FC2ブログ

== 腐女子モヨ子 ==

腐女子モヨ子 (40)マユユ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
腐女子モヨ子 目次

腐女子モヨ子 (40)マユユ

「くっ…、いくぞっ」
うっ…、
オタ美少女敦子を専属穴奴隷にしたテツは、いやらしくゆるんだ顔に汗を浮かべながら上機嫌で腰を振って、湿った淫靡な音を女子校のトイレに響かせていたが
で、出る…。
玉袋が収縮して裏スジがしびれる感じに、唸るようにナカ出しを宣言した。

「あひっ、な、はひっ、あああっ」
激しい肉棒の出し入れで秘肉のスキマからイヤらしい汁をたっぷりかき出され、オマタをネチョネチョに濡らした毛玉美少女は、
「はあっ、いっぱ、いっ、ああっ、欲しい」
突き上げられる勢いで忙しく頭を揺らしながら、ナカ出しされる被虐色情に発情した女体をゾクゾクさせ、はしたないアヘ顔でおねだりをしていた。

「う、でっ、くっ」
おっ…、くうっ、お、ほおおっ…。
ただれた快感にまみれ、汗が艶めかしくテカる若い女体に抱きついた女装変態は、限界まで膨張した肉棒を根本まで突き刺すと
「う、うっ…」
尿道を駆け上がる熱い奔流に唸って、ズルムケチンポをドクドクと脈動させ、白濁液を子宮に注入した。

「あ、あつ、いいっ」
どS女装変態にギュッと抱きしめられて淫靡にゆがめられた女体が、ナマ出し種付けの快感にもだえ、柔肌をピクピク震わせていた。
「い、いっ…、はあ、ああっ」
子宮にへばりつく粘っこいナマザーメンにむちむちエロバディもだえさせ、白目がちなイッちゃった目を泳がせる敦子は、
「あ、ああ…」
吸い付くようなシットリ太ももをテツの腰に絡め、ムチムチギュウウッと締めつけていた。

「…、離せっ、服、早く着ろ」
…、モヨ子が…、
ケダモノじみた邪念の素を吐きだしたテツは、ずいぶんトイレに滞留していることに気付き、
戻らないと…。
若いカラダ全体をさざ波のように襲う、どMな悦びの余韻で妖しい表情を見せる敦子を、乱暴に突き放した。

「あんっ…」
半立ちチンポが抜けて、さっきまで入っていたソレを示すように、口を開けた膣口からドロッとザーメンが便器の水溜まりに垂れる。
「は、はい…、あ、あんっ、はああ…」
艶めかしい吐息を漏らしたどM穴奴隷は、ネチョネチョのオマタを恥ずかしそうにティッシュで始末して、またエッチな声を漏らすと、のそのそとブラを装着していた。

「…、早くしろっ」
ノロノロすんなっ…、
たるんだ息子を女性用下着にしまって、完璧な美女JKコスに戻ったテツは
このっ…。
炭酸水のアワのように全身でパチパチはじける快感の残滓で、ゆっくりとしか動けない敦子のハダカのお尻に、容赦なくお仕置きした。

「ひっ、ごっ」
どSな怒りのこもった手の平が、お尻のスベスベした肌でバチンと大きな音を立てた。あまりの痛さに飛び上がって尻タブを熱く腫らした敦子は、
「ごめんなさいっ」
どM奴隷らしく謝るとセーラー服っぽい私服を着ようとジタバタした。

「おら、いくぞ」
まだヘソ出し状態の敦子を引っ張ったテツは、女装姿で警戒する必要なかったのだが、顔を出して誰もいないこと確認してからトイレを出た。

「まっ、まって」
乱れたスソを気にする敦子は、フレアミニや上衣を引っ張りながら、テツについていった。

「うひっ、お帰りなさいですうっ」
テツが廊下の突き当たりのさらに奥の漫研に戻ると、同人誌に夢中のモヨ子が顔を上げ、お気楽な笑みを見せた。
今度は、ロリか…。
モヨ子のオタ笑いを無視したテツは、斜向かいに座るツインテールに注目していた。

「ぐふふっ、彼女は綿鍋麻友さん、うはわっ、ですうっ」
どSご主人様のやぶにらみする先に気付いたモヨ子は、うれしそうに腐女子仲間を紹介した。
「1年の綿鍋麻友です…、マユユと、呼んでください」
ノートにネームを書くのに夢中だった麻友は、モヨ子の声に顔を上げると、お愛想でロリなカワイイ笑顔をテツに向けた。

腐女子モヨ子 (41) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:27:04 ━ Page top ━…‥・

== 腐女子モヨ子 ==

腐女子モヨ子 (39)専用穴奴隷

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
腐女子モヨ子 目次

腐女子モヨ子 (39)専用穴奴隷

「しょうがねえな、一生オレの」
そんなにイヤか…、オタ女が…、
なりふり構わずすがりつく敦子から漂う、マゾヒスティックな艶めかしい色気に、どSな加虐色情を熱くたぎらせたテツは
「専用チンポ穴になる、って誓うなら、許してやる」
オレ専用の肉便所にしてやる…。
専用性処理奴隷に貶めてやろうと、憐れなオタ娘を憎々しげに見下ろした。

「な、ひっ、なりまふ…」
恥辱まみれの淫らな姿を女子生徒たちから蔑まれるより、どSイケ面の性奴隷になることを選んだ敦子は
「れふ子さはの、うっ、チンポあはに、ううっ、なりはふ…」
こみ上げる嗚咽をこらえて、ビンビンに反り上がる愛棒の下でたるむ金玉袋に、懸命にキスした。

「そうか、じゃあ、そこにマタ広げて座れ」
オタ女、ってこんな、ばっかか?…。
簡単すぎて笑いだしそうなテツは、不気味な半笑いで別の個室のドアを開け、憐れなオタ奴隷に便座に座るように命令した。
「…、はひ、んっ…」
玉袋のシワシワをカワイイ舌でチロチロしていた敦子は、命令されてないのにセーラー服っぽい私服を脱いで、ブラ一枚だけの匂い立つような裸身をさらして座ると、
「たらいま」
丸めた背中に手を回してブラのホックを外しながら、ムッチリ太ももをおずおず広げ、オマタにネットリした糸を引いていた。
「ふあ、あふん…」
オドオドした視線を向ける敦子は、恥ずかしい亀裂に注がれるイヤらしい視線に女体の芯を熱くして、マゾヒスティックな妖しい色気を艶めかしい女体から発散し、女装どSイケ面を誘っていた。

「…、舌のスベリをよくしてやる」
やっぱ、カワイイな…、髪ちゃんとすれば、いいのに…、
邪魔なチェックミニをウエストに巻き込んで、ビンビンの愛棒を握ったテツは、上目遣いで怯える毛玉美少女に覆い被さると
舌、ほぐしてやる…。
頼りないスキマを見せる唇に吸い付き、舌を差し込んで口腔内をかき回し、ピチョピチョと湿った音を立てた。
「ふ…、ふあ…」
ホックが外れずにみずから後ろ手に緊縛した不自由な敦子は、口中を舐め回すネットリした軟体動物に興奮した吐息を漏らし、トロンとした目でテツを見つめていた。

「…、『テツ様専用マ○コに、特濃ミルクを、ドピュって、してください』と言え」
メロメロだな…、ションベン垂れ、オタ女…。
毛玉美少女の唇と舌を思う存分堪能したテツはご機嫌だった。悪ノリしたどSイケ面は憐れなオタ美少女に、恥ずかしいセリフを強制した。

「はい…、テツ様専用のオ○ンコに、んっ…」
長いまつげになかば隠れた伏し目がちな目で、愛液で濡れたズルムケチンポをチラ見し、コクンとノドを鳴らした敦子は
「ザーメンを…、ドピュドピュって…、いっぱい、注ぎ込んで、ください…」
大きめの乳房からつんと突きだした乳首をかすかに震わせ、おずおずと腰を突きだして秘裂を見せつけながら、淫らな生殖本能が求める願望を口走っていた。

「おおっ、入れてやるっ」
いっぱいだと…、ドスケベオタ女が…
吸い付くようなもち肌の腰に手を当てて引き寄せたテツは、イヤらしい汁にまみれた秘裂に先端を押しつけると
くっ…、はあっ、ええきもち…。
問答無用に腰を押しつけた。血管の浮き出た肉棒でヒダヒダ膣粘膜をかき分け、一気に根元まで挿入して子宮口をこじ開けていた。

「ひっ…、あ、ああ…」
容赦ない突入に苦しそうなあえぎ声を上げて、切なげにのけ反った敦子は、ケダモノのようなテツの勢いで押しつぶされそうな女体を、便座に当てた手で懸命に支えていた。
「おらっ、おらっ、おらっ」
たっぷり、出してやるからな…。
強制放尿プレイの間に十分に休養を取ったテツは、乳房の吸い付くようなもち肌を握りしめて、腰を振りまくった。

「いっ、みゃっ、うっ、ふみっ、いっ、いいっ」
ズンズンと勢いよく突き上げられる若い女体は、柔らかい肉をプルプル揺らし、ガクガクと頭を上下させて、甲高い嬌声にまみれていた。
「みゃうっ、うみゃっ、ふみっ、みゃあっ」
あえぎ声にモヨ子と同じような響きを感じたテツが、肉棒の挿入を繰り返しながら、両手で乳房を揉んで乳首を指のマタでクリクリすると、子猫の鳴き声ような響きに変わっていた。

オタ女は、乳首をイジられると…、
トロトロの蜜壺にズルムケチンポを抜き差しする快感でご満悦の女装どSイケ面は、
ネコになるんだな…。
とりあえず猫声はスルーして、ケダモノじみた荒い息にまみれて腰を振りまくり、パンパンと肉がぶつかり合う音を女子校のトイレに響かせていた。

「ふあっ、あっ、ああ、いいっ」
揚羽本手で背中を丸めてアソコをテツに突き出す敦子は、うめき声に近いあえぎ声を上げてもだえまくっていた。
「んっ、はっ、ああっ、はあっ、ああっ」
血管の浮き出た肉棒がネットリ濡れた秘肉を出入りするたびに、イヤらしい汁がシブキになって、トイレの床に飛び散っていた。

腐女子モヨ子 (40) につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:20:56 ━ Page top ━…‥・

== 腐女子モヨ子 ==

腐女子モヨ子 (38)どS暴君の残酷な気まぐれ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
腐女子モヨ子 目次

腐女子モヨ子 (38)どS暴君の残酷な気まぐれ

「はあ、ああっ…、忘れてた、ションベンだったな」
はあっ、くっ、くうっ…、ジラしてやるっ…。
イレ込みすぎた激しいグラインドで息が切れたテツは、苦し紛れにサディステックな笑いを浮かべると、スカトロな強制排尿をたくらんだ。

「ああっ、はあっ、え、えっ?…」
発情した柔らかいカラダ全体が上下する激しい挿入に翻弄されていた敦子は、それが突然休止すると、苦しそうな息づかい混じりに気の抜けた声を漏らしたが
「やっ…、あっ…」
いきり立つ肉棒をパックリ咥え込んだ膣口の上にあるオシッコの穴を、指の腹で乱暴に押し潰されて、
「やあ、いやあっ…」
下半身がしびれるような尿意で内マタに震えると、泣き声混じりにむずがってカラダをよじらせた。

「おらっ、シーシーしろっ」
出しちまえっ、ションベン垂れろっ、オタ女っ…。
サディステックな攻撃的でケダモノじみた性欲の昂ぶりにうわずった声で、オシッコをこらえて震える毛玉美少女を怒鳴りつけたテツは
おらっ、出せっ…。
ビンビンの息子を根元まで押しつけて、広げられた秘肉のスキマからネットリしたおツユを絞り出し、オシッコの穴をグリグリと刺激した。

「やっ、あ、ああっ…」
元々オシッコのためにトイレに来ていた敦子は、怒気のこもったキツイ指先に観念して
「やだっ、やあっ」
ジュワッとはしたない音を立て、扇状にオシッコをばらまいた。
「いやっ、やっ、あああっ…」
生理が来てから異性の前で排尿した経験のないオタ美少女は、ナマ本番の最中に盛大にお漏らしする恥辱に、カワイイ顔を真っ赤にして悲鳴のようにあえぎ声を上げた。

「くっ…、キタネエなあ…」
ぐふふっ…、ビショビショだよ…。
便器や床をビショビショに濡らすオシッコシャワーを、狂気を帯びた目で満足そうに眺めていたどS女装イケ面は、
「この、ションベン垂れっ」
喰らえっ…。
しまりのないオタ娘をお仕置きし、お尻に思いっきり平手打ちを喰らわせた。

「ひいいっ、あ、ああっ…」
キレイなお尻に真っ赤な紅葉模様を刻印された敦子は、聖水の残滓を両足の間に垂らしながらビクッとのけ反った。
「ご、ごえんあ、すあいっ」
肉体的精神的暴力に打ちのめされたオタ美少女は、喉にこみ上げる嗚咽でロレツが回らず、舌足らずに謝っていた。

「許さんっ、ションベン垂れは、さらしてやるっ」
泣いてやがる…、もっと、イジめてやるっ…、
ガマン出来ない嗚咽で肩を揺らす毛玉美少女に、どSな興奮をますます昂ぶらせるテツは、
「運動部のガキどもに見せてやるっ」
羞恥プレイだっ…。
後ろ手にドアを開けると、目鼻口から体液を垂れ流して震える敦子を引っ張り出した。

「やっ、やらやらっ、それたけは」
健康的な運動部の女の子のまえで、ビショ濡れオマタのお漏らし醜態をさらし、好奇に満ちた目で蔑まれる妄想に襲われ、どMな被虐色情を熱くした敦子は
「れったい、いやらああっ」
無残に広げられた秘裂を貫く肉棒から逃げ出し、トイレの床に倒れ込んで丸まっていた。

「キタネエな…、トイレの床で土下座か…」
泣け泣けっ…、
セーラー服っぽいボーダーの私服をまとって丸まった生き物を見下ろすどM女装イケ面は、
鼻水、ヨダレ、ションベン、愛液まみれのオタ女っ…。
加虐色情にまみれた禍々しい愛棒をそそり立たせ、リセエンヌなチェックミニを持ちあげていた。

「おれらいれふっ、ゆふひへっ」
だらしなく倒れ込んだトイレの床を指摘され、体を起こした毛玉美少女はどS暴君の女装ニーハイ脚線美にすがりつき、情けなくゆるんだ口のハシからヨダレを垂らし、屈辱的残虐行為の翻意を懸命に請願していた。
「ほれらけは、ゆるひへ、くらはいっ」
悪魔のように高圧的な暴君に、ボブカット美少女は心身ともに完全屈服し、涙まみれの大きな目には、マゾヒスティックな悦びさえ漂わせていた。

腐女子モヨ子 (39) につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:53:36 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old