FC2ブログ

== 女教師しほり ==

女教師しほり (23)もだえる養護教諭

ろま中男3 作品リスト
女教師しほり 目次

女教師しほり (23)もだえる養護教諭

じゃあ、かわいがってやるよ、…。
ベッドから起き上がった省吾は恭子を引きはがすと、実季に近寄っていく。のけぞってお尻を突き出す妖艶な姿を見せつける実季は、目を閉じて自らの行為にすっかり没頭していた。

あんっ…、どうしたの?…、あれ?…せんせい?…、やだっ、見られちゃった?…。
快感のさなかで突然突き放されてベッドに女の子座りした恭子は、省吾の背中をぼんやりと眺めていたが、実季の存在に気付いた。あわててナマ太ももを揃えると、ミニスカを押さえてさっきまで省吾のアレが出入りしていた部分を隠した。

省吾は養護教諭が艶めかしい表情を見せるすぐ横にしゃがみ込む。ミニスカに入り込んだ手が濡れたパンティをめくりあげ、秘肉をこねくり回して愛撫するのを冷ややかに見上げた。
「…、先生、なにしているんですか」
滴が垂れそうなほどヒタヒタに濡れたパンティをもぞもぞさせて、クチュクチュと淫らな音を立てる指先の愛撫を続ける実季に、省吾はイヤミっぽい笑いを浮かべて声をかけた。

「えっ…」
あ…、どうして…。
自慰行為に没頭して快感にどっぷり浸かっていた白衣の美人養護教諭が目を開けると、さっきまでベッドに寝ていた少年の顔がおぞましい笑いを浮かべて見上げている。そのアゴの向こうにはそそり立つ息子が見える。実季はパンティに手を入れたまま固まっていた。

「あっ、いやっ、あんっ、だめえ…」
あんっ、やっ、あ、やあっ、ああっ、…。
生意気な笑いを浮かべた省吾は実季を床に押し倒して乱暴にパンティをはぎ取ると、M字開脚させて息子を突入させた。オナニーですっかり出来上がったあそこは、恭子の愛液で濡れた息子をあっさり咥え込む。

「だ、だめえ…、あ、やん、ああっ、やめっ、ああっ」
やっ、入ってる?…、わたし、犯されてる、の?…、だめえ、あ、ああん…、でも、気持ち、いい…、感じちゃってる?…、私…。
実季は突然のことに動転して口では抵抗していたが、ズプッチュプッとヌメリ気をかき出すはしたない音を立てて出入りする愛棒にすぐになじんで、メスの官能に昂ぶっていた。出入りする肉棒の形に合わせてパックリ口をかけた亀裂のスキマから、イヤらしい汁をあふれさせて充血した花びらをヒタヒタに濡らしていた。

「…せんせい、って、エッチなんですね」
しほりもよかったけど…、こいつもなかなか、いいな…、ナカの具合も、微妙に違うし、…。
省吾は抵抗するフリをしながら艶っぽい表情を見せる実季の顔をのぞき込みながら、絡みついてくる粘膜の気持ち良さに上機嫌で腰を振っていた。火照った柔らかいカラダにのしかかった省吾は、音楽室でしほりを犯した時を思いだして、微妙な違いを味わっていた。

「すげえ、気持ち、よさそうですよ」
処女だった恭子はハツモノの締めつけてくるキツサを感じたが、実季はこなれた感じでネットリ絡んでくるようだ。しほりもそんな感じだったと思うが、言葉では表現しにくいなにかが違う気がした。メスの欲情を充満させて火照った女体にのしかかり、ひざを曲げてむっちりした太ももを抱え込んだ省吾はカクカクと腰を前後させていた。

「…あんっ、こんなの…、あうっ…、はあっ、だめ、だめえっ…、ああ、いいっ」
あうっ…、私…、あんっ、いちおう、先生…、はあんっ、なのよ…、なのに、あ、あんっ…、生徒に、はあ、犯され、ちゃって…、ああん、感じちゃう、なんて…、あはあ、だめよお…、や、あん、逃げなきゃ…、はあっ、でも、ああっ、気持ち、いいのお、…。

高校生の邪悪な劣情に蹂躙されて感じる実季は、教師である自分に後ろめたさを感じていたが、生理前で感じやすくなったカラダはよこしまな欲望だとわかっていても喜んで受け入れていた。汗で湿った頬を紅潮させた実季はエロかわいい顔を省吾に見せつけて、快感に波打つ肉感的な女体を悩ましげにもだえさせていた。

女教師しほり (24) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:22:09 ━ Page top ━…‥・

== 女教師しほり ==

女教師しほり (22)実季

ろま中男3 作品リスト
女教師しほり 目次

女教師しほり (22)実季

養護教諭の実季はポッテリツヤツヤの唇から甘い吐息を漏らし、張り詰めたブラウスにブラを透けさせた胸をドキドキさせながら、カーテンの向こうの様子をうかがっていた。

実季は昼食から戻って保健室に足を踏み入れると、すぐにカーテンの向こう側にあるベッドに誰かいるのに気付いた。なぜだか声をかけそびれた実季は音を立てないように近づくと、カーテンの隙間からこっそりのぞき込み、仰向けに寝た少年と彼の腰にまたがって大きくヒダスカートを広げたやせ気味なナマ太ももを目撃した。

誰?…、セックス、してる…、どうして、ここで…。
実季は全く想定外の状況に動転していた。見てはイケナイものを見ているという背徳感で肉感的な女体を熱くして、じっとふたりの痴態を凝視していた。
うわ…、生チンポ…、久しぶり…。
平常心を無くした養護教諭は声を上げる事さえ出来ず、仰向けの男子生徒にまたがったセーラー服美少女の、パンティがめくられて妖しいテカリを見せる女性器に出入りする男性器を見つめていた。

だめ…、ここ、学校よ…、でも…、なんだか、変な、気分、…。
生理前で興奮しやすい状態にあった養護教諭は、ブラから溢れそうな豊乳の先端でピンクの乳首を硬くし、パンティに淫靡なシワを作った股間はエッチな蜜をにじませていた。

ヌチュジュル、って…、いやらしい音が…、や、あっ、か、感じちゃう…。
5歳は年下なはずの男女の痴態にメスの官能を煽られた実季は、無意識にミニスカに手を入れるとムッチリした太ももの間に侵入させて、湿ったパンティの上からネットリした蜜を漏らすスジをイジっていた。

看護学科で保健師の資格を取り、今年大学を卒業してこの学校に養護教諭として採用された実季は、まだ21歳で生徒からからかわれるようなおとなしそうな女子だった。生徒から友達扱いされるようなカワイイタイプだが、性欲は人並み以上あった。誰にも言えないが寝る前は電動コケシを愛用しており、毎晩カワイイ顔を淫らにもだえさせていた。

はうっ、あんっ、いい、あ…やっ、ああ、…。
恭子が省吾の腰の上で悩ましげに腰を振るのに合わせて、実季も興奮した女体を切なげによがらせて淫らに腰を振っていた。ミニスカに入り込んだ手は湿ったパンティに出来たスジをなぞるように、目立たない程度のマニキュアで彩られた指を行き来させていた。

「…ああっ、だめえ」
恭子がこもった声を漏らして苦しげに腰を振る淫らな痴態に興奮した実季は、まるで自分が男子生徒にまたがっているような錯覚を覚えて、パンティの中に指を侵入させた。
あ、はあっ、いいわっ…、すごい、興奮しちゃう、…。
茶髪気味なセミロングの黒髪を妖艶に乱して、一筋の髪を口に咥えて妖しい表情を見せる実季は、愛液にまみれたスジに指を食い込ませると、指の腹で突起や濡れた花びらをこすって愛撫し始めた。

「いいっ、ああ」
甘い吐息まじりに切なげな声を漏らし、妖しく上気させたカワイイ顔をのけぞらせた実季は、腰をまさぐるように這わせた手の平でミニスカを腰の上までまくり上げ、はしたなくさらした丸い柔らかそうな桃尻を突き出し、前屈みになって胸の谷間を強調するセクシーポーズでもだえた。

はあっ、どうして、こんなに…、感じちゃうの、…。
長いまつげを重たげに目を閉じると、自らの行為に没頭して激しくあそこを刺激して、クチュクチュと淫らな音を響かせた。

「…」
おほっ、いいぞ…、え、やばっ…、は?…、おいおい、せんせい…、オレらの仲間に、入りたいのか、…。
発育途上の女体をくねらせて恭子が自ら腰を振るのを眺めてニヤけていた省吾は、カーテンの向こうで実季がオナニーするのを見つけて驚いたが、カワイイ養護教諭の妖しいセクシーポーズに興奮して、淫らな妄想を浮かべるとすぐに行動に移した。

女教師しほり (23) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:36:52 ━ Page top ━…‥・

== 女教師しほり ==

女教師しほり (21)初めての悦び

ろま中男3 作品リスト
女教師しほり 目次

女教師しほり (21)初めての悦び

「…はあっ、ああ」
ああん、はあっ、省吾君?…、ああ、私、変…。
恭子は口を離すと短く息をついた。幼なじみに密かに想いを寄せていたバージン娘はディープキスでメロメロだった。口の中で舌がからんでいた感触が生々しく残って頭がぼんやりする。下半身が熱くてじっとしているのが辛かった。

「…、もう一回」
恭子の体を離さない省吾が、指先で濡れた股間を刺激しながら平板な声でつぶやく。

「あ?…、うん」
一回?…、あ、水…、口移しで…、きっと、またされちゃう…、でも、いやなんて、いえない…。
自分が変わってしまうような感じに怯える気持ちをなんとか抑えて、恭子がまた水を含んで顔を近づけると、
「…飲みにくいから、またがってくれる?」
省吾はまた抑揚無い声で言った。

え、またがる?…、なんで?…、でも…。
口に水を含んでなにも言えない恭子は、しばらく躊躇していたが
「早く…」
省吾の有無を言わせない口調にしぶしぶうなずいて靴と脱ぐとベッドに膝をつき、大きくなったおちんちんを意識しながらお腹の上にまたがった。

見えてるぞ…、くうっ…、気持ちいいケツ、しやがって…。
仰向けに寝る省吾のお腹にまたがった恭子は、ナマ太ももで自然にミニスカをひろげてパンチラしていた。開脚パンチラする恭子にニンマリした省吾は、スカートの中に両手を入れるとパンティの上からお尻に指を食い込ませると、自分の腰の上に押しつける。
あ、おちんちん、あたってる…、やだあ、変な気分…。
恭子は省吾の意のままにされて、湿ったパンティのあの部分をふくらんだ股間に押しつけてられていた。

ああん…、私、エッチ…、でも、こうしないと、飲ませられないし…。
口うつしで水を飲ませようとする恭子は、自分に言い訳しながら省吾の胸に手を当ててのしかかり、顔を近づける。
こんどこそ、入れてやるからな…。
省吾は恭子の股間に手をのばしてパンティをめくってあそこをむき出しにすると、息子を握って先端を湿ったあそこの入り口に当てた。

「…うっ」
あ、やんっ、だめえ、省吾君、…。
はしたなく濡らしたあそこをむき出しにされた恭子は、熱く勃起したモノの先端が恥ずかしい裂け目に食い込む感じに、女体の奥に抑え込んだ欲情を刺激されて、若くて新鮮なカラダをくねらせた。

あ、こわい…、はい…、あんっ、はあっ、…。
しかしにらむような省吾にうながされて口を近づけると、目を閉じて唇を重ねた。

あ、あつい…、はあっ、はいって、くるうっ、…。
柔らかい唇の柔らかい圧迫感に興奮して吸い付いた省吾は、淫らな妄想をふくらませて先端をしっかりと食い込ませると、両手で恭子の腰を引きつける。濡れたスジが太い肉棒で丸く広げられて、広がったカリを咥え込んでいた。

「…うう」
ああっ、はあっ…、いっ、ああっ…、省吾、くん、…。
熱い肉棒のサオの部分まで挿入された恭子は、広げられたあそこの粘膜がピリピリするような熱さに呻いたが、省吾に口を執拗に吸われてその声はけだるそうに喉を鳴らしただけだった。初体験したばかりの少女の口ナカで舌があばれまわり、クチュクチュとイヤらしい音を立てて含んだ水をかき回していた。

おちんちん、はいってる…、はあ、変な、気分…。
省吾の強引な手で腰を下げられてムリヤリ挿入された恭子だったが、いやらしい指で充分にほぐされたおかげでさっき感じた痛みもなく、セーラー服をまとった若い女体を官能の悦びに振るわせていた。
「ああっ、あん…、はあんっ」
わたし、エッチな女の子に、なっちゃったあ…、でも、あっ、はあっ、ああっ…。
執拗なキスから開放された恭子は、切なげにのけぞるとサラサラした髪を乱して、カワイイ顔に似合わない官能的なよがり声を漏らした。

昼休みの静かな保健室のベッドに、幼なじみにまたがって濡れたあそこに邪悪な欲望のこもった肉棒を咥え込み、幼いカラダをもだえさせるセーラー服の少女がいた。

女教師しほり (22) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:10:21 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old