FC2ブログ

== 女医冴子 ==

女医冴子 (67)インポ患者の逆上

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (67)インポ患者の逆上

「菜都美とは…、オレをフった彼女ですが、結婚するつもりでした、でも初めてホテルに行って、これを見て…、逃げ出したんです」
フラれた時の状況を語るインポ患者所沢は、大きく開いたマタの間でダランとした特大チンポを握ると悔しそうにつぶやいた。

「逃げ出した…、というのは?」
こんなのがおっきくなったら…、恐くて逃げ出したくなるのも、ムリないかもね…。
今はおとなしくしているソレが勃起した凶暴な姿を妄想してどMな色情を熱くした淫乱女医は、無意識にニセチンポを咥え込んだ膣をうずかせていた。お気楽エロ女医はありがちな想像をして元カノに同情していたが、一応事実確認するために問いかけた。

「こんなのと、セックスしたら、殺される…、バケモノだ、って言って…」
フラれた状況を鮮明に思い出したインポ患者はデカマラを握ったまま悔しそうにつぶやいた。冴子が予想した通りの状況だったが、失意でうなだれたインポ患者は泣いているように見えた。

「そうですか…、その恋人は小柄な方だったんですか?」
泣いてるの?…、いい年して、泣かないでよ…、まあ、フラれたんだから、しょうがないか…。
うつむいて肩を震わせる所沢に小さくため息をついた冴子はどMな昂ぶりが冷めて、情けなさをにじませた冷たい視線を向けていた。

「そうです、カワイイ人でした…、オレは…、オレはっ、結婚したかったのに…」
急に頭を上げたインポ患者は涙で濡れた顔で迫ると、白衣の肩を節くれ立った両手でがっしりと握って悔恨の想いを冴子にぶちまけていた。

「あ、あの、落ち着いて…」
やっ、また、近いっ…、あんっ、こんな風に、迫られたら…、ああっ、だめえ…。
強引な態度に弱いどMな奴隷体質女医は、気弱そうな表情を見せる美顔をのぞき込んで声を荒げるインポ患者に押されっぱなしで、SMペニパンを装着されたオマタを緩めてガーターストッキングの太ももを心持ち開いていた。

「あれ、先生っ、これっ…、オレのためですかっ、ありがとうございますっ」
白衣の肩においた手に力を込めすぎて勢い余って肩をムキ出しにしたインポ患者は、ラバー製のカップ無しブラから突き出すナマ乳房を見て興奮した声を上げた。いびつに絞られた乳房を見て頭に血がのぼった所沢は、固く勃起した乳首に吸い付くとチューチューと吸い始めた。

「あっ、あんっ、ち、ああっ、だめえ、あっ、や、ああっ…」
やっ、いきなりっ、あっ、吸ってる、ああっ、だめえっ、ああっ、感じちゃうっ…。
悲しみを怒りに変換したインポ患者の勢いに押し切られて破廉恥行為を許してしまった淫乱女医は、舌先で硬くなった乳首を転がされる官能的な刺激にもだえ、ペニパン装着のオマタをぱっくり開いてガーターストッキングの太ももを淫靡に震わせていた。

「こんなモノ、取ってあげますっ」
透き通るような白い柔肌に食い込む黒い醜悪なラバーブラが気にくわなかったのか、所沢はゴムブラを乱暴に引っ張ってムリヤリ脱がせると、周囲に赤い筋がくっきりした乳房を口いっぱいに含んで、先端をベロベロ舐めながらゴムまりのようなオッパイを思いっきり吸引した。

「ああっ、だ、だめっ、はあ、ああっ」
胸が、ああっ、吸い取られ、ちゃうっ…、あひっ、だめえっ、やめてえっ…。
乳房全体が吸い取られそうな強力な吸引に切なげな表情を見せてのけぞる淫乱女医は、サラサラした髪を振り乱して快感にもだえよがっていた。

「そう、ですねっ、じゃあ、せんせいっ、吸ってください」
口先だけで拒絶する冴子になぜかうなずいた所沢は美巨乳から未練なさげに離れ、興奮した鼻息をおおげさに鳴らして立ち上がると、ダランとした荻たまげなすを甘い吐息を漏らす唇のスキマに押しつけた。

「えっ、あっ、うっ、ちゅぶっ、じゅっ、ちゅじゅちゅぶっ」
や、おっきい…、ああっ、お口が、壊れちゃう…。
ダランとしたデカマラを強引にねじ込まれた冴子はめいっぱい口を広げてソレを受け入れていた。潤沢なおツユを絡ませた舌が柔らかいサオに絡みつき、濡れた唇がサオをシゴく湿った淫靡な音が診察室に響いていた。

「おおっ、せんせいっ…、もっと、吸ってっ…、もっと、ああっ、舌で舐め回してっ」
興奮した吐息で胸を忙しく上下させる獣欲に狂ったインポ患者は、懸命にお口の愛撫を捧げる淫乱女医の頭を抱えて前後に振り回す。頭全体をシェイクされて意識が遠くなりそうな冴子は、乱暴な扱いにどMな被虐色情を煽られてラバーペニパンを愛液まみれに濡らしながら、柔らかいソレに口全体と舌技を駆使して愛撫を続ける。

「ぶわっ、ぶっ、じゅぷっ、はわっ、ぶじゅるっ、ちゅっ、ふぶっ、じゅぶぶっ」
やっ、あっ、死んじゃうっ、あっ、やっ、やめてっ、あっ、死ぬっ、ああっ…。
肉欲に狂ったインポ患者にオナホール扱いされた淫乱女医は、口で息をしようとして恥知らずな音を立てていたが、それがたるんだ肉茎を刺激してインポ患者を唸らせていた。ようやく鼻で息をする事に気付いたエロボケ女医は鼻息を破廉恥に鳴らし、湿った熱い鼻息で変態インポ患者の股間のちぢれ毛をせわしなく揺らしていた。

女医冴子 (68) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:25:06 ━ Page top ━…‥・

== 女医冴子 ==

女医冴子 (66)しょぼくれた萩たまげなす

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (66)しょぼくれた萩たまげなす

「…さん、…、お願いします」
久美を連れ帰ることを決めた冴子は、虐待認定や養護施設への入所などの処理を任せるため、久美を連れてきたナースに構内PHSで連絡した。

「じゃあ、後はこの看護師さんにお任せしたから、お仕事が終わったら、一緒に帰りましょう」
ほどなくしてやってきたナースに久美を預けた冴子は、診察室を出て行く二人をニッコリ笑って見送った。

「患者さんはあと3人です」
またまた二人が出て行くのタイミングを狙っていたようにベテランナースが声をかける。
「あ、はい、今日は少ないですね」
今度は恥ずかしいトコロを目撃されたわけじゃないので、しっかりした受け応えをした冴子はいつもより少ない患者数を意外に思っていた。

「そうですね、次は28歳会社員の方です」
冴子の些細な疑問に拘泥することなく師長はカルテを置いて戻っていった。

「所沢さん、どうぞ…」
あれ、この人…、やだ、またなの…。
カルテの名前を見てマイクで呼び出した冴子は症状の欄に「インポ」と書いてあるのを見て、どうして今日はこの手の患者ばかり来るのだろうと半ば呆れながら、あそこに咥え込んだニセチンポを意識してどMなエロ性根を熱くしていた。

「失礼します、よろしくお願いします、さっそくですけど見てください」
呼び出しを待ち構えていたかのようにインポ患者はすぐ診察室に入ってきた。男は冴子に一礼するなりいきなりズボンを脱いで、フルチンの下半身をさらした。

「あのっ…、焦らないで…、まずは座ってください」
やだ、大きい…、これが大きくならないなんて、もったいない…、ち、ちがうでしょ…、ナニ考えてるの…。
インポ患者の変態露出魔じみた行動にあっけにとられ、ブラブラする萩たまげなす(山口県特産の特大ナス)のようなソレを見つめて、どMなメスの性根をますます熱くした冴子だったが、ゴクンとツバを飲み込だあと気を落ち着かせると、まずは座るように言った。

「あ、そうですね、すいません、それで、私インポなんです、どうしたらいいでしょう」
フルチン男は下半身裸のまま大きく脚を広げて座ると、ナニと玉袋をブラブラさせながら切迫した表情で冴子に迫っていた。

「落ち着いてください…、まずはどうしてイン…、男性機能不全になったのか、きっかけはわかりますか?」
やっ、近い…、あんっ、息が…、ああっ…、って欲情してる場合じゃない…、この人は、患者さん…、私は、医者…。
真剣な顔で迫ってくるせっかちなインポ患者に荒い鼻息を吹きかけられ、どMな変態性癖を刺激されてゾクゾクした冴子だったが、かろうじて医者の顔を保って問診を行った。

「たぶん…、恋人にフラれたからだと思います…、インポになったのは、その時からですから」
豊満な乳房で開いた襟元に深い谷間をのぞき込んでいたインポ患者は、目線を左上に向けて応えた。目線が左上を向くのは過去のコトを思い出そうとする脳の働きと関連することで、所沢がウソをついてない証拠だった。ちなみに右上を見るとウソをついていると言われるが、もちろん絶対ではない。

「泌尿器科には相談しましたか?」
恋人にフラれたのが原因ってことは、心因性ってコトになるけど…、身体的な原因の場合もあるしね…。
当たり前のようにフルチンのままで座る所沢に、デカマラが気になって邪念を振り払えない冴子は念のため聞いておいた。

「はい…、泌尿器科のナースさんたちには、でへへ…、よくしてもらいました…、で、今度は精神科のキレイな先生に、と思って…」
泌尿器科のスケベナースによほどいいことをしてもらったのか、その時の体験を思い浮かべてうれしそうにニヤけたインポ患者は、好色そうな視線で冴子の白衣に包まれた艶めかしい女体の線をたどっていた。

「そうですか…、確かに…」
見てる…、イヤらしい目…、ああん…、やっぱり、この人にも、エッチなコト…、はああ、されちゃうんだわ…。
白衣の下で汗をにじませた透き通るような白い柔肌に、インポ患者の淫靡な視線が突き刺さるのを妄想した淫乱女医は、露出狂的などM性根を熱くしてニセチンポを咥え込んだ肉の亀裂からイヤらしい汁を垂らしながら、電子カルテで泌尿器科での受診を確認していた。

「だから、先生、触ってください」
美人ドクターに淫らな期待を隠そうとしないインポ患者は、フルチンの股間を突き出して触診を要求していた。

「はあ…、わかりました…」
なんで、「だから」なの?…、まあ、触診は必要だけど…。
インポ患者の風俗まがいのリクエストに呆れたが、奴隷体質の淫乱女医は治療の一環だと自分に言い聞かせて、しょぼくれた特大ナスに手を伸ばした。

「はあ、ああっ…、やっぱり、だめか…」
しなやかな指先で特大フニャチンをイジられたインポ患者は、美しい女医の肉感的な裸体を想像してエロ気分で浮きたったが、やはり萩たまげなすはダランとしたままだった。

「ダメですね…、恋人にフラれたときのことを、詳しく話してくれますか?」
私が、こんなにしてあげてるのに…、ホンモノのインポだわ…、まちがいないわ…。
ピクリともしないデカマラに若干ご機嫌斜めの美人ドクターは冷たい視線で一瞥をくれると、心因性インポの原因を探ることにした。端正な横顔を見せて澄ました様子の美人女医だったが、無自覚下のメスの本能はつれないデカフニャチンに闘争心をかき立てられて、絶対にイカせてやるとスポ根的な情熱を燃やしていた。

女医冴子 (67) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:53:02 ━ Page top ━…‥・

== 女医冴子 ==

女医冴子 (65)冴子の提案

ろま中男3 作品リスト
女医冴子 目次

女医冴子 (65)冴子の提案

「落ち着いた?…」
静かになった?…、そろそろいいかしら…。
泣き疲れるまで少女の背中を優しくなでていた冴子は、ようやく嗚咽が収まったのを見計らって声をかけた。

「うん…、せんせい、ゴメンね…、変態なんて、言って…」
顔を上げて涙で濡れた頬をぬぐう美少女は、優しくしてくれた精神科医にさっきの暴言を詫びていた。

「え…、あ、あれね…、変態よね…、恥ずかしいわ」
あちゃあ…、しっかり、覚えてる…、そうよね、別人格の体験じゃないんだから…、当然だわ…。
つかの間忘れていたSM衣装のコトを持ち出された淫乱女医は、あそこにしっかりと咥え込んだニセチンポにどMな被虐色情をチリチリと刺激されたが、それを顔に出さないようにして照れ笑いしていた。

「せんせいも、男の人にひどいコト…、されてるんでしょ…、なのに、変態なんて言って…、ホントにゴメンなさい…」
どMな変態性癖を自覚する淫乱女医の照れ笑いを、自分に対する優しさだと勘違いした美少女は心から反省し、立ち上がって大きく頭を下げて盛大にパンチラしていた(診察室には冴子と久美しかいないので、誰かに目撃されることはなかったが)。

「えっ、そんな…、いいの、わかってくれれば…、それより、久美さんはもうお父さんと、一緒に暮らさないほうが、いいと思うの…」
根は素直でイイ子なんだわ…、そんなことより、やっぱり、DID(解離性同一性障害)を直すには、原因から遠ざけないと…。
恐縮してかしこまる久美を丸イスに座るように勧めた冴子は、DIDの根治には父親から引き離すのが一番いいと考えた。

「え…、そう…、ですよね…」
両親の不仲は自分が原因だと痛いほどわかっている久美は、親から引き離すという一見乱暴な案に理性では納得していたが、やはり家族と離れがたく思っているようだ。

「そうよね、そんな簡単なコトじゃ無いことはわかってる…、でもね、久美さんがこれ以上、お父さんにひどいコトされるなんて…、ガマン出来ないの」
家族と離れて暮らすなんて、悲しいコトよね…、でも、お父さんに弄ばれるなんて、絶対許されないことだわ…。
逡巡する久美に冴子は真剣に説得していた。両親から守られるべき子供が、性欲に狂った父親に陵辱されて母親から恨まれるなんて家庭環境は、絶対に認められなかった。

「…、わかりました…」
冴子の真剣な説得は久美に決心させた。まじめな顔でジッと見つめる冴子を信じることにした久美は、家を出ることを承諾した。

「よかった…、こういう場合は虐待として児童相談所に相談するんだけど…、児童っていっても18歳未満が対象だから、久美さんは当然対象になるの…、悲しいことだけど久美さんのような女の子は、いっぱいいて…、だからそういう子を保護するための施設はちゃんとあるのよ」
わかってくれた、よかった…。
家を出ることを納得してくれた久美に安心した冴子は、性的虐待された子供を保護する施設について説明していた。

「…、施設に入るんですか?」
養護施設の具体的なイメージが湧かない久美は、刑務所のような場所を想像して尻込みしていた。

「そうよ、もちろんいろんな手続きがあるから、すぐにってわけにはいかないけどね」
虐待認定とかいろいろあって、時間がかかるはずだわ…。
養護施設が久美のためだと思い込んでいる冴子は、彼女の不安に気付かずに施設に入れる前提で説明を続けていた。

「恐い…」
刑務所のような場所で虐待される妄想をして怯えきった久美は、冴子の説明など上の空だった。
「え…、恐くなんてないのよ」
?…、どうして震えてるの?…。
不安げな声に久美を見つめた冴子は、やせ気味のカラダがガタガタ震えている事にやっと気付いた。

「やだ、行きたくない」
「困ったわね…、そうだ、今日はウチに来ない、私ひとり暮らしだし、遠慮しないで」
そうよね、いきなり施設に入れられるなんて、イヤよね…、どうせすぐにはムリなんだし、今日はウチに泊まってもらいましょう…。
頑なに拒む少女に意外な想いさえ抱いた冴子だったが、このまま家に返してみすみす変態父親の餌食にすることだけは出来なかった。安直な結論だったが虐待という同じような経験をした少女に親近感を覚えていた冴子は、友だちを泊めるような気軽さで自宅のマンションに来るように勧めていた。

親戚の家に預けるという選択肢もあったが、自宅に連れ帰ると決めた冴子にはそこまでの考えを廻らすことは出来なかった。

「えっ、いいんですか?」
お気楽女医の提案に表情を明るくした美少女は、すがるような目で冴子を見つめていた。

女医冴子 (66) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:58:36 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old