FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (75)ネエちゃんの本心

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (75)ネエちゃんの本心

「モリオくん、ごはんは」
モリオが家に着く頃には日は落ちて暗くなっていた。母の真紀が帰ってきたモリオに声をかけたが
「食べてきたから、いらない…」
気の抜けた声で応えたモリオは力なく階段を上がって自室の閉じこもった。部屋に入るなりベッドに倒れ込んだモリオはそのまま寝ていた。

「あ…」
寝ちまっ、てたか…。
目が覚めるとシンと静まりかえった真夜中で、ずいぶん寝ていたのだと思った。

「はあ…」
ネエちゃん…。
階下に降りてシャワーを浴びたモリオは、脱衣所で適当に水気を拭きながら洗濯物から姉の使用済み下着を漁った。

シャワーを浴びてもまだシャキっとしない変態は、カワイイ布きれを手にとっていい匂いに混じったメスの匂いを嗅ぐと、姉の美紀の部屋に向かった。

「ネエちゃん…」
静かにドアを開けると美紀は入り口に背を向けて寝ていた。

女の子らしいいい匂いのする部屋に忍び込んだエロガキは、腰のくびれからお尻にかけてシーツが描く柔らかい曲線がヤケに愛おしく感じた。

「ネエ、ちゃん…」
シーツに潜り込んだエロガキは、スケスケキャミだけをまとった裸体に後ろから抱きついて情けない声を漏らす。

「ネエちゃん…」
寝たフリをした美紀がなにも応えないので、なんだか捨てられた子供のような寂しさに襲われたガキは、半ベソでスベスベした背中にすがりついていた

「!…」
突然寝返りを打った美紀がモリオを抱きしめる。
「ネエ、ちゃん?」
温かい柔らかさに全身が包まれた気がしたエロガキは、涙に濡れた顔を深い谷間にうずめていた。

「アンタが…、ホントに私のコト、スキなら…」
キャミからあふれそうな張りのある弾力に顔をうずめて、トクントクンと響く優しい鼓動を感じていると、頭の上で声がした。
「これからも、させてあげる…」
自分でもよくわかってないようだが、欲望のまま女の子たちを踏みにじってきたコトを後悔するエロバカに、その声は母の無償の愛を感じさせる温かい響きがあった。

「でも、好きでもない人と、しちゃ、ダメ…」
美紀はゆっくり手を回すと、嗚咽に震える背中に優しくなでていた。
「つらくなるだけだから…」
落ち込んだ気持ちを見透したような平板な声がバカ弟の胸にズキンと響く。

「私より、好きな人がいるなら…」
そこまで言って美紀はモリオをギュッと抱きしめた。
「私と…、しちゃダメ…」
深い谷間を押しつけられたバカモリオが窒息しそうになっていると、悲しそうなささやきが静かな部屋に響いた。

不思議なチンポの魔力にのぼせ上がり、女の子たちの優しい気持ちを踏みにじってきたエロバカに、美紀の静かな問いかけはいちいちズキズキと響いた。

「うう…」
美代の横で女の子座りする史代の姿が蘇ってきて、肩を震わせたモリオはみっともなく泣きじゃくり、張りのあるツヤツヤした乳房を涙で濡らしていた。

「…、ネエちゃん…」
柔らかくて温かい女体にギュッと抱きついたエロガキは泣きながら、いつの間にか元気になっていた半ムケチンポを、ムッチリした太もものスキマに差し込んでいた。

「アンタが、私を好きなら…、いいわよ…」
エロガキの泣きベソ顔を両手で抱え上げた美紀が、不安げないじましい視線を無表情に受けながら、優しくささやく。

「ネエちゃん…、オレのコト…、好き?…」
端正な美しい顔に見つめられたモリオは、情けない顔でポロポロ涙をこぼしながら、聞くつもりはなかったのに美紀の気持ちを聞いていた。

「…、好きに決まってるでしょ…、アタシが好きでもない男に、やらせるとでも思ってるの」
エロバカのなにも考えてない問いかけに、ちょっと怒ったような顔を見せた美人姉はちょっと強気な口調で本心を吐露した。

「アンタが、私の初めての、男よ…」
大きな目が涙で潤んだ瞬間ギュッと閉じられて一粒キレイな涙をこぼれた。火照った艶めかしい女体がエロガキのカラダをキツク抱きしめる。

言わないでいるつもりだった秘密を口走ってしまった美紀は、気持ちの昂ぶりを示すように潤んだ秘所に、反り上がって食い込む熱いソレにドキドキしながら、シャワーで濡れた頭に顔をあて、バカ弟が何か言うのを待っていた。

魔法のスティック (76)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:41:55 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (74)変態の悔恨

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (74)変態の悔恨

「うっ、よしっ、タマタマナメナメ、くっ、した、ご褒美だっ」
そろそろ、こっちをイカせるからな…。
メガネッ娘のスリムでムチムチの艶めかしいカラダにしがみついて、ネットリ濡れた半ムケチンポの出し入れを続ける変態は、
「おっ、コレでしばらく、ううっ、遊んでろ」
美代は、どっか、行ってろ…。
美代の濡れた花びらの中心に電動バイブをツッコンで突き放した。

「やっ、あっ、やだあっ、ああっ」
淫乱人妻のカードで購入したイボイボ付き電動バイブが、ソファから転げ落ちてまんぐり返しの体勢でお尻を高々と上げ、それを咥え込んで広がったあそこを丸出しにするマヌケな美人教師を、泣き声混じりにもだえさせる。

「なにやってんだ、いいぞっ、そのまま、そいつにかわいがってもらえ」
なんだ、透明人間かよ…、おもしれっ…。
スーツを着たカラダを柔らかく折り曲げて開脚する美代が、まるでリムーバルチンポとそれにつながった透明な強姦魔に犯されているように見え、エロガキがうわずった声で罵声を浴びせる。

「あひっ、やらあっ、あくっ、ん…、へんへえ、らめえ…」
美人教師のオマタを舐めまくっていたレズメガネッ娘は、厚めの唇のハシからヨダレを垂らしながら、オモチャを取り上げられた子供のようにむずがる。

しかしニーハイと紺ミニスカ以外ははぎ取られてスベスベした柔肌をさらす発情したメスは、エロガキがムッチリ腰肉にしがみつきバックから挿入する音をパンパンと響かせ、切なげによがりロングヘアを左右に踊らせていた。

「おらっ、出してやる、ぞっ、おっ…、く、うう…」
くるっ、いくぞっ、おっ…、く、あっ、きもち、ええっ…。
裏スジに熱い込みアゲを感じたエロ高校生は、初めて体験する官能の悦びの汗で湿った女体にしがみつくと、Cカップの乳房を握りしめてふくれあがった半ムケチンポを根元まで突き刺す。

「やっ、やら…、ナカ、やらあっ…」
膨らんでズルムケになった先端で子宮口をこじ開けられ、ボルチオ性感帯を刺激されたメガネッ娘は未知の感覚に白目を剥き、子宮に注ぎ込まれる熱い粘液にのけ反る。

「おっ、きっ、きつっ、うっ、いいっ…」
おおっ、キツイぞっ…、くうっ…、いいっ、がや…。
女体の芯で爆発する白濁液に膣をキュウウッと締めつけた若い女体は、ドクドクと脈動するチンポをきつく締め付けていた。

初めてのナマ本番でエクスタシーに達してチンポを締めつけてくる女体に、変態はご満悦だった。

「やあっ、モリくん、美代にもズコズコ、してえっ」
床に転がってイボイボ電動バイブに陵辱される淫乱教師は、ナマ放出の快感にバカ面をさらす生徒に、泣きそうな顔ではしたないおねだりを口走る。

「せんふぇえ…、ふみよ…、犯はれ、ひゃっら…」
変態の欲望の餌食になりピュアなカラダを穢されたメガネッ娘が、のそのそとソファから起き上がり、バイブにもだえる変態教師の横にへたり込む。

45度の角度で開いたニーハイの太ももの根本から、白濁した汁が垂れて床に溜まっていった。

「じゃあ、おまえが、美代をイカせてやれっ」
なんだ、コイツ…、おれがオンナに、してやったのに…。
まだ酔いからさめてない女になったばかりのメガネッ娘が悲しそうに美代に寄り添う様子に、
女同士で、乳繰り合ってろ…。
エロガキは急に癇癪を起こすと、突き上げたお尻の奥に突き刺さったバイブを持たせてかき回す。

「ひっ、や、だっ、だっ、やっ、ああっ、いっ、いっちゃっ、ああっ」
マヌケにもまんぐり返しの体勢を続けていた美代は、オマ○コに突き刺さったイボイボバイブを乱暴に出し入れされて、どMな昂ぶりに成熟した女体を震わせるとイッていた。

「おらっ、よかっただろ」
なんだよ、コイツら…。
淫乱教師の秘所に突き刺したバイブを握ったまま床にぺたんと女の子座りし、快感の頂点によがる美代を潤んだ目で見つめる史代の悲しそうな顔が、モリオの心にズキンと響いた。

「オマエも、先生イカせて、満足だろ」
もう、知らん…。
なにか自分がとんでもない悪事を働いたような罪悪感に襲われたモリオは、みっともない捨てゼリフを残してカラオケボックスから出て行った。

調子に乗って1日に何人もの女性を毒牙にかけた変態は外に出て、心が空っぽになったようなむなしさにさいなまれた。別人のようにしょげかえった変態高校生は、全身がきしむような徒労感に押しつぶされそうになりながら、かろうじて自宅にたどり着くことが出来た。

魔法のスティック (75)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:15:37 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (73)仲良く3P

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (73)仲良く3P

「うるせえな、とっとと来いっ」
ちっ…、めんどくせえっ…、かわいがってやるから、来いつうのっ…。
メガネッ娘のキツキツマ○コにナマ挿入していい気分だった変態は、美代の悲しい訴えに罪悪感を覚えたが、どSな異常性欲を押しとどめるほどではなかった。

「おらっ、良くしてやるからっ」
涙目で見つめる美人教師の手を掴んだ変態は史代の横に押し倒す。

ほら、濡れ濡れじゃねえか…、淫乱教師が、カッコ付けてんじゃねえよ…。
タイトミニに手をねじ込んでシットリした太もものナマ肌をさかのぼり、スケスケシルクパンティのあの部分に指を突きつけた。

「ああっ、やだあ…、やめてえ…」
モリオとのただれた関係を妄想して勝負パンツをエッチな汁で濡らした淫乱教師は、変態3Pプレイの心理的抵抗からご主人様の腕を引きはがそうともがいたが、成熟した女の下半身はぞんざいな指先の愛撫に反応してエッチな汁をあふれさせていた。

「はへ?…」
艶めかしいスキマを見せる厚めの唇をニヤける変態に嬲られる史代は、強引な半ムケチンポナマ挿入に官能の悦びを覚え、メスの欲情に目覚めはじめていた。
「らくら(佐倉)へんへえ(先生)?…」
タイトミニをムリヤリズリ上げられてナマ太ももの根本を乱暴にイジられる美代の切なげな横顔に、鼻にかかった悩ましげな声を漏らす。

「え…、皆藤さん?…」
その声に横を向いた美代は、そのときやっとモリオに陵辱されているのが3年の皆藤史代だとわかった。

小説好きのメガネッ娘は美人国語教師のお気に入り生徒だった。授業後の質問で上目遣いに見つめる仕草にレズっぽい空気を漂わせるロングヘア美少女を、美代は勉強熱心なカワイイ生徒だと思っていた。

「なんだよ、知り合いか…、だったら、乳繰り合えっ」
3Pだからな、女同士で、カラミあわねえとな…。
美代を見つめる史代の目に同性愛的な淫靡な輝きを見た変態は、メガネッ娘のレズ性向を直感した。

「えっ、やっ、あっ、やらあっ」
キツキツマンコからいったん半ムケチンポを引き抜いた変態は、肉欲に目覚めた女体を着乱れた美人教師の女体に重ねてまたがらせると、バックから突入した。

「ふんっ、おまえの、うっ、大好きな先生に、チューして、やれよっ」
うっ、バックも、いいなっ…、おらっ、レズメガネ、せいぜい、楽しめっ…。
美人教師のスケスケシルクパンティの上で大マタ開きした美少女を陵辱する変態は、ロングヘアが乱れた頭に手をあてると、状況が飲み込めないでいる美人教師の顔に押しつける。

「やらっ、あひゃっ…、へんへえっ(せんせいっ)、ろれんははいっ(ごめんなさいっ)」
ムリヤリだったが以前から恋心を抱いていた美人教師の困り顔を至近に見つめたメガネッ娘は、ギュッと目を閉じると厚めの唇をシャインリップの唇に重ねていた。

「うっ…、はうっ、ああっ、なんで、ふああっ…」
憎からず思っていたとはいえ、いたってノーマルなどM奴隷は女生徒に唇を奪われて、潤んだ目を見開く。

バックからナマ本番されながらレズ気を熱くするメガネッ娘の太ももを抱え上げた変態は、その下敷きになった美人教師のスケスケパンティをムリヤリズリ下げると、ひざから下は足の指で引き下げた。

「先生を、気持ちよく、してやれっ」
この変態女っ、オレ様が入れる前の、ぐへへっ…、準備しとけっ…。
美少女に唇を奪われる美人教師を目前で眺める変態はどSな異常性欲を熱くしていた。

ただれた3Pを妄想した変態は、美代を体位変換させた。

「あんっ、モリくん、やめてえっ」
美代の大マタ開きさせたノーパン股間を抱え上げた変態は、濡れ濡れマンコにレズメガネッ娘にお口の愛撫をさせようと、シックスナインの体勢に二つの女体を重ねる。

「へんへえっ、ふひいっ(好きいっ)…」
美人教師の濡れ濡れオマタに顔をツッコまされた史代は、肉欲にまみれたレズ気に支配されていた。

ニーハイが食い込んだ太ももで愛する美人教師を締めつけた史代は、ツユに濡れて開花寸前の花びらを両手で広げると、あふれる泉に舌を伸ばしてペロペロ舐め出す。

「美代、オレ様のタマタマを、ナメナメしろ」
キツキツ処女マ○コに肉棒を勢いよく出し入れし、泣き出しそうな美代の顔にぬめったしぶきを飛ばすモリオは、玉袋を愛撫するように命令する。

「やあっ…、ああっ、そこ、いやあっ…、はあっ、ちゅうっ、にゅちゅっ、ちゅるっ」
最初は抵抗した美代だったが、メガネッ娘のバック陵辱を続けるモリオが、ぱっくり開いた尻タブの中心に指を差し込んで挿入を開始すると、倒錯したメスの欲情を誘われて目前でブラブラする緩んだ皮袋を頬張ると、舌を絡めてクチュクチュした。

魔法のスティック (74)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:39:59 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old