FC2ブログ

== みなしごルリイ パパと呼ばないで ==

みなしごルリイ パパと呼ばないで (12)穢された修道女

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
みなしごルリイ パパと呼ばないで 目次

みなしごルリイ パパと呼ばないで (12)穢された修道女

「よくなって、来たようだな」
ヒクヒクと収縮して締めつけてくる膣ナカの気持ち良さに満足そうな声を漏らし、べろりと唇を舐めた豪徳寺は、
「シスター」
お尻までまくり上げた修道衣を胸までズリ上げると、ブラの上から豊満な胸を揉み砕く。

「ああっ、そこっ、はうっ…」
パンパンと淫靡な音を立てて出入りする肉棒の刺激に加えて、ブラをズラされたナマ乳を握りつぶされそうなキツイ愛撫を受け、
「ああっ、ヘンです、はあっ、わたしっ…」
肩から上だけ着衣したほぼ全裸の破廉恥な姿のシスターアンジェラは、火照った女体を支配する淫乱な官能の目覚めに戸惑い、快感にまみれた艶めかしい声を漏らしていた。

「そうか、そんなにいいか」
初めて男を知ったカラダがイヤらしくもだえる妖艶な眺めにご満悦のエロ紳士は、手の平に余る張りのある弾力を楽しみ、
「オマエはもう、オレのモノだ」
征服感にまみれた満足そうな笑いで顔を緩めながら、濡れ濡れのあそこに肉棒を出し入れする快感を楽しんでいた。

「ああっ、お願い、はうっ、うああっ…」
肉欲にまみれて官能の頂点に突き上げられた修道女は、汗にまみれた素肌を快感でピクピク震わせながら、
「だめえっ、もう、ああっ、許して、はあっ、くださいっ」
かすかに残った理性が淫乱なメスの本能の支配されるのを恐怖し、拒絶のセリフを漏らす。

「もっとっ、くっ…」
固く突き出た乳首を指のマタで転がしながら、勢いよく肉棒を突き上げて欲情する女体を思いっきりのけ反らせた豪徳寺は、
「よくしてっ、やるっ」
片手をオマタに下げて広がったスジから顔を出したポッチをイジる。

「あひっ、やらっ、あっ…」
子宮口をこじ開けるカリに背筋が折れるほどエビゾリしたシスターアンジェラは、一番感じる部分の愛撫に快感の頂点に突き上げられ、
「ひっ、やっ、やっ、ああっ…」
欲情に火照った裸体を緊張させると、じょわっ、と恥ずかしい音を立ててお漏らしした。

「おっと、そんなに、よかったか…」
修道女のオマタを濡らす大量のオシッコに呆れたような声を漏らしたスケベ中年は
「まだこれからだぞ」
ムチムチした腰肉を両手でつかむと、ジュブズブパンパンと愛液のシブキを飛ばし、ナカ出しする興奮に荒い吐息を響かせて本格的な挿入を開始した。

「あっ、やっ、あっ、だっ、あっ、ああっ」
イッタ直後の激しい挿入にシスターは苦しそうなあえぎ声を上げ、激しく出入りする肉棒に潤沢な汁気をかき出されていた。
「ひっ、あっ、だっ、ああっ、狂うっ、ひっ、あっ、狂っ、あひっ、ちゃうっ」
狂いそうな快感でガクガクと震えるナマ脚の付け根で、オシッコと愛液が混ざってネチョネチョのオマタから湯気が上がっていた。

「んっ、いっ、いくぞおっ」
裏スジに熱い奔流を感じた豪徳寺は、快感に狂いもだえる肉感的な女体にのしかかると、ふくれあがったカリで子宮口をこじ開け、
「くっ…、おっ、おおっ…」
汗でヌルヌルになった美巨乳を両手で揉み潰しながら、子宮まで犯した肉棒の鈴口からドクドクとザーメンを注ぎ込んだ。

「あっ、ああっ、ひいいっ…」
子宮を焼く熱いザーメンに汗まみれの背中を思いっきりのけ反らせたシスターは、断末魔の叫びを上げる。
「や…、ああっ…、ら、らめえ…」
快感の大波に襲われて全身がしびれるようなメスの悦びにまみれた修道女は、黒髪を振り乱して快感の頂点に突き上げられていた。

「ふうう…、よかったぞ…」
ハツモノでオンナ盛りの熟れた女体を堪能した財閥総帥は、溜息混じりに満足そうな声を漏らすとしぼみはじめた肉棒を抜き出した。

「あっ…、は、ああ…」
初めての体験でとびきりのエクスターを味わってしまったシスターは、もう信仰に一身を捧げた自分には戻れないとぼんやり感じていた。
「うっ…、うう…」
ムキ出しにされた乳房を押しつけた机にひしゃげさせ、全身から力が抜けて突っ伏したシスターは、かすかに開いた目のハシから涙をこぼし、押し殺したすすり泣きを漏らす。
「あんっ…、うっ、うう…」
アレが抜け出してかすかにスキマを見せる秘肉の合わせ目から、ザーメンがドロリと垂れてナマ太ももをツーと伝っていた。

みなしごルリイ パパと呼ばないで (13)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:15:14 ━ Page top ━…‥・

== みなしごルリイ パパと呼ばないで ==

みなしごルリイ パパと呼ばないで (11)シスターアンジェラの変心

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
みなしごルリイ パパと呼ばないで 目次

みなしごルリイ パパと呼ばないで (11)シスターアンジェラの変心

「神殿に使える巫女が、旅人に売春していたのが」
神に仕える修道女の男に免疫のないカラダを、百戦錬磨の手練手管でメロメロにさせた日本有数の財閥総帥は、上気した顔に興奮した吐息を響かせながら、
「世界最初の職業だって、知っているか」
快感にもだえて切なげな表情を見せるシスターアンジェラにうそぶいた。

「あ、あんっ、はあっ、知りません…」
膝丈の修道服に食い込んだ指先で女体の中心部を攻められるシスターは、艶めかしいあえぎ声混じりに応えて、肉感的なカラダをみだらにくねらせていた。

「キミも…、その末裔というわけだ」
布地の多いスカートをたくし上げてまばゆいばかりの下半身をむき出しにしたエロ中年は、ムッチリした腰肉に張り付いた純白パンティをイヤらしくまさぐる。

「ああ、そんな…、私の身も、ああんっ、カラダも…」
節くれ立った指先がパンティのシワになった部分に食い込んで、貞潔の誓願に従って今日まで純潔を守ってきた秘密の花園を荒らしていた。
「ああっ、はあっ、しゅっ、主に捧げて、あんっ、おります…」
かすかに開いたつぼみからイヤらしい汁をにじませ、女盛りの女体をメスの欲情で熱くしたシスターアンジェラは、それでも社会の窓に誘い込まれた手でいきり立った肉棒を愛撫していた。

「じゃあ、私にも、神への奉仕を捧げてもらおうか」
パンティの二重になった部分の湿り気を指先に感じたエロ中年紳士は、何十万の従業員を意のままに操れる自分は神のごとしといわんばかりにニンマリ笑うと、コットン生地が張り付いてシワになった部分に指を食い込ませた。

「あっ、はああ…、これも、主の」
濡れた亀裂に食い込むイヤらしい指先に苦しげにのけ反って、修道服に魅惑的な女体のラインをあらわにするシスターアンジェラは、
「思し召し、ああっ」
多額の寄付をする実業家に逆らえず、潜在意識に潜むどMなメスの性根も手伝って、豪徳寺の欲望に蹂躙される受難を運命として受け入れようとして、
「あんっ、なのですか…」
信仰を裏切る後悔と肉欲に溺れるメスの喜びが混じった、屈折した妖艶な横顔を見せていた。

「神の愛棒に、無償の愛を捧げろ」
淫らな指先の愛撫にメロメロのシスターアンジェラをひざまずかせた豪徳寺は、下半身肌になって腰を突きだし、自慢の愛棒を彼女の目の前に差し出した。
「ああっ…、はう…、んっ、ちゅっ…」
邪悪な熱気をはらんだ肉棒を寄り目で見つめた純潔修道女は、震える唇でふくれあがったその先端を咥えると、不器用なご奉仕を捧げ始める。

「おおっ、いいぞ、もっと、舌を絡めろ」
ぎこちない愛撫に新鮮な悦びを感じたエロ中年は、ベールをズラして胸まである黒髪をさらけ出すと、そのツヤツヤした髪ごと頭を抱えて前後にシェイクした。
「ふあっ、ふっ、うっ、あふあふっ」
乱暴に頭を揺さぶられて気が遠くなりそうだったが、純潔修道女は言われたままに舌を絡め、固く反り上がろうとする肉棒をツバまみれにして、お口の愛撫を捧げていた。

「んっ…、じゃあ、本番だ、神に仕えるカラダを堪能させてもらう」
不器用だがひたむきな愛撫に、蟻の戸渡あたりに熱い昂ぶりを感じた豪徳寺は、湿った甘い吐息にまみれたシスターを立たせると、机に手を付かせてお尻を突き出させた。

「ああっ、主よ、はあっ、姦淫にふける、はああっ、罪を」
素直に机に手を突いたシスターは、修道衣をまくり上げられてまばゆい下半身をむき出しにされて、パンティをズリ下げられた。
「あんっ、お許し、はああっ、下さい」
下半身丸出しのエロチックな姿をさらすシスターは、貞潔の誓願を破って性欲に溺れる自らの罪を悔いて、見かけ以上に豊かな胸を机に押しつけ、肘を突いて両手を組んで神に懺悔していた。

「気にするな、今日からは」
スベスベムッチリしたナマ太ももの付け根にネットリした泉を湛える女体の中心部を、直接触れて指先でクチュクチュとイヤらしい音を立てる淫乱中年は、
「私に仕えれば、いい」
男を知らない汚れのないカラダを犯す興奮にまみれ、自分こそが神だと言わんばかりの尊大なセリフを口走る。

「はあっ、あっ、主よ…、お許し、んっ、ああっ、下さい」
30になろうとする女体に押し込められてきた愛欲が、スケベ中年の淫靡な指先で解放されて洪水のようにあふれていた。
「はああっ…、そ、そこ、だめえっ…、ああっ、ソドムの罪、ああっ、狂っちゃう…」
膣口を探り当てた指先が膣に侵入して粘膜を刺激する。尿道の裏側の感じる部分をイジられたシスターは、火照った女体を切なげによがらせて、艶めかしいあえぎ後を上げる。

「そろろろ、いいか…、神の思し召しを、くれてやる」
トロトロほぐれたオ○ンコにニンマリスケベに笑った豪徳寺は、修道女のツバでテラテラと妖しい輝きを放つソレを握って、押し当てる。
「あっ、んっ、ああっ、はああっ…」
生まれて初めて男性に体を許した純潔修道女は、全身がしびれるような肉の喜びと、人生のすべてであった信教を否定される悲しみを同時に感じていた。

「おっ、いいぞっ、んっ、おっ、おおっ」
汗がにじんだシットリムチムチな腰肉に指先を食い込ませて掴んだエロ中年は、あふれ出る汁気を滴にして飛ばして激しい挿入をはじめた。パンパンと肉と肉がぶつかり合う音がルリイの部屋に響いていた。

「あっ、あっ、あっ」
バックから熱い肉棒の挿入を喰らった修道女は、突き上げられる勢いで頭を前後に揺らし、サラサラした黒髪を淫靡に踊らせていた。
「んっ、あっ、あっ、主よっ、ああっ、あああっ」
膣の最深部まで突入してくるカリに子宮口をこじ開けられる快感にのけ反るシスターは、女盛りの肉感的なカラダを切なげによがらせ、信じてきた天上の神から現実の実力者に主(あるじ)を乗り換えようとしていた。

みなしごルリイ パパと呼ばないで (12)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:10:06 ━ Page top ━…‥・

== みなしごルリイ パパと呼ばないで ==

みなしごルリイ パパと呼ばないで (10)豪徳寺の素顔

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
みなしごルリイ パパと呼ばないで 目次

みなしごルリイ パパと呼ばないで (10)豪徳寺の素顔

「まあ、こんなに…、本当にありがとうございます、豪徳寺様に、主のご加護がありますように…」
施設に到着した豪徳寺は事情説明もそこそこに、苦しい財政状況を建て直してもあまりある多額の小切手を切った。応対する院長はすがりつかんばかりに感動して大げさに感謝していた。

「ルリイ、元気でね…」
その頃ルリイの部屋で少ない荷物をまとめる手伝いをしていたシスターアンジェラが、しみじみした声でつぶやく。
「シスターアンジェラ、ありがとう…、でも、いつでも遊びに来るから…」
シスター、わたし、泣いちゃいそうだよ…、だめ、泣いちゃ…、心配させちゃう…。
さみしそうな笑顔を見せるシスターに、ルリイはもらい泣きしそうな心細げな表情で応えたが、すぐに明るい笑顔を見せた。

「そうね…、お金持ちのお父さんに、たっぷり甘えなさい」
黒い修道服に身を包んだ若いシスターは、ムリに笑顔を作るルリイの頭を愛おしそうになでると、優しい笑顔を見せた。
「うん、わたし、幸せになるから…」
私を育ててくれて…、ホントに、ありがとう…。
この施設に来たときから10年以上も面倒を見てくれたシスターアンジェラはまだ30前で、ルリイにとっては年の離れたお姉さんのような存在だった。

母親と死別してここに来た頃のルリイは寝る前によく泣いてむずがったが、そんなときはシスターアンジェラが添い寝して、天使のような声で子守唄を歌ってくれた。

母であり優しい姉であるシスターアンジェラとの別れを、ルリイは決して泣くまいと心に誓っていたが、つい気を抜くと自然に目が潤んできて、アンジェラに見られないように横を向くと目をぬぐっていた。

「みんなとも、挨拶するのよ…、こんな急じゃなければ、お祝いの会が出来たんだけど…」
こっそりと涙をぬぐうルリイを見ないふりをするシスターは、施設の仲間にお別れをしてくるようにルリイを送り出した。

「シスター、ルリイがお世話になりました」
ルリイが部屋を出て行くと、入れ替わるように豪徳寺が入ってきた。
「いえ、そんなことは…、たくさんの援助をありがとうございます、私たちみんな、豪徳寺様に感謝しています」
眼光に妖しい輝きを秘めた恰幅のいい紳士から目をそらすように丁寧にお辞儀したシスターは、黒い修道服の股間に両手をギュッと押しつけて、多額の寄付に感謝の言葉を述べた。

「ルリイのお母さん代わりをしてくれていたそうで…、ということは私の妻と同じコトですね」
ケダモノじみた眼光で修道服に肉感的な柔らかい曲線を浮かび上がらせた、魅惑的な女体を舐め回すように見つめた豪徳寺は、膨らんだ股間を突き出すようににじり寄り、デタラメな理屈をうそぶいていた。
「あ、あの…」
目を伏せた視界に入ってきた不作法に膨らんだ股間から顔を背けたシスターは、突然性欲まみれの中年男にまだ男を知らない女盛りのカラダを抱き寄せられていた。
「おっしゃる意味が…」
30を目前にした修道女は、貞潔の誓願を守っていまだに清いカラダのままだった。
「よく、わかりません…」
ケダモノじみた欲望をさらけ出す権力者にあからさまに逆らえないシスターアンジェラは、修道服の上から柔肌をなで回すイヤらしい手をはねのけるコトもできず、女体の奥から湧き上がる経験したことのない想いに戸惑っていた。

「ルリイにホテルで触られた時は、自分を保つのに懸命でした…」
男を知らないままの女盛りの色香を漂わせる艶めかしいカラダに、淫らな妄想を膨らませた豪徳寺は、怯えるシスターの手を取って邪悪な熱気をはらんだ股間に押しつけた。
「あなたもルリイが実の親に犯されるなんて、みたくないでしょう」
抵抗するそぶりのない肉感的な修道女に倒錯した興奮を昂ぶらせた豪徳寺は、しなやかな指先で社会の窓を下げさせるとビンビンに反り上がったそれを直接触らせる。

「あの、私は…、主に我が身を捧げて…」
手の平に熱い脈動を伝えてくる豪徳寺のソレにうわずった声を漏らすシスターは、女盛りのカラダの奥から湧き上がるメスの本能に、冷静な判断力を駆逐されていた。
「私も心は、ルリイの母に捧げました」
戸惑いながら女の色香を漂わせる肉感的なカラダにニンマリした豪徳寺は、腰に回した手を伸ばし、修道服越しのオマタに指先を食い込ませる。

「お、お許し、下さい、はああ…、身も心も主のモノ、ああ…」
強圧的な態度で迫ってくる中年紳士のケダモノじみた欲望に、シスターアンジェラは逆らえなかった。

大富豪の権力者を怒らせたら、せっかくの多額の援助がフイになってしまうという気持ちもあったが、それ以上に頂点に立つ男が持つ独特の威圧感に蹂躙されることを、奉仕するコトを生き甲斐にしてきたシスターの女体の奥に潜むサガが望んでいた。

「ああっ、だめ、くっ…、はあ、です…、はっ、ああっ、許して…」
オマタに食い込んだ淫らな指先に女の中心部を刺激されたシスターは、悩ましげな表情で甘えた声を漏らし、修道衣に包まれた火照った女体を切なげにくねらせる。
「やっ、あっ、ああっ、だ、あんっ、だめえ…」
貞淑な修道女の顔に淫靡なメスの雰囲気を漂わせたシスターは、股間に誘い込まれた手でギンギンに反り上がったそれをぎこちなく愛撫していた。

みなしごルリイ パパと呼ばないで (11)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 20:51:28 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old