FC2ブログ

== 英語教師英梨2 ==

英語教師英梨2 (40)野外調教

ろま中男3 作品リスト
英語教師英梨2 目次

英語教師英梨2 (40)野外調教

「おらっ、いくぞっ」
日が落ちて薄暗いスーパーの屋上駐車場に車を止めた。車内で続けられた淫らな仕打ちから解放されたエロボケ佐藤が放心状態で車から出ると、セクシーさをにじませる背中に回った直紀は浣腸調教したお尻にキツイ一発を見舞った。

「ひっ、す、すいませんっ」
やっ、あっ、出ちゃう…、ああっ、いやあ…。
油断していたところに尻タブをビリビリと震わされた佐藤は、浣腸の効き目が出てきた錯覚を覚えて思わずお尻を押さえた。

「なんだ、もう、したくなったのか…、してもいいぞ」
はじめはエリの敵討ちのつもりだったが、今の直紀は覚えたばかりの変態プレイに狂ったサディステックな性欲異常者だった。フェロモン垂れ流しのエロ教師がお尻を押さえて恥じらう姿に、股間は痛いほど膨張させ、どSな昂ぶりに漏れてくる荒い吐息をなんとか押し殺していた。

「だ、大丈夫です…、行きましょう…」
こんなところで…、やだ、また垂れた…、わたし、ホンモノの変態…。
野外露出プレイで脱糞する自分を想像したエロ美人教師は、あそこからネットリした汁を溢れさせて、太ももの根本をネチョネチョに濡らしていた。

「そうだ、チューしてやる」
普段の高飛車な態度がすっかりなりを潜めて従順なメス奴隷に堕とされた佐藤から、ほんのり漂うメスの色気に誘われた直紀は、なんだかムラムラして欲情した肉感的な女体を抱きしめて唇に吸い付いた。

「んっ、あっ、ふあっ、あっ」
キス?…、あ、やっ、だ、だめ、出ちゃう…。
薄暗い駐車場で恋人同士のようなキスをされて驚いたエロ美人教師だったが、お尻に回された手で尻アナをイジられ、恥ずかしいお漏らしの予感に怯えてその手を懸命に押さえていた。

ああっ、気持ちいいぞ…、ココで、漏らして、いいぞ…。
柔らかくてボリュームのある唇に吸い付いた直紀は舌でベロベロ舐め回しながら、エリとは違う濃厚なキスに頭がぼおっとなったが、両手を腰に回して丸くて気持ちいいお尻を広げ、伸ばした指先をヒクヒク震える菊門に突き刺してグリグリしていた。

「んっ、んふっ、あふっ、やっ、やだっ」
やっ、やめて、あっ、でちゃう、あっ、やだっ…。
実はまだ浣腸の効き目は出てなかったが、恥ずかしいお漏らしを恐れるあまりオシッコをちょっぴりちびった佐藤は、思わず直紀を突き飛ばした。

「えっ…、この、バカ女、逆らうなっ」
とびきりの女体を思いのまま嬲る興奮にまみれた直紀は、思いっきり突き飛ばされてみっともなく尻もちをついた。半ベソでお尻を押さえて被虐色情な色気を漂わせる佐藤を見上げたエロ少年は、カッとなって立ち上がると、思いっきりミニスカをまくり上げて何度もスパンキングした。

「ひっ、あっ、痛っ、やっ、あひいっ」
あひっ、いっ、やっ、ああっ…。
尻タブを打つ手のひらにセクシーな網タイツの太ももがビリビル震える。
「ご、ごめん、ひいっ、なさいっ、ひっ、ゆる、してっ」
いたっ、だっ、だめえっ、漏れちゃうっ、やっ、やめてっ…。
人の気配を感じないとはいえ誰が来るかわからない屋上駐車場でのキツイお仕置きに、頼りなくハイヒールのつま先を開いた内マタの佐藤は、突き出したムキ出しのお尻を両手で押さえながら、誰かに聞かれるのを恐れて押さえた声で暴君の怒りをなんとか押しとどめようとした。

「ふんっ、わかったか、いくぞ」
エリの憎いカタキだったとはいえ、女性に暴力を振るう加虐色情な倒錯した興奮にまみれた直紀は、さんざん尻ビンタを繰り出したあとようやく興奮が収まり、自制が効いて鬼畜調教を切り上げた。

「う…、は、はい…」
や、どうして、こんな目に…、でも、逆らえない…。
肉体的な苦痛で落ち込んで完全屈服したエロ美人教師はお尻がジンジン熱くて、オシッコで濡れたオマタがコスれるのを意識しながら、大マタで歩いていく直紀に急いでついていった。

「おい」
明るい店内で直紀が無表情に振り返ると
「は、はい、なんですか」
若いご主人様の不機嫌を感じてどMな性根を熱くした佐藤が、怯えた声で聞き返す。

「何食べたいか、聞くんだろ」
あからさまに不機嫌な直紀は気の利かない奴隷のミニスカに手を入れて、お尻を思いっきりつねる。
「ひっ、ご、ごめんなさいっ、な、なに、食べたい?」
いっ、いたいっ、あっ、はあ…、ヤダ、垂れる…。
チラホラする人影に羞恥調教の昂ぶりで肉感的な女体を熱くした佐藤は、ミニスカを押さえながら潤んだ目で上目遣いに聞く。被虐欲情に支配された女体は尻タブの苦痛に反応して、あそこからいやらしい汁を垂らしてオマタにキュッと力を入れる。

「このバカ女、『何が食べたいですか』だろっ」
奴隷らしくない口調に癇癪を起こしたサディステックなご主人様は、ノーブラの胸に手を入れて突き出した乳首をきつくひねり上げた。

「あひっ、やっ、や、めて…、ぐ、ごめん、なさい…、くっ、許、して」
ひいっ、やっ、だっ…、んっ、く…、苦し…、死ぬ…、やっ、ああっ…。
固くなって飛び出したピンクのポッチをきびしく責められた肉感美人教師は、胸の先端が感電したような痛みに潤んだ白目がちな目を見開いて苦しそうに呻いてのけぞり、どMな興奮で火照った女体をビクビク震わせて網タイツの色っぽい脚線美をガクガク揺らしていた。

英語教師英梨2 (41) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:42:03 ━ Page top ━…‥・

== 英語教師英梨2 ==

英語教師英梨2 (39)浣腸プレイ

ろま中男3 作品リスト
英語教師英梨2 目次

英語教師英梨2 (39)浣腸プレイ

「逆らうなって、言ってるだろ、このバカ女がっ」
こいつ、まだわかんねえのかっ…。
浣腸を嫌がるエロ美人教師にキレた直紀は網タイツの太ももをビシバシとスパンキングした。エロセクシーな肉感的な女体を奴隷に貶めた高校生は、狂気を帯びた目で苦痛にもだえる艶めかしい女体をにらみつけていた。

「ひっ、ひっ、ひっ、ご、ひいっ、ごめんっ、あひっ、なさいっ、あひっ、許してっ」
痛いっ、やっ、あっ、やだっ、ああっ、痛いっ、いっ、ああっ、やめてえ…。
ミニスカからムキ出しの色っぽい太ももを続けざまにいたぶられた佐藤は、平手打ちを続ける少年の手を押さえて癇癪が収まるのを待っていた。

「ふんっ、わかったか、ほら、ケツ出せ」
フンフンと興奮した鼻息を鳴らすどS高校生は、怯えたエロ美人教師にもう一度命令した。
「は、はい…、早く、してください」
だめ、逆らえない…、はあっ、見られちゃう、早く、して…。
肉体的苦痛に屈服した佐藤はノーパンのミニスカをまくると不自然な姿勢で、加虐色情に狂ったご主人様にお尻を向ける。そして車外を突然誰かが通りかかって、この恥ずかしい姿を見られるのが恐くてはしたないおねだりしていた。

ああっ、変…、どうして、はあっ、変態だわ…。
肉体を支配するマゾヒスティックな性根は初めての浣腸プレイに沸き立って、アソコをネットリした汁でヒタヒタにしていた。

「ほら、してやる…」
キレイな球体を見せる尻タブを広げて菊門をモロ出しにした直紀は、イチヂク浣腸の細い部分を根本まで突き刺すと一気に50%グリセリン液を注入した。

「ひっ、あ、ああっ…」
つっ…、ああっ、冷たい…、あ、はあっ、ああっ…。
冷えた液体を直腸に勢いよく注入されたエロ教師は、汗をにじませた横顔を艶めかしくしかめる。どMな変態奴隷は初浣腸プレイを強制されて、倒錯した興奮に火照ったな女体をゾクゾクさせ、グロスリップのスキマからいやらしい吐息を漏らす。

「なんだ、こんなもんか、もう1本いくぞ」
あっけなく終わった注入に不満そうに文句を漏らす直紀はもう一本箱から取りだし、透明な液体を垂らす菊門に突き刺す。
「あっ、だ、だめえ、あ、ああ…」
やっ、また、ダメえ…、おじいさんが、1本だって…、あ、ああっ…。
1本で終わったと気を抜いていた佐藤は2本目を問答無用に注入されて、薬局のボケたおじいさんのセリフを思い出して抗議の言葉を漏らす。

「文句あるのか、この淫乱メスブタがっ」
今日初体験したばかりの高校生はSMプレイのご主人様になりきって、狂気を帯びた目で正当なクレームをつぶやいたエロ教師をにらみつけると、スベスベしたお尻を思いっきりスパンキングした。

「ひっ、い、いたい…」
ひいっ…、く、んっ…、ああっ、どうして、感じてるの…、はあっ…。
白いお尻に真っ赤な紅葉模様を付けられた佐藤は、苦痛にもだえて艶めかしい女体をくねらせたが、どMなメスの性根はアソコからピュッとぬめった汁を飛ばしていた。

「ふんっ、潮を吹くほど、気持ちよかったか、ホンモノの変態だなっ」
ヒタヒタのスジからエッチな汁のシブキが飛ぶのを初めて見た直紀は、今まで感じたことのないどMな昂ぶりでカラダを熱くしたが、ワザと平気ぶって言葉責めして動揺を隠していた。

「ああ…、ごめんなさい…、はずかしい…」
やあっ、でちゃった?…、こんなの…、はあっ…、私、ホンモノの、変態だわ…。
学校では扇情的なコスチュームでエロエロなナイスバディを10代の少年に見せつけ、後輩女教師のエリをネチネチとイジめるイヤミな美人教師も、エロ狂い高校生の調教で従順なメス奴隷に貶められ、ご主人様の非情な仕打ちに悦びを感じていた。

「ノロノロすんな、さっさと出せ」
浣腸調教でもだえるエロ美人教師に股間を熱くした直紀は、さりげなく手を当てて隠すと車を出すように命令した。

「は、はい」
ああっ、だめ、もう、この子には、逆らえない…。
サディステックな仕打ちから受ける被虐色情の悦びを知ってしまったエロ教師は、いきおいだけの未熟な少年の言いなりになっていた。
「す、すいません…、はあん…」
直紀のどSなお仕置きを恐れた佐藤はまくり上げたミニスカを慌てて直し、たわわな乳房を押しつぶすシートベルトに色っぽい吐息を漏らすと、アクセルを踏んだ。

「次は晩飯の買いだした、うまいモン、食わせろよ…、スタミナも、付けないとな」
言いなりになる佐藤に機嫌の良くなった直紀は、フンフンと鼻歌を口ずさみながら過ぎていく景色を眺めていたが、「スタミナ」のセリフでノーパンのアソコに手を伸ばして濡れた亀裂をイジった

「はい、あ、ああ…」
晩ご飯…、えっ、だっ、だめ、ああっ、感じる…。
ご主人様の機嫌良さにちょっと安心した佐藤だったが、いきなりアソコをまさぐられるといやらしいあえぎ声を漏らし、どMな昂ぶりを熱くして恥ずかしい愛液で股間をネチョネチョに濡らしていた。

「はああ…」
ああっ、わたし、どうなっちゃうの…。
ご主人様のオイタで欲情しながらなんとか事故らずにスーパーにたどり着いた佐藤は、好色な指先から解放されて車から降りると、発情した女体の昂ぶりにもだえて大きなため息をついた。

英語教師英梨2 (40) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:56:30 ━ Page top ━…‥・

== 英語教師英梨2 ==

英語教師英梨2 (38)調教再開

ろま中男3 作品リスト
英語教師英梨2 目次

英語教師英梨2 (38)調教再開

「お、きたか、早く開けろ」
「え…」
愛車の軽の前で待つ直紀に、やっと開放されて帰れると思っていた佐藤はビクッと震えて言葉を失っていた。

「なんで…」
「これから、おまえんちで続き、するんだろ、はやくしろ」
なんとか口を開いた佐藤に、エロ高校生はご主人様気取りで促す。

私の家で、続きするつもり…、アレで満足しないなんて…、この子、異常性欲者なの…。
アナル調教の名残で逆らえないエロ教師は、ノーパンのミニスカを抑えてドライバーズシートに座るとナビのドアを開けた。この少年が百戦錬磨のヤリチンと勘違いしたエロ教師は、秘肉の裂け目から愛液を漏らしてノーパンの股間をヌルヌルにしていた。

「途中で薬局に寄れよ、あと晩飯も作れよ、ほら、早く行け」
すっかり支配者気取りの高校1年生は、ぞんざいな口ぶりで命令すると発車を促した。

「はい…」
どうして、逆らえないの、私…、この子の奴隷に、なっちゃったの、…。
いつも教師らしくないセクシーな衣装でムダな色気を振りまく佐藤だったが、実は特定の恋人はいない。だから下宿先のアパートに直紀を連れて行っても何の問題もないが、教師として毅然と断るべきだった。しかし奴隷調教に慣らされた今の佐藤にそれはムリだった。

「そこだ、停めろ」
「あっ、あんっ」
横で腕組みする高校生をチラ見しながら運転する佐藤は、イキナリ命令されて慌ててブレーキを踏んだ。
「なっ、バカが、もうちょっと優しく停めろ」
急停車につんのめった直紀はまた癇癪を起こすと、ミニスカから伸びた網タイツの太ももをビンタした。

「いたっ、あう…、ご、ごめんなさい」
ひんっ、い、いたい…、やだ、いたいの、やめて、…。
「ほら、おりろ」
ヒリヒリする太ももをさする佐藤にまた直紀の怒声が響く。肉体的苦痛を恐れるエロ教師は、慌ててシートベルトを外すと車の外に出た。

直紀が入っていったのは薬局だった。何を買うのか見当のつかない佐藤は、怯えながらついていった。

「浣腸ください、1ダース、ネエちゃん、もう、1週間も便秘なんです」
初老の店員に声をかけた直紀は、振り返ると困惑する佐藤にニンマリ笑う。
「そりゃ大変だ…、病院行った方がいいよ」
「ネエちゃん、病院嫌いなんで、思いっきり効くヤツ下さい」
「そうかい、病院行った方がいいんだけど、これ、一番効くヤツだよ、だから一度に1本だけにするんだよ、何本も一度に使ったら、ひどいコトになるからね」
真面目に薬効を説明するじいさんの説明に、また直紀は振り返ってニンマリした。

浣腸する気?…、やだ、わたし、どうなるの、…。
1週間もお通じのない女にされた恥ずかしさで直紀の後ろに隠れていた佐藤は、黙ってふたりの話を聞いていたが、エロ高校生のたくらみを知って戦慄に身震いした。しかしどM奴隷な倒錯した性癖にとって、浣腸プレイは願ったり叶ったりだった。

「ネエちゃん、払って」
「あ、はい、いくらですか」
浣腸調教する妄想で股間を膨らませるエロ高校生をチラ見した佐藤は、どMな性分が泡立つのを感じながら、お金を払った。

「さっそく一本やっとくか、尻だせ」
AV鑑賞の知識を総動員して妄想を逞しくする淫逆の暴君は、車に戻るやいなや浣腸調教をはじめる。

「いや、ゆるして、お、おねがい、します」
や、こんなとこで、誰かに、みられちゃう、…。
佐藤は一般的な若い女性と同じように便秘気味だったが、浣腸のお世話になるほどではなかった。それに車内とはいえ、人通りのある道に停めた車では誰に見られるかわからない。浣腸責めをどMな性根は望んで秘肉を潤ませていたが、まだ理性が勝ってかろうじて支配者に抵抗していた。

英語教師英梨2 (39) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:46:02 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old