FC2ブログ

== セレブ女子有華 ==

セレブ女子有華 (15)クラスメイト

ろま中男3 作品リスト
セレブ女子有華 目次

セレブ女子有華 (15)クラスメイト

「は、あっ、ああっ、い、いっちゃ、うう…」
そこ、あ、いいっ…、あっ、あんっ、ああっ…、んっ、あっ、いき、そう…。
公園の木立の中で四つん這いのドッグスタイルでお尻を突き出す有華は、濡れ濡れの切れ目に差し込まれた指先で膣粘膜をクチュクチュかき回される刺激に悦び、カワイイ顔に淫靡な雰囲気を漂わせていた。

「あ…、大丈夫みたいだ、学校行きなさい、遅れるよ」
不似合いなフェロモンを立ち上らせる若い女体にエクスタシーの高まりを見た変態男は、突然指を引き抜いていやらしい愛撫を中断した。

「えっ…、あの…、は、はい…」
ああ、どうして…、もう少し、ああん、だったのに…、でも、はあ、学校に、遅れちゃうし…。
中途半端な愛撫に不満そうなふくれっ面を見せた有華だったが、自分から続きをおねだりすることも出来ずに、力なく立ち上がると乱れた制服を直して頭を下げた。

「じゃあ、気を付けて」
ワザと途中で切り上げて未体験美少女をジラした変態男は、チェックミニスカのお尻を軽くスパンキングした。
「ひっ、あ、はい…、ありがとう、ございました…」
お尻の軽い刺激にのけぞってまぶしそうに空を仰ぎ見た有華は、あそこからピュッと汁気を飛ばしたが、ゆっくり振り返るとウットリして目で奥村に妖しい笑みを見せると、怪しい足取りで公園を出て行った。

今日一日、どう過ごすかな…、しっかり、調教されて来いよ…。
若い女体に官能の火種を残したまま送り出した変態男は、ノーパンで1日過ごすはずの有華の女子校での調教を妄想して、股間のモッコリをビクビク震わせていた。

「有華さん、おはよう、急がないと遅刻だよ」
発散されないメスの昂ぶりを抱えたまま通学路をぼんやり歩く有華に、同級生が声をかけて足早に通り過ぎていく。真面目な優等生だと思われている有華は、同級生からさん付けで呼ばれていた。

「あ、おはよう…」
チェックミニスカのスソを揺らしてパタパタをかけていく少女の後ろ姿をぼんやり見た有華は、誰だか思い出せなくてちょっと考えたが、遅刻の言葉にハッとなって駆け出した。

遅刻…、あ、だめ、遅れちゃうっ…。
小学校から通う女子校で無遅刻無欠席を通してきた有華にとって、遅刻はまさに恐ろしいコトだった。ノーパンの恥ずかしい場所が見られるかもしれないことなど忘れた有華は、ミニスカをハデに揺らして走っていた。

ああっ、きもちいい…。
はしたない姿を見せるのを恐れるどころか、オマタを通り過ぎる朝の風に火照ったおそそを冷やされて、気持ちいいとまで思っていた。

ありゃ、おもったより、元気だな…。
急に走り出してニーハイの脚線美を躍動させる美少女を、公園を出て有華の後をつけていた奥村は意外な気持ちで見ていた。不審者に見られないように気を付けながら追いかけた変態細マッチョは、有華が無事学校にたどり着いたのを見届けると来た道を引き返した。

間に合った…。
ハアハアと息を荒くして豊かな胸を忙しく上下させる有華は、靴箱で履き替えながら遅刻しないで済んだことにホッとしていた。

「間に合ったね、有華さん、今日、Tバックなの?」
そこへさっきの女生徒が声をかけてきた。いつの間にか追い越していたらしい。
「え、あ…」
しまった、見られちゃった…。
靴を履き替えようとしゃがんだ拍子にミニスカがまくれてお尻が見えたらしい。その声にビックリしてお尻を押さえて振り返った有華に
「ウソウソ、真面目な有華さんが、そんなの履くはずないもんね」
ニッコリ笑った少女は有華の動揺などお構いなしにしゃがむと、折りたたんだまばゆい太ももをムッチリさせて靴を履き替えていた。

「でも、珍しいね、有華さん、いつも早いでしょ」
教室向かう廊下でなついてくる名前が思い出せない同級生は、どうやらいつもこの時間に登校するらしく、通学路で一緒になったことをなんだか喜んでいるように見える。
「ちょっと、気分が悪くなって…」
誰だっけ…、見たことあるけど、思い出せない…。
教室では一人で本を読んでいることの多い有華は、クラスメイト全員の顔と名前を覚えてなかった。

「大丈夫、保健室行く?」
「あ、大丈夫だから…、心配かけて、ごめんね」
心配そうにのぞき込んでくるカワイイ顔を見た有華は、とっさにウソをついたことが申し訳なくてムリに笑顔を作って謝っていた。

「そう、調子悪くなったら、言ってね…、でも、有華さんと話すの、初めてだね」
髪をツインテールにまとめた美少女は、その応えにニッコリうなずくと腕を絡めて抱きついて来た。まだ成長途中の胸を赤いリボンと一緒に押しつけてくるロリ美少女は、有華とはじめて会話したことがうれしいのか、ビックリしたような大きな目で戸惑う有華の顔を見つめていた。

セレブ女子有華 (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:07:47 ━ Page top ━…‥・

== セレブ女子有華 ==

セレブ女子有華 (14)指先で

ろま中男3 作品リスト
セレブ女子有華 目次

セレブ女子有華 (14)指先で

「あ、ああん…、ワンちゃん、許して…、だめですう…」
はっ、そこ、あっ、いっ、いい…、ああっ、だめえ…、
感じる柔らかい肉をベロベロと舐め回されるセレブ美少女は、鋭い牙で恥ずかしい部分を食い荒らされる恐ろしい妄想を、頭の片隅に浮かべてどMな猟奇妄想に怯えながら、
有華、ワンちゃんに、犯されちゃう?…。
官能の悦びで若い女体をよがらせてカワイイ顔に淫靡な雰囲気を漂わせ、獣姦で初体験する自らの運命を妄想して激しく萌えていた。

「あ、あんっ、はあっ、だ、だめえ…」
だめえ、そんなの、だめ…、逃げなきゃ…。
オマタを愛撫される甘美な刺激を振り切ってなんとか逃げだそうとした有華だったが、変態犬に背中を見せるその姿は四つん這いのドッグスタイルで、オス犬を誘う扇情的な姿だった。

おちんちん…、白い?!…、あれで、有華、初体験…、しちゃうのね…。
振り返って変態名犬の股間から伸びるペンシル状の細長い性器をチラ見した有華は、それに犯されてもだえる自分の姿を妄想し、フンフンと息を荒くする変態犬に獣姦されて清純な女体を穢される自らの悲運になかば酔っていた。

「あ、ああっ、ゆるして、ください…」
あ、あたってる…、はあっ、有華、犯されちゃう…。
のしかかってくる変態犬の白く伸びた性器を濡れたあそこにあてがわれて、いよいよ穢れ無き純潔をはかなく散らされると覚悟した有華だった。

「こらっ、あっち、いけっ」
オマエの役目は、そこまでだ…、よくやったぞ…。
犬コロ風情に有華の純潔をくれてやるつもりなど毛頭無い奥村は、そろそろ頃合いと見て樹の陰から飛び出ると、合体寸前の変態犬を追い払った。

「え…、あ、あれ…、オジサン?…」
あ、いっちゃった…、あれ、駅で…。
これからという時にしっぽを巻いて逃げ出した変態犬にまた放置プレイ状態に置かれた有華は、四つん這いであそこを丸出しにしたお尻を突き出したまま、駅で別れたはずの奥村をぼんやり見ていた。

「危ないところだったね、ケガしてないか、見てあげるよ」
オジサン呼ばわりされたことなど全く意に介さず、放心状態の有華に淫らな姿にニンマリした奥村は、ミニスカを背中までまくり上げるとツルツルしたお尻のナマ肌をなでて、心地いい弾力を楽しむ。

「あ…、はい…、ああ…」
おしり、はあ…、触られてる…、有華、オジサンに、犯されるの…。
エロエロモードの妄想美少女はお尻をまさぐるいやらしい手にゾクゾクしながら、犬チンポの代わりに人間のチンポで貫かれる自分を想像して、あそこの亀裂からねっとりした汁を垂らしていた。

「ここ、大丈夫かな」
美しい形を見せる球状のキレイなお尻をひととおりなで回して満足した変態細マッチョは、濡れ濡れのスジの両側に指を当てて、ゆっくりと開いていく。

「あ、ああん…」
ああっ、見られてる…、誰にも、見られたコトのない、有華の…、恥ずかしいところ…
あそこのまわりに肉に食い込む指先に、ビクッと火照った女体を震わせたエロ美少女は、自分でもはっきりと見たことのない恥ずかしいところを、マジマジとのぞき込まれてどMな欲情を熱く泡立てていた。

「なんか、透明な汁がドンドン出てくるな…、この中も、見た方がいいな」
処女のあそこをパックリと開いたど変態は、新鮮な女体から立ち上るメスのむせるような香りに股間を痛いほどビンビンにしながら、ダラダラと愛機を垂らす膣口に指を差し込む。

「あっ、んっ、あっ、くっ、ん…、ああっ…」
あ、そこ…、ああっ、はいって…、あんっ、だめえ…、エッチな声が、出ちゃう…。
犬チンポより太い指をグリグリと差し込まれた有華は、昨日逢ったばかりの男にイヤらしい仕打ちで嬲られて弄ばれる妄想を浮かべ、スベスベしたお尻をプルプル震わせて被虐色情に酔っていた。

「んっ、ここか、それとも、ここか」
患者を診断する医者の気分で濡れ濡れ亀裂に差し込んだ指を蠢かせる変態細マッチョは、官能の悦びにもだえる若い女体に倒錯した興奮を昂ぶらせて、痛いほどふくらませた股間にみっともなく腰を引いていた。

「あ、あんっ、や、ああっ、んっ、くっ…、ふああ…」
あ、そこ、奥まで…、あ、あたる…、ひっ、いいっ、あっ、いいっ…。
思いっきり指先をねじ込まれて、ヒタヒタに濡れたのあそこの肉をひしゃげられた妄想美少女は、伸びきった指先で子宮口までイジられて背筋を緊張させて切なげにのけぞると、サラサラした髪を木洩れ日にキラキラ輝かせていた。

セレブ女子有華 (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:38:40 ━ Page top ━…‥・

== セレブ女子有華 ==

セレブ女子有華 (13)通りすがりの名犬

ろま中男3 作品リスト
セレブ女子有華 目次

セレブ女子有華 (13)通りすがりの名犬

「はっ、はあっ…、ああっ…、み…、みせてっ」
うっ、あっ、ああっ、見え、見えない、ああっ…。
ビンビンの半ムケチンポを握りしめてこすり続ける童貞少年は、苦しそうだが興奮に紅潮した顔を荒い息にまみれて湿らせながら、ギリギリの線まで持ちあげられたミニスカの奥を懸命にのぞき込んでいた。

「ああん、ああっ…」
はあ、すごい…、ビクビクしてる…。
乱暴にシゴくチンポを見つめた妄想セレブ美少女は、汗をかいた手でミニスカのスソをギュッと握りしめ、新鮮な女体の奥からこみ上げる無自覚な官能の昂ぶりにもだえていた。

「あっ…、うう…」
うっ…、ああ…、で…、で、た…。
少年のエクスタシーは突然訪れた。裏スジを駆け上がる衝撃にウッと唸った誠次は、握りしめたチンポをめいっぱいふくらませると、開き気味の鈴口から白濁した粘液を噴出した。

「あっ、ああん…」
白いの…、で、出た…、あ、あれが…、ザーメン、なのね…。
いきなり爆発した粘液をまばたきもせずに大きな目で見つめた有華は、初めて見た男子が興奮の極致に到達する姿に圧倒され、カワイイ顔に不似合いな倒錯した興奮でシットリ濡れた女体を緊張させた。あそこからピュッといやらしい汁が飛んで、肩幅に広げた足の間にネットリした糸を引いていた。

「あ…、ああっ、わあっ」
…、し、しまった…、や、やばい…。
放出の快感にしばらく阿呆のように茫然としていた誠次だったが、突然我に返ると早漏の恥辱に真っ青になり、ションボリした皮カムリ息子をアタフタとしまって逃げ出した。

「え?…」
ウソ?…、これから、でしょ?…。
偏った性知識で構築された変態美少女はいかがわしい同人誌に見られるような、全身をヌルヌルにするザーメンシャワーが当たり前だと思っていたので、医者が注射前に針の先端から滴を飛ばすように、白濁液のほとばしりをただの先触れだと思っていた。
「や、やだあ…」
有華を…、メチャクチャに、犯すんじゃ、なかったの…。
よろけながら走り去る童貞少年の後ろ姿をうつろに見つめるノーパンエロ美少女は、偶然の放置プレイでジラされて、まだ男を知らない若々しい女体をメスの昂ぶりでよがらせていた。

なにやってんだか…、でも、グッジョブだ、少年…。
木陰から一部始終を観察していた奥村は、肝心なところで逃げ出す誠次のヘタレぶりに笑いが止まらなかったが、処女美少女をあっためる役目を充分に果たしたことに満足もしていた。

お、オマエ、ノラ犬か?…、でも首輪してるな…。
そこへどこからとも無く中型犬が現れた。垂れ目の愛嬌のある顔をした犬は舌をダランと垂らしてハッハッと息を弾ませていた。

おっ…、よし、あのおネエちゃんと遊んでこい…、いけっ…
マヌケ面の犬にまたまた有華の調教を思いついた奥村は、まだミニスカのスソを握って茫然とするエロ美少女に、なついてくるそいつを押しやった。

「…、あ、カワイイ…」
あ、犬だ…、目が垂れてて、かわいい…。
歩み寄ってくるマヌケ面を見た有華は、少女の顔になってしゃがむとピンと耳の立った頭をなで始める。

「えっ、や、やんっ、あんっ、だめえっ」
ひっ、えっ、そこ、あんっ、エッチ、舐めちゃ、だめえ…。
ニーハイのトップで微妙にくびれたの細身なナマ太ももをムッチリさせたその奥に、鼻を突っ込んだバカ面犬は濡れたスジをペロペロと舐めだした。

やっ、ああっ、だ、だめえっ…、ワンちゃん、そんなこと、しちゃ、だめえ…。
思いがけずエッチな愛撫を捧げられたエロ美少女は、少女のような優しい気持ちから淫乱なメスの欲情に支配されていた。オマタの濡れた肉にあたるハッハッと響く荒い息にも欲情し、制服姿の成長途中の女体を淫靡にうずかせていた。

「あっ、あ、あっ、ああっ…」
いやっ、ああっ、でも、はあっ、きもち、いいっ…。
スケベ犬の執拗な愛撫にパックリとオマタを広げた有華は、しゃがんでムッチリしたナマ太ももをプルプル震わせる。苦しそうにのけぞって悩ましげに目を閉じた美少女顔は、木々の間から差し込むまぶしい朝の木漏れ日をまだらに受けていた。

いいぞ、変態犬…、なんて、オマエは賢いんだ…。
指呼の間で繰り広げられる期待通りの獣姦ショウにご満悦の変態マッチョは、股間をビンビンにしていたが、切なげで淫靡な表情を見せる有華を見つめて倒錯した悦びを感じていた。

セレブ女子有華 (14)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:58:38 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old