FC2ブログ

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (30)おいしいカルピス

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (30)おいしいカルピス

「くうっ、いいぞ、しまるっ…」
くっ…、おおっ、いいっ、たまらんっ…。
尻アナは膣のように妖しくくねって締め付けたりしないし、カズノコ天井でもなければミミズ千匹でもないので、しっとりした肌の尻肉を抱えたオレは安心して腰を振って、拡張したアナに肉棒を出し入れしていた。

「やっ、あっ、やだっ、ああっ」
肉棒の挿入に合わせてズンズンと突き上げられるみなみは、苦しそうな声を漏らして排泄器官の陵辱に耐えていたが、マゾ女の本性は秘肉の亀裂からダラダラと愛液を垂らして、ニーソトップまで濡らしていた。

「いいだろ、こっちのアナも、なっ」
おおっ、でけえっ、気持ちいいっ…。
オマ○コでの本番やフェラでは押されっぱなしのオレは、みなみが尻アナを犯されて切なげによがるのがうれしくて上機嫌だった。だらしないニヤけ面をぶら下げたオレは苦しそうにお尻を突き出すみなみを抱き起こすと豊満な乳房を揉みながら、立位で腰をカクカク振り続けた。

「いやあ…、あんっ、許してえ…、あっ、変態、ううっ、よお…」
胸をはだけられたみなみは続けられる陵辱に苦しそうに頭を振って、触覚ヘアを左右に揺らす。手で支えられなくなって懸命にバランスを取る女体は、時折尻アナに力を入れて息子をキツク締め付けてきた。

「うっ…、くっ、で、るっ」
くうっ、きついっ…、おわっ、でるっ…。
括約筋できつく根本を絞られたまま調子に乗って息子を抜き出したせいで、いっきに発射の予感に襲われたオレは、あわててみなみをしゃがませると
「飲めっ、カルピスだっ、うっ」
裏スジに熱い奔流がこみ上げてくるのを意識しながら、さっきまで尻アナに入っていた息子の先端をカワイイ唇に咥えさせた。

「おっ、おおっ…、はああ…」
ああっ…、うっ…、ううっ…、お、おお…。
裏スジのしびれにのけぞったオレは、ドクドクとズルムケチンポを脈動させて粘っこい白濁液をカワイイ口の中に放出した。気が遠くなるような気持ち良さを味わっていたオレは、無意識に尻に力が入って尿道の精子を注ぎ込んでいた。

「うっ、んっ、んんっ…、くんっ、こくっ」
嫌がるそぶりもなくカリを咥えたみなみは口内発射されたネバネバを口いっぱいに受けると、舌に集めて転がすように味わってから、全部飲み込んだ。

「んっ、はあ…、おいしかった…」
特濃カルピスをキッチリ全部胃に収めた先輩美少女は、唇のハシに淫らなおツユを見せるウットリした笑みでオレを見上げた。

「キレイにしてあげる」
着乱れた姿で豊乳をひりだしたみなみは特濃カルピスを存分に味わってうれしそうな声を漏らし、後始末のご奉仕でペロペロと肉棒を舐めはじめる。
「おっ、おお…、くっ、ちょっ、タンマ…」
うわっ、くうっ、よすぎる…、だ、だめっだっ、…。
勃起した乳首を揺らすみなみの絶品フェラでしぼみはじめた息子がたちまち元気になってきた。続けざまに発射する予感に慌ててオレは腰を引いてしまった。

「やんっ、どうしたの…」
名残惜しそうに手を伸ばしたみなみは、オレの弱気などおかまいし無しにすがりついてくる。

「そろそろ、休み時間終わりだろ、戻らないと、な」
あのままじゃ、すぐにイッちまうよ…。
悲しそうに見上げるみなみに背を向けたオレは、慌ててズボンを上げる。
「…、そうね…、じゃあ、続きは試験が終わってからね…、あ、そうか、試験の相手、私だった」
渋々納得したみなみは、しかし次の試験のパートナーであることを持ち出すと、丸出しの乳房を隠してうれしそうに腕を組んでくる。

「それって、ホントだったのか」
うそ…、冗談だろ、…。
あれは3人を引き下がらせるための方便だと思っていたので、オレは素になったマヌケ面で聞いていた。

私立聖光威学園 (31) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:18:33 ━ Page top ━…‥・

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (29)どこでもOK

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (29)どこでもOK

「何飲む、おごってあげるよ」
校舎裏の人気のない自販機の前にオレを連れてきたみなみは、若い魅惑的な女体をよじって妖しい笑みと問いかけてくる。

「じゃあ、コーラ…、みなみはカルピスだよな、それもスッゴイ濃いヤツ…」
ケツ、きもち、いい…、オマエには…、オレの極濃カルピス、飲ませてやる、…。
遠慮無くリクエストを伝えたオレは、薄い触り心地のいいミニスカの生地越しにお尻をまさぐってやった。

「あんっ、まってえ…、ああんっ」
いやらしい手つきでたちまち野外羞恥調教気分になったどMな先輩は、内マタにニーハイの太ももをすりあわせながら、自販機の小さな切れ目に震える指先でコインを挿入していた。

「いしょっと…、ううっ…、うめえっ」
いやらしい顔、しやがって…、もっと良くして、やるぞ…。
ガコンと音を立てて出てきた缶を取りだしてプルダブを開けたオレは、体を起こすのと同時にミニスカに手を入れて、パンティがあそこに張り付いて湿ったスジに指を食い込ませながら、琥珀色の炭酸清涼飲料を煽るように飲み下した。

「あ…、ああっ、だ、だめえ…、こんな、とこで…」
パンティが濡れたスジに食い込む官能の刺激に艶めかしく女体を揺らしたみなみは、マゾ奴隷の本性で露出狂の血を泡立てながら、ミニスカに入り込んだ手を押さえてつらそうな声を漏らす。

「ああっ、うまかった…、じゃあ、今度はみなみの番だな」
そんなに気持ちいいのか…、このドスケベ女…、あっちでいいか…。
秘部で蠢く指先の動きにもだえる先輩美少女にニンマリしたオレは、空になった缶をトラッシュボックスに投げ込むと、中指をスジに食い込ませたままお尻を押して頃合いの茂みに連れて行く。

「はあ…、もう、こんなよ…」
目隠しになる茂みに連れ込まれて安心したのか、みなみは自分からパンティを脱ぐと恥ずかしいシミのついた部分を見せて、照れ笑いしていた。

「ほら、飲んでいいぞ」
とんだ破廉恥娘だな…、お望みのチンポ、食わしてやるぞ…、味わえっ…。
濡れパンを奪い取ったオレは加虐色情の倒錯した興奮で息子をでかくして、ハダカになった下半身にカワイイ口を押しつけた。

「う…、お、おいしい…、はやく、ちょうだい…」
勃起したズルムケチンポをおいしそうに口に含んだカワイイ先輩は、艶めかしい舌使いでペロペロと先端を舐めながら、破廉恥なおねだりをつぶやいて頬をほんのり染めていた。

「くう…、おっ、おおっ…、楽しんで、くう…、いいいぞっ」
はうっ…、うっ、おおっ、きもち、いいっ…、コイツ…、うますぎるっ…。
みなみのフェラが絶品なのを思い出したオレは.腰がとろけそうな快感にまみれながら、サオを這うネットリした感触に背筋を緊張させていた。

「はあ、おちんちん、おいしい…、ねえ、きもち、ああっ、いい?」
しゃがんではしたなくニーハイのムッチリ太ももを広げた触覚ヘア美少女は、上目遣いの小悪魔な笑みで見上げて、カワイイ声を漏らす。

「おっ、くう…、い、いいぞっ…、ちょっと、うっ…、うしろ、向け…」
おおっ、だ、だめだ…、出る…、ナマ本番、やって、やる…。
息子を中心に全身がしびれるような快感を襲われる。オレは快感に若い肉体をビクビクと緊張させながら、ナマ本番の誘惑に駆られてフェラに熱中する女体を抱え上げた。

「うん、して…」
素直に後ろ向いたみなみは、お尻を突き出して濡れた太ももの根本にあそこのスジを柔らかい肉でプックリさせて見せつける。

「うおっ…、やっぱり、こっちだ」
うっ…、しまった、そうだった…、こっちなら、いけるか…。
濡れたスジに息子をすりつけてる気持ち良さを味わったオレは、しかし絶品のオマ○コに挿入してすぐにイカされた苦い思い出が浮かんできて、昨日浣腸調教した菊門に狙いを定めた。

「え、おしり?…、や…、あっ、やあ…」
尻アナの開発は一応されているようだが、フェラやオマ○コほどでないようだ。カリを咥え込んでシワを広げられたスミレ色のアヌスが、ヒクヒクと震える。思いがけない場所を犯されたみなみは、本気で嫌がっているようだが、学年トップの誇りからか逃げたりはしなかった。

「う…、いいぞ…、くう…、しまる…」
お、おおっ、たまらん、コイツ、どこでも、OKだな…。
ムリヤリ広げられたアナに愛液とツバで濡れたズルムケチンポをゆっくりと挿入していくと、樹の幹に手を突いたスタイルのいいカラダが切なげに震える。

「うう…、変態よ、お…、や…、やあよお…」
直腸を犯されて大腸まで息子を突っ込まれたみなみはつらそうな声を漏らすが、前に回した手で股間をイジってヤルと、洪水状態のあそこで手がビショビショになった。

私立聖光威学園 (30) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:06:20 ━ Page top ━…‥・

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (28)私のために争わないで

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (28)私のために争わないで

「時間です、男子は席について、女子もしゃんとしてね」
小教室に戻った優子は時間を確認して試験終了を告げる。エロ美人教師は手首を裏返して腕時計を見る仕草もセクシーだった。

小教室に入ってすぐに試験終了を告げたということは、試験時間を意識してあのラブホのような部屋を出たというコトであり、優子のエロだけじゃない教師としてのプロフェッショナルな面にちょっと驚いていた。

さわらずに女子をイカせるという無茶苦茶な課題に、男子たちは一様に四苦八苦していたようで、自分の受験番号が張られたイスに座ってグッタリしていた。

一列に並んだ女子を見渡すと、火照った顔でウットリした視線を泳がせる娘や、両手で太ももにミニスカを押し込んでうなだれる娘、両手で胸を押さえてハアハアと苦しそうに吐息を響かせる娘など、男たちの涙ぐましい努力でイカされたと思われる艶めかしい姿をさらしていた。

しかし全く普段どおりに見える娘も同じくらいいて、その娘たちのパートナーだった男子の合格はむずかしいだろうと思った。

「みなさんご苦労様でした、45分休憩したあと、女子の試験を開始します」
受験生たちの健闘を讃えるようにニッコリ笑った優子は、結構長めな休憩時間を告げる。
「あ、そうだ、次の試験では、女子はパートナーを変更できます、休み時間の間に考えておいてね」
いったんは教壇を降りかけた優子は、照れ笑いにみえるカワイイ笑顔で追加した。

「試験が終わるまでパートナーじゃなかったんですか?」
その言葉に男子のひとりが声を上げた。
「?…、ああ…、試験っていったのは、さっきの試験のことよ、勘違いさせちゃってゴメンネ」
不満そうなイケ面に、優子は作者の気まぐれを内心苦々しく思いながら、カワイイ笑顔で謝っていた。

「ねえ、ジロー君、私と組んで」
優子がセクシーな後ろ姿を見せて教室から出て行くと、小嶋麻里子がはにかんだ笑顔で声をかけてくる。
「私のほうがいいでしょ、ね、ジロー君」
篠田友美が麻里子を押しやるように乗り出して、ミニスカのナマ足をすり合わせてシナを作っていた。
「あなたのパートナーは、私こそふさわしいわ」
二人の間に割り込んでエラそうに腕を組む大嶋敦子が、声をかけてあげたことを光栄に思いなさい、という気持ちをそのドヤ顔にモロ見せしていた。

首席合格は、つらいぜ…。
言い寄る美少女たちにオレは、アイドル全盛時代に巨乳ロリアイドルが歌っていた曲を思い出してご機嫌だったが
「ごめんね、ジロー君の相手はわたしなの、先生に言われてるから…」
アルバイトで試験官をしている板野みなみがニコニコ笑って3人を追い払ってしまった。試験官に逆らったら合格が危ういと思ったのか、3人ははスゴスゴと引き下がった。しかしすぐに気を取り直すと第2希望の男子に自慢のバディを見せつけ、明るく逆ナンに励んでいた。

「ほんと、ですか?」
いつのまに、そんなことに?…。
優子がこの教室戻ってから、みなみと話す時間はなかったはずで半信半疑のオレが聞くと、
「うふふ…、首席合格おめでとう、ジロー君」
上目遣いにオレを見てはぐらかすように笑ったみなみは、自慢の胸を押しつけるようにして寄りかかってきた。みなみはオレの首席合格を実際に知らされたわけではないが、戻ってきた優子とオレの様子を見て、自分の経験から直感的に理解したようだ。

「ウソだったのか」
カワイイ顔して、いけしゃしゃあと…。
触覚ヘアを揺らして頭をかしげる在学生に、オレは追い払われた3人を慮って声を低くして問い詰めると
「だって、あの子たちがジロー君を争う醜い姿見たくないし、試験中の騒ぎはマズイでしょ、先輩としての気遣いよ…、それにもう合格決定なんだから、ジロー君は次の試験、免除されてるのよ」
渋い顔をみせるオレをなだめるみなみは、困ったような笑顔で説明した。

「そうですか…、先輩のお心遣い、感謝致します」
合格決定で緊張感を無くしたオレは、ちょっと癇癪を起こしていた。他人行儀な口調でわざとらしく応える。
「そんな…、機嫌直してよ、楽しませてあげるからあっ」
拗ねる子供をなだめるお姉さんのようなみなみは、オレの腰にしなやかに手を回すと柔らかい女体を密着させ、股間のふくらみに下半身をこすり付けていた。

「次の試験までまだ時間あるし、何か飲みに行く?」
女子の逆ナン合戦が繰り広げられる様子をチラ見したみなみは、小悪魔な笑みをみせるとオレの応えを待たずに手を引っ張って行った。

まあ、いいか…、試験前に一発抜いた方が、恥かかないで済むし…。
うれしそうに歩を進めるみなみのミニスカがパンチラしそうに揺れるのを見ながら、次の試験は女子が男子をイカせるという課題だろうと見当を付けて、上級生のイヤらしいカラダに発射することをたくらんでいた。

私立聖光威学園 (29) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:41:39 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old