FC2ブログ

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (27)ザ・監視社会の功罪

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (27)ザ・監視社会の功罪

「アナタもシャワー浴びてく?」
元気いっぱいの息子とともに勝利の余韻に浸っていると、ほどなく優子がバスルームから戻ってきた。タプタプと溢れんばかりの胸の大事な部分を、ギリギリ隠すラインで二重巻きにしたバスタオルだけの、風呂上がり定番の艶めかしい姿だった。

「でも、試験の続きが…」
まだ試験が、そんなコトしてる場合じゃ…。
下もバスタオルがギリギリのラインで大事な部分を隠した、コークボトルのような艶めかしい女体のラインを見ながら、オレ以外の受験生たちはまだ試験を受けているはずで、最後まで受けないとトップ合格にならないと思っていた。

「もう終わりよ、それとも、もう一回する?」
肩の素肌をほんのりピンクに染めた優子が、甘ったるい香りがしそうな湯気を女体から立ち上らせて、オレの隣に座るとまだ元気な息子を優しくさする。

「う…、いえっ、いいですっ」
くうううっ…、きもち、いいっ…、だ、だめだ、だめっ…。
シャワー上がりの美人教師は手コキもスペシャリストだった。数回こすられただけで腰がとろけそうないやらしい手つきから逃げるように、オレはみっともなく腰を引いて息子を両手で隠していた。

「じゃあ、戻りましょう、アナタも服着て」
腰の引けた弱気なオレのヘタレな姿を楽しそうに笑った優子は、セミロングヘアの頭を乾かすタオルの下から思わせぶりな妖しい視線を送っていた。

「ところで、なんでオレのコト、知ってたんですか」
そういえば…、どうしてなんだ…。
さっきは切羽詰まって聞き流していたが、昨日のことをなんで優子が知っているのかオレは聞いていた。

「ああ、そのこと…、寮は一応西棟と東棟で男女別れてるけど、つながってるから行き来は自由でしょ」
「だから、いちおう監視カメラで危なそうな子は監視することになってるの、大事な息子さん、娘さんを預かってるわけだし、学校としては当然のことでしょ」
優子は乾燥肌なのか手足にベビーローションを塗りながら、まるでオレが聞くのを待っていたかのように得々と話し始めた

「はあ…」
監視?…、見られてた、ってことか…。
危なそうな子、と思われていたことに引っかかったが、オレは黙って聞いていた。

「アナタだけじゃないのよ、受験生で昨日寮に泊まった子はみんな監視してたの、だって受験書類だけじゃ、どんな人間かわからないからね、これも学校側としては当然のことでしょ」
「でも、何人もの女の子を相手にした強者は、アナタだけだったけどね」
四肢にベビーローションを塗り終わった優子は、バスタオルを巻いた胸からあふれそうな乳の上側を、カンボジア舞踊のアプサラ・ダンスのように反らした指で塗りつけ、またあの思わせぶりな笑みでオレを見た。

「在校生のみなみとしてたでしょ、聞いたと思うけどみなみは1年のリーダーだったのよ、リーダーは1年の首席ってこと」
「そのみなみを相手にして、しかも最後にはイカせてしまったアナタは、試験無しでも合格でいいでしょうって、先生方の一致した意見だったの」
そこまで言い終わった優子は片足をベッドのかけて、着替えたガーターキャミに脚線美を滑らせた網タイツを吊っていた。まだパンティははいてないので、アンダーヘアがムッチリ太ももに挟まれたオマタに見えていた

「はあ…、ありがとうございます」
あっ…、てことは、あのときまで…、やめてくれよお…、でも、ココで怒ってもなあ…。
ザ・監視社会はこんな辺鄙なイナカにも浸透していて、しかも発射したあの瞬間のこっぱずかしい顔まで見られていたかと思うと納得いかない気もするが、それで合格にしてもらったのだから、その時のオレには文句は言えなかった。

「じゃあ、いきましょうか」
ガーターベルトの上に着替えのTバックをはいた優子は、深くスリットの入った着替えのミニスカに履き替えると試験会場に戻ると告げる。

さっさと歩き出した優子はオレに見せつける様に丸いラインをクッキリさせたミニスカのお尻を、悩ましげにプリプリ振っていた。シャワーを浴びた名残でかすかにピンクに染まった太ももが、深いスリットからチラチラのぞくのが妙にエロチックだった。

私立聖光威学園 (28) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:15:21 ━ Page top ━…‥・

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (26)至上の勝利

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (26)至上の勝利

「ああ、欲しい…、はああ、はやく、してえっ…」
ケツ穴に特大アナルビースを咥え込んだ淫乱教師は、言われた通り息子を咥え込んだあそこを突き出すように後ろに反って、後ろに回した両手をベッドについていた。

「こっちも、かわいがってやる」
くうっ…、たまらん…。
張りのある双臀をオレの太ももに押しつける優子は、時折息子を締め付けて白濁液の暴発を誘ってくる。オレはなんとかこらえながら、隠し持っていた電動歯ブラシのような性具でクリをイジってやった。

「あ、あんっ、そこ、だ、だめ、あっ、いいっ」
一番感じる突起を刺激されたエロ教師は悲鳴のようなあえぎ声を上げてのけぞり、汗を垂らした太ももでオレの腰を締め付けてきた。

「うっ…、くう…」
いっ、で、でる…、だ、だめだ、がまん…、しろ…、くううっ…。
万力のような太ももに腰を締め付けられるのと同じくらい、息子も膣で締め付けられていた。サオの根本からカリへと順に圧迫する力加減が絶妙で、オレは妖しく耳朶をくすぐるあえぎ声にオスの興奮をかき立てられながら、発射しそうになるのをかろうじてこらえていた。

「やっ、だっ、あっ、もっ、あっ、いっ、いっちゃうっ、いくうっ」
反り上がろうとする息子を咥え込んで下に湾曲させるあそこがヒクヒク震えて、スキマからダラダラ愛液が垂れていた。汗にまみれた女体にビクッと力が入って背骨が折れるほどのけぞり、シーツをセミロングヘアでなでつける優子は断末魔の叫び声を上げて絶頂に達していた。

「うっ…、もうっ、でるっ」
おうっ、うおおっ…、もうっ、くうっ…。
優子の絶頂を見届けたオレはケダモノのような衝動に突き上げられて飛び起きると、快感に震える女体に抱きついて腰を振りまくった。三こすりだったか10回以上だったか覚えてないが、絶品の女体はたちまちオレから精を吸い取っていた。

「やっ、あっ、いっ、いくうっ、またっ、あっ、いっちゃうっ」
のしかかったオレにベッドに押しつけられた優子は、膣ナカで暴発した白濁液にまた頂点に突き上げられていた、オレは汗でヌルヌルになった柔らかい肉体を引き絞るように抱きしめて、極上マ○コにドクドクとザーメンを注ぎ込む快感を味わっていた。

「ううっ…、はあっ、ああっ、はあっ」
ああっ、出た…、はあっ、ああっ、いいっ…。
豊満な乳房に顔を埋めてぬかるんだ張りのある感触を楽しみながら、なんどか尻を緊張させて尿道に残った残滓を絞り出していた。いつのまにかコンタクトが落ちてしまったようで、左目の視界だけがにじんでぼんやりしていた。

「はあ…、よかった…、わたし…、いっちゃった…」
ベッドの上に四肢を投げ出して弛緩した優子が、はにかんだ声でささやく。

「あんっ…、んふ…、はあ…」
ハデ美人だと思っていた優子がなんだか急にカワイク思えて、オレは真っ赤な唇に吸い付いていた。乱暴なキスに応えた優子は甘い溜息を漏らしてネットリと舌を絡め、脳天から足の先まで電流が流れたようにオレをしびれさせた。

「…、合格よ、100点満点…、もう、いっかい、する?」
絶品のキスで鳩が豆鉄砲を食ったように目をまん丸にしたオレに、優子がはにかんで笑う。ありったけの精を吐き出してしぼみはじめた息子が、キスだけでまた復活して固くなったのを優子は笑ったようで、甘えた声で2回戦目に誘ってきた。

「あ、いや…、試験中だし…」
へっ…、だ、だめだっ、今度こそ、早撃ちしちまう…。
断るのがもったいなかったが、二回目でもまともに太刀打ちできずにあっさり果ててしまうのは目に見えているので、オレは試験にかこつけて断っていた。

「ふふっ、いいわ、アナタとはこれから4年間のつきあいになるんだし、またしましょ」
オレの弱気に気付いていたのかよくわからないが、優子は楽しそうに笑うとオレを優しく押しのけてベッドから立ち上がると、艶めかしい後ろ姿を見せつける様にバスルームに入った。

「よくがんばったぞ」
とびきりの女体が忘れがたいのか、ギンギンに張り切る愛液まみれのズルムケチンポを、オレはトップ合格の無上の喜びを噛み締め、文句なしの奮闘を讃えていた。

私立聖光威学園 (27) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:37:37 ━ Page top ━…‥・

== 私立聖光威学園 ==

私立聖光威学園 (25)試験で本番

ろま中男3 作品リスト
私立聖光威学園 目次

私立聖光威学園 (25)試験で本番

「またお漏らししやがって、見られるのがそんなにうれしいか、どんだけスケベなんだ」
うへえっ、やらしいっ…、
ネチョッとオマ○コに垂れた粘液がシーツに糸を引くのを見届けたオレは、つらそうに顔を伏せる優子をのぞき込んで言葉責めを続けた。

「ああっ、ううっ、お願い、もう、許して…」
いかめしい顔で迫ってくるオレから逃げるように顔を背けたハデメイクの顔は、ポロポロと涙をこぼしていたが、それ以上にあそこは愛液をあふれさせていた。

「どうだ、欲しいか、おしゃぶり、したいだろ」
スケベな顔しやがって…、この淫乱め…。
加虐色情の倒錯した興奮に昂ぶったオレは、ビンビンの息子を取りだして優子の鼻先に突きつける。
「はあっ、ああっ、ほしい、です…、おちんちん、おしゃぶり、させてえ…」
カウパー汁でネチョネチョの先端から漂うケダモノじみた匂いを、鼻腔いっぱいに吸いこんだどM美女は、しっぽを振るように突きあげたお尻をフリフリしてはしたないおねだりをしていた。

「おらっ、しゃぶれっ」
「はあっ、ああっ、ちゅうっ、ちゅくっ、ちゅっ、んっ…」
ご主人様のOKがでると同時にどMメス奴隷は息子をしゃぶりはじめた。先端に唇が吸い付いて、舌が絡んできて、カリが口に含まれて、サオまで咥えて喉の奥まで使って優子はしゃぶり付いてくる。
「ふわっ、ちゅぶじゅうっ、じゅるるっ、ちゅぶるじゅぶっ」
汗の浮き出た顔で股間にしがみつく優子は、息子におツユが絡みつく淫靡な音を響かせていた。

「お、おおっ、い、いいぞ…」
た、たまらん…、くっ、良すぎるぞっ…。
エロの名門聖光位学園の教師は伊達ではなかった。触れただけで腰がとろけそうなフェラは、学生のみなみをはるかに凌駕するハイパーテクだった。

「もういいっ」
鎧袖一触のフェラにたちまち発射しそうな予感に襲われたオレは、慌てて腰を引いて妖艶な唇から逃れた。
「え、やだっ、もっと、おちんちん、ちょうだい」
メスの本能に支配されて淫靡に腰を振る淫乱奴隷は肉棒を求めてすがりついてくるが、トップ合格するには先にイカされ無いことが最低条件だとおもっていた。
「下の口に食わしてやるから、おとなしくしろ」
一か八かでベッドに仰向けになるとエロ美人教師にまたがるように命令した。

「はい…、あ、あんっ、おちんちん、はいってくるう…」
網タイツの足を広げて腰の上にまたがった優子は、いやらしい汁を垂らす亀裂にカリを咥え込んでゆっくりと腰を落としていった。息子の形に広げられた柔らかい肉はネットリした汁を溢れさせて、サオに幾筋も滴を垂らしていた。

「くっ、い、いいぞ、うっ、うう…」
淫らにおっ広げた網タイツの太ももがプルプル震えていた。とろけそうな肉門に入り込む息子に粘膜が絡みついてきて、オレは早くも発射の予感に襲われていた。
「ああっ、はいった、おちんちんが、優子のナカに…」
自慢のズルムケチンポを根本まで咥え込んだエロ教師は、のけぞって天井を仰ぎながら、いやらしい声を漏らしてオレのオスを煽ってくる。

「ま、まて、動くなよ、このどスケベ女」
「え、や、やだあ…、ズコズコしてえっ」
とても一筋縄では太刀打ちできないとわかっていたので、部屋の一角に置いてあった性具を隠し持っていたオレは
「コレを入れてからだ」
特大アナルビーズを差しだした。

「コレ入れたら、ズコズコしてくれるのね」
抵抗するよう様子など全く見せない優子は、宝石のような輝きを帯びた特大ビーズをペロペロ舐めてツバをすりつけると、
「あ、あんっ、おしりに、ああっ、はいって、くるうっ」
頓着無く自らのケツ穴に差し込んだ。

「くっ、ぜ、ぜんぶ、いれろよ」
やべえっ、きもち…、良すぎる…、う、ううっ、まだだ、ぞ…。
ケツ穴も開発済みの女体は特大ビーズを一個ずつ直腸に挿入するたびに、シワの寄った菊門を大きく広げて着実に咥え込んでいく。窮余の策は諸刃の剣で直腸の内壁越しにビーズがこすれて息子を刺激し、興奮にした女体は膣粘膜で締め付けてくる。暴発しそうな息子をオレは懸命になだめていた。

「あっ、ああ、あんっ、ぜ、全部、入れました…、ズコズコ、してえっ」
特大ビーズを全部ケツ穴で飲み込んだ発情した女体はハアハアと肩を揺らし、汗がにじんだ乳房をタプタプと上下させる。ギュッとしぼんだケツ穴から引っ張り出す時の持ち手だけ突き出した優子は、肉棒の出し入れをおねだりする。

「まだ、まだだっ、オ○ンコ見せろっ」
自分から腰を振ったらあっさり果ててしまうのは目に見えているので、最後のあがきでオレはエロ美人教師に、濡れ濡れスジの先端にある一番感じるポッチを見せるように命令した。

私立聖光威学園 (26) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 17:28:48 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old