FC2ブログ

== 毛双太郎 ==

毛双太郎 7.カナ(10)淫乱美少女にナカ出し

ろま中男3 作品リスト
毛双太郎 目次

毛双太郎 7.カナ(10)淫乱美少女にナカ出し

たまった欲望を吐きだしたオレは小さく息を吐いて、ザーメンまみれにした美少女のひわいな顔を見下ろしていた。

「…太郎クン、どうしてナカで、出してくれないの…」
湿った吐息で忙しく胸を上下させるカナは、ナカ出しをおねだりして顔射されたことに不満そうだった。

「…おまえ、オレの子供産む気か?」
最初から積極的に誘ってきたカナのナカ出しのおねだりに、オレが妊娠を心配して聞く。

「ちがうよ…、今日、安全な日だから…、ナカ出しされた方が、気持ちいいし…」
上気した顔に妖しい笑みを浮かべたカナは、ザーメンが垂れる息子に口を当てると、喉を鳴らしてそれをおいしそうに飲み込んでいた。

「…もう、一回するか?」
息子を舐める舌の気持ちよさで性懲りもなく鎌首をもたげる息子に、オレはカナを二回戦に誘った。
「うんっ、して…、今度はちゃんとナカに出してね」
口の周りを汁気で淫靡に光らせたカナは、カワイイ笑顔でうれしそうにオレを見上げた。

「…ほら、こい」
オレがベッドの仰向けになって息子を天井に向けると、エッチなうれしそうな笑顔のカナがオレにまたがってきた。抱きついてきたカナは、胸からぶら下がったお椀型オッパイの先端で硬くなった乳首でオレの胸板をくすぐる。

「あ、ううっ、くっ、いいっ…、太郎クンの、はあ…、おっきな、おちんちん…、やっぱり、気持ちいいね…」
サオに手を当てて入り口にあてがったナカは、一気に根本まで下の口でくわえこんだ。昂ぶった声を漏らしてオレに抱きつくと、カリが粘膜をこするのを味わうようにゆっくり腰を動かしていた。

「そんなに、いいのか…」
オレが張りのあるお尻を抱えて上下動をサポートする。上でもだえて汗のにじんだ温かい女体をすりつけてくるカナに、わかりきったことを聞く。

「うん、すごい、気持ちいい…、太郎クンの、おちんちんが、カナのナカで、動いてるの…、バカになっちゃうくらい、気持ちいい…、あっ、あんっ、ああっ…」
腰をゆっくり振りながら息子を出し入れするチュプチュプという湿った音をさせるカナは、オレの耳元で色っぽい声をささやく。

昂奮したオレは尻肉をつかんで腰をムリヤリ前後させると、カナはのけぞってさらさらの髪を乱しながら、こもったあえぎ声を喉の奥から漏らしていた。

「あうっ、いいっ、くっ、ううっ、あうっ、あんっ、あっ、あっ、あんっ…」
下から突き上げるオレに、抱きついて柔らかい肉を押しつけてくるカナは、湿った吐息をオレの顔に吹きかけては、ふくれあがった息子が奥まで届くたびにのけぞって、柔肌を震わせていた。

「…そんなにいいか、もっとしてやる、ぞっ」
両手で腰をつかんだオレは、腰を振りながらキツイ突きあげを食らわした。
「ひっ、あああ…、いいっ、もっと、突いてえ…」
子宮口まで食い込む深い挿入に、苦しそうにのけぞって弓ぞりになったカナは、こもった嬌声を上げて貪欲に刺激を求めた。

「…、今度はこうだっ」
淫乱美少女のあえぐ姿に倒錯した加虐心を昂ぶらせたオレは、くるりと回転させて背中を向けさせると大股開きのあそこを突き上げた。

「ひうっ、くうっ、いいよ、もっと強くして、カナが壊れるくらい、突いてえっ…」
キツく奥深くまで挿入されたカナは、後頭部をオレにぶつけそうなほどのけぞっていい匂いのする髪でオレの顔をくすぐり、より深い挿入で陵辱されるのを望んでいた。

「…この、ド淫乱女がっ、こうしてやるっ」
エロ女のリクエストに応えてつながったまま腰をつかんで持ちあげたオレは、カナにのしかかるように立ち上がって深く突き刺した。

「あぐっ、うう…、いいよ、もっと、あうっ、もっとよおっ」
腰を高々と突き上げたカナは、四肢を踏ん張って激しい挿入を受け止め、髪を振り乱しながら、まだキツく突かれるのを求めた。

「…この野郎っ、コレでどうだ」
ドコまでも激しい刺激を求めるカナに呆れたオレは、太ももをつかんであそこに強く腰を押しつけるとカナを振り回していた。

「あううっ、いい…、あうっ、すごい、くうっ、よっ、ああっ、もっと、カナを、メチャクチャにしてえっ」
股間を軸にして右に左に振り回されるカナは、それでもうれしそうな嬌声を上げてもだえ狂っていた。

「この、ド変態が…、バカ野郎っ、ケツ突き出せっ」
カナの要求につきあっていたら、こっちが先にバテると思ったおれは、カナを四つん這いにさせて後ろから突き刺した。

「いいよ、バックもスキッ…、メチャクチャにして、カナを壊してっ」
バックスタイルであそこを突きだしたカナは、濡れ濡れの亀裂に食い込むカリにうれしそうにお尻を振ってオレを誘っていた。

「…ああっ、気持ちいい、あんっ、もっと、やだっ、突いて、もっとおっ」
全く堪えない淫乱なカナに、ちょっと頭に来たオレは全力で腰を押しつけて突きまくったが、カナはうれしそうな声を上げて、腰を振っていた。

「コレでどうだ…」
「あぐっ、ああっ…、いいよ、もっとしてえっ」
全体重を掛けて息子を根本まで突き刺すと、さすがに支えきれなくなったカナはベッドに倒れ込んだが、腰は突き上げたままでグチュグチュと出入りする息子に湿った音を立てていた。

「…ナカに出すぞ」
淫乱女のペースにはまってしまったオレは、早くも発射の予感を感じて、快感にもだえる女体を表にすると大きく広げたマタに突き刺した。

「あうっ、ナカに、あんっ、出して…、ちょうだい、太郎クンのザーメン、カナに、いっぱい、ちょうだいっ…、あんっ、いいっ、あっ、気持ち、あうっ、いいよおっ」
淫乱な笑みを浮かべたカナは、ズンズンと突かれながらはしたないおねだりをして、粘膜をこするカリに気持ちよさそうな嬌声を上げていた。

「…黙れ、このド変態女っ、この口が、言うかっ」
快感にもだえながら、いつまで経っても口数の減らないカナに、また腹が立ってサディステックな興奮でいきり立ってアゴをつかんだ。

「あううっ、ううっ、いひほっ、ひほひ、ひいひょうふ…」
口に入った指にイヤらしく舌を絡めたカナは、絶頂間近の浮遊感に汗まみれの女体を妖しくくねらせて、快感に身もだえしてもだえまくっていた。

「くっ、望み通り、出してやる、くらえっ…」
息子に熱い突きあげを感じたオレは、めいっぱいあそこを突き上げるとドクドクと肉棒を震わせて、白濁した粘液をナカにぶちまけた。

「あっ、熱いっ、あ…、いっちゃう、あうんっ、いっちゃうよおっ」
膣の内壁を焦がす熱い濁流に、汗まみれの女体をぶるぶると震わせたカナは、のけぞった頭をすりつけるようにガクガクと激しく前後させた。

「…どうだ、出してやった」
ハアハアと息を荒くしたオレは、肩で息をしながらしぼみはじめた息子を抜き出すと、湯気を上げるカナのあそこを広げてあふれてくるザーメンを眺めていた。

「…ああんっ、すてき…、太郎クン、スキ…」
あそこの亀裂をめいっぱい広げられたカナは、汗ばんだ女体をかすかに震わせながら、オレに淫靡な視線を向けていた。


「…」
妖艶な笑みを浮かべてオレを見ていたカナは、じきに意識を無くしてベッドに横たわっていた。カナのしどけない寝姿を見ながら、オレも意識を無くしていた。

「…太郎クン、起きた…、すごかったね…」
意識が戻ったオレは、カナの家ではなく帰り道の原っぱにいることに気づいた。

「太郎クン、何度もするんだもん…、カナ、壊れちゃうかと思ったよ…」
草むらに座って、オレは恥ずかしそうに見るカナは、
「証拠、見る?…」
状況をつかめないオレにミニスカをまくってザーメンが沁み出したパンティを脱ごうとしたが
「いい、わかったから…」
オレはカナに覆い被さるようにしてミニスカをまくり上げる手を押さえた。

「…アイリには、黙っててあげる、その代わり、また、シテね…、カナ、太郎クンのおちんちん、大スキになっちゃった…、太郎クンのせいだからね…」
頬ずりするように顔を寄せたカナは、オレの耳元に甘い吐息を吹きかけながら甘えた声でささやいた。

オレは毛双太郎。パンチラノゾキが趣味だ。しかし二人目の彼女が出来て、凶暴な幼なじみにバレ無いか心配な、気苦労の多い健康な高校生だ。

毛双太郎 7.カナ おわり
毛双太郎 あとがき(みたいなもの)
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:13:48 ━ Page top ━…‥・

== 毛双太郎 ==

毛双太郎 7.カナ(9)ドスケベ美少女の本番おねだり

ろま中男3 作品リスト
毛双太郎 目次

毛双太郎 7.カナ(9)ドスケベ美少女の本番おねだり

「カワイイ顔して、中身はドスケベの淫乱だなっ」
加虐色情にとらわれたオレは、おいしそうにチンポをしゃぶるカナにニンマリして言葉責めしていた。

「ああっ、ゴメンなさい…、カナ、ドスケベの淫乱です…、はあ、だから、はやく、シテ…、もう、ガマン出来ない、変になっちゃう…、おねがい、太郎クンのおちんちん…、ちょうだい」
倒錯した興奮を昂ぶらせたオレが言葉責めをしても、カナは恥じ入るどころか自分から卑猥な言葉を口にして、ナカ本番の挿入をおねだりしていた。

「…ココに入れて欲しいのか」
サディステックに笑ったオレが尻アナをイジルと
「いやあん、だめえ、コノじゃないのおっ、オマ○コに入れてえっ…」
催淫剤ですっかりドスケベ女に成り下がったカナだったが、催淫剤がなくても元々スケベだったんじゃないかと思わせるイヤらしいもだえようで、尻アナを隠した。

「…ほら、入れてやる」
さっきカナが持ち出してきた大人のおもちゃを濡れ濡れの切れるに入れると
「あっ、気持ちいいっ、…いやん、太郎クンの、おっきくなったおちんちんが、カナ、イイッ」
微震動するバイブにイヤらしく女体をもだえさせたカナは、しかしオレのモノを求めて甘えた声でおねだりした。

「…このドスケベが、コレでいいか」
「あっ、いいっ、もっとして、気持ちいい…、もう、よすぎて、カナ、バカになっちゃったよおっ」
あそこにいっぺんに指を3本入れてグチュグチュとかき回すと、カナは自分から腰を振って卑猥なうわずった声を漏らした。

「…お待ちかねの、チンポだっ、入れてやる」
カナのはしたない媚態にビンビンにそそり立つ息子の先端が、カウパー汁で濡れているのを見たオレは、カナを乱暴に四つん這いさせて一気に貫いた。

「あっ、あんっ、いいっ、入ってる…、太郎クンの、あんっ、おちんちんが、あっ、カナのあそこに、あうんっ、いっぱい、あんっ、入ってるっ、んっ、ああっ、気持ち、あっ、いいよおっ…、あんっ、もっと、あっ、突いて、メチャクチャに、くうっ、してえっ」
ドスケベ女の性根をさらしたカナは、激しく突かれるのにあわせて、火照った女体を忙しく前後させながら、湿った吐息混じりのイヤらしい嬌声にまみれていた。

「ほらっ、どうだっ、おうっ、くうっ…」
カナのイヤらしい声に煽られたオレは劣情を昂ぶらせて、ペースを無視して腰を振り続けてカナをベッドに押し倒していた。

「あうっ、いいっ、あんっ、もっと、くうっ、もっと、あうっ、突いてっ、あんっ、いい、うぐっ、ううっ、ああっ、いいよ、…」
カナの淫乱ぶりにますます加虐心を昂ぶらせたオレは、全体重を掛けて息子をトロトロのあそこにたたき込んでいた。

ジュブジュブとヌメリ気をかき回す淫靡な音が倒錯したオスの欲情を煽ってくる。のしかかるオレの体重に押しつぶされたカナはくぐもったしかし淫靡な声を漏らして、女体を圧迫する快感のただ中に漂っていた。

「いいの、あぐっ…、もっと、ぐ、うっ…、メチャ、あんっ…、クチャに、あうっ…、オ○ンコ、ぐうっ、して…、カナのコト、壊して、あんっ、いいから…、もっと、あぐうっ…、かき回してっ、ううっ、してえっ」
イヤらしい汁を垂れ流す亀裂を熱く昂ぶった息子で無残に広げられ、あふれ出た汁はカナのマタをビショビショにしていた。

快感にまみれた淫乱美少女はイヤらしいセリフをわめき散らし、汗が浮かんだ新鮮な女体を悩ましげによがらせて官能の喜びに浸っていた。

「ちゃんと、腰上げろっ、このズベタッ…」
もだえ狂うカナの腰を引き上げたオレは、ムチャクチャに腰を突きまくった。ネットリした汁が飛び散ってとっくにオレの股間はヌルヌルになっていた。

「…こうしてやる」
ふくれあがった劣情でケモノになりきったオレは、乱暴にカナの腰肉を引き上げてまんぐり返しさせると、腰を落としてトロトロの亀裂を直上から息子で掘削した。

「あっ、ううっ、苦しい…、でも、気持ちいい、あんっ、やめないで、あうっ、もっと、あっ、突いて、あうっ、いい、あんっ、気持ちいいっ」
あそこを頂点にしてカラダを折りたたまれたカナは、呼吸困難に陥って息も絶え絶えになっても嬌声を上げ続けた。

「…疲れた、今度はおまえがしろっ」
ペース配分を無視した挿入に息が切れたオレはベッドに仰向けになって、騎乗位でするように命令した。

「うんっ、いいよ…、あうっ、くううっ、うっ、あっ、あうっ、あんっ、あっ…」
すぐにオレの股間にまたがったカナは、イヤらしい汁を垂らす亀裂に先端をあてがうと、一気に腰を沈めて息子をあそこにくわえこんだ。

欲情したメスは汗を垂らした新鮮な女体をいやらしくくねらせながら腰を上下させて、ズブズブと突入してくるズルムケチンポのカリが粘膜をこする快感を貪欲に求めていた。

「…この、ドスケベが」
尻肉に指を食い込ませて上下運動をアシストすると
「あっ、いいっ、いいのっ、あんっ、もっと、カナを、突いてえっ…」
それにあわせるように腰を振りながら、全身から汗を吹き出してイヤらしい声を漏らし続けた。

「…オレのチンポが入ってるトコ、ちゃんと見せろ」
このままではすぐに発射しそうな予感に逃げ腰になったオレは、いやらしく腰を上下させる気持ちいい女体を持ちあげて息子を抜き出す。

「いやっ、あんっ…、わかった、見て、太郎クンの、おちんちんが、カナのあそこに、あんっ、はいってるの、あうっ、見てえっ…」
あそこから息子が抜け出すと不満な声を上げたカナだったが、すぐにオレの命令を理解してお尻を向けると息子をあそこでくわえこんでまた忙しく腰を上下させる。

「よく見えるぞ、このドスケベめ、そんなに気持ちいいか…」
ヒクヒク震える尻アナの下で、濡れ濡れのあそこに入ったり出たりする息子がテラテラと鈍い光を放つのを眺めるオレは、倒錯した興奮に囚われてカナの尻肉に指を食いませパンパンとスパンキングする。

「あひっ、いたい…、あんっ、でも、あっ、気持ちいいです…、あうっ、あんっ」
スパンキングで尻肉をビリビリ震える勢いに、あそこからネットリした汁がしぶきになって飛び散る。

「イクぞっ…」
発射が近いコトを感じたオレは、もだえ狂うカナを乱暴にベッドに押し倒してムリヤリM字に開脚させると、ビクビク震えるサオを握って正常位で突入した。

「…あっ、いいっ、気持ちいい、太郎クン、カナのナカで出してえっ」
発射に向かって全力疾走する激しい挿入に柔らかい女体を揺さぶられて激しく頭を上下するカナは、苦悶の表情に淫靡な雰囲気を漂わせて口角からヨダレを垂らしていた。

「…いくぞっ、出るっ、おおっ」
突然息子の裏スジの熱い突きあげを感じたオレは、思いっきり腰を押しつけて根本まで挿入し、子宮口をこじ開けてザーメンを子宮に注ぎ込む体勢に入った。

「ちょうだいっ、あっ、ああっ、ナカにっ…」
ふくれあがった息子で膣をいっぱいにしたカナは、苦しそうに呻きながらナカ出しをおねだりして、汗がにじんだカワイイ顔を左右にバタバタ振る。

「…、出るっ」
尿道を駆け上がる熱い奔流を感じたオレは条件反射のようにのけぞった。無意識にカナの体から離れてヌルヌルのサオを握ってカナの顔にまたがると、白濁した液をカナの苦悶する顔にまき散らした。

「あ、あんっ、いやあっ…」
子宮に熱い粘液を注ぎ込まれる期待をしていた淫乱美少女は顔射されて、白濁液でまだら模様を作った顔を淫靡にゆがめて泣き出しそうな嬌声をあげていた。

毛双太郎 7.カナ(10) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:58:23 ━ Page top ━…‥・

== 毛双太郎 ==

毛双太郎 7.カナ(8)淫乱美少女の超絶フェラ

ろま中男3 作品リスト
毛双太郎 目次

毛双太郎 7.カナ(8)淫乱美少女の超絶フェラ

「かわいがってやるから、ちゃんと見せろ…」
もだえる美少女にすっかりエロオヤジになったオレは、スケベ面丸出しで口角からツバを飛ばして命令した。

「…ちゃんと見せるからあっ…、お願い、何とかしてえ、あそこが、熱くて、苦しいのおっ」
催淫剤の効き目が全身に回ってパンティを引き絞って股間をモロ見せしたカナは、ハアハアと昂奮した吐息を漏らしてイヤらしく腰を振ってオレを誘惑していた。

「いやん、もう、だめえ…、あんっ、気持ちいい…」
どこからか大人のおもちゃを持ち出したカナは自分で慰めはじめた。卑猥なイヤらしい声にまみれて、パンティの上からの微震動がうれしそうに若い肉体をもだえさせた。

「はしたないぞ、オレがしてやるから、見せてみろ…」
美少女の痴態に興奮して大人のおもちゃを取り上げたオレが冷たく命令する。

「…お願い、早くカナを、気持ちよくしてえ…、もう、変になっちゃうっ」
カナは自分でパンティのマタ布をよけて恥じらう様子もなく濡れ濡れのスジをさらし、はしたないおねだりの甘ったれた声を漏らし、カワイイ顔をつらそうにゆがめて切なげに見上げる。

「…、ついでだ、計ってやる…、おっ、…センチもあるぞ、おまえのあそこ、デカイんじゃないか」
メスの欲情を熱くして進んでイヤらしい姿を見せつけるカナを、ジラしてやろうと思いついたオレは、開脚したあそこをノギスで計って羞恥調教をしてやった。

「こんなの、やっ…、早くしてえっ、お願い、カナ、おかしくなっちゃうっ」
屈辱的な言葉責めも気にしないで、あそこを広げてナカまで見せるカナはだらしなくエッチな汁を垂らして、メスの本能丸出しでキャンキャンしたスケベな声を上げて身もだえする。

「お願いよおっ、カナのあそこを、クチュクチュしてえっ、カナを、よくしてえっ…」
パンティを脱いだカナは、おっぴろげで濡れたあそこをさらしてイヤらしいセリフを恥ずかし気もなく叫んだ。


「バカ野郎…、可愛くしないと、してやらんぞっ」
痴態をさらすカナにすっかりのぼせ上がって、痛いほど股間をふくらませてオレだったが、冷たくにらみつけてかっこつけていた。

「お願い、もう、カナのココ、こんななのっ、もう、頭おかしくなりそうっ…、太郎クンが、変な薬飲ませたんでしょ、責任取ってよおっ」
自分で花びらを引っ張ってトロトロにできあがった亀裂の奥を見せつけるカナは、オレの悪巧みを指摘して迫ってきた。

「分かったよ、してやるよ…、だけど、変なクスリなんて、飲ませてないからな…」
あくまでもシラを切り通すオレは、発情した女体をクネクネさせるカナを裏返しにすると、あそこに指を当ててスジから顔を出した白い突起をイジった。

「…あんっ、気持ちいいっ、もっとっ、してえっ、カナをメチャクチャに、してえっ」
しっとり濡れた亀裂に指を入れてかき回すと、カナは切なげな嬌声を上げてはしたなく喜んだ。

「この、淫乱女が…」
自分から乳をひりだしたカナに倒錯した加虐心を昂ぶらせたオレは、乱暴にあそこをかき回したが、カナはよけいに気持ちよさそうな嬌声を上げてブルブルと女体を震わせた。

「…自分だけ、気持ちよくなろうなんて、虫が良すぎるぞ、オレ様の息子に挨拶しろっ」
暴力的な愛撫にさえ発情して淫靡な笑いを浮かべるカナに、よけいに倒錯した興奮を覚えたオレはもだえる淫乱女をジラしてやろうと、ふくらんだ股間をカナの前に突きだした。

「…いいわ、ちゃんとするから、カナも良くしてね」
相変わらず淫靡な笑いを浮かべるカナは、ブリーフに手を掛けてブルンと息子をむき出すと、カワイイ舌を出してペロペロと舐めだした。

熱気をはらんでふくれあがった息子を、いとおしそうに舌で愛撫するカナの淫靡な色っぽさに、息子は張り裂けんばかりにふくれあがっていた。

「…おおっ、いいぞ、咥えろ、口に入れるんだ」
息子にからむ温かいネットリした愛撫に、ウットリしたオレは腰を突き出すと、荒い息に紛れてうわずった声を漏らして口に入れるように命令した。

「…いいよ、ううっ、じゅるっ、ちゅぷっ、じゅっ、ちゅっ」
息子を咥えたカナは、舌を絡めて頭を振りバキュームフェラで息子をめいっぱい吸引した。カワイイ顔で超絶な舌技を繰り出すカナに圧倒されながら、オレは湿った気持ちよさにウットリしていた。

「…もっと、奥までだ」
ハアハアと息を荒くしたオレはカナの頭をつかむと、乱暴にシェイクした。

「うくっ、くっ、ふうっ、ちゅっ、じゅるるっ、ちゅぷっ…」
最初はオレにされるままにお口の愛撫を続けていたカナだったが、タイミングをつかむと自発的に頭を振って広げた唇でサオを締めつけていた。

「おおっ、いいぞ、ズベタめ、どこでこんなテク、覚えたんだ…」
股間にしがみついて、フェラを続けるカナの超絶テクを素直に堪能することにしたオレは、下半身を預けて快感に没入していた。サオをさすっていたカナは玉袋に手を当てて、優しくマッサージしはじめた。刺激になれてない場所の愛撫にオレはのけぞり、そのキツイ気持ちよさに恥ずかしいくらい感じていた。

「…気持ちいい?…、カナ、がんばってるでしょ、カナも良くしてえっ」
フェラをするうちに発情してメスの本性をあらわにしたカナは、勢い余ってベッドにオレを押し倒したが、それでも息子にしがみついてフェラを続けた。

「もう、ガマン出来ない…、カナも、良くして…」
シックスナインの体勢でオレの顔にまたがったカナは、フェラを続けながら濡れ濡れのスジを口に押しつけてイヤらしく腰を振っていた。オレはスベスベしたお尻を押さえると、舌をとがらせて汁気を垂らす亀裂に差し込んで、ベロベロと舐めまくった。

毛双太郎 7.カナ(9) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:31:42 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old