FC2ブログ

== 魔法のメガネ ==

魔法のメガネ (75)おかあさん

ろま中男3 作品リスト
魔法のメガネ 目次

魔法のメガネ (75)おかあさん

「脱げ」
純朴なやさしい表情を見せるさやかに、なんだか無性にイジワルしたくなったオレは冷たく命令する。

「あ、はい…」
意外そうにオレを見たさやかだったが、ゆっくり立ち上がるとシャツのボタンを外す。

シャツの下は何も付けてないので、さやかはすぐにハダカになった。柔らかい女らしいラインだった。

「コレ着ろ」
なんだか気持ちがざわついてしょうがない。クローゼットから地味なワンピースを取りだしてベッドに投げ出す。

「…、はい」
さやかはベッドの上に人が寝たように広がったソレをしばらく眺めていたが、素直に頭から通してワキの下のジッパーを上げた。

母ちゃん…。
ワンピースを着て立つさやかに母ちゃんの面影を感じた。なんだか母ちゃんが目の前にいるような気がして、オレはさやかに抱きついてベッドに押し倒していた。

「…、おかあさん…」
ワンピースの胸に抱きついたオレは、柔らかいふくらみに顔をすりつけていた。不覚にもうわずった声を漏らして半ベソをかいたオレは、さやかを母ちゃん代わりにして甘えていた。

「…、成夫君…」
最初は戸惑っていたさやかだったが、オレを抱きしめて背中を優しくなでていた。

甘えて、いいよ…、成夫君…。

トクントクンと優しい音が聞こえてきて、母ちゃんの声がしたと思ったら、さやかの心の声だった。

これまでの成り行きと古くさいワンピースで、オレに母ちゃんがいないことを直感したさやかは、母親のような優しい気持ちでオレを抱きしめていた。

「調子に乗るなっ」
いきなりキレてオレは大声を上げていた。

オレの母ちゃんは、母ちゃんしかいない、…。
さやかはビックリしたようにオレを見ていた。まるきり子供の癇癪だった。理不尽にムカつくオレは駄々をこねる子供そのものだった。

「ご、ごめんなさい…」
ベッドの上に女座りしたさやかは、申し訳なさそうにオレを上目遣いに見ていた。アップにしたロングヘアが乱れた頭には、紫色が点滅していた。

「おまえなんか、母ちゃんじゃねえっ」
メチャクチャだった。ワガママを言って駄々をこねるオレは、さやかをまた押し倒すとワンピをまくり上げ、何もはいてない股間にナニを押しつけていた。

「あ、あんっ…、い、痛いっ…」
まだ湿り気の足りないあそこにムリヤリねじ込もうとするオレに、さやかは切なげな吐息を漏らしてあえぐ。

「おまえなんかっ」
痛みを訴える声を無視していきり立ったナニを押しつける。ヌメリ気の足りない粘膜がカリに張り付いてくる。

「おまえなんか、奴隷だっ」
乱暴な仕打ちに抵抗するような女体の反応になんだか無性に腹が立って、オレは残酷な気持ちを昂ぶらせて強引に息子を押しつける。

「いた、痛いっ、やめて…、成夫君…」
口では痛みを訴えてやめさせようとするさやかだったが、抗ってオレをはねのけることもなく、むしろカラダを開いてオレを受け入れようとしているようだ。

「うるさいっ」
カリに張り付く粘膜のキツイ刺激が、オレの中の凶暴な何かを煽り立てる。ワケのわからない焦燥感に苛立ったオレは、さやかに腕を振り上げていた。

…、いいよ…、私を、殴って…、それで、気が済むなら、…。

怯えの色がかすかに混じった目が、ジッとオレを見つめていた。

頭の中に響いた心の声は乱暴に振る舞うオレをなじるでもなく、とがめるでもなく、ましてや罵るでもなく、お母さんのような優しさがこもっていた。

魔法のメガネ (76) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:12:23 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のメガネ ==

魔法のメガネ (74)ネエちゃんのたくらみ?

ろま中男3 作品リスト
魔法のメガネ 目次

魔法のメガネ (74)ネエちゃんのたくらみ?

「うっ…、奥まで…、ちゃんと、しろ…」
艶めかしく絡んでくる舌が、ピチャピチャとイヤらしい音を立てる。

カリからサオに向かって舌を這わせてエッチな吐息を漏らす優子を、イラマチオでむせさせるどSな妄想に駆られて、オレは口に溜まったツバを飲み込んで命令した。

「ふふぁい…、んっ、こほっ、えっ…」
サディステックな命令を従順などM奴隷は素直に聞いて、何とか根本まで咥えようとして懸命に息子に吸い付いたが、先端がノドチンコに当たってむせた。

くっ、苦しっ…、うっ…、あ、出しちゃった…、ああっ、ゴメンなさい…、成夫君、ダメな、優子を叱って、…。

咳き込んでえずく優子は固くなった乳房の先端を揺らし、淫靡な鈍い輝きを宿した目を潤ませて見上げてくる。

どSなお仕置きを期待するマゾ奴隷の頭には、紫色とピンク色が交互に点滅していた。

「吐き出しやがったな」
被虐的な心の声にますますサド気を昂ぶらせたオレは、おそるおそる見上げる優子に乱暴な口調になっていた。

「成夫、何してるの?…、さやかさんの部屋は」
そこにネエちゃんの声がして入ってきた。まるでのぞき見していたかのようなタイミングに、興ざめしたオレがズボンをはきながらため息をつくと

いやんっ、お姉さん、どうしてえ…、いいところ、だったのに…。

慌ててバスタオルとカラダに巻いて女座りした優子は、頭に紫色の点を鈍く光らせる。邪魔モノのネエちゃんに不満げな心の声が聞こえてくる。

「優子ちゃん、コレ着て」
「ネエちゃん、なんでブルマーなんだよ」
ネエちゃんは寝間着代わりに、なぜか高校の時に使っていた体操着を持ってきた。

「いいでしょ、ね、優子ちゃん」
「はい、ありがとうございます…、あ、このブルマー、一時期ブルセラで高値が付いてたんですよ」

オレの文句を聞き流したネエちゃんから優子はソレを受け取ると、女子校のマークが入ったブルマの、ホントにどうでもいいような豆知識を紹介した。多分コレクションの大人のオモチャを購入するときに仕入れた知識だろう。

「へえ、そうなの…、売ればよかったかな…、成夫、さやかさんの部屋よ」
優子に話を合わせたネエちゃんは軽く笑顔を見せると、オレを連れ出した。

え、成夫君、行っちゃうの…、やあんっ、お姉さんの、イジワル、…。

部屋を出る前に優子を見ると、おあずけを喰らったワンコのようにいじましい目でオレを見る、優子の心の声が聞こえた。

「あの…、すいません」
さやかは母ちゃんの部屋で恐縮していた。東南アジア系のハーフ顔美少女はネエちゃんからシャツを借りたようで、男物の大きめのストライプシャツを着ていた。

ロングヘアをまとめたまま頭には、青い点にたまに黄色の点が見えていた。部屋をあてがわれたのが嬉しいのだろうか。

しかし母ちゃんが死んでからずっとそのままにしていた部屋だ。その部屋をさやかに使わせていいのか、というつもりでネエちゃんの顔を見ると、ネエちゃんは黙ってうなずいた。

「じゃあ、頼んだわよ」
まつげで強調された切れ長の目で意味ありげにチラ見したネエちゃんは、さっさと部屋を出て行った。

「オリを作って飼ってやる約束だったな」
部屋の真ん中で心細げに座るさやかに、オレはサド気を膨らませて憎まれ口を叩く。

「はい…」
本職のSM嬢はうつむいたままうなずいていた。
「でも、今日は遅いから、オリは明日だ」
ココでSMプレイをするのもなんだか能がない気がしたオレは、違うプレイを考えていた。

「ゴメンなさい、迷惑かけちゃって」
連れてきたときのように首輪でつながないのを優しさと勘違いしたのか、さやかは子供のような笑顔で見上げてくる。

優しい、ご主人様…。

嬉しそうな心の声が聞こえて来て、頭に黄色に緑色の点が混じって見えた。それでさやかが究極の優しさを知ってるSM嬢だったのを思いだした。

魔法のメガネ (75) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:11:35 ━ Page top ━…‥・

== 魔法のメガネ ==

魔法のメガネ (73)優子の寝床

ろま中男3 作品リスト
魔法のメガネ 目次

魔法のメガネ (73)優子の寝床

引き上げるか…。
オレのやることなどすっかりお見通しのネエちゃんに、スケベ心がしぼんだオレはこっそり脱衣所から抜け出した。

「ああ、いいお風呂だった」
やることもなくリビングでふてくされていると、しばらくしてネエちゃんたちが風呂から出てきた。

三人ともバスタオルを巻いただけでの姿で、湯上がりのほんのりピンクに染まった柔肌が色っぽい。女体に巻き付いたバスタオルのスソがムッチリした太ももの作るY字の上の部分を、ソファでふて寝したオレの目からギリギリ隠していた。

「成夫、二人の部屋、用意してくれた?」
胸の上でキッチリバスタオルを結んで谷間を強調するネエちゃんが、シレッとした目で言う。

「あ…」
「早く、お行き」
風呂ノゾキですっかり忘れていたオレがごまかして笑うと、ネエちゃんが切れ長の横目でにらんでくる。

「あの、自分でしますから…」
渋々立ち上がると優子が申し訳なさそうに付いてくる。髪をまとめてアップにした頭にはピンクと紫の点が交互に点滅していた。

「今日はココで寝な」
客間に連れて行くと、二人きりになった毒舌女子高生改めどM奴隷の優子は、かすかに湯気の上がるむき出しの肩を寄せて上目遣いに甘えてくる。

「布団、ここに入ってるから」
「あ、やります」
幼い女体から立ち上るいい匂いにオレの中のケモノが騒ぎ出すが、知らん顔して押し入れに目配せすると、慌ててオレから離れた優子は押し入れを開けて布団を出す。

成夫君と、ふたりきり…、チャンス…。

「きゃっ、いやあんっ、恥ずかしいっ」
なんとなく予感はしていたが、掛け布団を引き出す勢いで尻もちをついた優子はバスタオルをはだけさせ、胸を手ブラで隠して女の子座りで恥じらって、ドジッ子を演じていた。

はあっ…、成夫君、見てる…、優子の、恥ずかしいハダカを…、はあっ、感じちゃう…、私っ、エッチな子だわ、…。

「しょうがねえなあ…」
誘ってやがる、…。
心の声で優子がすでに欲情しているのがわかる。

ミエミエの魂胆に引っかかるオレではなかったが、上目遣いに見上げる湯上がり女子高生は扇情的な萌え萌えなポーズで、息子を元気にさせたオレを誘ってくる。

下半身に絡みついてくる誘惑する雰囲気を振り切って、何とかカラダの中で暴れるケモノを押さえたオレは、敷き布団を引き出す。

「あ、やりますから…」
ウテウテなおねだり攻撃を無視された優子は、バスタオルがはだけたままオレにしがみついて掛け布団を奪い取ろうとする。

「いいから」
コイツはしばらくジラしておくつもりなのでやせ我慢で知らん顔していたが、抱きついてくる優子の胸が腕に押しつぶされて先っちょが飛び出ている、淫靡な風景がオレのオスを誘ってくる。

「おまえ、乳頭が飛び出てるぞ」
裸体で抱きついてくる優子にとうとう収まりが付かなくなった。体の中で暴れ回るケモノにサディステックな興奮にあおられたオレは、言葉責めをしてやった。

「え、やあんっ」
興奮した女体の一部を指摘された優等生は、オレから離れてまた手ブラで胸を隠す。しかし指のマタから飛び出たポッチはいまだ健在だった。

いやんっ、成夫君たら…、だって、二人きりだと思うと…、固くなって、きちゃうんだもん…、あそこだって、もう…、きゃうんっ、優子って、エッチ…。

「しょうがねえなあ…、脱がせろ」
心の声でもう濡れ濡れなのを訴えてくる優子に煽られて、出してくれと訴える息子の悲痛な叫びに負けたオレは、敷き布団を放り出すと股間を突き出して命令する。

「はい…」
恥ずかしそうな含み笑いの顔をうつむかせた優子は、オレの前にひざまずくとファスナーを下ろして、息子を取り出してそれを見つめながら、ベルトを外してズボンを脱がせてくる。

「ご主人様に、ご挨拶だ」
ズボンを脱がすにも艶めかしい手つきで太ももに指を滑らせる優子に、息子は天井に向かってビンビンになっていた。

「はい、ご主人様…、はあ…、ああんっ」
カワイイ顔でニッコリ笑って見上げた優子は、先端に唇を寄せて軽くキスしてから、チロチロと舌を出して鈴口を嬲る。

はあっ、あつい…、ピクピク、している…、成夫君、ココが、気持ちいいのよね…、もっと、良くなって、優子の、お口で…。

コイツは…、く、くうっ…。
相変わらず絶妙な舌捌きだった。女子高生のクセに男を喜ばせるツボを知っているエロ優等生は、先端からカリに舌を絡めて湿った吐息でちぢれ毛をそよがせ、オレの劣情を誘っていた。

魔法のメガネ (74) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:10:41 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old