FC2ブログ

== ハーレム ==

ハーレム (28)優子とセックス

ろま中男3 作品リスト
ハーレム 目次

ハーレム (28)優子とセックス

「よく言った、もっとお仕置きしてやる」
手のひらの熱さに女性に暴力を振るう後ろめたさを感じなくはなかったが、それ以上にサディステックな昂ぶりがオレを支配していた。紅葉模様をつけたスベスベお尻をこっちに向けて振り返る優子の怯えた目に、股間のソレをビンビンにさせたオレはどSなセリフをわめいていた。

「佐喜夫様…、ステキ…」
「麻友も、ぶってえっ、お仕置きして欲しい」
抱き合いながら床に転がってオレを見上げる麻里子と麻友がどMなセリフをつぶやく。

「あ…、オマエら、うるさいぞ」
二人の甘えた声にまた現実に引き戻されたオレは急にどSな気分がしぼんでしまった。とりあえず強壮剤の効き目が効き過ぎたビンビンの息子の収まりが付かないので
「優子、来い」
ソファに大マタを広げて座ると優子に目配せした。

「はい、失礼します、あ…、はああ…」
テーブルに上体を伏せてオレをうかがっていた優子はゴーサインにうれしそうにうなずくと、尻アナからスプーンの柄を突きだしたままオレの股間にまたがって、濡れた秘肉の亀裂でカリを咥え込む。

「ああっ…、佐喜夫様…、おっきい…」
オレの肩に手を置いてゆっくりと腰を下ろし、ムッチリ太ももをはしたなく広げたオマタの中心に肉棒を鎮めていく優子が、ウットリした切れ長の目でオレをねめつけ、吐息混じりのイヤらしいあえぎ声を漏らす。

「お、お…、く…、いいぞ…」
タイトミニスカを腰のくびれまでまくり上げて、艶めかしい下半身を丸出しにした優子の淫靡な顔に下腹のあたりがゾクゾクする。
「あ…、ジャマだ」
ヒダヒダ粘膜が絡みついて締めつけてくる気持ち良さにだらしなく顔を緩めたオレは、ゆでタマゴのようなお尻の感触を楽しむように手のひらで抱えたが、指先にスプーンに感じて引き抜いた。

「ひっ…、くう…、あ、はあっ、佐喜夫様…」
予告無しに菊門に突き刺さった匙を抜かれた優子は、ツヤツヤしたロングヘアを淫靡に踊らせてのけぞったが、同時にあそこをギュウッと締めつけてふくれあがった息子に仕返ししてくる。

「ぐっ…、あうっ」
万力で締めつけられたような圧力に今度はオレがのけぞる番だった。息子の痛さに悶絶したオレは腰肉に指を食い込ませて思いっきり引き寄せていた。

「くっ…、あ、当た、る…、ああっ、奥、まで…」
乱暴に引きずり下ろされてオレの股間に恥部を密着させた優子は、子宮口をこじ開けるカリにのけぞって白い喉を見せつけてくる。

「いいな…、麻友も…、して欲しい」
勃起した男性器とヌルヌルに開花した女性器が結合する赤裸々なナマセックスを、目の前で見せられた麻友は女同士で抱き合っているのがばからしくなったのか、腰に巻かれたベルトを外して双頭バイブを抜くと、着乱れたカウガールの衣装を直して座り、高みの見物を決め込んでいた。

「うん、すごいね…」
麻里子も同じで、双頭バイブを濡らす美少女の愛液をキレイに拭き取って返すと、麻友の横にキレイにヒザを揃えて座り、恥ずかしそうにしながら上目遣いにホンモノのセックスを見ていた。

「おおっ、いいぞっ、く…、ああ…」
もうガキどもは眼中になかった。優子とは毎日セックスしているが、やっぱりいいモノはいい。優子が艶めかしく腰を蠢かせて息子を出し入れするたびに、絡みついてくる粘膜がカリからサオを頃合いに締めつけ、ヌルヌルな気持ちいい刺激がオレをご機嫌にさせる。

「ああっ、いいっ、佐喜夫、様…、ああっ」
オレの股間にまたがってカエルのような姿勢でM字開脚する優子は、発情した女体を忙しく上下させてメスの喜びに浸り、愛棒の挿入に熱中してただれた快感を貪っていた。茶色がかったロングヘアを淫らに振り乱す美人国繁回収員は、普段のクールなすました顔をかなぐり捨て、汗をにじませた魅惑的な女体を生々しくもだえさせていた。

ハーレム (29)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:26:42 ━ Page top ━…‥・

== ハーレム ==

ハーレム (27)スカトロな予感

ろま中男3 作品リスト
ハーレム 目次

ハーレム (27)スカトロな予感

「お仕置きだ、力抜けよ」
テーブルにあるカトラリーを物色してスプーンを手にしたオレは、優子にテーブルに手を突かせて丸出しのお尻を突き出させると、スプーンの丸い背でお尻のスベスベキレイした曲線をなぞっていた。

「はあ…、佐喜夫様…、これが、お仕置き、ですか?」
色っぽい溜息をついた優子はもっとハードなお仕置きを期待していたのか、尻肌をなぞる冷たい銀の匙にゾクゾクしながら、ライトなSM行為を問いただしてきた。

「ああ、そうだ」
床に転がって双頭バイブでお互いに結合し、抱き合ってもだえる麻里子と麻友を見下ろしながら、オレは優子のどMな色情の昂ぶりをジラしていた。

「はあ…、あんっ、佐喜夫様、あんっ、はあ…」
国繁回収員の規則でむやみに男に対してむやみにおねだりすることを禁止されている優子は、もっとシテ欲しいというセリフが言えなくて、物足りない愛撫に悶々としてかすかに汗を浮かべたお尻を悩ましげに揺らしていた。

「なんだ、ここか?」
ライトタッチに嬲られて生殺し状態の優子が切なげにもだえる様子に、腰のあたりがムズムズするが意識しないようにしたオレは、お尻の付け根のくびれに沿ってスプーンをワレメの奥に侵入させた。

「あ…、そこ…、あ、ああんっ」
ドテをスプーンでこすられて愛液のヌルヌルをこそぎ取られた優子は、甘い吐息を漏らして成熟した女体を軽く痙攣させてもだえる。発情した特A国繁回収員はその先を期待していたが、感じる部分を意識的に避けるスプーンにまたジラされていた。

「これからが本番だ」
ヌメリ気を採集したオレはいったん股間からスプーンを抜くと尻アナに塗り付ける。
「あ、そこ…、はあ…、恥ずかしい…」
菊門のスジにすり込むように愛液を塗られた美人ラッキーガールは、排泄器官を弄ばれる羞恥心に煩悶したが、あそこのスジからこそぎ取られた以上の愛液をにじませ、開いた足を閉じようとはしなかった。

「あうう…、おネエさん、いいな…、麻友もお…」
床に転がって双頭バイブの震動にロリな女体をもだえさせるツインテール美少女が、カワイイ唇のスキマから甘えた吐息を漏らしながら、尻アナのお仕置きをうらやましがっていた。

「はあ…、佐喜夫様、私も、あんっ、して…」
深海魚のような双頭バイブに女体の最奥まで侵入されて、八頭身のスレンダーな女体を切なげに震わせる麻里子も、ヒラヒラミニスカがまくれ上がったキレイなお尻をオレに向けておねだりする。

「優子、オマエ、垂涎の的だぞ」
念入りに菊門のシワに愛液をすり込むオレは、恥ずかしさに耐えてうつむく優子にささやくと
「はあっ、ご存分に、んっ…、なさって、ください」
羞恥心でまともな判断力が無くなっているのか、ピント外れな応えをつぶやく優子はあそこから垂れたネットリした汁で内太ももを濡らしていた。

「力抜けよ」
尻アナのナカまでネットリおツユを塗り込むとキュッとしぼんだ菊門にスプーンを押しつける。
「ひっ、あ、ああ…、んくっ…、あっ、はあっ」
スプーン自体を挿入されると思ってなかった優子は、括約筋を広げるカトラリーに発情した女体を緊張させたが、痔疾を恐れて言われるままに尻アナの力を緩めてスプーンを咥え込む。

「いいかっこうだな、優子」
かすかに異臭がして顔をしかめたが、尻アナからスプーンの柄を突きだしたマヌケな姿に、どSな倒錯した興奮でだらしなく笑ったオレは、柄を二三度爪弾くとグリグリと掻き回した。
「ひいい、あ、やっ、ああっ、だ、だめえ…」
恥ずかしい異臭は優子も自覚していて、さらに直腸に溜まったソレを削り取られる未体験の感覚に、鉄仮面美人秘書も脂汗を垂らしてもだえていた。

「食わせてやる、自給自足だな」
スプーンにすくい取られたブツの手応えを充分に感じていたオレは、サディステックな狂気に取り憑かれてスカトロなセリフを口走っていた。

「え…、や、やだっ、ソレはだけは、ご、ご勘弁、ください」
ご主人様には絶対服従のラッキーガールだが、ソレを本当にする汚らわしい女は見捨てられる、と素早く計算して抵抗した。

「なんだと、逆らうのか」
優子が本当にそんなことをしたら、オレも嫌いになっていただろう。だがその時は倒錯した昂ぶりで暴力的になっていた。思わず汗のにじんだ丸い尻タブを思いっきりスパンキングしていた。

「ひいっ、う…、もっと、ぶって…」
パアンとハデな音がしてキレイな尻にはデカイ紅葉模様が出来た。欲情した女体をのけぞらせてヤケ火箸を差されたような痛みに耐えながら、クソを食わされるよりよほどマシだと計算した優子は、湿った吐息混じりにどMなおねだりをしていた。

ハーレム (28)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:08:21 ━ Page top ━…‥・

== ハーレム ==

ハーレム (26)優子をお仕置き

ろま中男3 作品リスト
ハーレム 目次

ハーレム (26)優子をお仕置き

「う…、優子…」
ロリツインテールのスッポンのような手から解放されたが、ナニが腫れ上がって使い物にならなくなったんじゃないかと、半ば恐怖しながら優子に声をかける。

「はい…、はあっ…、ちゅっ、くちゅっ、ちゅぬっ、ぬぷっ」
ソファに座るオレのマタの間にしゃがみ込んだ優子は、鉄仮面な無表情から妖しい成熟したメスの色気を漂わせ、ネットリした舌を絡めていたわるようにオーラルな愛撫をはじめる。

「あっ、それ、麻友がごほうびに、もらったのにいっ」
後頭部にツッコミをまともに食らってはしたなくナマ太ももを広げてしゃがんでいた麻友が、また息子に執着して優子との間に割り込もうとする。

「うわっ、ハウスッ、おとなしくしてろっ、麻里子、コイツを押さえろっ」
ロリ美少女の破壊力をカラダの一部分でイヤと言うほど味わったオレは、優子の頭を押さえてディープスロートで息子を隠すと、麻里子に猛獣使いの役目を命じた。

「あ、はい…、麻友、おとなしくしてえっ」
三角木馬状態な仕打ちからまだ回復してないショートヘア美少女は、ヒラヒラミニスカのオマタを手で押さえながら、オレにまとわりつく麻友をなんとか押しとどめる。

「優子、なんとかしろ」
とりあえず当座の危機を脱したオレは、優子に麻友をキチンとお仕置きするように指示する。

「はい、かしこまりました」
喉の奥までカリを挿入されて涙目の優子だったが、切れ長の目のハシにウットリした笑みを見せ、どMな悦びを端正な横顔に漂わせている。
「おとなしくしなさい、お仕置きよ」
美人国繁回収員はどこから出したのか双頭バイブを両手に握りしめ、広げた足ではち切れそうなタイトミニのスリットにまぶしいナマ太ももを見せつけて、仁王立ちした。

「え、あ、やんっ、優子、さん」
特A国繁回収員の手際は鮮やかだった。まず麻里子が濡れた花びらの中心に双頭バイブを挿入されて、あえぎ声混じりに悲鳴を上げる。
「あ、あんっ、おっきい、ああんっ」
その反対側が素早く麻友に突き刺さる。そして中央から延びるベルトが二人の細いウエストを拘束した。

「しばらく、二人で楽しんでなさい」
あそこに入り込んだ双頭バイブで結合し、ベルトで締めつけられて抱き合う美少女を見下ろした有能なラッキーガールは、冷ややかな笑みを浮かべるとリモコンのスイッチを入れた。

「ひっ、あっ、やっ」
「やあんっ、ナカで、動いてるうっ」
電動でビリビリとバイブする鈍い音がかすかに聞こえて、美少女二人がお互いに女体をまさぐりながら膣ナカで暴れるシリコンの固まりにもだえる。

「おまえ、いつも、そんなもの、持ち歩いてるのか」
必殺仕事人並みの手際の良さに舌を巻いたオレが、呆れながら聞くと
「佐喜夫様のためなら、優子はなんでもいたします」
自分でもその仕事ぶりに満足しているのか、ウットリした笑顔の優子はオマタの前でキレイに手を揃えると、ゆっくりとおじぎをして見せた。

「だけど、オマエも、お仕置きだ」
キレイなおじぎ姿を見せる自画自賛気味の優子を冷ややかに眺めていたオレは、どSな昂ぶりを下半身に感じながら宣言する。

「それは、なぜでございますか?」
一瞬シマッタという表情を見せた優子だったが、すぐにいつもの鉄仮面秘書に戻るとすました声で応える。

「おまえ、オレがわかってないと、思ってるのか」
いつもなら麻友が息子を握った時点で間に入って制止するはずなのに、オレが気を失いそうになるまで放置していたのは、麻友のハチャメチャな暴走ぶりに見入って、おもしろがっていたからだと見当を付けていた。

「…、どうぞ、なんなりと…」
つきあいが長いだけに優子のわかっている態度はオレを興奮させる。取り澄ました顔で言い訳じみた弁明を一切しないところが、サディステックな昂ぶりをくすぐってくる。

「後ろ向いて、ケツまくれ、パンティ、自分で脱げ」
どSな興奮で股間がゾクゾクする。さっきのとろけるようなお口の愛撫で、息子はロリツインテールのダメージからすっかり回復し、強壮剤の効き目もあってビンビンに反り上がっていた。

「かしこまりました、どうぞ」
すました顔にどMな昂ぶりをかすかに匂わせる優子は、背中を向けるとタイトミニを腰までズリ上げ、キレイなお尻に張り付いたパンティを脚線美に滑らせハイヒールのつま先から抜く。

「ご随意に、お仕置きなさってください…」
ガーターストッキングのトップが食い込んだ太もものくびれが卑猥だ。誘うような甘えたつぶやきを漏らした成熟した女体は、お尻の付け根がキュッと締まってはち切れそうな弾力を思わせる。丸い双臀の合わせ目が別れるその奥に、イヤらしい湿り気を思わせる妖しいテカリがチラチラして、オレの劣情を誘っていた。

ハーレム (27)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:28:55 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old