FC2ブログ

== オレの子を産んでくれ ==

オレの子を産んでくれ (46)がんばる優子

ろま中男3 作品リスト
オレの子を産んでくれ 目次

オレの子を産んでくれ (46)がんばる優子

「んふうっ…、ん、んんっ…」
いきり立つ肉棒にノドまで犯されて苦しそうに足にしがみついてくる優子だったが、おツユに濡れて丸く広げた唇でサオをシゴキながら、舌を絡めて肉棒の愛撫を続けていた。

「歯、立てるなよ…」
「んっ、ちゅっ、んっ、ふわっ、んんっ…」
ぞんざいな口調で命令すると、髪をかき上げた優子は潤んだ大きな目で見上げてまばたきで応え、一生懸命に口淫を続けていた。

「ああ、きもち、いいぞ…」
足の間にかしずいて懸命にお口の愛撫を捧げる淫乱美少女を見下ろす。ぬかるんだ暖かさに包まれる息子の気持ち良さと、学業優秀な優等生に破廉恥で屈辱的なご奉仕を強制する征服感で夢心地だった。

「おっ、もう、いいぞ」
いい気になりすぎてすぐにも発射しそうな気配を感じて、種付けが目的だと自分に言い聞かせると、けなげにお口の愛撫を捧げる美少女を引きはがす。
「ふわあ、はい…」
急に中断させられた優子は、物足りなそうな不思議そうな顔でそそり立つ息子越しにオレを見ていた。

「今度はオレがしてやる、脱げ」
「あ…、はい…」
ビンビンの息子を目の前で見つめていた美少女は、嬉しそうな恥ずかしそうなカワイイ表情を見せると立ち上がって離れようとしたが、
「あんっ、ぬげないよ…」
お腹の周りに手を回して引き寄せる。女体をよじって振り返った優子は困ったように笑っていた。

「いいから、脱げよ」
シャツをズリ上げてブラに手を差し込むと突き出たポッチをクリクリしてやる。
「あ、あんっ、は、はい…」
胸の感じる部分の刺激にもだえるガリ勉優等生はミニスカの柔らかい生地に手を入れると、発情した女体をムッチリかがませて、なかばズリ下げられたパンティをニーハイの脚線美から抜き取った。

「気持ちいいのか」
心地いい弾力を返してくる乳首を執拗に責め続けながら、震える指先でボタンを外す優子を言葉責めしてやると
「あ、ああん、うん…、もっと、して…」
胸の愛撫だけでもう淫乱なメスに堕ちているのか、恥じらう様子もなく応えた。

「おら、こいっ、腰振れっ」
はしたない言葉を平気で口にする美少女をちょっといじめたくなって、ノーパンの腰を引き寄せるとビンビンに息子をネットリ濡れたスジに押しつける。
「ああっ…、はっ、はい…」
ネットリした秘肉に食い込む熱い肉棒にのけぞった優子は、ボタンを外しながらお尻を上下させて息子でマンズリははじめる。

「おい、もっと、腰振れよ、して欲しいんだろ」
卑猥に腰を振って自分からイヤらしい肉を息子に絡ませる快感にもだえる優子に、被虐色情狂の血が泡立つ。シャツをまくり上げた背中に舌を這わせながら、エラそうに命令すると
「あ、あっ、ああっ、は、はい…、あっ、ああっ」
うわずった吐息にまみれながら返事した優子は、いきり立った肉棒をあそこで包み込むようにお尻を押しつけて、苦しそうな息を吐きながら懸命に腰をくねらせていた。

「おおっ、いいぞっ…、く…、おおっ…、そろそろ、入れてやる…」
中腰の淫らな姿勢を続けてお尻をすりつけてくる優子に興奮して上機嫌のオレは、切なげにもだえる柔らかい女体を抱きしめると、第一チンポ液で濡れた先端を膣口に食い込ませて、いよいよ挿入の体勢に入っていた。

オレの子を産んでくれ (47) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:53:13 ━ Page top ━…‥・

== オレの子を産んでくれ ==

オレの子を産んでくれ (45)オレの優子

ろま中男3 作品リスト
オレの子を産んでくれ 目次

オレの子を産んでくれ (45)オレの優子

「今日だったら…、できるかも…」
うわずった息づかいを押しつけてた胸の柔らかさで伝えてくる優等生は、オレの子供を切望して甘えた声を漏らす。

「そうか…」
妊娠する気満々の美少女に下半身のボルテージが否がいやが上にも高まる。弓ゾリした背中に回した手でお尻をまさぐり、柔らかいミニスカの生地をまくり上げる。

「あ、あんっ…、チュー…、して欲しい…」
ミニスカをまくりあげられてパンティの上からお尻を愛撫された優子は、顔を上げると上目遣いでキスのおねだりをする。
「ああっ」
パンティに指を食い込ませてお尻のワレメにねじ込みながら、首筋に手を回して引き寄せるとプックリした唇をしゃぶってやる。

「あ、ああっ、はわあ…」
唇を嬲られた優子は弾んだ吐息とともにカワイイ舌を差し出してくる。ネットリした感触にしゃぶり付くと気が抜けたように声が漏れてきて、柔らかい肉体が脱力して覆い被さってくる。
「はあっ、ああっ」
妖しく震える舌を嬲りながら唇を合わせてディープキスしてやると、優子のカラダが切なげに震える。パンティをズリ下げてツルツルしたお尻をむき出しにして、ワレメの奥に指をねじ込むとネットリした汁気が絡んできて、メスの欲情を示すように柔らかい肉体に力が入る。

「しゃぶれ」
「あ…、うん…」
唇を離してトロンとしたまつげの長い目を向けてくる優子にご主人様気取りで命令してやると、はにかむようにうなずく幼い仕草がかわいい。広げた足の間にずり下がって女の子座りした美少女は
「ごめん、腰、上げて…」
オレのズボンを脱がせるとトランクスを下ろすと、半立ちの息子をいとおしそうにさすりはじめた。

「おっ、おおっ、いいぞっ」
サオをさすりながら恥ずかしそうな上目遣いでチラ見した優子は、おずおずと先端を唇に含むと、チロチロと舐めてくる。遠慮気味な愛撫の気持ち良さに先端が持ち上がってくると、追いかけるように乗り出したカラダが太ももに控えめな胸を押しつけてくる。

「きもち、いい?」
「ああっ、全部、口に入れろ」
先端を加えたままの舌足らずの声がする。頭をなでながら息子に押しつけていくと、ギュッと目を閉じてめいっぱい口を開けた美少女は、めいっぱいふくれあがったソレを懸命に咥え込もうと奮闘していた。

「おおっ…、舌、絡めろ」
先端でノドをふさがれた優子は息が出来ない苦しさに耐えて、根本のチン毛に突き出した唇を押しつけていた。ナマ温かいネットリした感じで全体が包み込まれる気持ち良さでご機嫌のオレは、舌の愛撫を命令する。

「ふっ、ふうん…、んっ…」
鼻で息をしてちぢれ毛をそよがせる淫乱美少女は、言われるままに血管の浮き出したサオに舌を絡めて舐め付け来る。

おっ、おおっ、おもしれえ…、おらっ、くらえ、…。
昨日まで妙に性技に慣れた美少女たちからご奉仕を受けてきたので、ガリ勉優等生の稚拙な愛撫がかえって新鮮で、興奮したオレは優子の頭を押さえつけてノドの中まで先端を突き刺し、おツユに濡れたカワイイ唇を無残に広げて陵辱していた。

オレの子を産んでくれ (46) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:48:59 ━ Page top ━…‥・

== オレの子を産んでくれ ==

オレの子を産んでくれ (44)うまい朝食

ろま中男3 作品リスト
オレの子を産んでくれ 目次

オレの子を産んでくれ (44)うまい朝食

「セキュリティーコード、憶えてね」
エントランスのセキュリティにゆっくりとパスワードを入力した優子が、はにかみながらオレを見る。

「ここに一人で住んでるのか」
「うん…、ひとり暮らしは心配だからって、両親がセキュリティのしっかりしたところにしたの…、私、高所恐怖症だから、最上階なんてイヤって言ったんだけど…、そのほうが安心だからって、お父さんが勝手に決めちゃって…」
エレベーターに乗った優子は最上階のボタンを押した。狭い空間で二人きりの状況に緊張してるように見える優子は、それを紛らわそうとしてなのか饒舌だった。

「あんまり、おいしくないかも…、でも、一生懸命作るから」
最上階の彼女の部屋はひとり暮らしには贅沢すぎる広さだった。リビングに通されたオレは、
「優子の家って、金持ちなんだな」
キッチンで朝食を作り始めた後ろ姿の女性的な曲線をたどってぼんやり眺めながら、特に意味のないコトを口にしていた。

「そんなことっ…、お父さんは会社経営してるけど…」
ビックリしたような顔で振り返った優子は、オレの無駄口を否定する口ぶりで肯定していた。
「なんだよ、それ」
資産家の娘という境遇を恥じているような優子に、オレは思わず笑っていた。
「おかしい?…、変なコト言っちゃった、私?…」
オレの笑顔につられて笑った優子は、なんだかすごくカワイク見えた。

「いっぱい食べてね」
優子が作ってくれたのは純和風な朝食だった。グルメ気取りじゃないから詳しいことはわからないが、お味噌汁もちゃんとダシを取った本格的な味のような気がした。きっとお母さんの仕込みがいいんだろう。
「ああっ、うまいよ」
敦子の朝ご飯はパンだったのでこんな朝食は久しぶりだった。やっぱり日本人はお米のご飯だ、なんてオレはすっかり上機嫌だった。
「よかった、おかわりしてね…、うふっ、おいしいっ」
やっと安心したような笑顔を見せた優子は、一口味噌汁をすすって嬉しそうにつぶやいた。

「ああっ、うまかった」
食べ終わる頃を見計らって優子が煎れてくれたお茶をすするオレは、ずいぶん久しぶりな気がする満腹感で幸せな気分だった。
「おそまつさま…、あの、よかったら、おふろ、入る?」
後片付けをする優子は、恥ずかしそうにオレを見ながら風呂を勧める。

「いや、いいから、来いよ」
上げ膳据え膳で食欲を満足させたオレは、据え膳食わぬは男の恥でアッチの欲望を満たそうとしていた。
「うん…」
ニンマリ笑ったオレに、はにかんだようにうつむいた優子はオレに抱きつき、着やせするカラダを預けてくる。首筋に抱きつく優等生女学生のポッテリした唇から弾んだ吐息が漏れる。首筋を優しくなでて耳朶にこだまするうわずった息遣いが、オレのオスを昂ぶらせていた。

オレの子を産んでくれ (45) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:41:05 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old