FC2ブログ

== 英語教師英梨 ==

英語教師英梨 (24)ホントの気持ち

ろま中男3 作品リスト
英語教師英梨 目次

英語教師英梨 (24)ホントの気持ち

「あっ、ああっ…、はあっ、はあっ…、洋子、ちゃん…」
洋子のフィンガーテクにもだえるエリは軽くイッてしまった。お湯に温められたスベスベした艶めかしい女体が吐息で忙しく上下していた。

「ママ…、気持ちよかった?…」
ハアハアと息を荒くする英梨は湯船に浮かべた乳房を波立ったお湯で揺らされていた。吸い付いていた乳首から顔を上げた洋子は、魔性系の妖しい笑みを浮かべていた。

「洋子ちゃん…、どうして…」
なんで、こんな、エッチなコト…、あの男に、ひどいコトされて…、傷ついてたんじゃ…。
女体のうずきがどうにか収まって、カラダを支配していたピンクのモヤが晴れてきた英梨は、スベスベした素肌に抱きついて妖しい笑みを見せる洋子に問いただした。

「せんせい、聞いて…、助けてもらったせんせいには、知って欲しくて…」
魔性系の笑みで甘えた声を漏らす洋子は悪びれた様子も見せずに応える。

「あの男には、ひどいコトされたけど、でも、朝のバスで痴漢されて、洋子、気持ちよかったの…」
表情を固くする英梨に甘えて顔をすりつける洋子は、そこまでいって英梨の様子をうかがった。

痴漢…、気持ちいい?…。
実際には尾崎にパンティのスジをこすられた時に軽く感じたが、尾崎にされたことに気持ち悪くて悔しいという感情しか残ってない英梨は、洋子の言っていることが理解出来なかった。肉感的なカラダにすがりつく洋子の上目遣いに見上げる目を、英梨は黙って見ていた。

「変だと思うかもしれないけど…、せんせいだって、いま、気持ちよかったでしょ」
英梨の緊張した表情に妖しい笑みで応える洋子は、また乳房をなぶりながらあそこに指を差し込んだ。

「それは…、あんっ、やっ、やめて…」
教え子にイカされた恥ずかしい事実を指摘された英梨は、何も言えずに顔をそらした。洋子の指先がまた敏感な部分に触れてくる。二度も醜態をさらしたくない英梨は顔を横に向けたまま、洋子の手首を押さえた。固い表情を横顔に見せる英梨に、洋子は手を引いてイラズラするのをやめた。

「洋子ね、バスであの男に触られた後、学校のトイレでオナニー、してたの…、あの男に触られた後、オナニーすると、スッゴイ、感じるの…、洋子、やみつきになっちゃって…」
「や、やめてっ」
洋子が妖しい笑みを浮かべてそこまで言うと、英梨の悲しそうな声がバスルームに響いた。うつむいた英梨の目から涙がこぼれた。洋子にダマされていた、裏切られた、という悲しい気持ちが一粒の涙になって、かすかに揺れるお湯に落ちた。

「…、せんせい…、洋子のこと、軽蔑した?…、でも、どうしようも、ないの…」
英梨の涙を見ていったんは黙った洋子だったが、沈んだ声でつづけた。英梨の涙に洋子も悲しくなって目を潤ませていた。
「あの男に触られて…、オナニー、しない、と…、ひっ、日曜日なんか、狂っちゃいそうに、うっ、なるの…」
尾崎に調教された体が、自分ではどうしようもないことに思えて涙が溢れてきた。泣き出した洋子はしゃくり上げながら、しゃべっていた。

「もういい…、もういいわ、ごめんね、洋子ちゃん…、病院、行きましょう、ね、私も一緒に行くから」
洋子ちゃん、辛かったんだわ…、洋子ちゃんの、気持ちも、知らないで、私…、許して…。
子供のように泣きじゃくる洋子を抱きしめた英梨は、目の前にいる少女の辛い気持ちもわからない未熟な自分を恥じて一緒に泣いていた。

「…、せんせい、したことないでしょ…」
柔らかい女体に抱きしめられて少し落ち着いた洋子は、たわわな胸を押して顔を上げると、涙に濡れた顔で英梨をジッと見ていた。

「な、なにを…」
したこと、って、…。
無表情に見つめる洋子をまともに見られない英梨はその意味がわかっていた。しかしまだ男性経験のない英梨は口ごもっていた。

「洋子ね、今日、あの男に犯されたの…、気持ち、よかった、の…」
動揺する英梨をジッと見つめる洋子の平板な声がする。英梨を見つめる目から一筋涙がこぼれる。

「…、病院、行きましょ、ちゃんと調べて…」
「せんせい、大丈夫…、今日は、大丈夫な日、だから…」
言葉とは裏腹な深い悲しみが伝わってくるようで英梨は辛かった。本気でカラダのコトを心配する英梨に、洋子は悲しそうな笑顔で応えた。

「大丈夫、って…」
「うん、妊娠は、しないから…」
泣きながら何かを覚悟したような笑みを見せる洋子に、英梨は強く言えなかった。

「でも…、何か変な病気が心配だし、警察に被害届、出すのに、診断書、もらってこないと…」
女性警官から言われたことを口にする英梨は、人ごとのような空々しいセリフだと自分でも意識していた。洋子を心配する気持ちが伝えられなくて、そんなことしか言えないのが悲しくて情けなかった。

「そうか…、性病はやだから、病院には行く…、でも、被害届は出さない…」
申し訳なさそうな英梨に困ったように笑った洋子は病院に行くのは承諾したが、被害届は出さないことを宣言した。

英語教師英梨 (25) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:11:11 ━ Page top ━…‥・

== 英語教師英梨 ==

英語教師英梨 (23)洋子の本性

ろま中男3 作品リスト
英語教師英梨 目次

英語教師英梨 (23)洋子の本性

「あ…」
そうだ、お医者さんに、見せないと…、でもキレイにしてから、じゃないと、かわいそう、…。

あのヘタレ痴漢の尾崎にひどいコトをされた恥部を、キレイにして欲しいとおねだりされた英梨は、最初に洋子を医者に連れて行くべきだと気付かなかった自分を恥じた。しかしひどいコトをされたままの状態を他人に見せるのは、繊細な美少女の心が傷ついてしまうのではないかと思いあたって、いたたまれなかった。

「せんせい…、して…」
たっぷりした乳房にすがりついて乳首をくわえたままの英梨が、上目遣いの甘えた視線を送ってきて、キレイにしてとおねだりする。

「そうね…、洋子ちゃん、私のオッパイ、好き?」
どうしたらいいの…、あんっ、その前に、胸をしゃぶるの、やめてもらわないと、なんか、変な気分に、なっちゃいそう、…。

するべきか判断の付かない英梨は、とりあえず洋子が甘えて乳房にすがりつくのをやめさせたかった。優しく乳首をしゃぶられる英梨はだんだんエッチな気分になってきていた。それが傷ついた少女に申し訳なくて恥ずかしかった。

「うん…、せんせいのオッパイ、お母さんみたい…」
幼児退行したようなカワイイ笑顔の洋子が甘えてすがりついてくる。

「お母、さん…」
お母様、いないんだった…、洋子ちゃん、母親の愛情に、飢えているのね、…。
すっぴんなら洋子の同級生と言っても通りそうな英梨を、お母さん呼ばわりするのはずいぶん失礼な物言いだったが、洋子の生い立ちを思って目を潤ませた英梨は、甘えてくる美少女がたまらなくいとおしく感じた。

「いいわよ、痛かったら、言ってね」
私、お母さんの、代わりになるわ…、甘えてね、洋子ちゃん、…。
前にも言ったがちょっとずれたところのある英梨は、勝手に洋子の心情を推し量って思い込みの激しい同情をしていた。母の愛情を充分に受けられなかったかわいそうな子と勝手に想像した英梨は、今晩だけでも洋子の母親代わりになろうと決めると、洋子のあそこにおそるおそる触れた。

「うん…、あ、あんっ、ママ…、そこ、キレイにして」
あそこに触れた優しい指先にエッチな声を漏らした洋子は、まるで英梨の思い込みを読み取ったように、ママと呼んで甘えてくる。

「あ、ごめん、痛かった?」
エッチな声を痛かったからだと勘違いした英梨は、慌てて手を離す。

「ううん、だいじょうぶ…、もっと、強くして…」
うつむきがちな洋子はさっきからずっと乳首を離さずに抱きついていた。慌てる英梨に恋人にするような口調でおねだりしていた。

「そう…、ほんとに、痛かったら、言ってね」
なんか、変…、オッパイから離れて、くれないから、かしら…、このくらい、かしら?…、え…、ヌルヌルしてる?…。

幼い幼児のようだった洋子から妖しい色気を感じた英梨は、乳首の刺激のせいで自分がおかしくなっているのかと思っていた。少女の秘所に指を進ませた英梨は指先にネットリしたヌメリ気を感じて出血してるのかと思ったが、お湯はきれいなままだった。

「あん…、ママ、もっと、して…、ひっ、くっ…」
かすかに女体を震わせた洋子は、英梨の指先に自分からあそこを押しつけて来る。指先が潤んだスジに食い込むと、乳房に吸い付いた洋子はピクッと震えて軽く乳首に歯をあてていた。

「あひっ、よ、洋子ちゃん…、お願い、か、噛んじゃ、だめえ」
ひゃうんっ…、い、いた…、あ、はあっ…、だ、だめえ…、おかしくなっちゃう、…。
乳首の甘噛みに大げさにのけぞって、湯船に浮かんだ乳房をタプタプ揺らした英梨は、女体の奥が熱くなる自分を恥じていたが、心のどこかでその刺激をもう一度期待していた。

「ごめんね、ママ…、ママのココって、どうなってるの?」
天真爛漫だった笑顔は小悪魔の笑みに変わっていた。乳首の刺激にもだえるエリに明らかに欲情した雰囲気を漂わせる洋子は、ムッチリした太ももの手を入れて英梨のあそこをイジリはじめた。

「あ、だ、だめ、洋子ちゃん、そこ、だめえ」
や、やあんっ、そんなトコ、だ、だめえ…、どうして、あっ、そこっ、だ、あっ、感じちゃう、…。
女同士で感じる部分はわかってる洋子は、巧みに指を蠢かせて英梨を翻弄していた。下半身から湧き上がる熱い官能の波に襲われた英梨は、洋子の手を挟んだ太ももに内マタに力を入れてその刺激に耐えるしか出来なかった。

「ママ、いいのよ…、気持ち、よくなって」
すっかり立場が逆転していた。フィンガーテクを駆使する洋子は担任教師を手玉に取ってもだえさせていた。ポッテリプックリなカワイイ唇で固く突き出た乳首を強く吸引した洋子は、スタッカートするように連続して軽く甘噛みしてくる。

「ひっ、だっ、そこ、だっ、だめえ、やっ、よ、洋子、ちゃん、やっ、やあっ、あっ、ああっ」
いっ、やあっ、だっ、かんじちゃ、うっ…、ひっ、あっ、くっ、くうっ、だ、だめえ…、やめ、えっ、あうっ、て…、だっ、いっ、いっちゃ、ううっ、…。

まだ男性経験のない英梨だったが、オナニーでエクスタシーは知っていた。火を付けられたメスの本性は洋子の手管でハデに燃え上がっていた。乳房とあそこの刺激をだんだん強くする洋子は、切なくも悩ましげな表情を浮かべる美人教師にウットリして、あそこに当てられてかすかに震える指にヌルヌルに濡れた秘肉を押しつけていた。

英語教師英梨 (24) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:10:21 ━ Page top ━…‥・

== 英語教師英梨 ==

英語教師英梨 (22)おふろ

ろま中男3 作品リスト
英語教師英梨 目次

英語教師英梨 (22)おふろ

「洋子、ちゃん…、落ち、着いた?…」
しばらく抱き合って泣きじゃくっていた二人だった。ようやく洋子の嗚咽が収まってきて、英梨もまだ涙が止まらなかったが、かすかに震える背中を優しくさすりながら聞いた。

「うっ、ひっ…、ううっ、う、うん…、ご、ごめん、ね…、ひっ、せんせ、い…」
英梨の首にギュッと抱きつく洋子は、しゃくり上げる嗚咽混じりに応える。悲しい泣き声混じりの応えにまた悲しくなるが、洋子がちゃんと応えてくれたことに英梨は少し安心していた。

「お風呂…、湧いてるわ…」
お風呂で、キレイにしたら…、少し落ち着く、わ、…。
温かいお風呂に浸かったら、カラダもほぐれて気持ちも落ち着くだろうと考えた英梨は、洋子にお風呂を勧めた。

「ひっ、うん…、ひっ、せ、せんせい…、脱がして…」
その声に体を離した洋子は涙に濡れた顔に幼児のような甘えた表情を見せて、セーラー服を脱がしてくれと言わんばかりに手を広げた。

「いいわ…」
子供みたい…、かわいい…。
英梨も涙の乾かない顔に笑顔を見せて脇腹に手を当ててうなずくと、脇のファスナーを上げて、
「お手々、上げて」
幼児に対するような口調で、優しく微笑んだ。

「うん…、ひっ…」
まだ嗚咽が収まらない洋子は大げさに頭を振って応える。涙に濡れていたがホントに幼児退行したようなかわいらしい笑顔だった。

「はい、いいよ、ブラも、はずすね」
あら…、先っぽ、固く、なってるわ…。
セーラー服を頭から脱がせた英梨は、抱きしめるように背中に手を回すとブラのホックを外した。英梨より一回り小振りだが十分な容量の形のいい乳房がプルンと現れる。硬くなったピンクの乳首がプルプル揺れていた。乳首が硬いのは泣きじゃくって興奮状態なんだろうと、その時は思った。

「せんせいも…」
スカートも脱がせてお風呂に入りなさいと背中を押す英梨に、洋子はおねだりするような甘えた目で、英梨のミニワンピを指でつまんでいた。

「あ…、いいわよ、チョット待ってね」
いやん、カワイイ…、そうね、一緒にいてあげたほうが、いいわね…、でも、せまくないかしら…。
快くうなずいた英梨は、たっぷりした空色のミニワンピを頭から脱いだ。

「先生、脱がせて上げる」
あのプリティーな笑顔ではにかんだ洋子は、ひざまずくとスケスケレースの純白パンティを脱がせた。

「あんっ、あ、ありがと…」
やあん、そんな近くで、見ないでえ…、恥ずかしい、…。
パンティを脱がされてほとんどないに等しい茂みをかすかな吐息で揺らされた英梨は、恥ずかしくて手で隠したかった。でも女同士でそんな態度を取るのも変な気がして、恥ずかしさをガマンしてストッキングからガーターベルトを外してビスチェを脱いでいた。

「先生、肌、キレイね」
ストッキングをくるくると脱がす洋子がウットリした顔を上げ、上目遣いのカワイイ表情を見せる。だいぶ落ち着いたようでもうしゃくり上げてはいなかった。

「え、そうかな…、ありがと…」
やだあ、カワイイ…、こんな美少女に、ほめられるなんて…、なんか、変な気分、…。
天使のような美少女にほめられて悪い気はしなかった。尾崎に弄ばれたせいでいい状態ではなかったが、洋子の素肌も磨けば水を弾くようなピチピチしたきめ細かさを感じる。

「せんせい、オッパイ、大きいね…、ぱふぱふーっ」
ストッキングを両方とも脱がせた洋子は、アンバランスなほど見事な乳房に抱きついて子供みたいにうれしそうに顔をすりつけて、ムッチリした腰肉に手を押しつけていた。

「あんっ…、お風呂、はいりましょ」
やだ、変な声が、出ちゃった…、洋子ちゃん、たら…、赤ちゃんみたい…、カワイイわ…。
乳房の刺激に思わずエッチな声を漏らしてしまった英梨は、頬を染めて恥じらったが、ついさっきあれほど激しく泣いていた洋子の、天真爛漫な笑顔にうれしくなっていた。

「先にあったまって、私、先にカラダ洗うから」
「せんせいも、いっしょ…」
「あ、うん…、いいわよ」
昭和に建てられた英梨のアパートは、ユニットバスではなくちゃんとしたバスルームだったが、二人で入るには狭い気がして洋子に湯船を勧めた。しかし幼児がおねだりするような悲しげな目に押し切られて、一緒にはいるコトした。

「せんせいのオッパイ…、柔らかくて、気持ちいい」
湯船に入ると洋子は英梨に抱きついてきた。よほど英梨の乳房が気に入ったようで赤ん坊がするように片方を手でなぶりながら、もう一方を口に含んでいた。うれしそうな洋子の顔にはカワイイ笑顔にエッチな雰囲気が混じっていた。

「あ、あんっ、洋子ちゃん、あんっ、赤ちゃん、みたいよ」
あんっ、あっ、あ、や…、ああっ、変な気分に、なっちゃう、…。
手の平で乳房をパフパフ揉まれて、乳首を優しく舌で転がされて吸引される英梨は、ガマン出来ずにエッチな声を漏らして、恥じらって頬を染める。

「せんせい…、洋子の、ここ、キレイに、して…」
乳房をなぶっていた手を離した洋子は、英梨の手を股間に誘って禍々しい貞操帯に穢されたあそこに誘った。幼児帰りしたような天使の笑顔にはかすかに淫靡な雰囲気が混じっていたことに、まだ英梨は気付いてなかった。

英語教師英梨 (23) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:09:23 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old