FC2ブログ

== オレの子を産んでくれ ==

オレの子を産んでくれ (40)バスルームで

ろま中男3 作品リスト
オレの子を産んでくれ 目次

オレの子を産んでくれ (40)バスルームで

「体を洗え、ただし舌でだ、全身キレイにするんだ」
ハダカになってバスルームに入ったオレは、スケベイスに大マタ開きでどかっと座ると、乳首がツンと立ったオッパイを隠そうともせずに、申し訳なさそうに内マタであそこをクチュクチュさせて立つみなみに命令する。

「は、はい…、はあ、じゃあ…」
広げた足の間にひざまずいたみなみはオレに抱きついて、そそり立つ息子に柔らかい下半身を押しつけると、乳首のまわりから舌を這わせはじめる。
「違うだろ、全身だ、顔からだ」
胸にキスしながら舌を這わせるセクシーな顔を見下ろして上機嫌だったが、サド気を奮って冷たく突き放す。

「あ、ごめんなさい…」
床に尻もちをついたみなみは見せつける様にM字開脚して、イヤらしいスジを広げて丸出しにしたが、媚薬に支配された精神は恥じらう気持ちを無くしているのか、隠すそぶりも見せずにヒザ立ちになって顔を近づけてくる。

「は、はあっ、ああっ」
先端の固い弾力で押してくる乳房を首から下に押しつけてくるみなみは、悩ましい息づかいで額に舌を這わせてくる。
「あ、あんっ、はあっ、ああっ」
眉からまぶたまで丁寧に舐めたみなみは、そそり立つソレを咥え込もうとしてか広げたおマタを押しつけてネットリした媚肉を絡ませてくる。

「ほらっ、ちゃんと舐めろよ」
教壇にエラそうに立つ美人講師が、メスをむき出しにして顔を舐め回す優越感が下半身をゾクゾクさせて、息子がはち切れそうだ。頬から鼻を舐めるみなみのどアップをイヤらしい笑いで眺めるオレは、興奮した鼻息を荒く響かせていた。

「うっ、あっ、ふあっ、あ、あんっ」
唇に到達した舌を吸いこんでやると、逆らおうとしないみなみはディープキスされて発情した吐息を漏らす。
「あふあっ、あふっ、あひっひっ」
イヤらしくもだえる美人講師の悩ましいどアップに男心がゾワゾワして、口の中をクチュクチュする舌を噛み切らない程度に噛んでやった。舌でつかまったみなみはマヌケな声を漏らしてうろたえていた。

「どうだ、入れて欲しいか」
うろたえながらイヤらしく欲情した女体をもだえさせるみなみに、マゾ気を満足させたオレはそろそろ種付けの気分だった。
「はい、入れて、ください、はやく、して、欲しい」
舌ベラを解放されたみなみは唇のハシからみっともなくおツユを垂らしていたが、待望の肉棒に潤んだ大きな目を輝かせて、柔らかい下半身を息子にすりつけてくる。

「よし、いいぞ、自分で入れろ…、おっ、おお…」
媚薬の効き目以上に発情しているように見えるどMな美人講師に許可を与えると、淫乱メスブタに堕ちたみなみは熱く邪悪な熱気をはらむ肉棒に手をそえて、大マタ開きの女体でゆっくりと咥え込んでいく。

「はっ、あっ、はあっ…、おちんちん、きもち、いいっ」
オレの肩に手を置いたみなみはゆっくりと火照った女体を沈ませて、下の口で大好きな肉棒を味わう幸福感にまみれた淫らな表情を見せつける。

「お、おっきいよおっ…、おっ、おくまで…、おまんこっ、気持ちいいっ」
根本までパックリと肉棒を咥え込んだメスブタは、オレに抱きつくと膣壁をかき分けて広げる肉棒の恥ずかしい単語を口走って、イヤらしいメスの泣き声をバスルームに響かせていた。

オレの子を産んでくれ (41) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:24:22 ━ Page top ━…‥・

== オレの子を産んでくれ ==

オレの子を産んでくれ (39)風呂の準備

ろま中男3 作品リスト
オレの子を産んでくれ 目次

オレの子を産んでくれ (39)風呂の準備

「やーめた」
中国4000年の神秘の媚薬でメロメロになったみなみを、彼女のプライベートルームに入るなり陵辱してやったオレだったが、急にサディステックなたくらみが頭に浮かんで、官能にもだえる女体を突き放した。

「あっ、あんっ、え…、どうして…」
シンクのヘリにつかまってバックからの激しい突き上げに耐えて、汗をにじませた欲情した女体を淫らによがらせていた大学講師は突然突き放されて、シンクにつかまったまま崩れ落ちた。淫乱大学講師は女体に充満した肉欲のうずきに耐えかねて、泣きそうな上目遣いでオレを見ていた。

「風呂、入りたい、沸かせ」
今にも泣き出しそうな美人講師にゾクゾクするようなサド気が湧き上がってくる。オレは股間でそそり立つ肉棒をさらしたまま仁王立ちしていた。

「あ…、はい…、チョット待って」
トロトロの膣を荒らし回って死んじゃうくらいの快感を与えてくれた肉棒を、潤んだ目でぼんやり見ていたみなみは、けだるげに立ち上がると触覚ヘアを揺らしてバスルームに向かった。
「おいっ、這っていけっ」
ムリヤリ脱がされた服を腰から垂らして媚薬の効き目でイヤらしくお尻を振る後ろ姿に、またサディステックな支配欲が湧き上がってくる。オレはイヤらしい笑いを浮かべながら、低いドスの利いた声で無様なブタのマネをするように命令する。

「あ、はい…」
言われるままに床に手を突いたみなみは、メスブタのようにスベスベしたお尻を突き出して恥ずかしい場所を丸出しにしていた。太ももが一歩前に出るたびに付け根からプックリ飛び出した充血した媚肉が、ネットリしたヌメリのイヤらしいテカリを揺らして淫靡にゆがんでいた。

「10分くらいで、入れます」
バスルームから出てきたみなみはバカ正直にまた四つん這いになると、オレを見上げて近寄ってくる。先端が固くなった乳房が胸の下でプルプル揺れていた。
「よし、じゃあ、こっち来て、しゃぶれ」
盛った触覚ヘアを揺らす大学講師を待つオレは、大マタ開きでイスに座って肉棒を突き出す。

「はい、あ、ああっ、おいしい…」
媚薬の効き目で淫乱なメスブタに成り下がったみなみは、めいっぱい口を開けるとサオに食らいついてベロベロと舐め回す。
「ちゃんと先から、全部咥えろよ」
サオをしゃぶられるのも良かったが、イラマチオを強制して苦しそうにもだえるみなみを見たかった。

「あ、ごめんなさい、うっ、くううっ…」
広げた太ももに手を置いたみなみは、乳頭が突き出した胸を押しつけてひしゃげさせ、舌を差し出して先端を受けるとゆっくりと口に含んでいく。徐々に飲み込まれていく息子を見下ろして、オレはネットリした快感と優越感にまみれていた。
「おらっ、奥までだっ」
「うっ、ううっ…」
めいっぱいふくれあがった息子をノドまで突き刺されたみなみは、息をつまらせて苦しそうにもだえたが、懸命に頭を前後させていとおしい肉棒の愛撫を続けていた。

「これが、そんなにスキか?」
触覚を揺らしてお口のご奉仕を続ける淫乱講師に、ご主人様気取りな威張った声をかける。
「あっ、はっ、はあっ、は、はい…、スキです…、早く入れて欲しい…、です」
触覚頭を両手でつかんで引きはがすと、苦しそうに息継ぎするみなみがトロンとした眼ではしたないおねだりをしてくる。

「まだだ、風呂、もういいだろ」
サディステックな興奮にまみれたオレは、女体のうずきに狂い出しそうな美人講師にますます加虐心を昂ぶらせてバスルームに向かった。

オレの子を産んでくれ (40) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:20:05 ━ Page top ━…‥・

== オレの子を産んでくれ ==

オレの子を産んでくれ (38)カモナマイハウス

ろま中男3 作品リスト
オレの子を産んでくれ 目次

オレの子を産んでくれ (38)カモナマイハウス

「ここ…」
アパートの前に自転車を止めたみなみに
「濡れ濡れだな」
サドルにベットリとついたヌメリ気を指摘してやると
「やっ、ちがうっ…、や、やだあっ、恥ずかしい」
欲情してサドルを濡れ濡れにしていたことに気付いて顔を真っ赤にした触覚美少女は、言葉責めに火照った女体を内マタに緊張させてどMな性根を熱くしながら、ハンカチでサドルに付着した汁気をぬぐい取る。

「こっち…」
媚薬の効き目で朦朧としているのか、あるいは自分からわざと見せているのかわからないが、後ろから覗かれることに頓着しないみなみは、ミニスカを揺らして秘所をモロチラしてカンカンと階段の音を響かせる。

丸見え、だよ…。
オレは後ろからミニスカをのぞき込んで、自転車調教でネットリ濡れた肉の合わせ目が淫靡にゆがむのに劣情を熱くしていた。

「入って、えっ、あっ、あんっ…、もう?」
ドアの鍵を開けるみなみの後ろで息子を取りだしたオレは、ドアを閉めるのと同時に突入する。
「今、『入れて』って、言っただろ」
濡れ濡れの秘肉であっさり息子を咥え込んだみなみの女体を抱きしめてまさぐりながら、口で耳タブを嬲りながらささやく。

「あんっ、ちがう…、でも、あっ、き、気持ち…、いいっ…」
媚薬の効き目で発情した体は立ちバックの不安定な体勢で頼りなげにもだえる。
「そんなに嬉しいか、おらっ、おらっ」
美少女講師を乱暴に嬲る優越感で顔がゆるんでくる。無意識にバカ面で笑うオレは腰肉を押さえてパンパンと肉がぶつかる淫靡な音を、みなみのプライベートルームに響かせていた。

「あ、だ、だめ…、立って、はあっ…、られない」
サドルをたっぷり濡らすほどあふれ出た愛液をまとって妖しくテカる肉棒の激しい突き上げに、盛りヘアの触覚を激しく揺らすみなみは徐々に前屈みになって、床に手を付けていた。
「おらっ、しっかりしろよっ、オッパイ、気持ちいいぞっ」
肩をつかんでダランとした上半身を立たせると、シャツを乱暴に脱がせてブラの上から乳房の弾力を楽しんでやる。

「あっ、だっ、あっ、ああっ、だめえ、そこ、ああっ」
手の平に納まるゴムまりのような乳房を揉んで、ブラをズリ上げて乳首をクリクリしてやると、苦しそうにのけぞったみなみがいい匂いのする髪をなすりつけてくる。

「そうか、じゃあ、もっと、してやる」
パンパンと尻肉と股間がぶつかる音を響かせながら乳首を引っ張ってやると、
「あっ、あっ、ああっ、いっ、いっちゃ、ううっ、はああっ…」
突き上げで上下に揺れる頭をイヤイヤするように左右に振って、不安定なカラダを支えようとつかまるところを探して手をヒラヒラさせる。

「ほらっ、つかまれ、そろそろ行くぞ」
雲をつかむように手を振るみなみに笑い出しそうになるのをこらえて、キッチンのシンクにつかまらせると、腰肉をがっちりつかんで激しく腰を振る。

「あっ、ひっ、あっ、すっ、すごっ、あっ、いっ、いっ、ちゃ、あっ、やっ」
カリでかき出された愛液がシブキになって、ニーハイの開いた足の間に飛び散る。懸命にお尻を突き出して挿入を受け止めるみなみは、ズンズンと突き上げられる衝撃にガクガクとトレードマークの触覚ヘアを揺らし、スタッカートする吐息混じりにケモノじみたあえぎ声を上げていた。

オレの子を産んでくれ (39) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:12:45 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old