FC2ブログ

== 女教師しほり ==

女教師しほり (26)本命登場

ろま中男3 作品リスト
女教師しほり 目次

女教師しほり (26)本命登場

「まずい、誰か来る」
ケモノのような欲望に溺れているように見えても、いつ誰が来てもおかしくない昼休みに周りの状況に常に気を配っていた小心者の省吾は、カツカツと渇いたハーヒールの音にあわてて発情した女体二つを立たせると、ベッドに放り出して脱ぎ散らかした下着類を投げつけた。

「あうんっ、やさしく、してえ」
やあんっ、もっと…。
快感の階段をのぼりかけていた実季は、いきなり抱き起こされて緊迫感のない声を漏らしたが、続きを期待していたのか素直にベッドに寝そべってセクシーなポーズを見せる。
「あんっ、やっ、省吾君、あんっ、どうしたの?…」
え、こんどは、ベッドでするの…。
肉布団にされて二人の下の組み敷かれていた恭子は、いきなり立たされてわけがわからずベッドに押し倒されていた。

「静かにしろ、誰から見られたら、恥ずかしいのはオマエらだぞ」
カーテンをピッタリ閉めて二人まとめてシーツをかぶせた省吾は、シーツの上からドスの利いた声で脅した。近づいてくる足音を省吾はドキドキしながら聞いていた。

「あ、はい…」
「あんっ、早くしてえ…」
省吾の緊迫感が伝染したように緊張した恭子の声した。肉の悦びに浸って色ボケなイヤらしい声を漏らす実季に
「静かに、させろ」
省吾が怒気を含んだ声を漏らす。
「せんせい、お願い、静かにして」
恭子の緊張した声がして淫乱養護教諭の口を押さえたようで、フンフンと荒い鼻息がする以外に実季のお気楽な声は聞こえなくなった。

「…、あれ、誰もいないの?」
足音が保健室の入り口で立ち止まったあと、緊張感のない声がした。しほりだった。
「ま、いっか、バンソウコウ、どこかな?」
なんだか浮ついた声で一人言を漏らすしほりは、薬品棚を物色しはじめた。

「しほり、どうしたの?」
シャツのボタンを留めて身支度を調えた省吾は静かにカーテンを開けると素早く閉めて、美人教師の背中に声をかけた。
「えっ、あ…、なんだ、省吾君、びっくりした」
省吾の存在に全く気付いてなかったしほりは、ビックリしたような大きな目で省吾を見つめると、すぐに表情をくずして気安い笑顔を向けてくる。

「しほり、どっかケガでもした?」
親しみある笑顔で見つめられる省吾は、二人のコトを気付かれないかと心臓をバクバクさせていたが、それを顔に出さないように努めて平静を装って聞いた。
「うん、ちょっとね」
焦る省吾と対照的にしほりは意味深に笑っていた。省吾の裏切りなどまったく思いもしない、恋する自分にウキウキするしほりだった。

「ひょっとして、あのとき?…、どうかした?」
早くしほりに行って欲しい省吾だったが、意味深な笑いに音楽室でムリヤリ犯したことを思いだして、自分がケガさせたのかもとあわてた。
「ううん、たいしたことないの、心配しないで」
恋人気取りのしほりは、深刻な表情を見せる省吾にうれしそうに笑っていた。

「みせて、どこ?」
しほりを追い返したいのはヤマヤマだが、それには治療をすぐに済ませるしかないと、できの良くないおつむで考えた省吾は、しほりの女体に視線を這わせた。
「ホント、たいしたことないのよ、ここ」
心配する省吾がうれしいのか、はにかんだしほりはタイトスカートの中を指さしていた。

「見せて」
省吾は薬品棚からバンソウコウを取り出すとしほりを診察台に座らせて、タイトスカートをズリ上げて開脚させた。
「あんっ、恥ずかしい、あ、だめえ」
下半身丸出しの恥ずかしい姿にされて履き替えたおニューのパンティをさらしたしほりは、太ももをグイッと広げて股ぐらをのぞき込んだ省吾に、キズをペロペロ舐められて甘えた感じの浮ついた声を漏らす。

省吾君、なんで、梶谷せんせいと?…。
カーテンの向こうでじっとして息を殺す恭子は、聞こえてくる恋人同士のような会話にいろいろ想いを巡らせ、不安な気持ちで落ち込んでいた。

でも、できない、省吾君に、叱られる…。
二人に割って入って関係を問いただしたい衝動に駆られもしたが、調教されたばかりの奴隷根性がそれを制止した。モヤモヤした気持ちを抱えた恭子は実季の口を両手で押さえて、もぞもぞする肉感的な柔らかいカラダを抱きついて押さえ込んでいた。

女教師しほり (27) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:50:13 ━ Page top ━…‥・

== 女教師しほり ==

女教師しほり (25)昼休みのサンドイッチ

ろま中男3 作品リスト
女教師しほり 目次

女教師しほり (25)昼休みのサンドイッチ

「じゃあ、コイツの顔にまたがれ」
美人養護教諭の発情した女体を押さえつけた省吾は、不安そうに立つ恭子に命令した。

「え?…」
またがる?…、そんなことしたら、見られちゃう…、恥ずかしい、できない…。
そんな事をしたらノーパンの恥ずかしい部分を実季に見せつけることになる。恭子はコブシを握って身動きできずにいた。

「いいから来い」
しかし省吾に強引に手を引かれた恭子は実季の頭の両側に膝をつかされると、後ろの回った省吾にミニスカをまくり上げられて問答無用に貫かれた。
「あ、いやあっ、やだあっ、あんっ、あんっ、いいっ、ああっ」
あ、入って、あんっ、きた…、はあっ、せんせいに、見られてる…、ああっ、ひどい、…。
また省吾にかまってもらえるうれしさと、肉棒に貫かれてはしたなく愛液を垂れ流すあそこを養護教諭に間近に見られるという恥辱で、マゾ気を熱くして混乱した恭子は、目を潤ませて悲鳴と甘えた嬌声を交互に漏らしていた。

「コイツの、ココ、かわいがってやれ」
腰を前後にグラインドする省吾は肉棒を忙しく出入りさせて、実季の困惑した顔にネットリしたしぶきを飛ばしていた。切なげのけぞる恭子の頭越しに、養護教諭のはしたなく開いた足を見たケモノは、彼女の感じる部分を愛撫するように同級生に強要する。

「ああっ、やっ、おねがい、ああっ、ゆるしてえ」
あっ、やあっ…、あ…、や、あっ、や、できない、あっ…、や、ああっ、…。
省吾に後ろから犯される悦びをどMな心で感じる恭子は、火照った女体の柔らかいクッションに倒れ込んで、実季と省吾にサンドイッチされていた。命令された目の前の女性器に手を出すことは出来ずに、ただ貫かれる恥辱混じりの悦びに翻弄されていた。

「ううっ、ああっ、や、はっ、何、はあっ、しているのっ」
重い…、やっ、ひどい、どうして、こんなことに…、
実季は高校生二人にのしかかられて、少女のおそそに湿った音を立てて出入りする息子を目前に見ていた。それが飛ばすぬめり気のしぶきに顔をしかめた養護教諭は悲鳴に近い声を上げたが、
「早くしろっ、こうするんだよ」
「やっ、ああんっ、せんせ、い…、あ、あんっ、ごめん、はあっ、なさい」
「んっ…、あっ、やっ、ああっ、はっ、やめ、て…、あっ、やっ、ああっ」
やだ、やめてえ、あ、だめ、そこお、…。
省吾に操られた恭子に感じる部分をイジられて、甘えた調子に声色を変化させていた。

「おらっ、気持ち、いいだろっ」
美少女同級生と美人養護教諭を組み敷いた省吾は支配者気取りになって、有頂天で腰を振っていた。

「あっ、やっ、ああっ、やだあっ、いやあっ」
やっ、やだあっ…、あっ、くっ、やめて、ああっ…。
少女の指先で恥ずかしい部分をイジられる実季はおぞましさに震える反面、生理前で感じやすい女体は稚拙な指先の動きにも反応して、開きぎみのスジからのぞく亀裂からエッチな汁をにじませていた。
「あ、ああっ、だめえっ、あんっ、いいっ、やっ、あんっ」
あんっ、あっ、ああっ、いっ、ああっ、やっ、だめえ、でも、やめられない、…。
省吾の性奴隷にされて逆らうコトのできない恭子は、後ろから突入する熱い肉棒に悲鳴混じりのあえぎ声を上げながら、懸命に実季のあそこをいじっていた。

「交代だ」
恭子のきつめの膣を充分に味わった省吾は、腰を引いて肉棒を抜き去ると二人のカラダをごろんと転がした。今度は実季がサンドイッチされる番だ。シックスナインで絡み合う女体の反対側に回った省吾は、モッチリしたお尻の谷間にそそり立つ息子をこすりつけると、恭子の愛撫でトロトロに出来上がった秘肉に食い込ませる。

「あ、やっ、ああっ、やめてえ…、ああっ、いやあ…」
あ、また…、犯された…、あっ、ああんっ、はあっ…、いやっ、なのに、ああっ、どうしてえ、…。
のしかかってくる省吾に柔らかいお尻をひしゃげさせた実季は、あそこに突入してくる熱い肉棒が発する淫靡な湿った音に合わせてのけぞり、官能的な悲鳴を漏らす。理不尽な性的暴力を嫌悪しながら、養護教諭は生理前の女体の抗いがたい性的欲求に歓喜してよがっていた。

「あんっ、どうして…、ああっ、いやあ、やだあっ」
いやっ、どうして、こんなコトするの?…、ひどい…、助けて、…。
目前でイヤらしい音を立てて出入りを繰り返すぬめり気を帯びた肉棒を見つめる恭子は、二人の体重で押しつぶされる苦しさにマゾ気を熱くしながら、敗北感にまみれて落ちた気持ちで悲痛な叫びを上げていた。

女教師しほり (26)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:07:21 ━ Page top ━…‥・

== 女教師しほり ==

女教師しほり (24)3Pの予感

ろま中男3 作品リスト
女教師しほり 目次

女教師しほり (24)3Pの予感

省吾、君…、何、してるの?…。
恭子は火照った女体の奥から湧き上がる熱い何かに、セーラー服を脱ぎ捨てたい衝動をかろうじて抑えて、省吾と実季が生々しく絡み合う姿を大きな目に涙を溜めてじっと見つめていた。

「ダメなら、やめましょうか…、その代わり、新任の若い保健室の先生が、エロさ全開でオナってたって、言いふらしますよ…」
恭子の気持ちなどお構いなしの省吾は、腰の動きを止めると実季をのぞき込んで脅迫まがいのセリフをつぶやく。

「いやあっ、ああん、やだあ…」
え、やっ、なに、やめないで、イジワルしないでえっ…。
実季はあそこに入ったままの息子でナカの粘膜が突っ張る感じにムズムズしながら、子供のように駄々をこねる。エロカワな顔をしかめる実季は自慰行為を言いふらされるコトよりも、挿入を中断されたのをむずがっているように見える。

ぴしっ、
省吾は冷酷に実季を見下ろして頬をたたく。
「きゃっ…、いたい…、ああん、あ、あんっ、あんっ、ああっ…」
あひっ…、な、なに…、いたい…、やだ、あ、あんっ、あたる…、奥に、ああっ…。

頬の熱さにビックリしたように目を見開いた実季は、頬に手をあてて省吾から逃げようとしてジタバタしたが、省吾は柔らかいカラダに体重をかけていきり立った肉棒を根本までねじ込む。逃げられない実季はジタバタして自分から腰を振っていた。あそこから溢れたネットリした蜜で省吾の股間をネチョネチョに濡らしていた。

「言うことを、聞け」
省吾はブラウスを乱暴に脱がせると、ブラを引き上げてたっぷりした乳房をあらわにする。ズラされたブラに押さえられてとんがった形のいい胸を乱暴にわしづかみにすると、力を込めてねじ上げる。

「ひっ…、あ、ひい…、い、痛い…、お、おねが、い…、いいっ、や、やめて、え」
あひっ…、う…、や…、ひっ、やめて…、し、しんじゃう…、あ、はっ、ああっ…。
実季は胸を鉄爪で引き裂かれるようなあまりの苦痛に息をつまらせたが、すぐに悲鳴に近い声を上げて狂ったように頭を振ってもがく。組み敷かれたカラダは艶めかしく波打って、それがますます省吾の息子を刺激した。

「ああ、省吾、うう…、君…」
やああ…、いたい…、いやあ…、はあっ、あんっ、お願い、戻ってきて、…。
省吾の鬼畜な振る舞いに怯えながら、恭子は自分を実季の立場に置き換えてマゾな性根を熱くしてた。粗雑に扱われていたぶられる妄想をして被虐的な淫らな気分に浸りながら、放置された現実に落ち込む恭子は、嗚咽を漏らしながら発展途上の女体を震わせていた。

「ああっ、何泣いてんだ…、恭子、来い」
ベッドに女座りしてこちらを濡れた目で見つめる少女に気付いた省吾は、ご主人様気取りのぞんざいな口調で恭子を呼んだ。

「え…、はい…」
あ、わたし?…、い、行かなきゃ、…。
放置プレイと淫らな妄想でダウン系ドラッグに酩酊したように落ち込んでいた恭子は、自分の名前を呼ばれて急に表情を輝かせた。ベッドから降りた恭子に
「パンティ、脱げ」
なんとか逃げようと抵抗する実季の体をがっちり押さえ込んだ省吾は、恭子は自分の言う通りにするのが当然だと言わんばかりに平然と破廉恥な命令を下した。

「は、はい…」
は、はずかしい…、でも、言うとおりにしたら、きっと、また私を、…。
無意識下で実季に対抗心を燃やす恭子は、省吾のきっぱりした口調にそうするのが当たり前ように感じて、恥じらいながらパンティを足先から抜くとスカートのポケットに押し込んで、ノーパンになった股間をミニスカの上から押さえて頼りなげに省吾の横に立った。

女教師しほり (25) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:36:46 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old