FC2ブログ

== 女子アナ由香里 ==

女子アナ由香里 (28)目覚めのコーヒー

ろま中男3 作品リスト
女子アナ由香里 目次

女子アナ由香里 (28)目覚めのコーヒー

「そんなに気持ちいいのか、このドスケベめ」
何回も絶頂を感じながら、また発情してイヤらしくのたうつ女体にサド気を昂ぶらせたオレは、言葉責めでユカリンのメスの欲情を煽っていた。

「はあっ、気持ち、あっ、いいの…、みったんに、あんっ、されると、ああっ…、スゴイ、感じちゃ、うっ…」
ふっくらした肉が合わさったスジにかすかなスキマを開け、トロトロのあそこを指先でかき回される美人アナは、肉感的な女体を波打たせてのけぞりながら、甘えた声を漏らして劣情にまみれたオレの鼓膜をくすぐってくる。

「こっちは、どうだ…」
指のスキマから漏れ出すおツユでお尻のワレメがビチョビチョになっているのを見たオレは、倒錯した興奮にまみれてヒタヒタに濡れた菊門を指先でいじっていた。

「だ、やっ、やめて、キタナイ」
潔癖症のユカリンは恥ずかしい排泄器官をイジられて本気で嫌がっていた。尻アナをいじる腕をスゴイ力でつかんで尻タブをギュッとすぼめて指を締めつけていた。

「い、いてっ、わかったから、手、離して」
ユカリンの剛力に驚いたオレは慌てて尻タブから指を引き抜いた。あまりの痛さに息子もしぼんでいた。

「また、変なコトしようとしたら、絶対、許さないからね」
本気で怒るユカリンに息子はますますしぼんでいた。情けない姿をさらす息子をオレは両手で隠してしおれていた。

「あれ…、やだ…、ちょっと、怒っただけよ…、やだあ、元気になって…」
息子の上体を察知したユカリンは慌ててすがりつくとペロペロ舐めだした。元気にならない息子を口に含んだ美人アナはエッチな表情を見せて、口の中でクチュクチュとイヤらしい音を立てて、グッタリする息子を懸命に愛撫していた。

「ゴメン、もう、いいから…」
ユカリンの本気で怒る顔が脳裏に焼き付いて息子はダランとしたままだった。懸命にお口の奉仕を続けるユカリンの肩を押したオレは、落ち込んでベッドに逃げ込んでシーツに潜り込んでいた。

「え…、ごめんねえ…、ちょっとビックリした、だけなんだけど…、ね、機嫌直して…」
落ち込んでベッドに逃げ込んだオレにユカリンもシーツに潜り込んで抱きついて甘えた声を漏らす。スベスベした肌のスポンジみたいな柔らかいカラダが押しつけられる。

「ちょっと、疲れたみたいだ…、寝てもいいかな…」
なんだか落ち込んでしまったオレは、慰めてくるユカリンに甘えていた。柔らかい女体に抱きついたオレは幸せな気分に浸って、早くもウトウトしだした。

「はあん…、いいよ、一緒に、寝よ」
まだ寝るには早い時間だったが、激しいセックスを立て続けにした疲れを自覚ししていたユカリンもオレに抱きついて目を閉じた。すぐに寝てしまったようで、オレの頬をカワイイ寝息でくすぐっていた。


「あ、起きた?…」
かすかな物音に目を覚ましたオレは、裸エプロンでキッチンに立つユカリンをぼんやり見ていた。

「朝ごはん、すぐに出来るから…、コレ飲んで待ってて」
エプロンのスキマから揺れるオッパイをチラ見せするユカリンが、コーヒーサーバーとカップを両手に持ってベッドの横に来た。コーヒーのいい匂いが鼻腔をくすぐる。オレは目覚めのコーヒーにご機嫌で、ムッチリした女体をかがませるユカリンをニヤニヤしてみていた。

「やだあ、目がエッチ…」
オレのスケベな笑い顔に恥ずかしそう顔を伏せたユカリンは、朝立ちする息子で突っ張るシーツをチラ見して、朝の一発を期待しているような雰囲気を漂わせていた。まだ寝ぼけていたオレは、残念ながらその気にならずに、股間を隠してコーヒーを味わっていた。

「ごはん、できたよ」
オレがその気にならないので名残惜しそうな流し目を残して、ユカリンはキッチンに戻ると朝食の準備をした。手際よく準備してトーストとベーコンエッグをテーブルに並べたユカリンがオレを呼ぶ。

「ああ、腹、減った…、う、うめえっ、うめえっ」
昨日やりまくったせいか、あるいはコーヒーで食欲を刺激されたためか、強烈な空腹感がオレを襲っていた。あっという間にトーストを平らげたオレに
「あらあ、すぐ焼くから待ってて」
まだ手を付けてない自分のトーストをオレに差し出すと、トースターにパンを入れていた。

「わるいね、なんか、スゴイ腹減っちゃって」
二枚目のトーストもあっさり平らげたオレに
「ヨーグルト、あるけど、食べる?」
オレが元気よく喰うのがうれしそうなユカリンは、冷蔵庫からヨーグルトのカップを出した。

「ああっ、喰うっ」
カップのふたを取ってそのまま口を付けて半固形物を飲み下すオレに
「スプーン、使わないの?」
ユカリンはあきれたように笑っていた。

「わるいね、オレばっか喰って…」
ヨーグルトを平らげてようやく飢餓感が落ち着いたオレが、言い訳じみたセリフで笑うと
「いいよ、たくさん食べる男の人って、すてき…、マーガリンでいい?…、ジャムとかピーナッツバターもあるけど…」
ユカリンはウットリしたように笑って、焼き上がったトーストに何を付けるか聞いてきた。

「じゃあ、マーガリン塗ってから、ジャム、たっぷり乗せて…」
優しくしてくれるユカリンにすっかり甘えたオレは、ニヤニヤしてエプロンからチラチラして揺れる乳房を見ていた。

女子アナ由香里 (29) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:46:53 ━ Page top ━…‥・

== 女子アナ由香里 ==

女子アナ由香里 (27)ヤキモチ

ろま中男3 作品リスト
女子アナ由香里 目次

女子アナ由香里 (27)ヤキモチ

「…、そうだ、ショーパンと同期なんだろ」
全く悪びれる様子もなくカラカラと笑うユカリンに、偶然とはいえ平手打ちを喰らった頬の熱さのやりどころを無くしたオレは、急にユカリンの同期の小野陽子を思い出して聞いていた。

「しょーこのこと?…、そうよ」
他の女の名前がオレの口から出たことがおもしろくないのか、急に笑顔が消えたユカリンが興味なさそうに応える。

「明日も『目覚まし君テレビ』だよな」
能面のような美人顔を見せるユカリンを気にしないようにして続ける。

「そうね…、5時26分から、ナマ本番よ」
やっぱり表情を変えずにユカリンは応えた。グロスリップの唇から漏れる「ナマ本番」というセリフに下半身がゾクゾクッと反応したが、無表情の彼女からは早くこの話題を終わらせろという威圧感さえ感じる。

「…、見に行けないかな」
彼女に不興を買っているのを意識しながら、オレはちょっとした好奇心からつぶやいていた。

「見に行くって…、『目覚まし君テレビ』は公開番組じゃないわよ」
オレがそう言い出すのを予想していたのか、ユカリンはとりつく島もない正論で応えた。

「別に観客になりたいわけじゃない、ちょっとショーパンを見たいだけだ」
美人局アナの素っ気ない応えにオレもちょっと不機嫌になって言い返していた。

「しょーこを紹介して欲しいのね…、だったら最初からそう言ってよ」
ほとんど売り言葉に買い言葉のようなユカリンの応えだった。オレの物言いが男らしくないと言わんばかりに、その声にはあからさまになじるようなトゲがあった。

「なんだよ、オレに他の女を紹介するのがイヤなのか…、ヤキモチ、焼いてんだな」
お互いにムキになっていた。ここで引いたら男が廃る、とオレは意味のないプライドをムキ出しにして、ムカつくのを押さえてわざとらしい笑いを作って言い返す。

「ヤキモチじゃ、ないわよ、みったんなんてね、しょーこから相手にされないわよ」
いつのまにか胸を両手で隠したユカリンは美人顔を険しくしてにらみ返してくる。オレがカラダを入れていた下半身もひざを曲げてしっかり閉じられていた。

「それがヤキモチだろ、オレはショーパンを紹介してくれって、言ってるだけだろ」
もう止まらなくなったオレは完全に痴話げんかの口調になっていた。

「うるさいっ、もう、出てってよ…、強姦魔の変態っ…、警察に電話してやるっ」
不機嫌そうにオレをにらんだユカリンは、あとずさって手近にあったカーディガンを羽織るとイエ電に手を伸ばして、強引に奪った1回目の後のようなセリフを口走っていた。

「電話しろよ、どうせ、オレのテクでスケベな声出して、ケーサツから呆れられるだけだぞ」
引かないユカリンにオレも引かなかった。後ろから豊満な女体を羽交い締めにしたオレは、湿り気を帯びたあそこに指を伸ばしてスジに沿ってコスってやった。

「やっ、やめてよ、やんっ…、この色情狂、の…、性欲、異常者…」
敏感な部分をイジられたユカリンは受話器を握りしめてのけぞると、頭を振ってサラサラした髪でオレの顔をなでながら、柔らかい秘肉をこねくり回す指先を濡らしていた。

「電話、しないのか?…、今、男に、感じる部分をイジられて、アヘアへ、言ってますって」
カーデガンを羽織った肩をムキ出しにしたオレは、肩の素肌に押しつけた唇と舌で首筋に沿ってなぶってから、耳元でイヤらしい声をささやいてやった。もちろん指先の動きは続けたままで、心細げに合わせたムチムチの太ももがプルプル波打っていた。

「ああんっ、アヘ、アヘ…、なんて…、ああっ、言って、あうんっ、ない、もん…」
すっかり濡れ濡れにぬかるんだ感じる切れ目から湧き上がる官能の悦びに、背筋をのけぞらせてもだえる美人局アナは、もう言い返す声も媚びるような甘えた口調だった

「じゃあ、いいな、明日早起きして、ショーパンの楽屋に行くんだ、わかったか」
ぬめった切れ目に指を差し込んで第二関節まで突き刺してグリグリしながら、オレは耳タブをなぶりながら命令する。

「あ、ああっ…、わかった、わ…、だから、ああんっ、もっと…、ちゃんと、してえ」
耳タブをベロベロ舐められたユカリンはすっかりオレに屈服していた。体の向きを変えてすがりつくように火照った豊満な女体を押しつけるエロ呆け美人局アナは、長いまつげの下から上目遣いにおねだりしてくる。妖しくまとわりつくしなやかな指先は、もう何度も放出した打ち止めだと思っていたオレを驚かすほどに分身を元気づけて、小休止していたケモノのような劣情に火を付けて煽っていた。

女子アナ由香里 (28) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:45:48 ━ Page top ━…‥・

== 女子アナ由香里 ==

女子アナ由香里 (26)バカップル

ろま中男3 作品リスト
女子アナ由香里 目次

女子アナ由香里 (26)バカップル

「ねえ、晩ご飯どうする?」
きつく抱きしめるオレの背中に手を回して優しくなでるユカリンは、さっきまで忙しく乳房を上下させていた吐息もだいぶ落ち着いてきて、なんだか人ごとのようなあっけらかんとした声で聞いてきた。

「明日、遅番だから、泊まってく?」
スポンジのような柔らかいカラダに包まれる幸せで顔を緩めていたオレが応えずにいると、また応えなど期待してないような声で聞いてきた。

「いいのか」
まるで何年も一緒にいるようなその気安い口調が無性にうれしかった。昨日まであこがれの存在だった女子アナを我がモノにしたという根拠のない実感に、オレはだらしなく笑って応えていた。

「やだ…、また、エッチなコト考えてるの」
その顔がユカリンにはスケベに見えたらしく、照れ笑いのカワイイ笑顔がオレを見つめていた。

「ばっ、何言ってンだ…、ユカリンが、期待してんだろっ」
その顔にまたニヤけてしまったオレは照れ隠しに強がっていた。

しかし彼女はどうしてここまでオレのやりたい放題にさせてくれんだろう。やはり万引きの現場を見られたからだろうか。しかしそれだったら最初にムリヤリしたときに警察に電話しようとした行動が、その後さっぱり見られなくなったわけがよくわからない。

オレのカラダに、ユカリンがメロメロだからか…。
自分をそれほど楽天的な人間だとは思ってないが、献身的すぎるくらいの従順な愛情を示してくれる理由はそれくらいしか思い浮かばなかった。そんな子供じみた独りよがりな考えで自分を納得させたオレは、まただらしなく顔を緩めていたらしい。

「やだ、ニヤニヤしちゃって…、絶対、エッチなコト、考えてるんだ…」
黙って顔をゆるませたオレに、ユカリンがちょっとイジワルっぽい笑顔でツッコミを入れてくる。

「だから、違うって…、ユカリン、おねだりしてんのか?」
ふざけて絡んでくる彼女がなんだかうれしくてオレもふざけていた。ツンと立った乳房の先端をクリクリしながら、エッチな雰囲気を漂わすカワイイ笑顔をノゾキ込んでいた。

「あ、あんっ…、お乳、でちゃうんっ」
ピンクの突起をイジられたユカリンはエッチな吐息を漏らして妖しい表情を見せたが、下乳に手を当てて自分でたっぷりしたオッパイをユサユサ揺らすと、細めた切れ長の目で笑っていた。

「すげえ、ユカリン、オッパイ出るのか…、吸わせてくれ」
ふざける彼女に悪ノリしたオレはピンクの突起に舌を絡ませて変形させながら、わざとチューチュー音を立てて吸ってやった。

「ああんっ…、まだ、出ないって」
固くなった感じる先端の愛撫に肉感的な女体を妖しく揺らす美人局アナは、思わせぶりな表情で笑いながらオレを見ていた。

「ダマしたなっ、お仕置きだっ」
赤ちゃんが出来たら、と言いたげなその表情もオレはうれしかった。もちろんまだ大学3年で彼女と結婚するなんて全くの非現実だったが、カワイイ女の子の赤ん坊を抱くユカリンを想像しながら、オレはニヤけて思いの外くびれのはっきりしたワキ腹をコチョコチョしていた。

「きゃー、やっ、やだっ、やあっ、もうっ、みったん、やめてえっ」
ワキ腹をくすぐられるのが弱いのか、ユカリンはキャーキャー騒いでのたうち回り、肉感的な女体を波打たせて汗のにじんだしっとりした肌に妖しいテカリを見せていた。髪の毛を乱してもだえる美人アナに倒錯した興奮を昂ぶらせたオレは、バイブレーションする女体の開いた足の根本にダランとした分身を押しつけていた。

「ほらっ、ほらっ、どうだっ」
半立ちの息子がぬかるんだスジにこすられる気持ち良さにますます調子に乗ったオレは、ワキ腹コチョコチョ攻撃を続けて、笑いすぎて悶絶する美人局アナをもだえさせ続けた。

「ひゃらっ、ひゃ…、あ、ゴメン…、でも、みったんが、悪いんだからね」
しかしだらしなくニヤけた頬に、手足をバタバタさせてもだえ狂うユカリンの平手が偶然炸裂して、オレは凍りついてしまった。調子に乗りすぎてユカリンを怒らせた後悔やユカリンの怒りへの恐れで萎縮したオレの小心者な呆けた顔に、ユカリンはペロっと舌を出すとあっけらかんと笑っていた。

女子アナ由香里 (27) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:44:57 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old