「うっ、あっ…」
ついでだ、だきついてやれっ…、
匂い立つような女体の気持ちいい感触にのぼせ上がったエロボケは、つまずいたフリをして奈津実にのしかかった。
「すいませんっ」
うひっ…、ここか、ここが、ええのんかあっ…。
人妻を押し倒した変態は、ここぞとばかりに胸や股間をまさぐってエロ妄想を楽しんでいた。
「あ、ああんっ、慎次さん、そこは、ああ…」
調子に乗ったエロ浪人に感じる部分を触られまくる奈津実が、切なげなうわずった声を漏らし、うっすら汗を滲ませた女体を艶めかしくくねらせる。

「伍代くん、大丈夫?」
奈津実に抱きつく慎次を不機嫌そうに見たこずえは、想定外の剛力で腕を引っ張り上げるとワンピ水着の体を押しつけて支え、エロボケのたくらみを無自覚に阻止した。
「あ、ああ…」
ひっ?…、このおっ、ジャマすんなよ…、
熟れた女体から引きはがされたエロ浪人は、若い女体を押しつけてくるどMメガネッ娘にあからさまに不機嫌そうだったが
「さあ立って、いきましょう」
奈津実にカラダを押しつけられて横から支えられるとすぐに機嫌を直して、ニヤけたバカ面を見せた。

「はいい…、すいませえん…」
えへへ…、もう、立ってまあす…、
奈津実の言葉におバカな反応をして、恥知らずに膨らんだ股間をチラ見した慎次は、キレイな球面を描くお尻を手の平でモミモミしながら、
うひいっ…、やっぱ、ええ匂い…。
柔らかくて温かい女体に全身を包み込まれて埋没するような錯覚を覚え、夢心地で鼻の下を伸ばしてニヤニヤしていた。

隣の奥さん 奈津実 (72)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:35:01 ━ Page top ━…‥・

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (70)夢から覚めて

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (70)夢から覚めて

「ん、ぶほっ、ぐっ、おっ」
おらっ、ぶはっ、はっ、はあっ…、うらっ、おらあっ…。
水中で抱えた奈津実に肉棒をたたき込んで腰を振る変態浪人は、時折思い出したように水面に顔を出し、なんとか酸素補給していた。

「慎次、さん…、慎次さん…」
エロ浪人の欲望に翻弄される若妻は快感にまみれてよがりながら、熟れた女体を押しつけて懸命にしがみついていた。
「ぶっ…、うっ…」
そんなにっ、いいのかあっ…、おらあっ…、
奈津実の切なげな声にますます図に乗って腰を振る変態浪人だったが
「伍代…、くんっ…、伍代、くうんっ…」
あれ?…、こずえ?…。
自分を呼ぶ声がいつの間にかこずえに変わっている事に気付いた。

「伍代くん、しっかりしてえっ…」
慎次が目を覚ますと、馬乗りになったこずえが迫ってきて唇を重ねる寸前だった。
「おわっ、なにすんだっ」
こずえ!?…、なんなんだっ…。
唇が触れた瞬間、慎次は無意識にワンピース水着の胸を押し、
「きゃっ」
目を閉じて唇をかわいく突き出すこずえを突き飛ばした。
「なんだっ、奈津実さんっ?!」
状況が理解出来ない慎次が思わず叫ぶと
「はい、大丈夫ですか?」
エスニック水着をきちんと着た奈津実が、垂れる前髪を指先で押さえてのぞき込んできた。

「え、あの、あれ?」
どうして、さっきまで…、
水中セックスで奈津実を陵辱しまくっていたはずの慎次は
「あ…」
あ、またか…。
やっとそれが妄想だったことに気付いてガックリした。
「伍代くん、よかったあっ」
冷たく突き放されても全くめげないこずえは、心は落ち込んでいても一部分だけ元気な慎次の下半身に抱きつき
「死んじゃうかと思ったよおっ」
顔を出したその先端を大きめの胸で柔らかく圧迫しながら、涙を溜めた大きな目で見上げていた。

奈津実を陵辱する妄想に耽溺していたとき、慎次は実際に溺れていた。チャラ男に威勢良くタンカを切ったまではよかったが、その直後チャラ男の逆襲に遭ったヘタレ浪人はあっさりたたきのめされ、プールに投げ込まれた。

周りの人にプールから引き上げられた慎次は、水着を着替えて駆けつけたこずえの献身的な人工呼吸で蘇生することができた。

「よかった…、伍代くうん…」
水着からはみ出した乳肉で、恥知らず膨らんだ股間をムニムニするこずえは、生還した愛しいご主人様を半ベソの笑顔で見上げていた。
「あ、ああ…」
そうか…、かっこわりい…。
チャラ男にノックアウトされたときの記憶がおぼろげに蘇ってきて、慎次はおのれのヘタレな情けなさに顔を上げられなかった。

「痛いですか?…、ゴメンなさい、私のために…」
慎次の横にしゃがんで太ももをムッチリさせた奈津実が、落ち込んだヘタレに申し訳なさそうに声をかける。
「え、いやっ、そんなっ」
オレ、心配されてる?…、
横を向いて水着が食い込んでプックリ膨らんだアソコに刻まれた淫靡なシワを見た慎次は
「奈津実さんを守ることが出来てっ、オレ、本望ですっ」
奈津実ちゃわんっ、きゃわいいっ…。
気を使ってくれる奈津実にあっさり機嫌を直すと、若いカラダをすりつけてくるこずえを突き飛ばしてヘラヘラしていた。

「やんっ…、伍代くん、こずえの時も、助けてね」
何度突き放されてもめげないどMメガネッ娘は、またも美人妻に太鼓持ちのようにおもねる慎次に抱きつくと、海パンから頭を出したアレを自らのカラダで隠していた。
「あ、ああ、そのときはな…」
ジャマすんなよ…、でも、コイツが襲われたら…、おもしろいかもな…。
あからさまに鬱陶しそうな顔を見せた慎次は、献身的な奴隷美少女が見知らぬ男たちに陵辱される鬼畜な想像をしてニヤけた。
「ありがと、伍代くんっ、こずえ、うれしいっ」
スケベそうなニヤケ笑いにニッコリ笑ったこずえは、競泳水着っぽいワンピースが食い込んだ股間を膨らんだ股間にすりつけ、ヘタレ慎次に甘えていた。

隣の奥さん 奈津実 (71)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:45:50 ━ Page top ━…‥・

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (69)水中セックス

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (69)水中セックス

「はあん…、オシッコ…、しちゃった…」
プール内で排尿してしまった奈津実は、お漏らしの緊張感から解放されて弛緩した柔らかい女体を押しつけ、子供っぽい甘ったれた声をささやいていた。

「…」
奈津実…、きゃ、きゃわいい、ぞおっ…、
タプタプと静かな波に揺られながら、密着して吸い付くような素肌の気持ち良さにバカ面をさらした慎次は、
「プールで、オシッコするなんて、悪い子だ…」
ちょっと、からかってやる…。
海パンからはみ出した息子をアソコのスジにすりつけながら、湿ったセミロングの髪を口で嬲るようにしてイジワルくささやく。
「う…、ごめんなさい…」
どSなたくらみを秘めた低い声に被虐的な興奮を覚え、欲情した女体をゾクゾクさせた奈津実は、あそこのスジからネットリした汁を滲ませていたが
「恥ずかしい…」
筋肉がうっすら乗った肩にギュッと抱き、消え入りそうな声を漏らして恥辱に落ち込んでいた。

「しょうがない、お仕置きだ」
悪い子の、ゆるいオマタには…、
叱られた少女のように落ち込む若妻にますます加虐色情を昂ぶらせた変態は、
栓…、しないとな…。
あそこのスジにいきり立った息子を押しつけながら、しがみつく上半身を引きはがすと、不安そうな奈津実にこわばった表情を作ってにらみつけた。
「ご、ごめんなさい…」
わざとらしい強面に目を伏せて長いまつげを見せる奈津実は、ビキニパンティ越しに食い込む息子の熱い圧迫に成熟した女体をソワソワさせて、
「許して…、ください…」
水面にほんの一部だけ浮かんだ豊乳の素肌をドキドキさせていた。

「オシッコ、漏れないように、栓するからな、いいな」
きゃ、きゃわいいよ、奈津実…、
暴発しそうなスケベ笑いをなんとかこらえるエロ浪人は、涙目で心細げな美人顔をこわばった顔でにらみつけ、
オレ様の、息子で、栓、してやるぞおっ…。
お尻の回した手でビキニパンティをズラして、ヌルヌル汁にまみれたアソコをモロ出しした。
「あんっ…」
アソコの肉に食い込む熱い肉棒にうわずった声を漏らした淫乱美人妻は、
「して…」
上目遣いのウットリした視線でエロ慎次を見つめると、腰に回した太ももに力を入れて腰を妖しくうごめかせると、カウパーで濡れた先端に膣口を押しつけていた。

「お、おうっ、してやるっ」
くうっ、出ちまう、早く入れないとっ…。
人妻の艶めかしい視線に蟻の戸渡が感電したように感じて、全身を緊張させた慎次は腰をグイッと突き出した。
「あんっ」
プール内でナマ挿入された奈津実は慎次に抱きついたが、勢い余って首筋に前歯をあてていた。
「くっ、おらっ、うっ…」
首筋の痛みに思いっきり腰を突き上げたエロ浪人は、足を滑らせて水没した。
あったけっ、んっ…、おら、おらっ…。
水中に投げ出された二人だったが、性欲に支配された慎次は水中セックスに没頭して、懸命にチンポを抜き差しして腰をメチャクチャに振り回していた。
んぶっ、んっ…。
いきなり水中にたたき込まれた奈津実も、子宮口をこじ開けようとする肉棒にのけ反ながら、腰に回した太ももを離さず、腰を妖しくくねらせていた。

んっ、うおっ、くわあっ、ええどっ…。
水中で流されながら腰を振りまくる変態は、セミロングヘアを妖しく漂わせる美顔を引き寄せ、チューした。
ふわっ、ん、んっ…。
ネジ込まれた舌を素直に受け入れた淫乱妻は、ネチョネチョと舌を絡ませながら、水圧の助けもあってキツキツなマ○コにズコズコ挿入される肉棒にシンクロして、下半身を淫靡にくねらせていた。

「んっ、ぶわっ、はっ、はあっ」
苦しっ…、うおっ、おらっ、おらっ…。
熟れた女体に没入してがむしゃらに腰を振っていた変態は、息苦しさを感じて浮上すると、艶めかしい腰肉を両手で抱えたままグラインドを続け、懸命に息継ぎした。
「はっ、ああ、はあっ」
一緒に浮上した奈津実もあえぎ声混じりに酸素補給していた。ズコズコと続けられる挿入に合わせて腰を揺らしながら、ブラがずれた豊乳を上下に大きく揺らしていた。

隣の奥さん 奈津実 (70)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:47:54 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old