FC2ブログ

== SBY16 ==

SBY16 (10)収納

ろま中男3 作品リスト
SBY16 目次

SBY16 (10)収納

「今度はバックからだ」
軽い女の子のカラダとはいえ、中年のたるんだカラダに駅弁スタイルはきつかった。

「あ、うん、して…」
腰に両足を絡めていたにゃんにゃんは焦点の合わない半開きの目で見上げると、オレから離れてベッドに上体を預けるように倒れ込み、ヒラヒラミニワンピをまくり上げて汗をにじませたお尻をこっちに向ける。

「こんなモノもあるのか」
美少女の卑猥なポーズに息子はビンビンだが、ベッドの横にオモチャを見つけた。

「やあん…、ノブさんの、エッチ…」
イボイボバイブを手にとって笑うオレに、にゃんにゃんもうつろな目でエッチな笑みを浮かべる。

「四つん這いになるんだ」
底のスイッチを入れるとグイングインとうねりだして低い電動音を発する。

「うん…」
蠢く醜悪なイボ付きバイブをチラ見したにゃんにゃんはけだるげに応える。ヒラヒラワンピを頭から脱いでロングヘアを淫靡に乱したセクシーな裸体を見せつけると、ネコ科の肉食獣のようなしなやかなカラダをベッドにうつぶせにしてお尻を突きあげる。

「いいこだな、にゃんにゃんは…」
スジからわずかにビラビラを見せるパイパンのあそこが、ヌメリ気で妖しくテカる。スベスベしたお尻をなでてその感触を楽しみながら、グルグル回転する先端を肉の裂け目にあてがう。

「あ、あっ、あんっ、は、はいって、くるうっ、あ、イボイボが…、ああっ、いいっ」
普段からコレで遊んでいるのか、ネットリ濡れた肉の亀裂は嫌がるそぶりもなくそれを受け入れた。

下の口でバイブを咥え込んだ新鮮な女体は切なげな吐息を漏らしてもだえながら、ムリヤリ広げられた亀裂のスキマからネットリしたおツユを溢れさせる。

「すごいぞ、全部入った」
回転するバイブをグリグリと押し込んで根本まで突き刺す。プルプル震えるトゲのようなポッチが敏感なポッチを刺激する。クリはすでに開発されているようで、震動するトゲの刺激にスレンダーな女体はピクピク痙攣しながら、うれしそうに反応する。

「あ、あんっ、あ、たる…、おナカが、ビリビリ、するう…」
同時に根本まで突き刺したバイブは子宮口をこじ開けてボルチオ性感も刺激していた。幼い顔をした美少女は膣奥の子宮口もすでに開発されているようだ。

「ああっ、きもち、いいよおっ、はあっ、かきまぜて、はあっ、いいっ」
サラサラしたロングヘアを乱してベッドに顔を埋めたにゃんにゃんは、舌足らずに子猫の鳴き声のようなあえぎ声を上げて、スリムな女体を淫靡にくねらせる。

「そうか、じゃあ、こっちはどうだ」
気持ちよさそうにもだえる若い女体にどSな興奮を覚えたオレは、アナルバイブをヒクヒクふるえる菊門にあてがう。

「あ、そこ…、ああっ、いいよ、ノブさんが、したいなら…」
排泄器官の刺激に顔を上げたにゃんにゃんだったが、それも織り込み済みだったのか、嫌がる様子もなく、菊門を広げる先端を受け入れる。

シワの寄った穴が広げられてアナルビーズを1個飲み込むたびに、汗でテカるお尻から太ももがかすかに震える。そのイヤらしい光景にオレはますますサド気を昂ぶらせていた。

「よし、全部入ったぞ、オレもいいか?」
全部お尻のアナに挿入して満足そうに息を吐いたオレは、グリグリと回転するバイブが透明の汁気をかき出すのを見て、二本差しをたくらむ。

「え、なに?…、やっ、そんなの、ムリッ、やっ、だめえっ、壊れちゃう」
イボイボバイブを押し下げてスキマを作ると、ビンビンの息子を差し込む。

侵入してくる肉棒に振り返ったにゃんにゃんは、バイブを入れたまま挿入されるのを本気で嫌がっていたが、オレはサオを握ってムリヤリ押し込んでいく。

「くっ、キツイぞ、おっ、ううっ、た、まらんっ、いいぞっ」
窮屈なスキマにムリヤリねじ込むと、回転するバイブのイボイボが息子を刺激してくる。

痛みが伴った快感に溺れたオレはムリヤリ押し込んで、腰を密着させる。

「あっ、だっ、ああっ、くるっ、ちゃう、だっ、あっ、いっ、やっ、ああっ、こ、われるっ」
押しつけた股間でバイブの底面が固定されて、窮屈なナカでムリヤリ回転しようとする。

お尻にバイブビーズを入れられて、あそこを二本差しされた美少女は口角から汁気を垂らし、苦しそうなあえぎ声をあげてよがりもだえる。

「イイ子だ、にゃんにゃんは、イイ子だ」
うら若い女性に破壊的な陵辱をする倒錯した興奮で我を忘れたオレは、痙攣したように震える女体に抱きつくと腰をグラインドさせて、狭いナカで締め付けられる息子を回転するバイブと、引き延ばされた粘膜にこすり付けていた。

SBY16 (11) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 07:14:23 ━ Page top ━…‥・

== SBY16 ==

SBY16 (9)接合

ろま中男3 作品リスト
SBY16 目次

SBY16 (9)接合

「にゃんにゃん、チューさせろ」
自分でミニスカをまくり上げた美少女の局部を舐め倒してもだえさせたオレは、ケモノのような劣情に突き上げられて、メスの悦びにもだえる華奢な女体に覆い被さるように抱きついた。

「あはっ、はあっ、いいよ」
いきなり抱きしめられたにゃんにゃんは、ウットリしたような上目遣いで見上げると目を閉じた。

カワイイぞ、陽菜、…。
さっきまで美少女の恥ずかしい肉を嬲っていた唇で、ツヤツヤポッテリの唇にしゃぶり付く。

「あ、ああっ、やっ、あっ、はわあっ」
強引に唇をこじ開けられたにゃんにゃんは、カワイイ顔に似合わないメスのあえぎ声を漏らしてもだえるが、かまわずにオレは舌をねじ込んで口の中をベロベロ舐め回す。

「ううっ、くっ、おおっ」
やせ気味だが柔らかい女体をオスの衝動のまま抱きしめたオレは、うなり声を上げてベロチューを続けた。

「はあっ、あんっ…、ノブさん、好き…」
満足するまで美少女の唇を口の中を嬲ったオレが口を離すと、湿った吐息にまみれて半開きのウットリした目を向けるにゃんにゃんが、切なげに見上げてくる。

ツバで濡れた唇が妙にそそられる。ケモノのような欲望にとりつかれたオレは、湿り気を帯びたオマタにビンビンに屹立した息子を差し込んでいた。

「や、ああんっ…」
「どうした、にゃんにゃん…」
汁気をあふれ出してネチョネチョに濡れた肉のスジに食い込んだ分身に、にゃんにゃんが妖しい吐息を漏らす。

「だ、だって…」
「いいから言えよ」
濡れた唇の美処女に恥ずかしい単語を言わせる倒錯した興奮に駆られたオレは、もだえる女体を抱き寄せると、伏し目がちに恥じらうカワイイ顔をのぞき込む。

「ノブさんの…、お、ちんち…、チンチン、電車、が…」
オレの肩に頭を押しつけた萌え美少女は恥ずかしがって、結局言えずにバラエティで口走った恥ずかしい単語を代わりにつぶやいた。

「そうか、チンチン電車にハッシャして欲しいんだな、このチンチン電車は、路面のミゾも好きだけど、トンネルも大好きなんだ」
オッサンらしいギャグで返したつもりのオレは、上機嫌で腰を突き出すとミゾにすりつけながら、引っかかりを探り、先っちょを食い込ませる。

「ああっ、入っちゃうっ、やあんっ」
いきり立つ暴れん棒の先端で秘密の花園をこじ開けられたにゃんにゃんは、恥じらいを込めた上目遣いで見つめてくるが背中を反らせて腰を突き出し、濡れ濡れのあそこを差し出してくる。

「じゃあ、トンネルに突入するぞっ」
さりげなくオマタを緩めて挿入しやすい体勢をするにゃんにゃんに、オレは理性を無くして腰を突き出す。

「あっ、にゃうっ、にゃはあっ、はっ、ああんっ」
濡れそぼった下の口でサオの半分ほど咥え込んだ美少女はオレの腕の中でのけぞって、振り上げた片足を腰に絡めてくる。

自分からあそこを押しつけて来る陽菜は、吐息混じりに奇妙なあえぎ声を上げ、むき出しの肩を震わせてもだえていた。

「ダッコしてやる」
美少女のもだえ狂う痴態に興奮で理性を吹き飛ばしたオレは、もう一方の足を抱え上げると駅弁スタイルで根本まで突っ込む。

「ひっ、くっ、あっ、たるっ、奥まで…」
床から両足が離れて支えを失った女体は、広げたネチョネチョの股間をサオの根本のモジャモジャに密着させて、苦しそうにもだえのけぞる。

20代の元気を取り戻した暴れん棒の先端で子宮口をこじ開けられた女体は、粘膜をキュッと締めつけて、ヒダヒダヌルヌルが気持ちいい。

「ど、どうだ、いっ、いいかっ」
勢いで抱え上げてしまったオレは首に手を回してあそこを密着させる女体をユサユサ揺らして、トロトロの下の口に咥え込まれた暴れん棒を出し入れさせる。

美少女のイヤらしい合わせ目に食い込んだ肉棒は、サオに張り付いた肉を引っ張り出して、押し込むのを繰り返して、新鮮な女体から溢れた透明な汁を白く泡立ててかき出していた。

SBY16 (10) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 07:10:13 ━ Page top ━…‥・

== SBY16 ==

SBY16 (8)閑話休題:キャラについて(AKB48)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
SBY16 目次

SBY16 (8)閑話休題:キャラについて(AKB48)

(これは2010/08/27に書いたモノで、SBY16の初出は2010/8のアメブロです)

作者の話にはAKB48のキャラがよく出てきます。『SBY16』はタイトルからしてパクリですし(汗笑)、『魔法のめがね』、『エロがきコナン』にも出てきます。

もちろんこのブログに書いているエロ小説は「すべてフィクションで実在の人物団体場所などとは一切関係ない」のですが(苦笑)、わざとわかるように書いているので、誰がモデルなのかすぐにわかると思います。

彼女たちを登場させるのはハヤリモノでマスコミに露出する機会が多くよく目にするというのが理由ですが、AKB48の売り方自体にそこはかとなくエロを匂わせているのも理由です(作者注:これを書いた当時の2010/8頃にリリースされた『ベビーローテーション』や『逃がした魚たち~』などを指しています)。


特定の個人をのぞいて、作者は特にAKB48のファンだというわけではありません。もちろんアキバの劇場など行ったこともありません。

20世紀最後の10年間はパソコンの街であったアキバによく通いましたが、徐々に趣味の街に変貌していき、秋葉原駅が新しくなった頃には行かなくなりました。

だからメイド喫茶のたぐいも行ったことはありません。その手の描写が作品中に出てきますが、テレビなどのマスコミやネットからの情報を元に想像で書いています。


総選挙の1桁台なら、マスコミの露出も多いので多少は見分けが付きますが、アンダーガールズあたりになるともう誰が誰だかわかりません(総選挙の結果が出たあと『総選挙ガイドブック』を購入しましたが、やっぱりよくわかりません)。

そういうわけでエロ小説に登場する彼女たちは作者の妄想から生まれたキャラで、彼女たちをよく知っているファンの人から見たら全く別モノだと思います。

このエロ小説をファンの方たちが読んでいるかどうかわかりませんが、すべてフィクションですから、気に入らない描写があっても笑って読み飛ばしてください(汗笑)。


作者はファンではないと書きましたが、20世紀が終わる頃から2年くらい前までのドラマやそのDVDはかなりの本数(ちゃんと数えてませんが200本は確実に超えてます)見ているので、彼女たちが出たドラマも何本か見てます。

前田は以前のブログで『栞と紙魚子の怪奇事件簿』のキャプチャー画像を乗せたことがあります(魔法のメガネ (39)あっちゃん / 作者注:コレはアメブロにはじめて書いたときの話です。東京都の例の条例が出来たので、このFC2に画像は載せてません)。小嶋陽菜は主演した『コインロッカー物語』を録画したDVDを何度か見てますし、『山田太郎ものがたり』『ヤスコとケンジ』に出る彼女も見てます。


エロ小説の中で小嶋がお気に入りという記述が何度か出てくると思いますが、それは作者自身の感想でもあります。

このブログに登場する女優やタレントをモデルにしたキャラは、ドラマでの役柄を参考にすることが多いのですが、小嶋を「毒舌キャラ」とするのもそれらのドラマでの役柄を反映してるからです。


DVD収集が趣味でシングルクリップDVDもわりと好きなので『逃がした魚たち~』DVDは持ってます。特典映像に大島、前田、高橋、小嶋陽菜の映像付きコメンタリーがあります。

PV撮影当時の裏話などでキャアキャア騒ぐ様子は楽しいです(笑)が、同時に彼女たちの性格を知る参考になります。

その映像の小嶋はのんびりした性格(放置してたら寝てしまいそうな…、笑)のようで、たまに核心を突くような発言はありますが毒舌な雰囲気はありませんでした。


ドラマ以外にウィキペディアも重要な資料になっています。『SBY16』(4)初見で、ノンティが「ヘビ、こわい」と騒ぐのはウィキからのネタです(蛇足ですが『逃がした魚たち~』DVDに付いてきたおまけのナマ写真は野呂佳代でした…、野呂佳代はAKB48からは外れてSDN48のキャプテンになっています)。

ウィキの『小嶋陽菜』の項目には、以前「毒舌」という記述がありましたが、最近は「マイペース担当」に変わりました。

ウィキの記述は常に議論や編集がされているので内容が変わることはよくある*のですが、ファンや小嶋本人が「毒舌」と言われることに拒否反応を示しているのように感じます。

そういう雰囲気を感じてますが、「毒舌」属性はキャラ立ちさせるので使ってます(汗笑)。

* 魔法のメガネ (39)あっちゃんで「世界征服」と敦子に言わせ(心の声で独白)てますが、以前のウィキには座右の銘が「世界征服」だと言う記述がありました。ウィキからその記述はなくなりましたが、同じ内容が前田敦子 エケペディアに残ってます。


はじめに「AKB48の売り方自体に結構エロを匂わせている」と書きましたが、「AKB48 枕」で検索すると、AKB48のメンバーたちが体を売ってのし上がってきた、というデマが山ほど出てきます。

もちろん真偽のほどはわからないので、もしかしたら真実かも知れませんが、それを証明する事実にお目にかかったことがないので、ココではデマと断言しておきます。

しかしそんなウワサが飛び交うのは、やはりエロを匂わせる売り方をしているためだと思います。


『ヘビーローテーション』のDVD付きCDの、下着姿ではしゃぎまくる彼女たちを何度も見ました。誰だかわかりませんが(Tバックで)ケツ丸出しのカットもありました(笑:コレはあとで大島優子だとわかりました)。

そのDVDに野菜ジュースCMとのタイアップ映像?も入っていました。

ひとりずつ出てきてカメラに向かって話しかけて野菜ジュースを飲む映像が続くのですが、それはAVのあるジャンルの撮影手法と酷似していると感じました。

カメラに向かって話しかけるAV女優がアレをするフリをする映像と、撮影の仕方がよく似ています。


そもそも秋元康が25年前に大成功した『おニャン子クラブ』の高井麻巳子と結婚したことが、「プロデュースするタレントに手を出すヤツ」というレッテルを貼られることになったのだと思います(そのネタを『魔法のめがね』でも使っています、苦笑)。

その秋元康プロデュースのAKB48がブームになって良からぬ噂が立つのも、有名税みたいなものである意味しょうがないと思います。

またAKB48が最近では珍しい恋愛禁止なのも、おかしな妄想を駆り立てるきっかけになっていると思います。実は『SBY16』はそれをヒントにしてます。


まだ結末を考えてないのでこの先どうなるかわかりませんが、『SBY16』をぜひ楽しみにしてください。

とりとめのない長文に最後までおつきあい頂きありがとうございました。

SBY16 (9) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:40:31 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old