FC2ブログ

== 毛双太郎 ==

毛双太郎 7.カナ(7)もだえる淫乱少女

ろま中男3 作品リスト
毛双太郎 目次

毛双太郎 7.カナ(7)もだえる淫乱少女

「…、ねえ、太郎君、もどってきた?…」
カナに肩を揺らされて正気に戻ったオレは
「オレ、いつから、ぼんやりしてた?…」
つい素になって聞いていた。

「あ、お茶立ててたら…、それから、ずっと…、お茶なんて、気取ってたよね、ゴメンネ」
カナは照れたように恥ずかしそうに笑っていた。

「そうか、やっぱりノド渇いたな、なんかないか?…」
しゃがんで三角ゾーンをパンチラするカナの色気を漂わせたカワイイ笑顔に、スケベな興奮を昂ぶらせたオレは、アイリの時と同じ悪巧みを思い浮かべていた。

「…ジュースでいい?…、きゃっ」
オレの図々しいリクエストに立ち上がったナカは、なぜかキッチンでわざとらしく転んで思いっきりパンチラしていた。食い込んだパンティがあそこのスジをクッキリ見せていた。

「えへへっ、転んじゃったあ、…太郎君?…、なんか目がエッチだよ…」
パンティのプックリしたふくらみを隠そうとしないでお茶目に照れ笑いするカナに、オレは卑怯なたくらみを頭に思い浮かべ、クスリの効き目でもだえる美少女のエッチな姿を妄想していた。

「…、ちょっとまってね、すぐだから…、…、でも同じネタでは、読者が納得しませんよ」
わざとパンチラするようにお尻を突きあげて冷蔵庫をのぞき込んだカナは、ジュースを出してコップに注ぐと、背中を向けたまま作者に変わって天の声をささやいた。

鋭いツッコミにキョドったオレだったが、どうせ読者はスケベならなんでもいいんだからと、開き直ってカナのコップに催淫剤をこっそりと投入した。

カナは素知らぬふりでジュースを飲み干すと、意味ありげにオレを見つめてカワイイ笑顔を浮かべている。

「太郎クン…、わたしだったら、いいんだよ…」
テーブルに肘を突いて甘えたささやきをして意味深に笑ったカナは、ウットリした目でエッチな視線を投げかけてくる。

「…、なにが、いいんだ?…」
色っぽいまなざしに股間で息子がもたげてくるのを、隠したオレはゴクンとツバを飲み込んで聞く。

「やだあっ、そんなこと、女の子に、言わせないでえ…」
カワイイ顔に淫靡な雰囲気を漂わせたカナは、トロンとした目でオレを見つめていた。

「…ちょっと、部屋イクね…、きゃあっ、またころんじゃったあっ」
切なそうに湿った息を吐いたカナは、いきなり膝をつくと思いっきりお尻を突きあげて、まくれ上がったミニスカにパンモロしてキッチンを出て行った。

「…あんっ、なんか、カラダが熱いの…、太郎クン、ジュースに何か、入れたあ?…」
フラフラしながら自分の部屋に入っていったカナは、ベッドに横になると足をブラブラさせて思いっきりパンティを見せつけていた。

「なんかって、何だよ…」
オレが何か入れたのを知ってて飲んだカナに、オレはわざとらしくしらばっくれていた。

「だって、カナ、今、スゴイ、エッチな気分だもん、こんなのはじめてだよ…」
ベッドの横になったカナはオレに向き直ると、真っ直ぐオレを見ながらオマタに差し込んだ手をかすかに動かしていた。

「…おまえ、その手、何してるんだ」
エロっぽさを漂わせるカナに、昂奮したオレはイジワルく聞いた。

「…なんにも、してないよ、ほら、エッチなシミも、ないでしょ」
けだるそうにベッドでうつぶせになったカナは、淫乱な表情を見せると恥ずかしいセリフを当たり前のように口にしてお尻をオレに突き出す。言葉とは裏腹にパンティの二重になった部分は湿り気を帯びて、クッキリしたシワを見せていた。

「…よく見えんぞ、ケツ、こっちに向けろよ」
催淫剤の効き目でエロ女になったカナに、オレは鼻息を荒くして遠慮無くエッチな命令をする。

「これでいい?…」
けだるそうに応えたカナは、ベッドに顔を埋めるようにしてお尻を高く突きあげる。ムッチリした太ももの根本に押し出されてあそこがプックリ飛び出していた。

「バカ野郎…、ちゃんと四つん這いになれよ…」
破廉恥なポーズで発情した女体をもだえさせて淫靡な空気をまき散らすカナに、痛いほどあそこをふくらませたオレはわざと感情を抑えてぞんざいに命令した。

「ごめん…、これでいいよね…」
よろよろと体を起こしたカナはオス犬を誘うメス犬のように四つん這いになって、ますますシミが大きくなったパンティをオレに見せていた。

「…パンティがたるんでるぞ、ちゃんとケツを突き出せ」
「ゴメンなさい、恥ずかしい…」
怒鳴り声を上げるオレにビクッと震えたカナは、お尻を突き出してパンティをパンパンにしてプックリふくらんだあそこをオレに見せつけた。

「…ほら、腰振って、オレを昂奮させろ、このスケベ女」
淫乱美少女の痴態にのぼせ上がって調子に乗ったオレは、オヤジっぽいエロトークでカナをイジっていた。

「わかりましたあ…、あんっ、あんっ、あうんっ、太郎クン、ちゃんと見てるう…」
はしたなく腰を振るカナはうわずった興奮した声を漏らしていたが、パンティがあそこにコスれるだけでも気持ちよさそうだった。


「…ああん、どうにかしてえ、もう、カナ、変になっちゃう」
すっかりエロ女にできあがったカナは、ベッドの倒れ込むと火照ったカラダをクネクネとよじって、甘えた声を漏らしていた。

毛双太郎 7.カナ(8) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:54:19 ━ Page top ━…‥・

== 毛双太郎 ==

毛双太郎 7.カナ(6)おもてなし

ろま中男3 作品リスト
毛双太郎 目次

毛双太郎 7.カナ(6)おもてなし

トイレでいやがるカナのナマ尻を抱えたオレは、邪悪な熱気をはらんだ息子の先端をぬかるんだ泉に食い込ませた。

「…太郎君、お茶…」
カナの呆れたような声に、またスケベな妄想の世界から正気に引き戻された。カナはキレイに正座してお茶を点てていた。しかしミニスカからムッチリした太ももがむき出しになっていて、三角ゾーンを両手がかろうじて隠していた。

「あのなあ…、ありえんだろ」
茶道のお点前をきちんとこなすカナに呆れた声を上げたオレだったが、まだ妄想の世界にいることを確信すると

「…そんなかしこまったお茶をするより、廊下の掃除をしろ、ホコリだらけだぞっ」
茶道に全く親しみのないオレは、作法で恥をかくのがイヤなので縁側の廊下に目配せした。

「ホントだ、ゴメンなさい…」
傾きかけた日差しにかすかにホコリが照らされる廊下を見たカナは、慌てて廊下の拭き掃除はじめた。ぞうきんがけをするカナはパンティを食い込ませた股間を見せつけるようにお尻を突きあげて廊下を行き来した。

「あ、また、見てたでしょ…」
わざとらしくパンティの食い込んだ股間を見せつけたカナは、拭き掃除が終わると縁側でリラックスして寝転ぶと、ニコニコオレを見ていた。

「さっきの続き、しようぜ…」
これは自分の妄想の世界だと思い込んでいるオレは、寝そべってひなたぼっこするカナを引っ張り上げると、部屋に連れ込んだ。

「…続き、って、何するの?…」
障子を閉めると、カナが不安そうにオレを見ていたが

「…でも、いいや、太郎君の…、好きなようにして」
ヒザを合わせた紺ソックスの足を大きく広げて、さりげなく太ももの奥にパンチラしたカナは、不安そうで可憐な笑顔を見せていた。

「…、とりあえず、服脱げ」
カナの可愛い仕草にゾクゾクするような昂奮を感じたオレは、鼻息を荒くして乱暴に命令した。

「うん…、あんっ、いやん…、ハズかしいな…」
素直にシャツのボタンを外しはじめたカナは、ケモノのような本能むき出しのオレの視線に目を伏せると、畳に横になってミニスカをまくり上げる。

「…これで、いい?…」
恥ずかしそうに目を伏せて顔をそらしたカナは、シャツをはだけて極小のブラで押さえ込んだ乳をひりだす。震えているのかブラに押さえられてはみ出しそうな乳房の地肌がかすかに揺れていた。

「バカか、ちゃんとパンティも脱げ…」
ロリっぽいツインテールに淫靡な空気を漂わせたカナに、ゴクンとツバを飲み込んだオレはオレ様口調で羞恥調教の命令をした。

「…、分かった…、これでいい?…」
オレの冷たい声にしばらく黙っていたカナは決意したようにはっきりした声で応えると、パンティをおろして頼りなく足を開いてあそこの茂みを見せつけた。

「…、よく見えんぞ、お尻を突きあげてみろ」
羞恥心に震える美少女にサディステックな興奮を昂ぶらせたオレは、さらに羞恥調教を続ける。

「…これで、いい?…」
恥ずかしそうに四つん這いになったカナは、つきだしたお尻の奥にかすかに潤んだ亀裂を見せたが

「なんだよ、もっと、うれしそうな顔しろよっ…」
加虐色情の狂気をカラダに充満させたオレははにかむカナを怒鳴りつけた。ひっ、と震えたカナは、ゆっくりと息を吸うとこわばったというより小悪魔な笑みを作ってオレを見つめた。

「…やっぱり、見にくい…、足広げて、こっち向け」
はしたない格好で笑う美少女に、熱い何かが股間を突き上げるのを感じながら、オレはまた冷たく命令した。

「恥ずかしい…、でも、太郎クンなら、いいよ…」
無体な命令に一瞬逡巡したカナだったが、パンティをおろしてゆっくりと足を開いた。

あそこを見つめるイヤらしい視線に耐えきれないように目を伏せたカナだったが、あそこからイヤらしい汁がにじんで妖しい光を放っていた。

毛双太郎 7.カナ(7) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:29:52 ━ Page top ━…‥・

== 毛双太郎 ==

毛双太郎 7.カナ(5)ウチにおいでよ

ろま中男3 作品リスト
毛双太郎 目次

毛双太郎 7.カナ(5)ウチにおいでよ

公園で子供のようにひとしきり遊んではしゃぎ回ったカナは、満足したのか公園を出て家路をたどりはじめる。

「…遅いよ、早くおいでよ」
マンションのエレベーターを使わずに階段を登るカナにオレは息を切らしながらついていったが、もちろん下からノゾキ込んでしっかりパンチラをごちそうになっていた。

「あっ、また、カナのパンツ見てたでしょ…、太郎のエッチ」
文句を言う割にはお尻を突き出してパンチラするカナは、いつの間にかオレを呼び捨てにしていた。

「…ねえ、もう、バテちゃったの?」
オレが息を切らして階段に腰掛けて休んでいると、カナが不満そうに見下ろしていた。

「いいんだよ、オレはベッドの中じゃ、疲れ知らずだから…」
とっさに出たワケの分からない強がりに
「そう、なら、よかった…」
くだらない親ギャグにカナはカワイイ笑顔を見せると、さっさと先に行ってしまった。

「ここが、ウチでえす」
「…、なんでスカートめくってるんだ?」
景色が見たかっただけなのかマンションはただ登っただけで、カナの家はマンションに行く途中で素通りした割と古そうな家だった。ミニスカをまくり上げてパンチラする扇情的なポーズを取るカナにツッコミを入れると

「…そんな恥ずかしいコトしないよおっ、さあ、はいって、今日、お母さんいないから」
「だから、なんで、水着なんだっ」
今度は白い水着姿になっていた。そこでオレはコレが白昼夢だと気づいて、それならエッチな妄想を存分に楽しもうと、遠慮無く親が不在の家に上がり込むことにした。

「ちょっと着替えるからあっち向いてて」
そう言いながらカナはパンティをおろしていた。コレもどうせオレの妄想だろうと高をくくったオレは、しっかりと着替えを鑑賞することにした。

恥ずかしいシミを作ったパンティをオレが見ている前ではき換えたカナは、オレのイヤらしい視線を意識しながらブレザーを脱ぐと

恥じらい気味にミニスカまで脱ごうとしたが
「…そんな地味なストリップ、昂奮しねえぞ、もっとエッチにしろ」
オドオドするカナにサドっ気を昂ぶらせたオレは、ご主人様口調で命令していた。

「…分かりました、コレでいいですか?」
カナはオレの強い口調にビクッとなって一瞬おびえたが素直に奴隷モードになると、ズリ下げたブラに持ちあげられて若干つり上がり気味の形のいいナマ乳をむき出した。

腹芸の目玉のようなカワイイ乳首を反り目気味にしたカナは、恥ずかしそうにオレをチラ見してからパンティをおろした。

「あの…、チョット待っててください…」
しかしすぐに普通モードに戻って胸を隠して恥じらうと、カワイイ笑顔を見せたカナはオレを置いて部屋を出て行った。

オレがあとをつけると、カナはトイレに入っていった。ドアを静かに開けるとちょうどミニスカをまくり上げたところで
「やだっ、変態っ、だめえっ…」
悲鳴を上げてそのままの格好で便座に座り込んだ。

「…いいから、見せろよ」
トイレでオドオドするカナにますます加虐心を昂ぶらせたオレは、恥ずかしい姿をさらす美少女を見下ろしてニヤつきながら、ご主人様気取りで命令していた。

「わかりました…、恥ずかしいけど、脱ぎます」
冷たい命令にまた奴隷モードになったカナは、露出狂の血を泡立てて湿ったため息を吐くとパンティをおろして尻アナをオレの目の前につきだした。

「…コレでいいですか?…」
パンティをおろしたカナは、シットリした触り心地の良さそうな丸いお尻をオレに向けて、恥ずかしそうにうつむいてはにかんでいた。

「あんっ、こんなトコで、だめですう…」
スベスベしたお尻の感触を楽しむように、オレがイヤらしい手つきでまさぐると、カナの甘えたセクシーな声がトイレに響いてオレの鼓膜をくすぐった。

「…抵抗すんな、やらせろっ」
どうせ妄想だと分かっているので、醒める前に最後までイッてしまおうと焦ったオレは、カナのお尻を抱えるとせわしなくズボンをおろして、そそり立つ息子を尻タブに食い込ませた。

毛双太郎 7.カナ(6) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:14:29 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old