FC2ブログ

== 美人秘書美沙希 ==

美人秘書美沙希 (94)一緒にお風呂

ろま中男3 作品リスト
美人秘書美沙希 目次

美人秘書美沙希 (94)一緒にお風呂

「あっ、すいませんっ」
湿り気を帯びた甘い吐息にまみれ、美しい肢体を折り曲げてグッタリする美沙希を、ケダモノじみた劣情から醒めたオッサンが慌てて抱き起こす。

「ああっ、いやあん…、そんなに、みないでえ…、恥ずかしい…」
ああ…、いっちゃった…、ああんっ、近い、やあん、そんなに、見ないでえ…、
力の抜けた柔らかい肉体を抱かれた美沙希は、心配そうにのぞき込むオッサンに恥じらって伏し目がちに甘えた声を漏らす。

あんっ、はあんっ、手が…、ああっ、やんっ、ムラムラしちゃう…。
しかし汗のにじんだ女体に食い込む節くれ立った指に、欲情したどMなメスの本能が刺激されて、開き気味のあそこからいやらしい汁があふれていた。

「あ…、また、する?」
あ、おっきく、なってる…、あっ、んっ…、はあっ、また、したくなっちゃう…。
無意識にオッサンの股間をまさぐった淫乱美人秘書は、息子が元気に固くなっているのにうれしそうに笑うと、ねめつけるような上目遣いでオッサンを誘っていた。

「えっ、あ、あの、その…」
もう打ち止めだと思っていた千葉は、三度(みたび)ビンビンに反り上がった息子に驚いていた。40を過ぎて体力的な衰えを自覚するようになってからこんなコトは初めてで、セックスを覚えたばかりでやりたい盛りの少年のように欲情する自分に戸惑っていた。

「いやん、冗談よ…、少し休みましょ」
やだ…、照れてる…、かわいい…、そうよね、ちょっと休まないと…。
存在感を示すソレをイジってメスの本能を熱くした美沙希だったが、カワイイ笑顔を見せると戸惑うオッサンに抱きつき、ふっくらした美豊乳を押しつけて耳元に色っぽくささやく。

「あ、はあっ…、じゃあ…」
収まりが付かない息子に落ち着かないオッサンは、湯船にお湯が溜まったのを見て美沙希を抱き上げる。
「きゃっ、あははっ」
えっ、あんっ、千葉サン、たくましい…、ステキ…。
軽々と抱き上げられた美沙希は、ヘタレなオッサンの意外なたくましさにうれしそうな笑い声を上げ、腕を首に回して抱きついていた。

「はあ…、きもちいい…」
ああっ、沁みる…、はあっ、いい気持ち…。
湯船に浸かった美沙希はオッサンのたるんだカラダを指先でなぞりながら、カラダに染みる温かいお湯に欲情の名残に火照る女体を弛緩させて、色っぽいささやきを漏らす。

「はあ…、きもち、いいです…」
エロかわいい美沙希と同じ湯船に入っているコトに感動する純情なオッサンは、無意識にすべすべした肌を優しくなでながら、艶めかしい女体が発散するフェロモンのせいで、ビンビンが収まらない息子のコトは忘れようとしていた。

「そろそろ、出ようか?」
ああっ…、カラダが、空中に浮いてる、みたい…。
湯船でたっぷりとイチャイチャした美沙希は、オッサンのねちっこい手で体中をまさぐられて暖められた欲情でフワフワした気持ちだった。

はあんっ…、つぎは、ベッドで…。
色っぽい女体にメスの昂ぶりを充満させた淫乱美人秘書は、ベッドに誘う意味を言外に込めて色っぽいささやきを漏らし、オッサンのスケベ心を煽っていた。

美人秘書美沙希 (95) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:12:13 ━ Page top ━…‥・

== 美人秘書美沙希 ==

美人秘書美沙希 (93)ご主人様の指で

ろま中男3 作品リスト
美人秘書美沙希 目次

美人秘書美沙希 (93)ご主人様の指で

「うっ、おっ、おおっ、ぐはっ、あ、ああ…」
狂ったように腰を振って美人秘書の尻アナを掘りまくっていたオッサンは、脳天を殴られた様な快感の大波にたるんだカラダを緊張させると、ふくれあがったチンポを大腸まで突き刺して腸液を分泌する粘膜にザーメンをばらまいていた。

「あっ、あ、はっ、ああっ…」
あ、あんっ、はっ、あっ、ああっ、いっぱい…、はあっ、おちんちん…、ドクドク、してる…。
射精の快感に震えて抱きついてくるオッサンのカラダを抱きしめた美沙希は、ウンチが逆流するような倒錯したゾクゾクする興奮にまみれ、腸粘膜を焦がされるどMな悦びに汗をにじませた女体を妖しくよがらせていた。

「はっ、はあっはあっ、はあっ、はあっ…」
白濁した欲望を残らず絞り出したオッサンは、滝のように流れる汗で濡れてたるんだカラダ全身で息継ぎをしていた。温かくて柔らかい女体を抱きしめたオッサンは極上の放出感で幸せな気分に浸って、だらしなく顔を緩めていた。

「ああっ、よかったよ…、はっ、ああっ、千葉サンも、ああっ、よかったでしょ…」
ああ、いっぱい…、お尻が、千葉サンので、いっぱい…、千葉サン、うれしいでしょ…、はあん、わたしの、お尻で、して…。
尻アナの陵辱に快感の頂点まで突き上げられたどM美人秘書は、倒錯した変態プレイで千葉が同じ悦びを感じていると決めつけていた。

「あ、は、はあっ、よ、よかった、です」
その声にハッとなって顔を上げた千葉は、艶めかしくカワイイ笑顔に吸いこまれそうな錯覚を覚えながら、ウンウンと大げさに頭を振っていた。

「よかった…」
ああっ、千葉サンが、変態でも、かまわない…、こんなに、スキなんだもん…。
美沙希はどMな変態性向で最愛の中年男を無意識に自分好みに変えようとしていた。自覚する意識にはそんなつもりは毛頭無いので、あくまでも美沙希の気持ちは好きな男に尽くすカワイイ女だった。

「あ、あの、おふろ、入りましょうか…」
顔から汗をダラダラ垂らす劣等感が染みついたオッサンは、もうこれ以上一滴も出ないだろう中年の体力を自覚していた。美沙希がこれ以上求めてきたらみっともない姿をさらしまうだろうと深層意識で恥じて、珍しく先回りしていた。

「あ、はい…、がんばって、いっぱい、汗かいたもんね」
あはんっ、おちんちんが…、はあっ、千葉サンの…、カワイイ…。
尻アナに入り込んだチンポがだんだんしぼんでいくのを愛おしく感じていた美沙希は、汗まみれのたるんだ肉体を優しくなでていた。

「あ、お湯が…」
上体を上げたオッサンは湯船にお湯を張って無いのを見て申し訳なさそうな声を漏らす。体を起こすのと同時に快感の余韻に浸る艶めかしい女体も抱き上げていた。

「あ、ごめん、忘れてた…」
あ、そうか…、やんっ、恥ずかしい…。
メスの欲情に支配されて湯船の準備を忘れていた事に気付いた美沙希が、恥ずかしそうな上目遣いで笑う。

「あ、いえっ…」
カワイイ笑顔で見つめられてオッサンはすっかりのぼせ上がってだらしなく汗まみれの顔を緩めていた。

「すぐ、準備するね…」
千葉サンと、一緒に、お風呂…。
愛しいオッサンと一緒に湯船であったまる幸せな妄想を浮かべて、湯船にお湯を入れる美沙希はキレイな脚線美を見せつける様に上半身だけかがめていた。丸いお尻はオスの本能を煽るように左右に妖しく揺れて、ワレメの奥にかすかに亀裂の開いた濡れ濡れのつぼみを見せつけていた。

「あ…」
美女のあられもない淫らなポーズにゴクンと生唾を飲んだオッサンは、思わずそこに指を伸ばす。

「えっ、あんっ、千葉サン、あっ、ああっ…」
あ、千葉サン…、あっ、そこ、はあっ…、ああっ、気持ちいい…。
思いがけない愛撫にビクッと震えた美沙希だったが、どMな奴隷性向はご主人様に感じる部分をいやらしく嬲られるのをおとなしく受け止めていた。

「うっ、あっ、はあっ、はあっ」
指先の動きに切なげにもだえて濃厚なフェロモンを発散する美しくも艶めかしい女体を、だらしない笑い顔で眺めて有頂天のエロオヤジは、下半身からこみ上げる劣情に支配されてますます指マンに熱中する。

「あっ、あんっ、はっ、ああっ、そこ、ああっ、もっと、ああっ」
はっ、あっ、やっ、ああっ、いっ、いいっ、はあっ、感じる…。
お湯が徐々に溜まっていく湯船のヘリにしがみつく、イッたばかりで何をされても感じてしまう女体は、一番感じる部分を嬲られる官能の悦びにまみれていた。亀裂に入り込んだ指がクチュクチュといやらしい音を立てて、濡れ濡れの秘肉が淫靡にひしゃげる。

「あっ、いっ、いっちゃう、あっ、あっ、ああっ…」
あ、だっ、あっ…、いっ、いく…、んっ、くっ…、いっちゃうっ…。
快感に耐えきれずに湯船のヘリから崩れ落ちて女の子座りした女体は、しかしご主人様のいやらしい愛撫を求めてお尻だけは突き出していた。オッサンのねちっこい指マンにとうとう頂点に達した美沙希は、背筋を緊張させて艶めかしい悲鳴を上げると脱力してその場にうずくまった。

美人秘書美沙希 (94) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:28:31 ━ Page top ━…‥・

== 美人秘書美沙希 ==

美人秘書美沙希 (92)お風呂場でチョメチョメ

ろま中男3 作品リスト
美人秘書美沙希 目次

美人秘書美沙希 (92)お風呂場でチョメチョメ

「はあん…、ホント…、ああっ、うれしい…」
変態な、千葉サン…、美沙希のお尻に、おちんちん、入れて…、気持ちいいのね…。
純情なオッサンになかば強制的に言わせたセリフに美人秘書はご満悦で、はしたなくM字開脚して接合したチンポと尻アナを伏し目がちに眺めながら、倒錯した興奮で汗ばんだ女体を淫靡にテカらせて、括約筋をキュッキュと締めつけた。

「はうっ、ああっ、うう…」
艶めかしい女体の排泄器官でふくれあがったチンポをきつく刺激されたオッサンは、対面座位で遠慮がちに合わせた腰を突きだしてのけぞっていた。

「あっ、あんっ、いっ、ああ…」
はうっ…、ああっ、おしり、犯されてる…、はあっ、いいっ…。
押しつけられたオッサンチンポで直腸の内壁をかきむしられた美沙希も、同じようにのけぞってブルブル震えると、反らした胸の美豊乳をタプタプ揺らし、突きだした乳首をプルプルと忙しく上下させていた。

「あ、はっ、大丈夫ですか?」
美沙希に言われるままに尻アナを犯した千葉だったが、切ないあえぎ声を聞くと愛しい美沙希のお尻が痔病になりそうで、劣情に身を任せて責め立てることが出来なかった。

「あ、はあっ、大丈夫…、千葉サンの、好きなように…、はあっ、シテ…」
ああっ、あんっ、千葉サン、優しいんだから…、いいの、もっと、激しく…、美沙希のお尻、責めて…。
気弱なオッサンの気遣う言葉に乙女のようにときめく美沙希だったが、ケダモノのような男たちに調教された下半身は、アブノーマルなセックスで激しく陵辱されることを望んでいた。

「はあ…、じゃあ…」
スキなようにと言われても元々尻アナのセックスは好きでやってることではないので、中年オヤジは戸惑った。しかし美沙希を悦ばせたくて、プルプル揺れる乳房に手を伸ばすと遠慮がちに揉みはじめた。

「あ、あんっ、はっ、ああっ、もっと、ああ、千葉サン、すきいっ」
あっ、胸、ああっ、きもちいい…、はあっ、もっと、ああ、してえっ…。
被虐色情に昂ぶった女体はどこを愛撫されても感じていた。乳房を優しく愛撫された美沙希はウットリした笑みを浮かべてもだえ、あそこからいやらしい汁を垂れ流しながら、ウェーブのかかったセミロングヘアを淫靡に揺らしていた。

「はあっ、あっ、んっ、ちゅぶっ、ちゅううっ」
もだえる美沙希の艶めかしい表情にスケベオヤジの本能をくすぐられてやる気を出した千葉は、心地いい弾力を返す乳房の愛撫を続けながら、唇を突き出してビンビンの乳首をチューチュー吸いはじめた。

「あっ、ああっ、いいっ、もっと、吸ってえっ、千葉サン、はっ、美沙希の、んっ、あっ…、オッパイ、はあっ…、おいしい?」
あ、んっ…、はっ、ああっ…、いっ、いいっ、もっと、はあっ、吸ってえっ…。
感じる部分に中年のねちっこい愛撫を受けた美人秘書は、艶めかしい吐息を漏らしながら淫らにもだえて、密かに自慢に思っている胸の感想をオッサンに求めていた。

「ふぬっ、はっ?…、あ、ああっ、おいしいですっ、あっ」
甘えたささやきに思わず顔を上げたオッサンは、淫らな空気をまとったカワイイ笑顔に思わずうなずいて緩んだカラダでのしかかっていた。

「あんっ、はあ、幸せ…、美沙希、ああっ、幸せえっ…」
あ、あんっ…、はっ、ああっ、冷たい…、んっ、ああっ、おちんちん、はいってるうっ…。
オッサンのカラダで押し倒された美人秘書の女体はタイル地の床にすべすべな背中を付けると、ひんやりした感じにゾクゾクし、尻アナに押しつけられたオッサンの股間にチンポとねじ込まれ、どMな被虐色情で倒錯した興奮を泡立てる。

「あ、はっ、ああっ、美沙希、さんっ」
艶めかしいあえぎ声に耳朶をくすぐられ、間近に見る端正で妖艶な美顔にオスの本能を煽られたオッサンは、理性のネジが吹き飛ばしていた。
「おっ、おおっ、はっ、ああっ、おおっ」
広げた手のひらに乳房のゴムまりのような心地いい弾力を感じながら、欲情に火照る温かくて柔らかい女体にのしかかったオッサンは、尻アナであるコトを忘れてムズムズして踊り出しそうな腰を振っていた。

「あっ、あっ、あっ、ああっ、はっ、ああっ」
んっ、あっ、おしり、あっ、ああ…、壊れ、あっ、ちゃうっ、ああ…、でも、いいっ、もっと、してえっ…。
再びケダモノになったオッサンに、尻アナが壊れそうな勢いで激しくチンポを出し入れされた美沙希は、パンパンとぶつかり合ってひしゃげたネチョネチョの花びらの中心からいやらしい汁を垂らし、変態プレイの倒錯した快感にもだえて、短く区切られた甲高い嬌声を上げ続けた。

「あ、あんっ、千葉、さんっ、ああっ」
は、あっ、いっ、ああっ、いいっ、幸せ…。
よがりもだえる女体にしがみついて、キンキンに勃起したチンポで尻アナに挿入を続けるオッサンは荒々しい吐息にまみれ、血走った目で切なげに眉をひそめた美沙希の蠱惑的な顔をのぞき込んでいた。

「あっ、んっ…、はあ、ステキ、ああっ」
ああっ、もっと、ああっ、してえっ…。
尻アナを陵辱される異常色欲な悦びに乱れる淫乱変態美人秘書は、可憐で艶めかしいあえぎ声を漏らしてオッサンの劣情をくすぐっていた。

美人秘書美沙希 (93) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:58:55 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old