FC2ブログ

== はじめに ==

秀香蘭高校美術部 用語解説

ろま中男3 作品リスト

秀香蘭高校美術部 用語解説(19/11/01更新)

19/10/26時点の設定です。執筆が進むとともに項目が追加されたり、設定変更される場合があります。ご了承ください。

秀香蘭高校美術部 登場人物はこちらから


秀香蘭学園:
創立100年を誇る関東の名門私立女子校。幼稚舎から大学までエスカレーター式の一貫教育を行う。学園全体で約3300人の園児(75)、児童(450)、生徒(450+900)、学生(1500)が在籍する。大学院も存在するが、学問より結婚を優先する学生が多いため進学する学生は少ない。まれに他大学の大学院に進んだ女学生が、著名な功績を残すことで知られる。

幼稚舎または初等部で入った者が内部生。中等部以降に入学した生徒学生が外部生と呼ばれる。

偏差値は全国トップレベル。内部生もおおむね偏差値が高いが、全国有数の偏差値は外部受験生によって底上げされている。外部受験で中等部や高等部に受験合格するのは至難であり、全国模試の成績優秀者として名前が出るレベルでなければ不可能と言われている。

学校制度が変わった戦後も純然たる女子校として運営されてきたが、近年の少子化傾向に逆らうことができずに去年から高等部だけ男子に門戸を開いた。1学年300人の5%程度しか男子の入学は認められないため、女子外部受験よりもさらに難易度は上がり、男子受験合格は「奇跡の合格」とされる。

初等部までは基本的に自宅から通学する(高級外車で送り迎え)。中等部以降は学園内の寮に住む生徒が多く、地方の優秀な生徒が集まる。

校訓:
「良き妻、良き母たらん」が開校以来一番重要な校訓。開校した大正末期に流行った「モガ(モダンガール)」のアンチテーゼが起源とされる。大和撫子として三従を守り、父や夫、息子に従うことを絶対的な価値観とする。

しかし時代の移り変わりに伴い三従は重視されなくなり、文字通り良妻賢母を目指す意味に変わった。20世紀から21世紀に変わる頃から良妻には「房事が上手く夫に尽くす良妻」の意味が含まれるようになる。中等部でバイブオナニーを覚える生徒が多いのも、将来の旦那様を悦ばすテクを身につけるという大義名分があるため。

ただし秀香蘭OGが築き上げた「凛とした貞淑な佳人」というイメージを守るため、秀香蘭生徒が夜毎みだらな行為に耽っていることは秘中の秘である。

校章:
朝露に濡れた蘭の花を図案化している。冷たい朝露に濡れても凛として立つ美しい女性になって欲しいという願いが込められている。女の園である秀香蘭によからぬ妄想を抱く男どもが「濡れた女性器」と揶揄することでも有名。

幼稚舎、初等部、中等部、高等部で校章の色が違う。校則で色が決まっていて幼稚舎がピンク。初等部は紫。中等部は緑。高等部は青(空色)。幼稚舎から初等部に上がった児童はピンク色の校章を引き続き着用し、壊れたり無くしたらピンクの校章を買い直す(購入時には幼稚舎卒園証明が必要)。中等部や高等部に進学しても最初に与えられた校章を引き続き使用するのは同じ。このためすべての生徒はいつ入学したかが容易に判別できる。 → 純蘭。

大学にも黄色(オレンジ色)の校章が存在するが高等部までと違って制服がないので、着用する女学生はほとんどいない。ただし大学から入学した女学生が秀香蘭への憧れで、ネックレスなどに通したペンダントとして身につけていることはある。

旧校舎:
学園設立当時からの木造校舎。100年間に渡って10代女子を見守り育んできた学び舎である。思春期女子の体臭が沁み付いているので内部は独特の匂いが漂っているが、それに気づくのは数少ない男子生徒だけである。来年度の取り壊しが予定されていて、いくつかの文化部の部室として使用されているだけで授業は行われていない。


部活動:
開校当時「女子に運動は不要」とされた時期もあったが、伝統的に「文武両道」であり、部活動が盛ん。全国大会常連の運動部や文化部が多いことで有名。柔道の「精力善用、自他共栄」のように、勝つことよりもまず相手を尊敬して感謝する精神が徹底して指導される。全国大会で活躍する強豪部活ほどこの精神が徹底している。

初等部は基本的に部活動はない。初等部までの純欄や準欄は自宅での上流階級教育が優先されているため。

中等部の運動部はきつい練習を避ける傾向にある。10代前半の女子はまだカラダが出来上がってないという考え方から。高等部の2軍的な位置づけである。見込みのある生徒は高等部からお呼びがかかり、高等部の部活で練習する場合もあるが、基本的に高等部との合同練習はしない。

高等部は全国レベルで活躍する運動部や文化部が多い。スポーツ推薦で入学する生徒は基本的に強豪運動部に所属するが義務ではないので、ケガなどの事情で部活を続けられなくなっても普通に学園生活を送る。

水泳部:
秀香蘭を代表する最初期からの運動部。学園創立10周年の記念に設置された。以来長年に渡り名選手を生み出し、オリンピック代表選手を多数輩出した。温水プールをはじめとして設備が充実している。ただし学園内でも公言できない秘密のルールがあり、部員には鉄の結束が要求される。

新体操部:
オリンピック正式種目となる前に設置された。地方大会ではそれなりの成績を残すが、全国大会への壁はいまだ高い。一部保護者からの圧倒的支持があるので、専用の練習場など設備面で優遇されており、活動の自由度は高い。一部保護者の支持を失わないための秘密の活動?がある。

美術部:
崇雄が入部した。学園創立時から存在する伝統的な部活だが、芸術は貴婦人のたしなみという考え方のため、絵画展で賞を取ることは重視されてない。同じく創立時から存在する書道部が書道パフォーマンス甲子園や書道展で活躍しているので人気が高く優遇されているのに対し、対外的に目立った活躍のない美術部は廃部のウワサさえある。取り壊し予定の旧校舎に部室がある。

旧校舎を使用する文化部は少なくなったが、他に軽音楽部などがある。

演劇部:
旧校舎を使用する数少ない部活。他の旧校舎を使用する部活と同じく部員数の減少で廃部の危機にある。秋の文化祭の出し物であるロミオとジュリエットを演じるために崇雄を誘う。


純蘭:
純粋な秀香蘭生の略。幼稚舎から秀香蘭で学ぶ内部生のこと。幼稚舎で与えられるピンクの校章を着用しているのでひと目で分かる。スクールカースト最上位であり、学園内のステータスである。学園のイメージを担う生徒である。

純蘭の保護者は例外なく上流階級の成功者がであるため、彼らの莫大な寄付金によって学園運営は大いに潤っている。設備が充実した私立校であるにもかかわず公立校並に学費が安いのは、純蘭の金持ち親からの莫大な寄付金のおかげであり、純蘭に他の生徒は頭が上がらない理由である。

純蘭が秀香蘭のルーラー(ruler:支配者)という意味も含めて、学園の絶対的なルールである。一般生徒が純蘭に対する作法が暗黙のルールとして決められており、それに背くことが学園内で最も恥ずべきこととされる。

外部生は内部生に比べると明らかに勉強ができるが、学業や運動で特に顕著な成績を残さない限り、スクールカースト下位に置かれて地味に学園生活を過ごしている生徒が多い。

スクールカースト最上位の純蘭が上流家庭子女にふさわしい躾や道徳を完全に習得しているので、学園内にイジメは存在しない。学生運動が盛んだった昭和期には影響を受ける生徒や学生もいたが、バイブオナニー(後述)で性欲を発散しているためか、現在の秀香蘭学園は優しく美しい先輩と従順で可愛い後輩の集う麗しい女の園という形容がふさわしい。

卒業後の進路が優遇されるので、大学卒業後は最低でも一部上場企業や官公庁に就職する。配属されるのは主に秘書課で、職場で本物のお嬢様として特別視される。

2年前に共学になった高等部の1年と2年を除けば、女の園で愛育された純粋培養の箱入り娘であるため大学を卒業した時点ても処女が多い。だが多くの生徒が中等部在学中にバイブオナニーを覚えるため、高等部で処女膜が残っている生徒はほとんどいない。

外部生の多くも処女膜を喪失している。女子寮に入って初めて見る純蘭の上流階級生活にあこがれて真似をする生徒が多いため。自分たちが通った道なので、教師や職員は女子寮でバイブオナニーが蔓延していることを黙認している。

準蘭:
初等部から入園した児童は準蘭と呼ばれる。幼稚舎入園ほどではないがそれなりの資産家の娘でないと合格できない。幼稚舎に落ちた児童が初等部に入るとも言われ、スクールカーストで純蘭に準ずる地位にある。ただし準蘭という呼び方は純蘭と聞き間違いやすいうえに、純蘭に劣るまがい物という軽侮が含まれるため、実際にはあまり使われていない。

純蘭教師 純蘭職員:
純蘭で大学卒業後に秀香蘭の教師や職員になった者。秀香蘭は高等部が共学になっても教師や職員はすべて女性。純蘭で大学を卒業した女学生は住み慣れた女の園から離れがたいのか、教師や職員となって学園に残ることが多い。処女率が高い。

例外なく美人でスタイルがいい。金に糸目をつけずにファッションやフィットネスで自らを磨くことを怠らないからだとされる。

「良き妻、良き母たらん」が秀香蘭の最重要校訓なので、20代で結婚して家庭に入る教師や職員は多い。このため教師や職員の回転率は高く、平均年齢は30歳を超えない。大学を卒業した純蘭の進路希望は優先的に叶えられるので学園に残るチャンスは高い。

純蘭会:
秀香蘭学園を卒業した純欄のOG会のことだが、実際には秀香蘭学園に残った純蘭教師や純蘭職員のためのコンパやお見合いパーティーのこと。既婚のOGを中心とした純欄会運営委員会が企画してくれる。純蘭で教師や職員として学園に残った女性が将来の伴侶を見つける場。秀香蘭学園を出て一流企業や官公庁に就職した純蘭にも参加資格がある。

純欄は良家の子女がほとんどなので、お相手となる殿方もハイグレードである。政治家や大企業や大病院の跡取りが多く、一般男性は若くしてよほどの財を築いたのでなければ、まず参加できない。

一握りの超上流階級女子は、大学卒業と同時に親が決めた男性と結婚するケースがほとんどなので独身時代は純蘭会と縁がないが、高等部時代からこっそり参加して男をつまみ食いするツワモノもいる。

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:19:46 ━ Page top ━…‥・

== はじめに ==

秀香蘭高校美術部 登場人物

ろま中男3 作品リスト

秀香蘭高校美術部 登場人物(19/11/01更新)

19/11/01時点の設定です。執筆が進むとともに登場人物が増えたり、設定変更される場合があります。ご了承ください。
* 付きは水泳部マネージャーの登場人物です。

秀香蘭高校美術部 用語解説 はこちらから

登場人物
秀香蘭学園高等部生徒
<1年>
下平崇雄(しもひらたかお):15歳。本作の主人公。入学後2ヶ月間は帰宅部の地味な高校生活を送っていたが、美術部部長鈴本美羽とのセックスで眠っていた能力が覚醒した。
樋口陽菜(ひぐちひな):15歳。美術部所属。秀香蘭高校1年(自宅通学の外部生)。崇雄と同じクラスで前の席。無口で目立たない女子。いちおうヒロインだが登場人物が多いので出番はあまり多くない?。ゆったりした大きめサイズの制服に隠された女体は、美術部部長の鈴本美羽より若干身長が高いが小柄な方で、美羽に引けを取らないFカップエロエロナイスバディ。二人きりになると、甘ったれた話し方がデレデレ系。

<崇雄のクラスメイト>
(以下記述がない限り学園内の寮住まい)
田村智子(たむらちこ):16歳。美術部所属(純蘭だが寮住まいではなく、姉である華子のマンションに同居)。前衛的退廃的な絵を好む(ちゃんとしたデッサンが苦手らしい)。姉とレズ関係(タチ)にあるが両刀遣い(性欲が強いことを自認して「痴子」と自称している)。崇雄に秀香蘭の白セーラー制服を作って女装の道に誘った。崇雄のアナルバージンを奪った女。
影山祐奈(かげやまゆうな):15歳。新体操部。崇雄を顧問の斎藤鏡花に引き合わせることに。鏡花を尊敬しているので、股間に食い込んだエロレオタード着用。
高瀬莉奈(たかせりな):15歳。文学少女。高瀬愛奈は姉。姉と同様に帰国子女であり、日本語を勉強するために放課後は図書館通いしていたが、そこでロストバージンすることに。
宮田愛実(みやたまなみ):16歳。学級委員。純蘭だが外部生並みに成績がいい。幼稚舎以来の女の園に闖入してきた男子である崇雄を異分子扱いして毛嫌いしていたが…。
小坂菜穂(こさかなほ):15歳。不気味な日本人形がつきまとうホラー少女(?)。実は生霊を飛ばす女?。
和賀まあや(わがまあや):15歳。軽音楽部所属。祖父は世界的ピアニスト。ヒステリーBBAこと珍内のと絡みで崇雄に最初に告白した女。初等部に入った9年前に軽音楽部のノースリブラの男装ユニットであるペルセウスの「天地人」のジン(人)にあこがれて入部。「3秒見つめられると、イカされちゃうの~♪」の歌詞が崇雄の運命を確実にする。純蘭でも珍しいおバカだが明るいのが取り柄。人をはじめとしてモノマネが得意。
中多佳奈(なかたかな):16歳。高等部から秀香蘭に入学した外部生。全国模試で一度も崇雄に勝てなかったことを恨んで崇雄を敵視していた。お嬢様ではないので口が悪く、特に父親に対する毒舌がひどい。崇雄に無理やり処女を奪われると、中出しされるのが大好きになって従順な可愛い女に変わる。
空木綾音(うつぎあやね):15歳。飛行機好き。あまり笑わない。無表情でとっつきにくいが気を許すとよく喋る。
その他:全員が崇雄の棒姉妹に。

<その他1年>
〇〇(〇〇):16歳。隣のI組。3階の男子トイレでI組の男子とセックスしていたが満足できず、崇雄になかば強引に犯されて女の喜びを知る。


<2年>
高瀬愛奈(たかせまな):16歳。美術部所属。正統派アイドル顔で雑誌モデルをしている(校則で禁止されているが隠れてしている)。帰国子女で東村を英語交じりの関西弁でツッコむ。高瀬莉奈の姉。
東村舞依(ひがしむらまい):17歳。美術部所属。脱力した笑顔(ニヘラ、口がでかい)がトレードマークの癒やし系女子。学業成績はよくないが運動枠で高等部に合格した。運動神経が抜群で、美術部が休みの火木土日は弱小運動部から助っ人に引っ張りだこ。身体能力を活かしたアクロバティックなセックスが得意。

高本彩(たかもとあや):16歳(未設定)

以下の4人は1年から同じクラス
* 新条幸太(しんじょうこうた):16歳。2年生で水泳部マネージャー。表向きは雑用係だが、マネージャー専用に用意された秘密の小部屋では、水泳部女子全員を支配する絶倫独裁者(一晩で10発以上発射できる)。崇雄に同じ"匂い"を感じてマネージャー見習いに誘う。
* 稲沢蛍(いなさわけい):16歳。幸太の彼女(非公認?)。幸太を水泳部の先輩に取られて欲求不満気味。それでつい崇雄によろめくが…。
* 三池美優紀(みいけみゆき):17歳。幸太の幼馴染、螢がライバル?。幸太が振り向いてくれないので螢と同じように崇雄に接近するが、螢と新しい関係に…。
* 城寶秀典(じょうほうひでのり):17歳。1年に続いて幸太と同じクラスになり、幸太から悪縁と言われる。口が軽いので信用できない。秀香蘭に合格したことを鼻にかけ、うぬぼれが強い。スケベだが女日照りの日々を送っている。幸太のおかげでささやかなおこぼれに預かることがある。


<3年>
鈴本美羽(すずもとみう):17歳。美術部部長。純蘭で崇雄の脱童貞の相手。崇雄の中に眠っていた能力を覚醒させた女。小柄だかデコ出しのワンレン黒髪がトレードマーク。普段は無口でぼんやりした雰囲気だが、セーラー服に隠れたスリムな女体に不似合いなFカップ巨乳は、グラドルなみのエロエロナイスバディ。むっつりスケベでかなり性欲が強い。私服の透けた20デニール黒パンストがエロい。栗が好きでクリをいじられるのも好き。
守屋菖蒲(もりやあやめ):18歳。茶髪ロングで一見ヤンキー風な美術部副部長。美羽と凸凹コンビ。美羽がぼんやりしている分、自分が頑張らなければならないと笑顔で気を張っているが大抵の場合空回りする。負けず嫌いな鬼軍曹を装っているが、バックから犯されて泣きながら悶えるマゾ気質。

菅井優奈(すがいゆうな):17歳。乗馬部部長。おっとりしている。結構な資産家の娘なので純蘭内順位はかなり上位。秀香蘭学園内に練習用馬場が無い(郊外にある)ので、休日以外は木馬で練習している。そこを崇雄にツッコまれる。話し方は子供っぽくて甘ったれた感じ。初等部から愛用するキティちゃんのパンツを今でも履いている。履き慣れていて安心するというのが理由。

* 白河和泉(しらかわいずみ):18歳。水泳部キャプテン。秀香蘭女子大に進学した前キャプテン金沢頼子の強烈なキャラに隠れて目立たないが、日本有数の資産家の娘で純蘭内順位トップ。和泉の常識はずれな上流階級生活の恩恵に部員はご相伴にあずっている。典型的な秀香蘭女子で外面がいい。お嬢様風セックスは上流階級的?でかなり独特?。


<水泳部OG>
* 金沢頼子(かなざわよりこ):18歳。水泳部前キャプテン。今年高等部を卒業して秀香蘭女子大に進学。OGとして水泳部の練習にちょくちょく顔出すが、実は2年生マネージャーの新条幸太とセックスをしに来ている。
* 山口理香(やまぐちりか):19歳。水泳部前副キャプテン。金沢頼子とは幼稚舎以来の腐れ縁で、大学生になっても行動を共にしている。女子大生になってからメガネをコンタクトに変え、エロさがにじみ出る理知的いい女になった。幸太と頼子の3人で3Pを楽しむ。


<秀香蘭学園高等部教師>
秀香蘭教師寮の教師(軒坂4:教師寮が軒坂にあるため)
月野みなみ(つきのみなみ):24歳、数学教師2年目、今年から1年J組の担任をまかされて崇雄の担任教師に。「パンが好き」が口癖だが、食べるパンだけではなくエッチなパンティも好きで、真夏とよく一緒に買い物に行く。担任生徒を崇雄の絶倫毒牙から守るつもりで自らのカラダを崇雄に捧げたが、女の本能に逆らえず、従順な性奴隷になって崇雄は「おにいちゃん」になる。
皆藤飛鳥(かいとうあすか):24歳、あだ名はアシュシュ。英語教師2年目。みなみとは秀香蘭幼稚舎以来の付き合い。どS発言を連発するジコチューなワガママ娘。生徒から陰で「真面目メガネ」とあだ名をつけられている。メガネでわかりにくいが異様に顔が小さい美少女で生徒時代のあだ名は「秀香蘭の妖精」。飛鳥の素顔を知っている人はいまだに「妖精」と呼ぶ。秀香蘭大学卒業まで自宅通学で母親が何でもしてくれた。食事は母が口元に運んでくれる「ひな鳥」スタイル(そこを崇雄につけこまれる)。教師になってから一人暮らしを始め、それからは真夏が母親代わりになってなんでもやってくれる。
春元真夏(はるもとまなつ):27歳。現国教師。生徒時代は学業が飛び抜けて優秀だったが、ドジっ子キャラでたまにとぼけたことを言う(「そこのけそこのけ真夏の毛」など)。あだ名はマナパン(軒坂4で1番エッチなパンティを履いているのが理由とも)。秀香蘭教師寮軒坂寮の2代目寮長。私服は肩出しのデコルテ衣装を好む。他にコスプレ衣装を大量にコレクションしている。マメで真面目な性格で面倒見がいいが、何をされても逆らえない奴隷体質。頭(鉢)が大きいのがコンプレックスで、頭を言葉責めされるのを含めてイジられると、どMに欲情してイッテしまう変態性癖の持ち主。
生畑絵梨花(いくはたえりか):22歳。あだ名はいくぅちゃん。音大出の新任音楽教師、ピアノはプロ顔負けの腕前。ソプラノの美声でミュージカル風にしゃべりだすクセがある。常識はあるが芸術家はだしで一風変わったところがある。食べることが大好きだが、セックスの快楽を知ってからは性欲優先に。

桃井玲香(ももいれいか):27歳。現在は他校の教師だが、3月まで秀香蘭の教師。秀香蘭教師寮の初代寮長。秀香蘭の同僚が忘れられず軒坂寮によく遊びに来る。大人のいい女風の外見に似合わない甲高いコギャル風の甘ったれたソプラノボイスが特徴。生徒からポンコツ扱いされたのが他校へ転出した理由とされているが、真相は…。

* 飯山結衣(いいやまゆい):29歳。体育教師で水泳部顧問。特上AV女優並みのエロエロナイスバディ。彼女との蕩けるセックスで籠絡されない男はいない。新条幸太という「初代在校生マネージャー」を見出した"特殊能力"の持ち主。1年の崇雄も特殊能力で認める。
* 宍倉紗耶香(ししくらさやか):28歳。水泳部OBで結衣の1年後輩。「伝説の水泳部キャプテン」である結衣に心酔している。体育教師。

斎藤鏡花(さいとうきょうか):27歳。新体操部顧問。部員から不評を買っているとわかっていても部活中はエロい食い込みレオタード着用をやめない信念?がある。新体操仕込のアクロバティックなセックスが特徴。崇雄の性奴隷になる。信念とは → 高等部時代のトラウマ?

美川村響子(みかわがわきょうこ):年齢不詳(アラサー)。保健室の養護教諭。自称北川景子似の気さくできれいな巨乳のお姉さん。口調は某人気アニメ主人公風(語尾が「ナリ」)。ろま中男作品常連のバイプレーヤー。

珍内麻衣子(ちんうちまいこ):40歳。民間企業に勤めていた時期があったが、現在は物理教師。純蘭だが婚期を逃していつのまにかオールドミスに。生徒指導担当で、生徒からヒステリーBBAとあだ名をつけられて嫌われている。授業中の小言に腹を立てた崇雄に誘い出された旧校舎で襲われ(「処女膜が再生する」「アソコにクモの巣が張ってる」)、可愛い女に変わり、寿退職する。


<その他>
田村華子(たむらかこ):24歳。田村智子の姉。某在京キー局若手女子アナ。姉妹レズ(ネコ)で性欲を発散してきたが、崇雄のおかげで男とのノーマルセックスの良さを知る。

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:25:00 ━ Page top ━…‥・

== はじめに ==

秀香蘭高校美術部 目次

ろま中男3 作品リスト

秀香蘭高校美術部 目次(19/11/13更新)

これはフィクションです。実在の人物団体と一切関わりありません。このブログは性犯罪を誘発するつもりは全くありませんので、どうかご了承ください。

内容:
中学校で優等生だった下平崇雄は、秀香蘭高等部に入学してしばらく寂しい高校生活を送っていたが、美人部長の女体に誘われて美術部に入部した。そこで秘めた能力に目覚めて…。

登場人物(19/10/26更新) ← こちらのリンクから

用語解説(19/10/27更新) ← こちらのリンクから


(1)秀香蘭という女の園 / (2)純蘭というルール / (3)渡り廊下の美少女 / (4)旧校舎の前でシックスナイン / (5)顔面騎乗位でクンニ / (6)渡り廊下でイカす / (7)初フェラで口内発射 / (8)意識のない女体にイタズラし放題 / (9)心臓マッサージから人工呼吸 / (10)手マンコとしらばっくれる美少女 / (11)旧校舎階段でのプレイ / (12)盛り上がる性衝動 / (13)美術部にようこそ / (14)またも窒息寸前クンニ / (15)こんどこそ本番? / (16)エッチなポーズ要求 / (17)変態リクエスト / (18)裸婦デッサン /

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

以下続く
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:05:45 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old