FC2ブログ

== 英語教師英梨 ==

英語教師英梨 (27)英梨のカワイイ生徒たち

ろま中男3 作品リスト
英語教師英梨 目次

英語教師英梨 (27)英梨のカワイイ生徒たち

「お腹、空いてない?」
お揃いのパンティとTシャツを身につけて、健康的な色気をつつましやかに漂わせる英梨は、洋子にキッチンのイスを勧めた。

「コーヒー煎れてたでしょ、先生のコーヒー飲みたいな」
尾崎に脅されながら英梨が用意したコーヒーを見ていた洋子はそう応えて、スケベ中年のような目で笑って、若い英語教師のセクシーな立ち姿をながめていた。

「コーヒーは眠れなくなるから、ミルクにしましょ」
体の線をなぞるような洋子の視線に困ったように笑った英梨は、冷蔵庫からミルクを出してコップに注いだ。
「ママのおっぱいが良かったな」
またもふざけて英梨の胸をツンツンした洋子に、
「もう、オイタしちゃ、だめっ」
恥ずかしそうにノーブラの胸を押さえた英梨は、紅潮した頬を膨らませてにらんでいた。

「…、ごめんね、先生…、先生はママじゃないモンね…」
美人教師に似合わないこわもてをしばし真顔で見つめた洋子は、ミルクの入ったグラスを隠すようにまだ湿った髪を垂らしてうつむき、悲しそうな声を漏らした。
「えっ、ちがうのよ、わたし、本気で怒ってないから、ねっ」
何度はめられてもやっぱりダマされてしまう素直に英梨は、小さい頃に母と死に別れた少女の悲しみに同調するように泣きそうな声でオロオロし、震える背中に手を当てて優しくさすっていた。

「なんてねっ、せんせいっ、そんなんじゃ、悪い男にすぐだまされるよ」
ダマされやすい純な担任教師をまんまとはめて得意満面の笑顔を見せた洋子は、キュッとくびれたウエストをツンツンして冷やかしていた。
「もうっ、しらない、私、先に寝るから、おやすみなさい」
生徒に手玉に取られる恥ずかしさで全身をピンク色に染めた純情教師は、とうとう本気で怒ってベッドに潜り込んで頭からシーツをかぶっていた。

「…、ごめんね、せんせい、一緒に寝ようよ」
ゴクゴクとミルクを一気飲みしてプハーと満足そうにため息をついた洋子は、シーツに艶めかしい陰影を作る女体に抱きつき、まだおちょくり足りないと言わんばかりのふざけた口調でジャレついていた。
「どうせ私は悪い男に引っかかって、『嫌われM子の一生』みたいな人生、送るんでしょ」
ふざける洋子にますます拗ねる美人英語教師は、シーツを丸く突きあげたお尻をプルプル振り、某名作映画?を引き合いに出していた。

「ホント、ごめんてば…、先生みたいな美人には、きっと王子様が待ってるって」
拗ねる英梨をカワイイと思ってニンマリした洋子は、シーツをめくって大きめのお尻をなでていた。
「ホント、王子様が、私を待ってる?…」
その場しのぎのいい加減ななぐさめなのがミエミエなのに、王子様願望でもあるのかたちまち機嫌を良くしたお人好しの美人英語教師は、ベッドからパッと体を起こしてニコニコしながら洋子を見ていた。

王子様を夢見る純情教師が、2年後にはどSな変態1年生の奴隷に貶められて、生徒の父親にまで淫らなご奉仕をさせられることになるとは、その時の英梨は思いもしなかった。

「一緒に寝て、いいよね」
嬉しそうに笑顔を輝かせる英梨をますますカワイク感じた洋子は、Tシャツ一枚の魅惑的な女体に抱きついて、ニンマリしていた。
「う、うん…」
抱きついてじゃれる洋子が英梨も可愛くて思わず抱き返した。一人っ子の英梨は洋子を本当の妹のように感じて、ちょっとくらいのワガママはもうどうでも良くなっていた。
「でも、エッチなことは無しで…」
しかしちょっとスキをみせるとすぐにエッチなこととしてくる妹を警戒し、そのことだけはキッチリ釘を刺しておいた。

「もう、わかってるって…、せんせい、いい匂い…」
英梨のカラダに抱きついてベッドに潜り込むことに成功した洋子は、控えめなフェロモンが漂う女体にウットリして、優しい柔らかさに包み込まれる幸せな気分に浸っていた。
「…、おやすみなさい、洋子ちゃん」
もう、こわいことは、ないからね…。
何かから身を守るようにして丸まったカラダを優しく抱いた英梨は、この子の幸せな未来を願っているうちに、眠りに落ちていた。


次の日、英梨は病院に行って洋子のカラダに特に異常がないことを確認した後、警察の事情聴取を済ませた。当日朝に電話で休みを願い出た英梨に、学年主任は不機嫌そうな声で応えたが、ちゃんと事情を説明すると、英梨の学級のことは任せなさいと太鼓判を押してくれた。

HRで1日だけとはいえ英梨の代わりを口うるさい学年主任が代行すると告げられ、洋子の事情など知らない生徒たちが絶望に近い落胆をしたのは言うまでもない。

英語教師英梨 第1部 終わり

英語教師英梨2 につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 02:48:12 ━ Page top ━…‥・

== 英語教師英梨 ==

英語教師英梨 (26)英梨のまごころ

ろま中男3 作品リスト
英語教師英梨 目次

英語教師英梨 (26)英梨のまごころ

「んっ、あ、だ、だめ、ああっ…」
洋子の妖しい指使いに英梨は快感の頂点に押し上げられていた。いつのまにか洋子に押し倒されていた英梨は、足の指でタイル地の床をかきむしるように緊張させ、内太もものスジをクッキリさせて広げた太ももをピクピク震わせていた。

「せんせい、イッちゃった?…」
淫らな快感に溺れて艶めかしい吐息まみれ、細めた目でウットリしたうつろな視線を向ける英梨の、汗にまみれた肉感的な女体に抱きついた洋子は小悪魔な笑みで見下ろし、横になっても型くずれしないキレイな乳房の中心で、ツンと天井を向いた乳首を指先でクリクリともてあそんでいた。

「ああ…、洋子ちゃんの、いじわる…」
いっちゃった…、恥ずかしい…。
教え子の指先で快感の頂点にイカされた英梨は、すねたように紅潮した顔を振っていたが、胸の先端の刺激に欲情したからだをピクピク震わせて、洋子の指をくわえこんだ柔らかい肉の合わせ目からいやらしい汁を垂らしていた。

「せんせい…、そろそろでようか」
ほんとうに、キレイ…、私が男だったら、絶対せんせいと、つきあうのに…。
女の悦びにまみれた魅惑的な柔肌をツヤツヤさせて妖艶な表情を見せる英梨に、洋子は自分が男でないことを恨みに思った。レズっぽいアプローチで担任教師をイカせた洋子だったが、ノーマルな英梨にひどいことをしたと後悔し、大好きな先生を貶める様なマネは二度としないと決意していた。

「そうね、ちょっと、お湯あたりしちゃった…」
真面目な表情を見せる洋子の遠慮がちなセリフで快楽に溺れたはしたなさを意識させられ、女の洋子でも惚れ惚れするような魅力的なカラダを恥ずかしそうに手で隠した英梨は、照れ笑いしてシャワーを浴びて、すべすべした素肌にまとわりつく泡を洗い流した。

「ちょっと待ってね」
手際よくカラダの水滴を拭き取った英梨は、バスタオル一枚巻いただけのセクシーな姿でバスルームを出て行った。
「はい、まだ使ってないから」
英梨はすぐに戻ってくると、買い置きしておいた新品の下着を洋子の前に置いた。

「せんせいと、お揃い?」
装飾のほとんどないごく普通のコットンパンティを広げた洋子は、母親に甘えるような口調だったが、その顔はイタズラっぽく笑っていた。
「そうね、あるわよ」
そんな洋子に優しく笑った英梨は、引き出しを探って一緒に買ったパンティをバスタオルを巻いたままはいた。

「お揃いだね、せんせい」
洋子はバスタオルのスソをめくると、スリムなカラダに不似合いなほど張りのあるお尻をのぞき込んで、お揃いのパンティをはいたお尻を楽しそうに振っていた。
「もう、洋子ちゃん」
少女っぽいかわいい笑顔でじゃれてくる洋子がすっかり元気になって嬉しい英梨は、口では叱っていたが顔はうれしそうに笑っていた。

「ブラないから、コレ着てね」
匂い立つような色気を漂わせる太ももを折りたたんで正座し、引き出しを探っていた英梨はちょっと長めのTシャツ洋子に渡した。
「せんせい、おっきいから、合わないモンね」
パンティ一枚で若い裸体を恥ずかしげもなくさらす洋子は、またイタズラっぽく笑うとバスタオルで上乳を押さえた胸の先端をツンツンした。

「洋子ちゃん、もうエッチなことしちゃ、ダメ」
硬くなった乳首を的確に突かれてちょっと感じてしまった英梨は、照れ隠しに怒ったフリをして大げさに手を振り回した。

「先生の、エッチ…」
英梨の気持ちなどお見通しと言わんばかりのドヤ顔で笑った洋子は、ギュッと抱きついて深い胸の谷間に顔を埋めた。大きくてキレイな胸の心地いい弾力で押し返してくる柔らかさを頬に感じる洋子は、急に英梨の優しさが身に沁みて楽しそうに笑っているその目から今にも涙がこぼれそうだった。

英語教師英梨 (27) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 01:37:00 ━ Page top ━…‥・

== 英語教師英梨 ==

英語教師英梨 (25)堕ちる

ろま中男3 作品リスト
英語教師英梨 目次

英語教師英梨 (25)堕ちる

「そんなわけには…、犯人逮捕、されたんだし…」
洋子の毅然とした態度に英梨は口ごもりながらつぶやいた。洋子を本気で心配するというより、警察や教師としての体面を気にしてのセリフを、自分でも空々しく感じていた。

「もう話は終わり…、せんせい、背中洗ってあげる」
汗に濡れた顔でニッコリ笑った洋子は、硬くなった乳首の先端から滴を垂らしながら湯船から出て、ボディソープを物色していた。

「うん…、これ、使って」
英梨ものぼせそうだったので湯船から出るとボディ洗いのスポンジを渡した。

「せんせい、ホントキレイなお肌、してるね…、洋子が男だったら、絶対恋人にする」
「あんっ…」
いすに座った英梨に洋子はボディソープをかけたカラダで抱きついて、ボディソープを塗りたくった手でたわわな乳房を愛撫しはじめた。ヌルヌルした手がしっとりした乳房の肌を揉みくちゃにして、英梨は軽くのけぞってエッチな声を漏らした。

「あっ、だめえ…、そこは、自分でするから…」
「いいから、いいから」
デカイオッパイの先端で固くなった乳首をイジっていた洋子は、手を下げてムッチリした太ももの根本に指を差し込んだ。少しエッチな気分になっていた英梨はその手を邪険にどけることが出来なかった。

「せんせい、濡れてるよ」
「ああ…、やだ、もう…、イジワル、言わないで…」
指先にヌルッとした感触に触った洋子は、小悪魔な笑みを浮かべると耳タブを甘噛みしながら、指先を進めてスジに食い込ませる。

だめえ…、そんなこと、しちゃあ…、でも、洋子ちゃん、もっと酷い目に…。
洋子の女性らしい優しい愛撫に成熟した女体を熱くする英梨だった。生徒とこんなコトをしてはいけないことはわかっている。しかし洋子が経験したつらい想いと同じとはいかなくても、それに近い体験で自分を堕として、洋子と同じ気持ちになってみるべきじゃないかと心のどこかで思っていた。少女のつらい経験を追体験することで、今の英梨に不可解な洋子の言動も理解出来る気がした。

「せんせい、足、開いて…」
英梨の抵抗が弱くなって洋子の征服欲が頭をもたげてきた。妖しい雰囲気が漂う笑みを浮かべた洋子は、しっとりしたハリのある太ももを開かせると、いやらしい汁を垂らしはじめたスジに指先を沈めてクチュクチュとイジリはじめた。

「あ、はあんっ、洋子ちゃん、ああっ…」
英梨はカラダから力が抜けて洋子によりかかって火照った体を淫らに開いていた。艶めかしい脚線美を見せる根本に生徒の指が入り込んで、ネットリしたおツユをかき出す。

「せんせい…、いっぱい、出てくるね」
頬を合わせて肩越しにのぞき込む洋子は甘い吐息にまみれながら、ヌメリ気で浸った柔らかい肉の間に指先が埋没していくのを、妖しい笑みで見おろして、ボディソープでヌルヌルした胸をスベスベした背中にすりつけていた。

「いやあん…、恥ずかしい…、わたしも、時々…、オナニー…、するの…」
洋子の気持ちになろうとして自らを淫乱な女に貶める英梨は、恥ずかしい申告をしてますますあそこを濡らしていた。

「…、せんせい…、好き…」
英梨らしくないセリフにちょっとだけ怪訝そうな表情を見せた洋子だったが、自分と同じ立場になろうとする優しい気持ちがなんとなく伝わってきて、洋子は胸が熱くなって目を潤ませた。抱きついたままカラダを滑らせた洋子は英梨のヒザの上に乗ると、ウットリした表情を見せる英梨を見つめてキスした。

はあ、きもち、いい、…。
美少女のキスを受け入れた英梨は、柔らかい唇の重ね合いにウットリしていた。いつのまにか舌が入り込んでクチュクチュと絡まっていた。乳首が絡み合う胸がドキドキしてあそこのスジからトロトロとエッチな汁があふれてくる。

「…、せんせい、明日、一緒に病院、行ってね…、被害届も、ちゃんと出すから…」
唇を離してカワイイ笑顔を見せた洋子は、英梨の思いやりに応えようとして被害届を出すことに承知した。

「そうね、そのほうが、いいわ…」
洋子がわかってくれたのがうれしくて、英梨もカワイイうれしそうな笑顔になっていた。

「せんせいには、いろいろ面倒、かけたから…、お礼に、ちゃんと、イカせてあげるね」
心が通じ合った気がして洋子はうれしかった。甘えた笑顔を見せた洋子はそれを小悪魔の笑みに変えると、英梨を押し倒してムッチリした太ももの弾力を楽しみながら押し広げて、ヌルヌルヒタヒタのスジに指を差し込んで優しくかき回した。

「そんな、お礼は、あんっ、いいからっ…、あ、はあっ、ああっ、イっちゃう…」
洋子にカラダを支配された英梨はムダな抵抗をしたが、美少女のフィンガーテクに翻弄されて艶めかしく女体をもだえさせていた。結局イカされた英梨は汗のにじんだエロチックな顔に甘い吐息をまみれてさせていた。

英語教師英梨 (26) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:12:04 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old