FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (78)結婚の誓い

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (78)結婚の誓い

「ネエちゃん、はあっ、オレのコト好き、はあっ、なんだよね…、はあっ、オレも好きだよ」
はあ、きもち、ええっ…、ネエちゃんは、一生、オレのオモチャだ…。
半ムケチンポを根本まで突き刺して欲情した女体にのしかかる変態は、スケベ笑いに緩んだ顔で快感にもだえる美紀の顔をのぞき込む。

「な、なに?…、あ、ああ…、す、好きよ…」
肉棒に満たされた膣を下腹に押しつけられたバカ弟のカラダに圧迫されて、美紀はもだえのけ反っていた。

どSな魂胆のこもったイジワルなセリフも、今の美紀にはまともに通じてなかった。

「はあっ、ネエちゃん、はあっ、結婚してください、って、はあっ、言うんだ」
これから毎日、こうやって、悦ばせて、やるかな…。
下腹を密着することで膣の締め付けを倍加させた変態は、キツク締めつけてくるヒダヒダ粘膜の刺激に荒い吐息にまみれてうわずった声を漏らす。

「んんっ、あっ、だ、ああっ、いっ、ああっ、結婚、ああんっ、して、はあっ、くださいっ」
美人姉はムリヤリ高められた膣圧の中でズリズリとピストン運動を繰り返す肉棒に、下半身の内側が焼けるような快感に襲われていた。

カラダのあちこちで爆弾がいくつもはじけるような気絶しそうな官能の悦びに、ヨダレを垂らし白目を剥苦美人姉は結婚の誓いを強制宣誓されられていた。

「よし、はっ、ネエ、はっ、ちゃん、はっ、ずっと、はっ、オレの、はっ、もんだっ」
くっ、やった…、んっ、ま、まいにち、はっ、やりほうだい、はっ、ぜえっ…。
天井に向かって突き出すピンク乳首を指のマタに挟んで、半球型の美乳をグニグニと揉みまくる変態は、子供の頃からの深層意識にずっと押し込めていた願望を叶えてまさに有頂天だった。

美人姉の艶めかしい女体をムチャクチャに愛撫するモリオは、腰の回転を上げてネットリしたシブキを飛ばしまくっていた。

「ひっ、あっ、もっ、もうっ、だっ、あっ、いっ、いっちゃ、うっ…」
ズンズンと激しく突き上げられた女体が波打つように柔らかく揺れる。

アゴを突き上げてよがりもだえる美紀は、ツヤツヤした髪を振り乱し、大きく広げた太ももにスジを浮かべてピクピク震わせ、足指を緊張させて内側に曲げていた。

「あっ、はっ、でっ、あっ、でる、うっ…」
くっ…、あっ…、もうっ、あっ…、でる、うっ…。
裏スジにしびれを感じた変態は、汗のにじんだ柔らかいカラダを抱きしめると、ふくれあがったチンポを思いっきりねじ込んだ。

「あっ、ああっ…、いっ、いっぱい…、ドクドク、ああっ、してるうっ」
子宮口で爆発した熱い粘液に背筋を反らせた美紀は、快感の絶頂の興奮でバカ弟の背中に爪を立て、腰に絡めた両足をギュッと締めつけていた。

「ああっ、ネエちゃん、おおっ、いいっ…」
はううっ、キツイ…、ああっ、ええっ、ええどおっ…。
血のつながってない美人姉にナマナカ出ししたバカ弟は、背中が焼けるような痛さと腰の締めつけに目を剥きながら、放出の快感を味わっていた。

「あ、ああっ、はっ、はあっ、はあっ…」
ただれた快感の大波をかろうじてこらえた美紀は、四肢を緩めてグッタリすると、脱力してバカ面をさらすモリオの重さを愛おしく感じていた。

「はあ、はあっ、ああっ、はあっ」
あ、ああ…、ああ…。
力の抜けたカラダからダラダラと汗を垂らす変態は、かすかに痙攣する柔らかい女体の感触を確かめるように、ゆっくりとさすっていた。

「ねえ…、赤ちゃん、できたら…、産むから…、ね…」
快感のさざ波に揺られて絶頂後の余韻を味わう美紀は、ザーメンがたっぷり注ぎ込まれた子宮を感じながら、モリオの赤ちゃんが産みたいとぼんやり考えていた。

魔法のスティック (79)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:04:29 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (77)ネエちゃんにやりたい放題

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (77)ネエちゃんにやりたい放題

「ほらっ、これで、オナニーしなさい、変態っ」
欲求不満呼ばわりされて癇癪袋の緒が切れた美人姉は、キレイに揃えた眉をつり上げて負けずに睨むバカ弟を罵倒すると、スケスケキャミを乱暴に脱いでたたきつけた。

「どっちが、変態だよ、乳首がおっ立てるぞ、ひひひっ、ほらっ…」
火照った女体の温かさを保ったスケスケの生地を顔にかぶせられたままスケベ笑いすると、変態弟は半球型の美乳の先端でプルプル揺れる乳首を爪弾く。

「な、なにすんのよっ」
感じる部分の乱暴な愛撫に一瞬ひるんだ美紀は、艶めかしい全裸の柔肌をさらしていた。
「変態、死ねっ、バカッ」
感じてしまった恥ずかしさで頬を染めた美紀は、悔し紛れにあぐらの股間にスベスベした脚を振り下す。

「おっと、こっちはどうだ」
姉が激高するのに反比例するかのように、逆に落ち着いたバカ弟は大事な息子を踏みにじろうとするキレイな脚を抱きとめると、抜け目なく薄い茂みの奥に手を指しこんだ。
「おほっ、濡れ濡れだよ、こりゃ、確実に欲求不満だな」
ムッチリしたハダカの腰肉に抱きついた変態弟は、ヌメリ気を帯びた切れ目に指を差し込んで憎たらしい笑い声を上げると、感じる突起をクリクリと刺激する。

「ば、ばかあっ、へんたいっ…、やだ、ああんっ、いやあっ」
抱きついたモリオの荒い息に下腹の柔肌を刺激される美人姉は、一番感じるポッチを包皮から剥かれてイジられても悔しがるだけで反撃できず、支えのない汗がにじんだ上半身を頼りなげによがらせる。

「うひひっ、どんどん出てくるぞ、ネエちゃん、これナニ?」
親指でポッチの刺激を続けながら膣口に二本指を挿入した変態は、あふれ出る愛液をかき出すように乱暴にかき回す。

「やっ、あっ、だめえっ、ああっ、やっ、やだあっ」
ポッチと膣ナカの同時攻撃になすすべもない美紀は、二つのキレイな乳房を変態の頭に押さえつけてひしゃげさせ、どMな被虐色情の快感にもだえながら抱きついていた。

「そういえば、ウンチ…、臭かったぞ」
快感にまみれて腰砕けに抱きついてくる姉の柔らかい女体にニンマリした変態は、朝の浣腸プレイで言葉責めすると、お尻の中心に手を伸ばしてシワの寄った菊門の中心に指を侵入させる。

「やっ、ああっ、いやあっ、言わないでえっ、だっ、あっ、いっちゃうっ」
排泄器官へのぞんざいな愛撫でどM奴隷としての本性を意識の表層に浮き上がらせた美人姉は、立っていることが出来ずに弟にしなだれかかる。

弟のカラダにまとわりつく欲情した女体は二穴とクリトリスの刺激で頂点に突き上げられ、シットリした柔肌をヒクヒクと波立たせながら、湿った甘い吐息にまみれていた。

「イッちまえっ」
二穴を攻めながらのたうつ女体を下半身で支えた変態は、加虐色情をにじませた残酷な笑いを浮かべると、気合いを入れた指マンでクチュニュチョとイヤらしい音を響かせる
「やっ、いくっ、いくっ、いっちゃうっ」
内臓がかき出されるような乱暴な愛撫はどM奴隷を絶頂に突き上げた。快感の大波に耐えきれなくなった女体がビクンと緊張し、二本指に陵辱された濡れ濡れの亀裂からピュッと潮を吹く。

「や、ああ…、やだあ…」
ぞんざいな指先の愛撫でイッてしまった恥辱の昂ぶりで、美紀は閉じた目からコロコロ涙をこぼして泣き出した。

「じゃあ、こんどは、オレの番だな」
泣き声を漏らす女体をベッドに抱え上げた変態はムッチリ太ももをM字開脚させた。
「ネエちゃん、入れるぞ」
湯気が上がりそうな濡れ濡れトロトロマ○コにニンマリしたエロガキが、悩ましげに脱力した女体にのしかかり怒張した半ムケチンポを膣口にあてがう。

「いや、あっ…、ああっ、はっ、あっ、ああっ」
イッた直後で体に力が入らず、美紀は無抵抗で血のつながらない弟の肉棒を挿入されていた。

「あ、あったけえ、きもちいいぞ…、ネエちゃん…」
ギンギンに反り上がった肉棒にヌルヌルトロトロの膣粘膜が絡みついて来て、変態弟はうれしそうなバカ面をさらしていた。

「や、やだあ…、ああっ、や、ああ…」
熱い肉棒を根元まで挿入された美紀はギュッと目を閉じて目尻から涙をこぼした。

どM奴隷の本能はバカ弟に欲望のまま強姦気味に犯されても、血のつながらない関係を宣言したオスと結ばれる幸せを感じて、はしたなく広げられたオマタの中心でサオの形にムリヤリ広げられた花びらのスキマから、ネットリしたいやらしい汁を垂れ流していた。

魔法のスティック (78)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:25:10 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (76)姉弟ゲンカ?痴話ゲンカ?

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (76)姉弟ゲンカ?痴話ゲンカ?

「…、でも、ネエちゃん、姉弟だからって…」
ムチムチプリンな胸に顔をうずめて美人姉の本心の告白を聞いていた変態弟は、ダメ男の面目躍如と言うべきか、拒絶された時を思い出して間の抜けたセリフを口走っていた。

「はあ…」
乙女心をキュンキュンさせて甘い愛のささやきの期待にドキドキしていた美紀は、期待はずれなバカ弟にちょっとキレた。

「そうよっ、でも、血はつながってないの」
キレイに整えた眉の間に皺を寄せた美紀は、匂い立つような脚線美でモリオをベッドから蹴り落とし、もう一つの秘密を口走ってタンカを切った。

「いてえ…、なに?…、それ?…」
フンと鼻息を鳴らして仁王立ちする姉が髪をなびかせる凛々しい裸体に見とれたモリオは、自分だけ知らされてなかった家族の秘密を初めて聞かされて混乱していた。

「…、アンタはね、ご両親が事故で死んじゃって、天涯孤独になったかわいそうな子だったの」
小さいときから秘めてきた恋心を告白してしまった美人姉は、はっきりしないモリオの態度を拒絶だと感じていた。
「死んだご両親の友だちだったお母さんが、アンタを引き取ったのよ」
告白の高揚感と失恋の絶望感が綯い交ぜになって混乱気味の美紀は、つい口走ってしまった勢いのままモリオの知らない過去を語っていた。

「…、それ、ホント?…」
ひた隠しにされてきた事実を興奮した口調で赤裸々に語る美紀のせいか、心の拠り所だった家族が実は他人だという事実が重すぎたせいか、バカ弟は逆に落ち着いていた。

女の子たちに対する悔恨で落ち込んでいたのを忘れたかのように、モリオは気の抜けた顔で平板な声を漏らす。

「ホント…」
のほほんとした顔で問いかけるバカ弟のおかげで、今度は美紀が取り乱した自分を冷静に振り返っていた。

「だから戸籍上は姉弟だけど…、アンタと私は、結婚だって…、できるのよ…」
美人姉は仁王立ちするはしたない姿を恥じて、スケスケキャミだけのほとんど全裸のカラダにシーツを巻くと、お互いの法的な関係をためらいがちに宣言した。

「ネエちゃんと…、オレが、結婚する?…」
あぐらをかいた股間にさっきまで元気ビンビンだった息子をダランと下げたバカ弟は、やっぱりまだちゃんと理解出来ずに美人姉の言葉を反芻していた。

「…、あくまでも、法律上認められてる、ってだけ、だけどね…」
結婚の二文字に乙女心をチクリとされて、胸のシーツの合わせ目をギュッと引っ張って押さえた美紀は、照れたような横顔を見せてつぶやいた。

「そうか…、オレ、ネエちゃんと結婚したい」
美紀が好きかどうかはよくわからなかったバカ弟だったが、結婚に関してはなぜか即答していた。

「え…、アンタ、正気?…、何言ってるのか、わかってんの?」
はっきりしなかったバカ弟が急に明確な意思表示したことに思わず腰の引けてしまった姉は、戸惑いがちに本心を問いただす。

「だってオレ、ネエちゃんとずっと一緒にいたいし」
モリオは自分でも驚くぐらい落ち着いていた。落ち着きない姉と対照的にゆったりあぐらを組んでリラックスしたバカ弟は、思ったままを口にしていた。

「アンタ、適当なコト、言ってるんじゃないの…、そっか、寝ているところに忍び込んだのを、お母さんに黙ってて欲しくて、そんなこと、言ってるんでしょ…、いいわよ、言わないから」
真っ直ぐに見つめるバカ弟の視線が恥ずかしくて、今まで言いたくても言えなかった気持ちが受け入れられたうれしさで、美紀は少女のようにドキマギする本心と逆に強がって饒舌になっていた。

「べつに、そんなつもり無いけど」
いつも威圧的な姉が動揺する様子がおかしくてバカ弟がつい笑いながら応えると
「ウソッ…、アンタ、私の下着で、ヘンなコトしてるしょ…、知ってるのよ、変態っ」
その笑顔についカッとなった美紀は、変態弟が使用済み下着でオナニー行為に耽っていることを暴露してしまった。

「う…、な、なんだよ、電車で…、自分からお尻、触らせたクセに…、この欲求不満オンナッ…」
なんとなくバレているとは思っていたが、面と向かって言われると常習的な変態行為を厳しく責められる気がして、頭に血が上ったモリオは電車内で抱き合ったことを持ち出した。

「欲求不満じゃないわよっ、アンタなんて、チンチン、大きくしてたじゃないっ」
ムキになって言い返すモリオに美紀もケンカ腰になっていた。大きく一歩踏み出してカラダに巻いたシーツからムチムチ太ももをさらした美人姉は、ヒザに手をついて深い胸の谷前を見せつけるように上半身を乗り出し、はしたないセリフを口走るとにらみつけるバカ弟に眉を逆立ててガンを飛ばしていた。

魔法のスティック (77)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:09:30 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old