FC2ブログ

== 千人斬りのチヒロ ==

千人斬りのチヒロ (28)復活Aカップ婦警

ろま中男3 作品リスト
千人斬りのチヒロ 目次

千人斬りのチヒロ (28)復活Aカップ婦警

「雪乃さん、だいじょうぶですか?」
ザーメンを搾り取られた痴漢犯人が快感にもだえるスリムな女体から崩れ落ちるのと同時に、夏美が駆け寄って心配そうな声をかける。

「はあっ、イッちゃった…、よかった…」
犯人に陵辱されたままの汗にまみれたお尻を突き出すみだらな姿勢を保ったセクシー婦警は、夏美の心配をよそに今まで経験したことのない超絶エクスタシーの浮揚感に意識を漂わせて、艶めかしい声を漏らしていた。

「おねえさま、ギロちん…、していい?」
床に倒れた犯人のあそこを異様な眼光で見つめる静流が、小柄を持つ手に力を入れて聞くと
「だめ、そんなコトしたら、静流ちゃんも逮捕されちゃう」
犯人の尻アナに突き刺した指をキタナそうに振るチヒロは、もう一方の手でセーラー服美少女のカラダを抱き寄せていた。静流は不満そうな顔を見せたが、豊満な胸に顔をすりつけて満足そうだった。

「えへっ、キレイにしてあげる、こんど静流にもしてね」
パタパタする指を見た静流は紺ヒダスカートのポケットからティッシュを出して拭いた。
「あ…、あれね、男の人しか効かないの…、それに男の人なら誰でも、ってワケじゃ無いらしいよ」
指先を大事そうに拭かれたチヒロは照れ笑いを浮かべて、前立腺マッサージをおねだりする静流のカワイイ顔を見ていた。

「はあっ、油断したわっ、もう大丈夫っ」
激しい官能の悦びに支配された女体をしゃんとさせた雪乃が、カツッとハイヒールを慣らして仁王立ちすると、あそこからあふれたザーメンが糸を引いて広げた足の間に垂れた。
「雪乃さん…」
凛々しいというより情けない先輩の立ち姿に夏美がジットリした視線を向ける。

「次の被疑者連れてくるわ、その前に、トイレ」
夏美の控えめなツッコミが少しは効いたのか、照れ笑いした雪乃は床に出来たザーメンの小さな池をそのままにして取調室を出て行った。

「チヒロさん、助かりました、でも…」
先輩婦警を助けてくれたチヒロに礼を言った夏美だったが、あんなトコロに指を突き刺す特殊プレイにちょっと引き気味だった。

「いえ、はしたないところ、お見せしちゃって…、おほほっ」
童顔婦警の汚いモノを見るような視線を敏感に察知して引け目さえ感じたチヒロは、ムリに胸を張ってわざとらしく笑い飛ばしていた。
「おねえさま、かっこよかったよ」
男は尻だろうが性器だろうがすべてがキタナイと思っているらしい静流は、痴漢犯人を懲らしめたチヒロを尊敬の目で見上げていた。

「じゃあ、取り調べ、再開するわよっ」
しばらくすると雪乃が痴漢犯3人の腰縄を引いて戻ってきた。
「あの…、雪乃さん?…」
その声に振り返った夏美が雪乃を見て唖然とした。

夏美が驚愕したのは3人同時の取り調べではなく、雪乃のコスチュームだった。痴漢リーダーに犯されて着乱れたセーラー服から、SM女王様としか言いようのない、ビザールでスパルタンなレオタードと編み上げブーツに着替えていた。

「似合うでしょ、コレでビシビシ取り調べるから」
ドミノマスク(女王様マスク)を付けて切れ長の目に妖しい輝きを見せた雪乃は、黒ムチを床に響かせる。
「カッコイイ」
取調室が突然SMクラブのお仕置き部屋に変わって、セーラ服の胸の前で手をあわせた静流がウットリした目で雪乃を見つめた。

「ありがと、オマエたちのやったことは、全部すべてまるっとお見通しだ」
セーラー服美少女のあこがれの眼差しにニッコリ笑って応えたAカップ婦警は、痴漢犯たちに黒ムチを床に響かせて、某ドラマの貧乳ヒロインのセリフをパクッていた。

千人斬りのチヒロ (29) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:37:20 ━ Page top ━…‥・

== 千人斬りのチヒロ ==

千人斬りのチヒロ (27)チヒロの奥の手

ろま中男3 作品リスト
千人斬りのチヒロ 目次

千人斬りのチヒロ (27)チヒロの奥の手

「なにしてるの、離れなさい」
雪乃の尋常ならぬ様子に切迫した事態だと判断した夏美が緊張した声を上げる。

雪乃は痴漢おとり捜査にこっそり拳銃を持ち出していたが、それは服務規程違反であり、通常勤務の夏美は拳銃を携帯してない。声を荒げて威嚇するぐらいしか出来ず、凶悪な痴漢にたいして有効な制圧力など持ち合わせてなかった。

それに拳銃を携帯していたとしても、警察学校での拳銃操法が赤点(ただし教官に下駄を履かせてもらってなんとか合格)だった夏美にとって、拳銃が有効な武器になるとは思えなかった。

「ああ?…、さっきの童顔婦警さんか…、あとでかまってやるから、そこでおとなしく見てな…、ヘンなコトしてみろ、このスケベな婦警さんが死ぬぞ」
カワイイ声を荒げる夏美を一瞥した痴漢男は腰を振り続けて雪乃をもだえさせながら、どこに持っていたのか小柄を首筋にあてて脅し文句を口走る。

「ああ、死んじゃうっ、私、死んじゃうっ」
突っ伏した机にAカップの胸を押しつけたスリム婦警は、広げられた脚線美の根本に猛り狂った肉棒を突っ込まれて、緊張感のない悩ましげなあえぎ声を上げる。

「おまえ、コレで、コロされるのと、チンポで死ぬほど気持ちよくなるのと、どっちがいい?」
雪乃のあえぎ声を聞いてふてぶてしく笑う痴漢男は、小柄をキレイな首筋に当てて、冗談だか脅しだかよくわからないセリフをうそぶいていた。

「ああっ、いいのっ、はあ、死んじゃうっ」
邪悪な熱気をはらむ肉棒をズコズコと挿入されて足元にネットリした滴を飛ばす雪乃は、男のセリフを聞いてないのが、セミロングの髪を乱してのけぞり、悩ましげな声を漏らしていた。

「ふざけるなっ、雪乃さんから離れなさいっ」
雪乃の媚態に気が抜けそうな夏美だったが、なんとか緊張感を保って犯人を威嚇する。

「あの、やめさせれば、いいんですか?」
はあっ、私も、おちんちん、入れて欲しい…。
緊急事態に静流もチヒロにイタズラするのをやめていた。生殺し状態で気持ちが昂ぶっていたチヒロは、気持ちよさそうにもだえる雪乃に軽くジェラシーを感じながら、ケツ丸出しの犯人のマヌケな後ろ姿に近寄っていた。

「チヒロさん?!…、あぶないっ」
無防備に近寄っていくチヒロに夏美が悲鳴のような声を上げる。
「なんだ、おまえ?…、電車で痴漢されてもだえてたヤツか、おとなしく待ってろ」
尻の筋肉を緊張させて腰を振り、雪乃を陵辱する犯人が、チヒロを認めてバカにしたように笑う。

「おっ、くっ、やっ、やめろ、あっ、ああっ…」
犯人の尻の前にしゃがみ込んだチヒロはケツ穴に指を入れると前立腺マッサージをはじめた。大腸のお腹側のくぼんだあたりを刺激された犯人は、その向こうにある胡桃大の前立腺を刺激されてドライオーガズムにもだえた。

「チヒロさん?…、なにを…」
前立腺マッサージをサービスした経験のない夏美は、犯人のお尻に指を入れたチヒロを不思議そうに見ていた。

「おっ、くっ、ああっ、でるっ」
犯人にとってこのサービスはツボだったようで、たちまちウェットオーガズムに達して雪乃にナカ出しした。緊張した尻肉を震わせてドクドクと白濁液をスリム婦警の膣に注入していた。
「ひっ、あっ、ああっ、イッちゃう、死ぬうっ」
イキナリの暴発で膣壁を熱い白濁液で焦がされた雪乃は、セーラー服をまくり上げられた背筋を緊張させて、苦しそうに頭を振ってセミロングヘアを振り乱す。

「あっ、やめろっ、あっ、あっ、ああっ」
射精に尿道が脈打つ間もチヒロはサービスを続けた。女性のようなオーガズムの連続にもだえる犯人は、肉棒を緊張させたままで2度目の射精をした。
「ああっ、熱いっ、死んじゃうっ、ああっ」
生出しで頂点に達して快感にもだえていた雪乃も、膣ナカに矢継ぎ早のザーメンシャワーを浴びて、快感地獄に苦しそうにもだえて、美人顔を悩ましげに苦悶させた。

「おねえさま、コレ、切っちゃって、いい?」
いつの間にかしゃしゃり出た静流が、犯人の小柄を手にしてビンビンに震える肉棒の根本に当てていた。

「ダメえっ、静流ちゃん、やめてえっ」
セーラー服美少女のアベサダな暴走に慌てた夏美が後ろから押さえ込む。勢い余って紺ミニスカをフワッとまくり上げて純白パンティを丸出しにしていたが、もちろんそんなことにかまっている場合ではない。

「なんでえ?…、悪いヤツでしょ」
童顔婦警に羽交い締めにされた静流は小柄を指先で弄びながら、不満そうにホッペを膨らませていた。

「ああ…、死んじゃう…」
サービスをやめないチヒロに、犯人は3度目の射精に至った。ありったけの精を搾り取られた犯人はひからびたカラダを痙攣させていたが、ナカ出し3連発を喰らった雪乃も3段ロケットのような快感の突き上げにもだえ、だらしなく緩んだ口元からヨダレを垂らし、惚けた美人顔でグッタリしていた。

千人斬りのチヒロ (28) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:05:18 ━ Page top ━…‥・

== 千人斬りのチヒロ ==

千人斬りのチヒロ (26)静流の指先

ろま中男3 作品リスト
千人斬りのチヒロ 目次

千人斬りのチヒロ (26)静流の指先

「(昨日は、おねえさまにイカされちゃったでしょ、今日は静流がイカせてあげる)」
カワイイ顔に淫靡な雰囲気を漂わせたセーラー服美少女は、戸惑うチヒロを押し倒してタイトミニをズリ上げると、レーストップストッキングの鮮やかな赤と、透けるような肌の白とのコントラストがまぶしい太ももをムキ出しにする。

「(あんっ、だめえ、静流ちゃん、やめてえ…)」
やっ、あっ、そこ、だめえ…。
床に尻もちをついたチヒロははしたなくM字開脚して、高級そうな赤いハイレグパンティに作った恥ずかしいシミの部分に、静流の指にイジられて卑猥なシワを作っていた。

「(おねえさま、すき…、任せて、よくしてあげるから)」
戸惑いがちに快感にもだえるチヒロに覆い被さった静流は、パンティのシミが出来た部分をめくってヌルヌルに濡れた花びらに指を差し込んで、クチュクチュと弄ぶ。

「(あっ、だっ、やっ、だめえ…)」
あんっ、そこ、だめ、感じる…、声が、でちゃう…
美少女のしなやかな指先で感じる肉を直接イジられたチヒロは、快感にのけぞって広げた太ももの柔らかい肉を切なげに震わせた。

「(おねえさま、カワイイ…)」
幼い顔に淫らな空気をまとったセーラー服美少女は、肉の亀裂の奥に指を差し込んでクチュクチュとイヤらしい音を宿直室に響かせ、心ならずも肉の悦びにもだえるチヒロに覆い被さり、唇を重ねてゼリーのようなプルプルした感触を楽しんでいた。

「(ああっ、だめえ…)」
ああっ、気持ちいい…、はああ…、バカになっちゃう…。
美少女の唇と舌の愛撫にウットリしたチヒロは、痴漢どもに中途半端に点けられた欲情の炎を静流に煽られて、肉感的な女体に汗をにじませて妖しげにもだえさせていた。

「あの…、チヒロさん?…」
美女と美少女があらわな姿で絡み合う現場を、隣の部屋から出てきた「福利厚生」を終えたセーラー服婦警が目撃した。お淫ら三昧にお互いを貪る二人に申し訳なさそうに声をかけた。

「えっ、やだっ」
「きゃあっ」
その声にエロボケした顔を上げたチヒロが慌ててタイトミニをズリ下げ、静流も乱れた紺ミニスカのスソを押さえた。

「ええのおっ、やっぱ、正真正銘の女子高生は格別じゃのおっ」
夏美を相手にしたばかりに石原がセーラー服美少女の着乱れた姿をスケベ面でのぞき込む。
「おねえさまあ…」
金髪刑事のいやらしい目付きから逃れるように静流は、チヒロに抱きついていた。

「石原さん…」
さっきは夏美だけだとほざいていた浮気性の金髪刑事に、夏美がジットリした視線を向ける。
「いやっ、ちがうんじゃっ、おおっ、そうじゃった、ワシ、これから徹夜で張り込みじゃった、ほんまに警察は、人使いが荒いけんのう」
今にも噛みつきそうな夏美に恐れをなした石原は、怪しい広島弁で言い訳してそそくさと宿直室を逃げ出した。

「え~と…、じゃあ、もう一度面通し、してもらいましょうか」
ふたりがレズの関係にあるのに怪訝そうな視線を送った夏美だったがムリに作り笑いすると、そろそろ雪乃の悪い虫も収まった頃だと思って、取調室に二人を案内した。

「はい…」
恥ずかしい所を見られて夏美の顔がまともに見られないチヒロは、はだけた胸を直して立ち上がると、ペロリと舌を出してイタズラっぽい笑顔を見せた静流のオデコを軽く突っついていた。

ああ…、やだ…、恥ずかしい…。
夏美について歩くチヒロは、一歩足を出すたびに汗でシットリした太もものナマ肌が擦れて、あそこが揉まれる感じにさえ欲情していた。あそこに食い込むパンティから恥ずかしいシミが沁み出して、太ももに垂れていた。

「(おねえさま、だいじょうぶ?)」
それを知ってか知らずか、チヒロの欲情した女体に寄り添って目の奥に淫靡な輝きを秘めて上目遣いにうかがう静流が、くびれからお尻に続く柔らかい曲線にしなやかな手を滑らせて、淫らな欲情を煽っていた。

「あっ、すごい、ああっ…、だめえ、私、イッちゃううっ」
先ほどの取調室の前に来て艶めかしいうめき声を聞いた夏美がドアのスキマから中をのぞくと、セーラー服の上衣をはだけてAカップの乳房をさらし、紺ミニスカをまくり上げられたキレイなお尻をむき出しにされた雪乃が、痴漢グループのリーダーにバックから犯されてもだえていた。

千人斬りのチヒロ (27) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:57:11 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old