FC2ブログ

== 魔法のメガネ ==

魔法のメガネ (78)支配者

ろま中男3 作品リスト
魔法のメガネ 目次

魔法のメガネ (78)支配者

カワイイ、さくらんぼ、ちゃん…、チュパチュパしてやる、…。
ネエちゃんに夜這いをかけて布団に忍びこんだオレは、小振りだかキレイなオッパイの先端で固くなった乳首をしゃぶる。

「あ、ああ…」
頭の上でネエちゃんの切なげな吐息が聞こえてくる。興奮した女体がかすかに震える。

おいしい、オッパイだなあっ、…。
思いっきり口を広げたオレは吸いこんだオッパイを唇でシゴキながら、先端をペロペロ舐めまくる。

「あっ…、う、くう…」
オッパイへのぶっきらぼうな愛撫に、スレンダーな女体がのけぞって切なげにのけぞる。

うへっ、いい気持ち、…。
スベスベした柔肌に手を当てて、くびれから腰へのなだらかな曲線をなでてやる。汗のにじんだカラダはもち肌な感じで手のひらに吸い付いてくる。

「う…、はあっ、ああっ…」
腰からお尻に手を回したオレは、ビンビンに反り上がった息子を女体の中心部に差し込んでやる。もう寝たフリはやめたのか、ネエちゃんは色っぽい声でオレのイタズラにもだえる。

もっと、いい声で、泣かせてやるぞ、…。
オッパイの吸引を続けながら、湿地帯に差し込んだ分身を出し入れしてぬかるんだミゾにこすり付ける。

「くう…、あっ、ああっ…」
ミゾの引っかかりを感じたがかまわずこすり付けると、学生モデルのスタイルのいいカラダがビクンと震える。

真っ暗なネエちゃんの部屋にチュパチュパとオッパイを嬲る音と、ネエちゃんの気持ちよさそうな色っぽい吐息が響いていた。

そろそろ、入れてやるか、…。
ネエちゃんのカラダをベッドに押しつけて仰向けにさせると、色っぽい太ももをはしたなく広げて秘密の花園にティンポの先端をぬかるみに突きつける。

「ネエちゃん、入れて欲しいか?」
まだ寝たフリをしているのか、シーツを頭からかぶったまま無抵抗のネエちゃんにのしかかったオレは、ティンポの先端をぬかるみにこすりながら、イヤらしい声でおねだりさせる。

「は、ああっ…、入れて…」
ベビードールしか身につけてない新鮮な女体は自分から腰を突き上げて、挿入をおねだりしてくる。

「じゃあ、いれてやる、う…、ああ…」
素直なネエちゃんにオレはご褒美をくれてやるつもりで、腰を突きつけてぬかるみにティンポを突き刺す。

「あっ、ああっ、き、きも、ち、いいっ…」
イヤらしい汁にまみれた秘肉はあっさりオレの分身を受け入れて、ヌメヌメしたヒダヒダをこすり付けてくる。

「そうか、じゃあ、オレ様に、グーパンチして、スイマセンでしたって、謝れ…」
ヌルヌルの膣ナカでジンワリ締め付けられる、ぬかるんだ気持ち良さに上機嫌のオレは、すっかり調子に乗って悪ノリしていた。

「ご、ゴメンなさい…、ああ、許して、あんっ、ください…、だから、してえ…」
先端で子宮口をコツコツと刺激された女体は切なげにもだえて、エッチな吐息混じりにお詫びの言葉を漏らす。

「そうか、じゃあ、オマ○コにズボズボして、って、おねだりしろ」
下手に出るネエちゃんにオレは有頂天で、興奮した鼻息をオッパイに吹きかけながら、エッチなおねだりを強制していた。

「はあっ、オ○ンコに…ああっ、ズボズボ、あっ、してください…」
オレが密着させた腰がムズムズして今にも踊り出しそうな女体は、汗のにじんだ素肌を苦しげによじりながら、恥ずかしいセリフを口走って男性器の挿入をおねだりしてくる。

「よし、ズボズボの、グチュグチュにしてやるっ、うっ…、くっ、ううっ…」
破廉恥なおねだりを口走るネエちゃんに、オレは興奮して腰を振る。出し入れするティンポのカリにかき出されたヌルヌルが、股間に溢れてネチョネチョになる。

「あっ、ああっ、いっ、いいっ、もっと、ああ、うれしいっ」
ズンズンと突き上げられる女体は仰向けになっても型くずれしないオッパイを前後に揺らして、ピンクのポッチを忙しく震動させる。

挿入の気持ち良さに切なげに頭を振るネエちゃんは、ロングヘアを乱して扇形に広げていた。

「うっ、どうだっ、もうっ、オレに、さからう、くっ、なよっ」
快感にもだえる女体の支配者になったつもりの驕慢さで、オレは思う存分腰を振ってティンポの出し入れを続ける。

チュクチュックと淫靡な音が真っ暗なネエちゃんの部屋に響いて、よけいにエッチな気分をそそられる。オスの快感とネエちゃんを屈服させたご機嫌なオレは、尻肉を緊張させて肉棒の挿入を繰り返す。かき出された愛液が溢れて、お尻のアナまで垂れていた。

魔法のメガネ (79) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:15:22 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のメガネ ==

魔法のメガネ (77)ネエちゃんの部屋

ろま中男3 作品リスト
魔法のメガネ 目次

魔法のメガネ (77)ネエちゃんの部屋

「じゃあ、私寝るから」
オレが優子に介抱されて起き上がると、まだ不機嫌そうなネエちゃんがダイニングを出て行った。長めのTシャツを着たネエちゃんのお尻がローアングルから丸見えだった。

「じゃあ、私も…、コレ、ちゃんと戻しておきますから」
さやかも立ち上がって、母ちゃんの地味なワンピースに目配せすると軽く頭を下げて出て行った。

「成夫くうん…」
二人きりになると、ネエちゃんの体操服を着て、しゃがんだ太ももをムッチリさせた優子が甘えて、しなだれかかってくる。

「じゃあ、オレ風呂入って寝るから、おまえも早く寝ろよ」
ツンデレ優等生改めどM奴隷に慕われるのは嬉しいが、肩に寄りかかる優子をかわして立ち上がると、風呂場に行った。

「背中、流す?」
シャワーを浴びて湯船に入ろうとすると、優子がブルマーのまま入ってきた。さっきネエちゃんに途中でジャマされた続きをするつもりのようだ。

「やめとけ、ネエちゃんに怒られるぞ」
ネエちゃんのグーパンチで浮かれすぎていたのを反省したオレは、素っ気ない態度で断った。

「うん…、おやすみなさい」
とりつく島もない冷たい声に落ち込んだ優子は、しょんぼりして風呂場を出て行った。

風呂から出ると家の中がシンと静まっているのがなんだか不思議だった。二人も客を迎えて姉弟ゲンカで大騒ぎした喧噪がウソのようだ。

ただ全くの勘だが、なんとなく優子とさやかがオレの夜這いを待って布団の中でじっとしている気がした。

しょうがねえ、寝るか…、明日に備えないとな、…。
しかしネエちゃんのグーパンチの傷みが忘れられないオレは、浮ついた気持ちになれなくて2階の自分の部屋に戻った。

…、って、寝られるわけ、ねーだろっ…、くそ、ネエちゃんめ、…。
部屋に戻ったオレは布団に潜り込んで健やかな夜を過ごそうとしたが、息子がギンギンに張り切っているせいで、眠れそうになかった。

それに昨日の晩に兄妹の禁忌を破って、やっちまったから何の遠慮もない。

コレは、ハズしていこう、…。
だた「やりまんねがね?」でネエちゃんの気持ちをのぞき見るのは卑怯な気がして、裸眼のままネエちゃんの部屋に夜這いした。

ううっ、緊張する、…。
音がしないように隣のネエちゃんの部屋に忍び込む。照明が消えて真っ暗な部屋で、めがね君のオレは裸眼でほとんど何も見えないまま、手探りでベッドの方向に向かった。

おっ、あった…、ウハウハだっ…。
布団に手が触れると、ゆっくりと持ちあげて忍び込む。なんだかドキドキしてやけに興奮する。自然に鼻息が荒くなっていた。

あっ、やべっ…、あれ…、まあ、いっか、…。
ネエちゃんの素足に手が触れるとピクッと震えるのがわかって、オレは緊張したがネエちゃんの罵声は聞こえてこなかった。

そうか、オレを待ってたんだな、…。
寝てるのかオレが這い上がってくるのを待っているのか、多分後者だが、オレはイモムシのようにネエちゃんのいい匂いのする布団に潜り込んでいた。

心臓がバクバクしてやけに興奮して、オレはスリルを楽しんでいた。

ホントは、寝てんのか?…。
暗くてよくわからないが、ネエちゃんはベビードールしか着てないようで、指先は何度も素肌に触れた。そのたびにカラダがピクリとするが、ネエちゃんは黙ったままだった。

うへへっ、オッパイ…、なんだ、固くなってんじゃん…、やっぱり、起きてやがったな…。
ベビードールのはだけた胸にたどり着いたオレは興奮した吐息を乳房に吹きかけながら、固くなった先端を口に含む。

「あっ」
ピクッと震えたネエちゃんの色っぽい声がした。

うひひっ…、そうやってタヌキ寝入りしてる間に、楽しんでやる、…。
柔らかくて弾力のあるオッパイに吸い付いて、匂い立つようなオンナ臭さを堪能するオレは、寝たフリを続けるネエちゃんを嬲り倒してやろうと、イヤらしい妄想を浮かべて一人で盛り上がっていた。

魔法のメガネ (78) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:14:26 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のメガネ ==

魔法のメガネ (76)姉弟ゲンカ

ろま中男3 作品リスト
魔法のメガネ 目次

魔法のメガネ (76)姉弟ゲンカ

「成夫、何してんのっ」
振り上げた手を振り下ろすことも出来ずにオレが固まっていると、ネエちゃんの声がしてオレのケツを平手打ちした。

優子の時といい、ネエちゃんはノゾキしてるのか、ちょうどいいところで顔を出す。

「痛えっ、ネエちゃん、なにすんだよ」
ネエちゃん…、助かった…。
助け船を出してくれたネエちゃんに感謝しながら、オレは悪態をついていた。

「早く、ソレ、しまいなさい」
フルチンで怒鳴ったオレに、ネエちゃんは先っちょをはたく。

「イテエよっ、バカネエッ」
息子を叩かれて思わず腰を引いた情けない姿をさらしたオレは、慌ててズボンをはいていた。

「そのままでいいから、さやかさん、お茶でも飲みましょ」
母ちゃんのワンピの乱れを直して、申し訳なさそうに体を起こしたさやかは、ネエちゃんにうなずいて部屋を出て行った。

「バカはアンタよっ、女の子に手をあげるなんて、最低の男よっ」
さやかが出て行ったのを見届けたネエちゃんは振り返るのと同時に、グーパンチを見舞ってきた。

「うげ…」
オレはその一発でノックアウトされた。ネエちゃんの言う通りで、オレはぐうの音も出なかった。

「成夫君、出てるっ、鼻血っ」
落ち込んだオレがダイニングに行くと、さやかに紅茶を入れていた優子が、ビックリして駆け寄ってきた。

「何でもネエよ」
おかしな気分になって、それで恥ずかしいトコロを見られたネエちゃんにぶちのめされたオレは、優子に優しくされるとよけいにミジメだった。

「はい、ティッシュ」
それでも優子は丸めたティッシュを鼻に突っ込んでくる。ここで暴れたらよけいに恥ずかしいので、オレは黙って鼻にティッシュを詰められ、情けない顔をさらしていた。

「成夫君、紅茶、飲むでしょ」
オレがイスに座っても、優子はかいがいしく面倒を見ようとする。

オレがいじけた顔を上げると、さやかがこわばった笑顔を見せる。

成夫君、ゴメンネ…、私が、がまんすればよかったの…。

頭に紫と緑の点を見せるさやかの声が聞こえてきて、それがまたミジメにさせる。

「アンタ、さやかさんに今度ヘンなコトしたら、追い出すからね」
売れっ子学生モデルは、キレイな顔をこわばらせてにらんでいた。

「ああっ、わかった、オレが悪かったよ、さやか、許してくれっ」
「そんな、いいんです…、私、成夫君の奴隷ですから」
不機嫌そうに応えたオレに、さやかはネエちゃんとオレを申し訳なさそうに見ていた。

「いいっ、このウチで暴力を振るうようなヤツは、すぐに追い出すからね」
「ネエちゃん、オレを、殴っただろ」
「女の子のグーパンチは、暴力とは言わないの、愛のムチよ」
「だれが、女の子だっ、わけわかんねえこと言うな、暴力モデル」
「モデルは関係ないでしょ、あんたのおしめ、かえてやった恩を忘れたの」
「そんなの、しらねえよっ、バカネエッ」
「アンタ、また、喰らいたいようね…」
「わっ、やめろっ…、げっ…」

オレはネエちゃんと久しぶりに口ゲンカした。優子とさやかはあっけにとられてただ見ていた。結局またネエちゃんの愛のムチを喰らったオレは、みっともなく床にノビていた。

かわいそう、成夫君…、でも、私も、成夫君に、殴られたい、…。

髪を優しくなでられて目を開けると、頭にピンク色のでっかい点を見せる優子が、どMな妄想を浮かべて、微妙な笑顔を見せていた。

魔法のメガネ (77) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:13:26 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old