FC2ブログ

== 鬼龍院サセ子探偵事務所 ==

鬼龍院サセ子探偵事務所 (40)今度は空から

ろま中男3 作品リスト
鬼龍院サセ子探偵事務所 目次

鬼龍院サセ子探偵事務所 (40)今度は空から

「あっちだ、やっとついたぞ」
暗闇の中を麻里と肌を寄せ合ってワクワクドキドキして歩いていると、前方に明かりが見えた。

「ああんっ、こわかったあっ」
「ああっ…、って、またサセ子サンかっ、麻里はっ?」
急に抱きつかれて温かい「もふもふ」を押しつけられてウヒウヒだったが、その声はサセ子サンだった。

「わたし、ここ」
「あ、ああっ、離れるなよ」
「うん、ゴメン…」
反対側の腕に抱きついてきた柔らかい感触に鼻息を荒くして恋人気取りで言うと、八頭身美少女も甘えてショートヘアの頭を寄りかからせる。

「うん、離れない…」
「アンタは、いいんだよっ、サセ子サンだったら、ナニが出てきても、例のアレで撃退できるだろっ」
二つのデカメロンで腕を挟み込むV字水着美女が甘えてなついてくるが、すかさずツッコミを入れて突き放した。

「ああんっ、里美君って、SM大好きなんだから、いやあ~ん、脱げちゃった…」
まわりは真っ暗で不思議美女のあらわな姿は見えないが、きっとセクシーポーズを取っているに違いないので、オレは麻里の手をギュッと握って先を急いだ。

「ええっ、なにこれっ、これじゃ、まるきり『ド○えもん劇場版』だろっ」
暗闇を抜けると太陽のまぶしい海岸だった。来た道を振り返るとまるでジュラ紀の密林で、ホントに恐竜ができてもおかしくない雰囲気だった。
「里美君、およご」
しかし危機感を感じているのはオレだけのようで、クラスメイトは男子女子入り交じってキャーキャー歓声を上げて水遊びしていた。腕に抱きついて甘えてくる競泳水着の八頭身美少女もすっかりリゾート気分のようだ。

わーっ、逃げろおっ…。
キャー、助けてえっ…。

「えっ、なんだっ、なんですとっ」
しかしそんなぬるい空気は恒例の異常事態であっさり消し飛んでいた。級友たちが逃げてくる方を見ると、B474級の巨大な飛行機が煙を噴いて近づいてくる。
「麻里っ、サセ子サン、逃げないとっ」
逃げるクラスメイトに置いて行かれまいと麻里の手を引いて駆け出す。相変わらずゆったりした笑顔で泰然自若なサセ子サンが目に入って声を荒げる。

「…、うー、やー、たあっ」
またまたギリシア神話のようなヒラヒラした衣装に着替えていたサセ子サンは、墜落してくる飛行機に向けた両手の平を胸の前で上下に合わせて回して押し出すと、少年○ェットまがいなミラクルボイスで撃墜した。
「ひいいっ、落としちゃったよ、この人っ」
オレたちに衝突するコースで不時着陸を試みていたと思われる旅客機は、サセ子サンの超自然力(スーパーナチュラルパワー)でたたき落とされ、海岸で炎上していた。

「なんてことすんだっ」
「だって、死にたくないでしょ」
民間旅客機にしか見えない航空機をあっさり撃墜した不思議美人に詰め寄ると、正当防衛は当然の権利と言いたげな口調だった。

「そんなこと言って、あれって500人ぐらい乗れるんだぞ」
「心配しなくて大丈夫よ」
どうにも納得できずに食い下がると、サセ子サンいつものゆったりした笑顔で応える。あるいは摩訶不思議な力で乗客全員をどこか安全な場所に移動させたのか、と一縷の望みを抱いたオレに
「高度11000メートルの成層圏から落ちてきたのよ、生存者の望みなんてないわ、L○STみたいな都合のイイコトなんて、現実にはあり得ないのよ」
優雅な笑みを浮かべるギリシア彫刻のような美女は、身も蓋もない鬼畜そのもののセリフでオレの希望的観測を木っ端微塵にしていた。

鬼龍院サセ子探偵事務所 (41) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:09:51 ━ Page top ━…‥・

== 鬼龍院サセ子探偵事務所 ==

鬼龍院サセ子探偵事務所 (39)暗闇の中

ろま中男3 作品リスト
鬼龍院サセ子探偵事務所 目次

鬼龍院サセ子探偵事務所 (39)暗闇の中

「真っ暗…、里美君、離さないでね」
空間の切れ目にショートヘア美少女の麻里と一緒にはいると、中はホントに真っ暗で何も見えなかった。真っ暗で何も見えないが、なぜだか歩いていく方向はわかっていた。ゆっくり歩き出すと心細げな声を漏らした麻里が、競泳水着のカラダをピッタリとくっつけてくる。

視覚が完全に封じられると他の感覚が鋭敏になるのだとつくづく感じた。暗闇から聞こえる麻里のかすかな息づかいが鼓膜をゾクゾクと震わせ、かすかに漂ういい匂いが鼻腔をくすぐってウットリさせる。なによりもピッタリと密着した新鮮な肌からしっとりした温かさがジンワリと伝わって、オレの男を煽ってくる。

「あれ、なに、これ?…、固い?…」
おっ、おいっ、そ、そこは…、はうっ、ああっ…。
真っ暗な空間で麻里と二人きりな錯覚を覚えたロリでペド野郎のオレの下半身は、すでに臨戦態勢で競泳ビキニパンツからコンニチハしていた。天然なのかカマトトぶっているのかわからないが、麻里の大胆なアクションにオレの妄想は決壊寸前まで膨らんでいた。

「わたし、ドキドキ、してる…、わかる?…、こんなに…」
え…、いいのか?…、お、おおっ、むにゅっ、って?…、え?…。
上下さえわからないような真っ暗な空間で八頭身美少女は大胆だった。オレの固いナニを優しく握った麻里は、オレの手を取ると胸に押し当てる。早鐘のような鼓動とともにふんわりした感触が手のひらから伝わってきて、オスの本性がザワザワと騒ぎ出す。

が、なにか嫌な予感がした。

「おい…、サセ子サンだろ…」
柔らかい心地いい弾力を返してくる固まりは手の平から溢れていた。麻里だったら競泳水着の感触があるはずだが、それはなくナマの感触だけだった。
「あ、バレた?…、うふふっ」
何も見えないのをいいことに完璧な声色でオレをダマした不思議美女に詰め寄ると、笑い声混じりにあっさり認めたサセ子サンはほとんどハダカの成熟した女体を押しつけてくる。

「だあっ、やめえっ、いつの間に麻里と入れ替わったんだっ」
うかうかとダマされた自分のバカさ加減にムカついて怒鳴り散らすと、
「里美君、ここ…」
すぐ後ろから声がして、背中に柔らかい二つの感触が触れてくる。

「麻里?…」
またサセ子サンにダマされてるんじゃないかと、疑り深くなっていたオレはおそるおそる手を回して寄りかかるカラダをまさぐっていた。

「あ、あんっ…、恥ずかしい…、でも、いいよ、里美君なら…」
真っ暗な中で競泳水着のお尻をまさぐられた麻里は、恥ずかしそうな声を漏らしてオレの胸に抱きついてくる。
「あ、ああっ、違う、からっ、さあ、行こうぜ、みんな待ってるから」
甘えてカラダを預けてくる八頭身美少女に、消し飛びそうな理性をなんとか留まらせたオレは、ピッタリと競泳水着が張り付いたお尻を押して、なぜだかわからないが行かなければと思う方向に歩き出した。

鬼龍院サセ子探偵事務所 (40) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:08:45 ━ Page top ━…‥・

== 鬼龍院サセ子探偵事務所 ==

鬼龍院サセ子探偵事務所 (38)異空間?

ろま中男3 作品リスト
鬼龍院サセ子探偵事務所 目次

鬼龍院サセ子探偵事務所 (38)異空間?

「言ってねえしっ…、サセ子サン、それじゃ、変質者だよ…」
V字水着でニコニコ笑うサセ子サンにかろうじてツッコミを入れたオレだったが、キツ過ぎる扇情的な姿のあまりの情けなさに思わず涙が出てきた。

「あら、泣くほど感動するなんて…、お姉さん、うれしい…」
すべてを都合良く解釈するトンデモな美人は、泣きながら脱力するオレに抱きついて艶やかな柔らかい女体を押しつけてくる。

里美、うらやましすぎるっ、頼むから、死んでくれっ、…。
オレも、パフパフされてえっ、…。
いやんっ、里美君、ママに甘えて、バブバブしてるのおっ、…。

「ばっ、感動じゃねえっ、あきれ果ててるんだっ」
肌の触れあいで股間がムクムクしてきたが、クラスメイトのはやし立てる声でとたんに恥ずかしくなって、ウットリした目でのぞき込んでくるサセ子サンを突き飛ばしていた。
「いたあ?いっ、里美君たら、SM大好き高校生だから、いやあ?ん、見えちゃう…」
尻もちをついてM字開脚のはしたない姿を真正面から見せるサセ子サンは、外れそうな細い帯のような布地を指で爪弾きながら、上目遣いの妖しい笑みでオレを挑発していた。

「誰がSM高校生だ、ほら、立てよ、水泳の授業だろ」
このままサセ子サンのペースに巻き込まれていたら、本当にSM好き高校生にされそうなので、妖しい視線を投げかけながら、エッチなポーズを繰り広げる不思議美女に真面目に授業をするように促す。
「あら、そうね、里美君の趣味にばかり、つきあってられないわ」
立ち上がり特大の胸をプルンと揺らして危なく先端をさらしそうにあったサセ子サンは、オレの気持ちが通じたのかきりっとした表情を見せると
「だからオレの趣味じゃねえ」
「さあ、みんな、ここに入って」
オレのツッコミを無視して指先で空間をつまむと、大きなスリットを作った。

「あっ、それ、またっ」
「そんなに驚いたフリしなくていいのよ、あれよ、ドラえ○んのどこでも…」
「それ以上は、いいです」
目の前にできた真っ暗なスリットにサセ子サンの生首を思いだしたオレが怖じけていると、サセ子サンは某国民的人気アニメのアレと同じ原理だと当たり前のように言う。

じゃあ、いこうぜ…。
うんっ、ここ寒いもんね、…。

クラスメイトは空間の裂け目というか、異空間への入り口?という超常現象をたいした驚きもなく受け入れていた。

ああんっ、まっくら、こわあ?い、…。
あ、やんっ、誰か、お尻触ったあっ、…。
ちがう、おれじゃないぞ、…。

水着姿の同級生たちは不思議美人の手招きに応じて、空間にできたスリットの向こうの暗闇に三々五々入っていく。

「里美君、一緒に行っていい?」
みんなが何の抵抗もなく不思議な暗闇に入っていくのを見ていると、コワイの…、と言いたげなプリチーな麻里がはにかんで立っていた。
「あ、ああっ、一緒に行こう」
ゆるくあわせたバスタオルは、競泳水着のきつい締め付けが谷間を強調する胸をチラ見せする。スケベな妄想を悟られまいと目線を下にズラすと、バスタオルのスソが揺れてVゾーンに食い込んだ深いシワが目に入った。

鬼龍院サセ子探偵事務所 (39) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:07:27 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old